Hit.
げんさんち。
余裕ってどうやって手に入れるんだろうなぁ。

お品書き・・・ 落ちる雫の音-LOG-歩行は今快適か?-FAQ-ロケット乗り場-LINK-

ちと参加してみてる・・・ twitter/gendohkislashdot.jp/~gendohkimixi/mixi日記読むだけ用pixiv/幻導機

姉妹サイト・・・ ボクボク(同人活動報告) ・Twitter/sanakaoru -眞馨(眞馨の更新されるといいですね小説サイト) -Scrap Kingdom(更新されない小説サイト) ・Leader's Rand(PC-EngineFANファンサイト)

2016/08/09(火) 「天皇の退位について社説」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバック 0コ-コメント 0コ

 明仁という天皇している人から提案が出されたと考えております。

 天皇は憲法で政治に口出してはいけないので、個人の意見だけど天皇の言葉になりかねないので、なるべく直接的ではないけど、正直天皇の仕事ができなくなる前に出来る人に変わった方がいいんじゃね?とか、天皇が崩御すると1年間ズーンって沈んだまんまだし、その中で新しい天皇は即位の準備だし、正直大変じゃね?とか、まぁ。
 なんかそんな提案に私には聞こえまして。

 とりあえず、そのご提案など。

象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば(平成28年8月8日)

 戦後70年という大きな節目を過ぎ,2年後には,平成30年を迎えます。
 私も80を越え,体力の面などから様々な制約を覚えることもあり,ここ数年,天皇としての自らの歩みを振り返るとともに,この先の自分の在り方や務めにつき,思いを致すようになりました。
 本日は,社会の高齢化が進む中,天皇もまた高齢となった場合,どのような在り方が望ましいか,天皇という立場上,現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら,私が個人として,これまでに考えて来たことを話したいと思います。

 即位以来,私は国事行為を行うと共に,日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を,日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として,これを守り続ける責任に深く思いを致し,更に日々新たになる日本と世界の中にあって,日本の皇室が,いかに伝統を現代に生かし,いきいきとして社会に内在し,人々の期待に応えていくかを考えつつ,今日に至っています。

 そのような中,何年か前のことになりますが,2度の外科手術を受け,加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から,これから先,従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合,どのように身を処していくことが,国にとり,国民にとり,また,私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき,考えるようになりました。既に80を越え,幸いに健康であるとは申せ,次第に進む身体の衰えを考慮する時,これまでのように,全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが,難しくなるのではないかと案じています。

 私が天皇の位についてから,ほぼ28年,この間私は,我が国における多くの喜びの時,また悲しみの時を,人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして,何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが,同時に事にあたっては,時として人々の傍らに立ち,その声に耳を傾け,思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に,国民統合の象徴としての役割を果たすためには,天皇が国民に,天皇という象徴の立場への理解を求めると共に,天皇もまた,自らのありように深く心し,国民に対する理解を深め,常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において,日本の各地,とりわけ遠隔の地や島々への旅も,私は天皇の象徴的行為として,大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め,これまで私が皇后と共に行って来たほぼ全国に及ぶ旅は,国内のどこにおいても,その地域を愛し,その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ,私がこの認識をもって,天皇として大切な,国民を思い,国民のために祈るという務めを,人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは,幸せなことでした。

 天皇の高齢化に伴う対処の仕方が,国事行為や,その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには,無理があろうと思われます。また,天皇が未成年であったり,重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には,天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし,この場合も,天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま,生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。
 天皇が健康を損ない,深刻な状態に立ち至った場合,これまでにも見られたように,社会が停滞し,国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして,天皇の終焉に当たっては,重い殯の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き,その後喪儀に関連する行事が,1年間続きます。その様々な行事と,新時代に関わる諸行事が同時に進行することから,行事に関わる人々,とりわけ残される家族は,非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが,胸に去来することもあります。

 始めにも述べましたように,憲法の下,天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で,このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ,これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり,相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう,そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく,安定的に続いていくことをひとえに念じ,ここに私の気持ちをお話しいたしました。
 国民の理解を得られることを,切に願っています。


 まぁ、いくつかあるのですが。
 この言葉を聞いたからハイ、政府は国会は動きなさい……ってのは、モロに天皇の政治介入になっちゃうので、来年くらいから「そういえば、そんなこと言ってましたね」みたいに動いていくんじゃないかなぁと思います。
 政治家は感想を言わされるんでしょうけどね。

 とりあえず、生きてるうちに退位していいよーって皇室典範なりを変える場合、

・退位した天皇をなんと呼ぶのか(以下、上皇とでも)。
・上皇はどういう位置づけになるのか。
・上皇派と天皇派で割れて何か起きないのか。
・「お前もう退位しろ」って圧力を天皇にかけたりするヤツが現れたりしないか。
・逆に「めんどいから、もう退位する」とか言い出す天皇が現れやしないか。

 辺りがとりあえずポンと出た問題ですかね。例えば75歳とか80歳とかの定年制を設けるとか、80過ぎたら退位することが可能になるとかすれば、無理矢理退位する、させられるとかは減らせるのかなぁ。うーん。

 平成30年ってのが最初に出たのは一つの節目として見てるのかもしれないし、あと2年くらいしか猶予が無いってことかもしれないし、2年くらい時間がいるでしょ?って事かもしれない。平成30年だとは84歳になってるし、父親が87歳でこの世を去ってるから、そろそろかもしれないじゃないってことかもしれない。
 その辺はよー知らん。

 何はともあれ。
 生きてる間に退位ーという話と、減る一方の宮家はこの先どーするのかなんて話と、女性天皇はアリか女系天皇はアリかという話と、そんなのひっくるめた議論が始まるんじゃないかと思います。

 で。

 憲法の話もそうなんだけど、こういうのって「これからの日本の基本コンセプトを決める」ってことになるんだよね。
 戦後70年が過ぎ、それからなんだかんだ色々とあって、「日本の基本コンセプト」を見つめなおししなきゃならんのかなぁ、という話になってるのかも知れません。
 で、それは政治家とか役人だけがやるってことじゃなくて、えらい先生だけでやるってことでもなくて、一人ひとりあーでもないこーでもないと言いあっていく事なんじゃないかなぁと。そんなことを思う次第です。
 あ、ちなみにそういう議論ではケンカ腰にならないようにね。

 んじゃ、社説。


朝日:天皇陛下お気持ち表明 「総意」へ議論を深めよう

...憲法は、天皇の行為が政治の動向に影響を及ぼすことがあってはならないと定めている。このためお言葉には、退位という文言をふくめ、現行制度の見直しについての言及はない。

 しかし、代行者として摂政をおく案にあえて触れたうえで、天皇の務めを果たせないまま地位にとどまることへの疑念を強くにじませた。さらに、健康を損ない「深刻な状態」になったときの社会の停滞や国民生活への影響にも言及するなど、相当踏みこんだお言葉になった。

... 改めて思うのは、政治の側が重ねてきた不作為と怠慢だ。

 高齢の陛下に公務が重い負担になっていること、その陛下を支える皇族の数が減り、皇室活動の今後に不安があることは、かねて指摘されてきた。

 小泉内閣は2005年に有識者会議を設けて女性・女系天皇に関する報告書をまとめ、12年には野田内閣が、皇族の女性が結婚後も皇室にとどまる女性宮家構想の論点を整理した。

 この間、秋篠宮さまの会見で「定年制」導入が話題になり、昨年末は、陛下が「行事の時に間違えることもあった」と、加齢による衰えを口にした。

 だが安倍内閣は、これらの課題に積極的に向きあってこなかった。議論は深まらないまま、先月になって突然、退位の意向が報道で明らかになった。

 陛下が先をゆき、政治があわてふためきながら後を追いかけている。そんな印象を多くの人が抱いたのではないか。

...明治憲法がつくりだした、それ以前の天皇の姿とは相いれぬ神権天皇制に郷愁を抱き、「終身在位」に固執することは、国民の意識に沿うとは思えない。天皇に人権は認められず自由意思ももてないとしてお気持ちを封じ込めるのも、人々の理解を得ることはできまい。

 天皇の地位は、主権者である国民の総意に基づく。陛下の思いを受けとめつつ、判断するのは国民だ。この基本原則を確認したうえで、解決すべき課題とその方策を考えるために必要な材料を提示する。それが政府の使命である。

... 朝日新聞の社説は、これからの皇室のあり方をさぐる前提として、広がりすぎた感のある...活動をいったん整理し、両陛下や皇族方に、何をどう担ってもらうのが適切か、検討する必要があると主張してきた。お気持ちの表明を、この問題を考える良い機会としたい。

...退位問題だけでなく、皇族の数はどの程度を維持すべきか、宙に浮いたままの女性宮家構想にどうとり組むかなどの問いへの答えも変わってくる。拙速は慎むべきだが、さりとて時間をかけすぎると、皇室が直面する危機は深まるばかりだ。

...落ち着いた環境の下で冷静に議論を進め、「国民の総意」をつくりあげていきたい。



産経:天皇陛下お気持ち 国の未来に丁寧な議論を23

...退位のご意向を、強くにじませられたものだ。陛下は82歳になられる。国民はお気持ちを、真摯(しんし)に受け止めるべきだろう。

...天皇陛下は、即位されてから30年近く、憲法で定められた国事行為や多くの公務に精励するのはもちろん、国民のためにひたすら祈り続けてこられた。

...<-- 皇后陛下とともに、戦争で亡くなった人々のことを悲しみ、その慰霊に努められるお姿は多くの人の目に焼き付けられている。大災害のたびに、人々の無事を祈り、復興を願われてきた。東日本大震災の後、ビデオを通じても苦難を分かち合うことを直接、呼びかけられた。

 国民はどれほど勇気づけられてきたことだろう。

 国民にあまり知られていない宮中祭祀(さいし)についても、新嘗祭(にいなめさい)をはじめとし、厳格に心を込めて執り行ってこられた。国民の安寧と幸せを祈る天皇の務めを全力をもって果たされてきたことに、国民は感謝と敬意を新たにしたい。

 -->大変なお疲れがあるだろう。ご健康を気遣う気持ちは、国民みな同じである。

...摂政のあり方についても議論すべきだろう。その場合、重病など極めて限られたときに置かれる摂政の運用を緩和することなども考えられる。

 単に法改正すれば済むというわけではなく、国民の象徴である天皇のあり方は、国の基本に関わる問題だ。政府は英知を集め、課題にあたってほしい。

 陛下は慎重に言葉を選ばれた。菅義偉官房長官は「国政に影響を及ぼすようなご発言ではない」とし憲法上の天皇の立場から問題はないとの認識を示した。

 陛下のお気持ちを国民が直接聞く意義は大きいものの、これまで陛下と宮内庁、内閣との意思疎通は十分だったのか、問い直すことも必要である。

 皇室の弥栄(いやさか)について、考えることが重要だ。

 秋篠宮家の長男、悠仁さまは健やかに成長されているが、他に若い世代の皇位継承者はおられず、将来の男系男子による皇位継承が不安定であることに変わりはない。旧宮家の復帰など、皇統を厚くする方策についても考えなくてはならない。



中日:未来につながる天皇制に 「お気持ち」表明

 天皇陛下が生前退位の意向をにじませるお気持ちを表明された。超高齢社会への備えも怠ってきた。天皇制永続のための改革にも踏み込むべきときだ。

...ただ、皇室典範は天皇の生前退位を想定していない。お気持ちにそうには皇室典範改正や特別法、元号問題など多くの検討事項があり、早急に着手すべきだ。同時に天皇が国民に直接語りかける異例の形であえてお気持ちを表明した背景は、生前退位だけでなく、今後の天皇制や皇室の在り方についての問題提起とも考えるべきだろう。

...天皇陛下の孫の世代では皇位継承資格者は悠仁さま一人という綱渡り状態が解消されたわけではなく、皇室や宮家の若き女性たちの結婚で、やがては皇族がいなくなってしまう「皇室の危機」が去ったわけではない。... 厳格保守派は、男系男子の皇位継承を主張して、女性天皇・女系天皇を認めず、戦後皇籍離脱した十一宮家の復帰をも提言する。だが、男系男子の家系維持はたやすくはない。...昭和天皇によって側室制度が廃止された現代での男系維持には無理がある。

 旧宮家の皇族復帰といっても、天皇家とは六百年前に枝分かれした家系で臣籍離脱からもすでに七十年、天皇一家のお気持ちを無視しての皇族復帰論は非情に過ぎないか。そもそも国民感情に合致するものだろうか。

 日本の歴史には推古天皇はじめ八人十代の女性天皇が存在し、重要な役割を演じた。女性天皇はすでにあり、さらには女系天皇をも考慮していくことが、伝統を継承し、お言葉のいう「伝統を現代に生かす」「人々の期待に応える」ことになるのではないか。...誇るべき内実は一系にあり、男系や女系ではないはずだ。

 憲法は天皇の地位は国民の総意に基づくと定めている。天皇のお言葉にこたえ、国民の意思、意向を示し、声にすべきだ。



日経:高齢化社会の象徴天皇制の姿を考えよう

...「退位」の表現こそなかったが「象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのでは」などと案じられている。高齢化社会の象徴天皇制の姿を改めて考える機会としたい。

...現在の皇室典範には生前退位に関する規定が備えられていない。改正には国会での手続きが必要となる。国民の間にはその手法などをめぐって多様な意見があり、取りまとめには時間がかかるかもしれない。

 一方で、マスコミ各社の世論調査では「生前退位を認めるべきだ」「制度を改正すべきだ」とする答えが軒並み半数を大きく超えている。「生前退位」は広く容認されているといっていい。

...今回、陛下はお気持ちの中で、発言内容に関し憲法上の制約があることを述べられた。いうまでもなく憲法は「天皇は国政に関する権能を有しない」と定める。

 お気持ちが法改正を求めたと受け止められぬよう、宮内庁も配慮を重ねた結果だろう。学界などからは異論が出る可能性もある。特別な日時を設定しビデオメッセージの形で表明する手法も、適切だったか検証が必要だ。

 2度の外科手術を経た陛下が高齢になり自らお気持ちを表明するに至るまで、象徴天皇制のあり方について議論を怠った政治の責任は重い。反省を促したい。



毎日:陛下のお気持ち 前向きに受け止めたい

...全体から伝わってくるのは、陛下が形式的な国事行為にとどまらず、ご自身の意思で国民の中に分け入ってきた行為こそが、象徴天皇の核心であるという自己認識である。

 陛下が続けてきた戦没者の慰霊と追悼の旅や、震災の被災地などへの訪問を指している。

...陛下の思いは、将来の皇室のあり方にも及んだ。

 陛下は昭和天皇の逝去に伴い55歳で即位したが、いまの皇太子さまはすでに56歳である。高齢化社会のなかで安定的な皇位継承を考えるのは時代の要請でもあろう。

 公務を憂いなくこなしてこその象徴なのに、それが思うようにいかない。そうした苦しみを、陛下は口にされた。そのお言葉を前向きに受け止め、お気持ちを尊重したい。

 憲法4条は「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行い、国政に関する権能を有しない」と定めている。天皇の政治的な行為を禁止した規定である。

...憲法1条は天皇の地位を「主権の存する日本国民の総意に基づく」と定める。国民が陛下のお言葉を主体的に受け止め、判断できるのなら、憲法問題は乗り越えられよう。

 もちろん、退位を実現するには技術的な課題も多い。皇室典範4条は「天皇が崩じたときは、皇嗣(継承順位1位の皇族)が、直ちに即位する」としている。

 天皇の地位は「終身制」を前提にしており、退位の規定はなく、皇室典範を改正する必要がある。

...陛下が退位し、皇太子さまに譲位すれば、継承順位1位は弟の秋篠宮さまになるが、天皇の息子を指す皇太子は不在になってしまう。

 これでは皇位を世代間で引き継ぐ流れが途切れる不安が残る。皇室の将来を考えれば、女性天皇などを含めた皇位継承の議論にもなろう。それは決して不自然ではない。

...オランダやベルギーなどでは世代交代を理由に国王の退位が相次いでいる。こうした他国の例を参考に、日本にふさわしい仕組みをつくれるか。多角的で丁寧な議論が必要だ。

...お気持ちは陛下の切実なメッセージである。各種世論調査では多くが陛下の意向に共感を示している。国民全体で議論を深めたい。



読売:天皇「お言葉」 象徴の在り方を議論したい


...社会全体の高齢化が急速に進む中、陛下は「天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか」について、自身のお気持ちを示された。

...陛下は「国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます」と述べられた。摂政を置く場合についても、十分に務めを果たせないまま、天皇であり続けることになると指摘された。

 行事を完璧にこなすことこそ、象徴天皇の務めだという陛下の信念が伝わってくる。

 ご意思を尊重しつつ、様々な角度から議論を深めるべきだ。

...生前退位には、様々な難問があることも否定できない。自発的退位は、「国民の総意に基づく」という象徴天皇の位置付けと矛盾するとの意見がある。高齢を理由とすると、一代限りの話では済まなくなることも考えられる。

 政治的思惑により、強制退位させられる恐れもあるとして、生前退位を否定してきた政府の国会答弁との整合性の問題もある。

 こうした点を国民に周知する必要がある。...有識者会議などで議論を尽くしたい。


スポンサーサイト

<<08/09のツイートまとめ | Home | 08/08のツイートまとめ>>

コメント
COMMENT

 to Gen-Dohki

トラックバック
TB URL→http://g1234.blog12.fc2.com/tb.php/4312-8d48ac6b

/

前に書いた記事
07/23のツイートまとめ(2017/07/24)/07/22のツイートまとめ(2017/07/23)/07/21のツイートまとめ(2017/07/22)/07/20のツイートまとめ(2017/07/21)/07/19のツイートまとめ(2017/07/20)/07/18のツイートまとめ(2017/07/19)/07/17のツイートまとめ(2017/07/18)/07/16のツイートまとめ(2017/07/17)/07/14のツイートまとめ(2017/07/15)/07/13のツイートまとめ(2017/07/14)/

もらったコメント
http://Game1.info,07/23,/ Matheus,07/22,/ o mundo das acompanhantes,07/22,/ http://sayaka.s11.xrea.com/joho/joho.cgi,07/21,/ http://agendasbobet.com/,07/21,/ pixel gun 3d cheats and codes,07/21,/ acompanhantes em bh,07/20,/ Pedro Gustavo,07/18,/ quelle,07/16,/ chilena de messi vs getafe,07/07,/

もらったトラックバック
げんさんち。:「オバマ大統領の広島訪問についての社説・韓国編」(05/31)

カテゴリ
Welcome to the Gloval Village! (20)  P-TALK 2012 (12)  P-TALK 2011 (12)  P-TALK 2010 (11)  P-TALK 2009 (12)  P-TALK 2008 (12)  P-TALK 2007 (20)  P-TALK 2006 (19)  P-TALK 2005 (24)  P-TALK 2004 (0)  P-TALK 2003 (0)  P-TALK 2002 (5)  P-TALK 2001 (21)  P-TALK 2000 (22)  P-TALK 1999 (18)  P-TALK 1998 (10)  日々でなくつらつら (2949)  日々でなくつらつら:ラクガキ (3)  日々でなくつらつら:笑ったもの (66)  日々でなくつらつら:ニュース (319)  日々でなくつらつら:記録しとくもの (57)  日々でなくつらつら:プロレス格闘技 (42)  日々でなくつらつら:スポーツ (69)  日々でなくつらつら:えっちぃの (6)  日々でなくつらつら:萌え! (23)  日々でなくつらつら:MoE (144)  日々でなくつらつら:トリックスター (68)  日々でなくつらつら:QMA (28)  日々でなくつらつら:ゲームの話 (29)  日々でなくつらつら:コンピューター関係 (11)  日々でなくつらつら:りなざうの (5)  日々でなくつらつら:だぶぜろさんの (24)  日々でなくつらつら:もばいる関係 (7)  日々でなくつらつら:本日のspam (17)  日々でなくつらつら:カラオケ (1)  日々でなくつらつら:なんか催し事 (3)  日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ (232)  日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ (222)  げんさんち。Off* (4)  お勉強 (4)  悪戦苦闘の歴史 (8)  ニコつべ (0)  ニコつべ:MoE自作 (4)  ニコつべ:MoE MAD (0)  ニコつべ:MoE プレイ (0)  ニコつべ:無双MAD (2)  ニコつべ:無双プレイ (0)  ニコつべ:BASARA MAD (0)  ニコつべ:歌ってみた (1)  ニコつべ:政治 (4)  ニコつべ:政治MAD (3)  ニコつべ:VOCALOID・UTAU (4)  ニコつべ:笑ったの (2)  ニコつべ:ゲーム (1)  ニコつべ:ゲームMAD (2)  ニコつべ:アニメMAD (1)  ニコつべ:MusicMAD (4)  P-TALK 2013 (12)  P-TALK 2014 (12)  P-TALK 2015 (12)  P-TALK 2016 (12)  P-TALK 2017 (6) 

月別一覧
2017/07(23),2017/06(31),2017/05(32),2017/04(31),2017/03(32),2017/02(29),2017/01(32),2016/12(31),2016/11(31),2016/10(32),2016/09(31),2016/08(34),2016/07(33),2016/06(33),2016/05(35),2016/04(31),2016/03(31),2016/02(30),2016/01(32),2015/12(32),2015/11(31),2015/10(32),2015/09(32),2015/08(32),2015/07(32),2015/06(30),2015/05(33),2015/04(31),2015/03(32),2015/02(29),2015/01(32),2014/12(33),2014/11(33),2014/10(32),2014/09(22),2014/08(35),2014/07(32),2014/06(31),2014/05(33),2014/04(30),2014/03(32),2014/02(29),2014/01(31),2013/12(32),2013/11(31),2013/10(32),2013/09(31),2013/08(32),2013/07(33),2013/06(27),2013/05(1),2013/04(2),2013/03(26),2013/02(30),2013/01(32),2012/12(32),2012/11(32),2012/10(36),2012/09(33),2012/08(33),2012/07(32),2012/06(31),2012/05(31),2012/04(33),2012/03(39),2012/02(32),2012/01(33),2011/12(35),2011/11(31),2011/10(40),2011/09(36),2011/08(35),2011/07(32),2011/06(33),2011/05(34),2011/04(33),2011/03(47),2011/02(48),2011/01(40),2010/12(32),2010/11(32),2010/10(39),2010/09(49),2010/08(46),2010/07(46),2010/06(83),2010/05(78),2010/04(69),2010/03(50),2010/02(39),2010/01(15),2009/12(13),2009/11(21),2009/10(27),2009/09(15),2009/08(31),2009/07(38),2009/06(28),2009/05(28),2009/04(16),2009/03(44),2009/02(36),2009/01(16),2008/12(20),2008/11(13),2008/10(12),2008/09(17),2008/08(13),2008/07(9),2008/06(15),2008/05(11),2008/04(24),2008/03(15),2008/02(22),2008/01(12),2007/12(12),2007/11(11),2007/10(12),2007/09(20),2007/08(18),2007/07(15),2007/06(20),2007/05(16),2007/04(20),2007/03(19),2007/02(19),2007/01(18),2006/12(28),2006/11(29),2006/10(40),2006/09(34),2006/08(27),2006/07(29),2006/06(22),2006/05(19),2006/04(23),2006/03(24),2006/02(41),2006/01(43),2005/12(40),2005/11(52),2005/10(46),2005/09(36),2005/08(51),2005/07(30),2005/06(45),2005/05(25),2005/04(4),2005/03(1),2005/02(2),2005/01(1),2004/12(1),2004/11(1),2004/10(1),2004/09(1),2004/08(1),2004/07(1),2004/06(1),2004/05(1),2004/04(1),2004/03(1),2004/02(1),2004/01(1),2003/12(12),2003/11(1),2003/10(1),2003/09(1),2003/08(1),2003/07(1),2003/06(1),2003/05(1),2003/04(1),2003/03(1),2003/02(1),2003/01(1),2002/12(1),2002/11(1),2002/10(1),2002/09(1),2002/08(1),2002/07(1),2002/06(1),2002/05(1),2002/04(1),2002/03(2),2002/02(3),2002/01(3),2001/12(3),2001/11(3),2001/10(3),2001/09(2),2001/08(5),2001/07(3),2001/06(2),2001/05(4),2001/04(3),2001/03(3),2001/02(2),2001/01(3),2000/12(3),2000/11(3),2000/10(3),2000/09(3),2000/08(3),2000/07(3),2000/06(2),2000/05(4),2000/04(3),2000/03(2),2000/02(3),2000/01(4),1999/12(3),1999/11(3),1999/10(2),1999/09(2),1999/08(2),1999/07(2),1999/06(3),1999/05(2),1999/04(3),1999/03(3),1999/02(3),1999/01(3),1998/12(4),1998/11(3),1998/10(3),1998/09(5),1998/08(3),1975/03(2),1970/06(2),1970/01(1),

書いたバカ:幻導機

RSS
ADMIN

FC2Ad



copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved