FC2ブログ
Hit.
げんさんち。
再びタブレットに戻る

お品書き・・・ 落ちる雫の音-LOG-歩行は今快適か?-FAQ-ロケット乗り場-LINK-

ちと参加してみてる・・・ twitter/gendohkislashdot.jp/~gendohkimixi/mixi日記読むだけ用pixiv/幻導機

姉妹サイト・・・ ボクボク(同人活動報告) ・Twitter/sanakaoru -眞馨(眞馨の更新されるといいですね小説サイト) -Scrap Kingdom(更新されない小説サイト) ・Leader's Rand(PC-EngineFANファンサイト)

2010/08/25(水) 「終戦記念日社説」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 37コ

朝日:65回目の終戦記念日―「昭和システム」との決別

 脚本家の倉本聰氏作・演出の舞台「歸國(きこく)」が、この夏、各地で上演されている。8月15日未明の東京駅ホームに、65年前に南洋で戦死した兵士たちの霊が、軍用列車から降り立つ。

 「戦後65年、日本はあの敗戦から立ち直り、世界有数の豊かな国家として成功したんじゃなかったのか」「俺(おれ)たちは今のような空(むな)しい日本を作るためにあの戦いで死んだつもりはない」
(略)
 日本は昨年、戦後初めての本格的な政権交代を経験した。55年体制からの脱皮は数多くの混乱を生んだ。

 民主党政権は、政治主導という看板を掲げて舞台に立った。事業仕分けや事務次官会議の廃止など一部で成果を上げはしたが、まだ見えない壁の前でもがいているかのようである。
(略)
 米国の歴史家、ジョン・ダワー氏は近著「昭和 戦争と平和の日本」で、官僚制は「戦争によって強化され、その後の7年近くにおよぶ占領によってさらに強化された」と指摘する。同様に、日本型経営や護送船団方式など戦後の日本を支えた仕組みの多くは、戦時中にその根を持つ。
(略)
 政権交代は、55年体制が覆い隠してきた岩盤に亀裂を作ったといえるだろう。天下り利権や省益を守ることに傾斜してしまう官僚組織、積み上がるばかりの財政赤字。いまや、仕切り型資本主義が機能不全に陥っていることは誰の目にも明らかとなった。

 外交・安全保障も同様だ。普天間基地移設の迷走、そして日米核密約問題は、憲法9条の平和主義を掲げながら沖縄を基地の島とし、核の傘の下からヒロシマ、ナガサキの被爆体験を訴えてきた戦後日本の実相と、今後もその枠組みから脱するのは容易ではないという現実を、白日の下にさらした。

 割れ目から顔を出したものは、私たちが目をそむけてきた「もうひとつの戦後」だった。
(略)
 冷戦下、西側の一員として安全保障と外交を米国に頼り、経済優先路線をひた走るという「昭和システム」は、確かに成功モデルだった。だが、時代が大きく変化した後も、私たちはそこから踏み出そうとはしなかった。

 「仕切り型資本主義」は「人任せ民主主義」とも言い換えられる。任せきりの帰結が、「失われた20年」といわれる経済的低迷であり、「顔の見えない日本」という国際社会の評判だ。
(略)
 「敗戦忌昭和八十五年夏」(7月26日 朝日俳壇)。戦後65年にあたって考えるべきは、戦争を二度と繰り返さないという原点の確認とともに、「戦後」を問い直すことではないだろうか。それは「昭和システムとの決別」かもしれない。
(略)
 政権交代は、小さな一歩に過ぎない。政治主導とはつまるところ、主権者である国民の主導ということだ。

 過去の成功体験を捨て、手探りで前に進むのは不安かもしれない。だが、新しい扉を開くことができるのは、今の時代に「生きてるわたし生きてるあなた」しかいない。


産経:終戦から65年 「壊れゆく国」正す覚悟を23

慰霊の日に国難の打開を思う

 65回目となる終戦の日を迎えた。先の戦争の尊い犠牲者を追悼するとともに日本の国のあり方に改めて思いを致したい。

 眼前には夥(おびただ)しいモラル破綻(はたん)と政治の劣化などに象徴される荒涼たる光景が広がる。こんな国のままでよいのか。どこに問題の本質があるのか。「壊れゆく国」を早急に正し、よりよき国として次の世代に引き継ぐ重い責務がある。
(略)すっぽり抜け落ちたのが、国家のありようだ。米国に寄りかかったことは、日本の復興を促したが、一方で独立自存(じそん)の精神を希薄にしてしまった。

 忘れられたことはまだある。敗色濃い戦局をひた隠しにし、破滅的な結末を招来した戦争指導部の責任だ。自国による検証を行わず、責任をうやむやにした。失敗からの教訓を学んでいない。

 今、日本の安全保障環境に警報ベルが鳴り響いている。台頭する中国に対し、米国のパワーの陰りが随所にみられるからだ。

 しかも米軍普天間飛行場移設問題の迷走が示すように、日米同盟を空洞化させているのは日本自身なのだ。その結果、生じつつある日本周辺での力の空白を埋めるため、力の行使も辞さない勢力が覇を唱えようとしている。
(略)
 これまでのような「米国任せ」による思考停止では、もはや日本は立ち行かない。欠落しているのは国を導く透徹した戦略観だ。
(略)
 国家戦略のなさ、外交センスの貧弱さ、情報分析能力の欠如-その危うさは今と似ている。

 揺れも大きい。戦前・戦中の軍事力偏重は戦後、完全否定となった。絶対的な無防備平和主義は、自己中心主義を育てたといえなくはない。

 やはり自分たちの問題は自らで解決する基本に立ち戻ることが求められている。自力で守れないときは同盟国とのスクラムを強める。弱さは必ずつけ込まれる。
(略)
 いまの国難を打開するには、国民が総力を挙げて、これに立ち向かい、乗り越えようとする覚悟と気概を持つ以外にない。


中日:歴史は沖縄から変わる 終戦の日に考える

 鳩山由紀夫前首相を退陣させた普天間基地問題は、沖縄の戦後がなお終わっていないことを告げる事件でした。歴史は沖縄から変えねばなりません。

 「米国に依存しつづける安全保障、これから五十年、百年続けていいとは思わない」。前首相の辞任演説。同感なのですが、いったいこの米国依存の体質はどこからきたのでしょうか。

 その疑問に答えてくれたのが岩波現代文庫の「昭和天皇・マッカーサー会見」に収められた豊下楢彦関西学院大学法学部教授の論考で、意外なことに「昭和天皇」というのが回答でした。
(略)
 非武装が日本の最大の安全保障とする理想主義のマッカーサーに対して昭和天皇はリアリストでした。憲法九条や機能不全の国際連合では日本を守れず、米軍依拠の天皇制防衛の結論に至ったといいます。

 かくして、「米軍駐留の安全保障体制の構築」が昭和天皇の至上課題となり、象徴天皇になって以降も、なりふり構わぬ「天皇外交」が展開されたというのが豊下説の核心部です。
(略)
 豊下教授は、もう一つの戦後史・安保体制という新たな「国体」を描き出しますが、独立国をめざす気概が存在した当時の外務省、もし天皇外交がなければ日本外交は選択肢の幅を広げ、より柔軟なダイナミズムを発揮し得たと想像します。安保の呪縛(じゅばく)は戦後の日本外交から矜持(きょうじ)も気概も奪いました。

 沖縄返還は七二年五月でした。ここでも基地負担軽減の県民の悲願は達成されませんでした。
(略)
 挫折したとはいえ鳩山前首相の普天間基地問題への取り組みと挑戦は未来につながったかもしれません。
(略)
 沖縄南部の激戦地、糸満市の摩文仁の丘の平和祈念公園内に九五年に建立された慰霊碑「平和の礎(いしじ)」には二十余万人の犠牲者の名前が刻まれます。

 沖縄県内と県外、日本人ばかりでなく米国、英国、台湾、韓国、北朝鮮の人々の名も。敵も味方もなく等しく犠牲者だという共生の思想。紺碧(こんぺき)に盛り上がる太平洋、沖縄の「平和のこころ」は世界に伝わっていくでしょう。深い哀(かな)しみを知る者たちこそ、深い共感を広げられるでしょうから。


日経:敗戦の教訓をいまに生かしているか

 「戦争をおこすのはたしかに人間です。しかし、それ以上に戦争を許さない努力のできるのも私たち人間ではないでしょうか」

 第2次世界大戦で激戦の地になった沖縄では、その戦跡にたたずむ平和祈念資料館の壁にこのような一文が書かれている。終戦から65年。平和への決意を新たにしたい。
(略)
 なぜ無謀な戦争に走ったのかを徹底的に検証し、同じ失敗を繰り返さない努力を尽くすことが必要だ。

 日本が中国に加え米英とも戦争することになった原因のひとつが、いまから70年前にヒトラーのドイツ、ムッソリーニのイタリアと結んだ日独伊三国同盟だった。ドイツ、イタリアと組んで米国に対抗する狙いだったが、米国との対立は決定的になったうえ、その後のドイツの敗退でこの構想はあっさり崩れた。
(略)
 当時、多くのメディアや世論が米英中などへの強硬論に拍手を送っていたことも忘れてはならない。

 ここからくみ取るべき教訓は何か。国際情勢の甘い分析と、国力をかえりみずに大風呂敷を広げた外交、国内の情緒に依拠した対外政策は、国の進路を誤るという現実だ。
(略)日本国内では、米国と距離を置き、外交のフリーハンドを広げるべきだという離米論も聞かれる。だが、朝鮮半島をはじめ日本の周辺にはなお多くの紛争の火種があり、米国との同盟なしで安定を保つのは難しい。影響力を増す中国とバランスを保つため、周辺諸国も強固な日米同盟を必要としている。

 情緒と願望に押し流され、現実を踏まえた冷徹な外交を忘れたとき、国の安定と繁栄は危うくなる。この歴史の教訓を改めて肝に銘じたい。


北海道:終戦記念日 平和の要石をどうつくる

 65回目の終戦記念日がめぐってきた。今年は日米安全保障条約の改定から50年の節目でもある。

 戦争の犠牲者を追悼し、平和の礎を確かなものとしたい。
(略)東アジアから平和の構想を広げたい。

 戦争を放棄した憲法を持つ日本の責務である。軍事力に頼る安全保障から脱し、国境を越えた民衆の連帯を生み出さねばならない。
(略)
 「命(ぬち)どぅ宝(命こそ宝)」-沖縄が語り継ぐ戦争の教訓である。

 先の大戦で貴い人命を失った日本の国民に共通する思いだろう。平和と不戦の誓いをかみしめたい。

 忘れてならないのは、普天間をはじめ沖縄の基地問題が悲惨な沖縄戦の延長上にあるということだ。
(略)
 国土面積の0・6%にすぎない沖縄に、日本にある米軍専用施設の74%が集中する。安全保障を日米安保に委ね経済成長に力を注ぐ。そうした戦後のしわ寄せを、過重な基地負担として沖縄は強いられてきた。
(略)
 日米安保と基地のあり方を根本から洗い直すときだ。粘り強い作業と日米の対話があって、初めて基地問題にも展望が開ける。

 慰霊の日の6月23日、沖縄全戦没者追悼式で菅直人首相は「沖縄の負担がアジア太平洋の平和と安定につながってきた」と謝意を述べた。

 「沖縄は安保の要石」。そう言いたいのだろう。だが旧来の対米追従なら政権交代の意味が問われる。

 軍事に偏った「日米同盟」と「抑止力」の中身を検証し、「武力によらない平和」に向けた転換を打ち出すことが必要である。

 新政権には、日本の平和憲法の理念を具体化する構想力と、確固たる外交路線を求めたい。
(略)
 役割を担うのは、市民団体や非政府組織(NGO)だ。東アジアのNGOは、地域の紛争予防や非核兵器地帯の設置を各国の政府に働きかけてきた。これをさらに強めたい。
(略)
 こうした構想を土台に、市民社会の協力で政府を動かし、東アジアに「平和の要石」をつくりたい。


毎日:戦後65年、終戦の日 歴史見すえ平和創ろう

 戦後65回目の終戦記念日である。あのころに思いをはせながら、平和を創(つく)るということを考えてみよう。

 1945年はどんな夏を迎えていたのだろうか。

 3月の東京大空襲、4月から6月にかけての沖縄の壮絶な地上戦と敗色は濃くなる一方だった。米軍の上陸に備え「本土決戦」「一億総特攻」が叫ばれたが、人々は食糧不足にあえぎ、空襲におびえていた。そして8月に2発の原爆が投下される。今からは想像もつかない、まさに「日本のいちばん長い夏」だった。
(略)
 連合国側の動きを見抜けず、こともあろうに対日参戦を着々準備していたソ連に助けを求めていたのだ。ポツダム宣言受諾を巡って結論が出せないまま何日もすぎた。本土決戦を叫ぶ陸軍のクーデターの動きが政府関係者を脅かしていた。8月10日未明、昭和天皇の「聖断」で降伏が決まり15日の玉音放送に至る。

 国際感覚の欠如と情報不足は耳を疑うほどだ。危機に際しての時間の空費がいかに大きな災いを招いたか。今への教訓も多い。
(略)
 最近の日本は内向きになりすぎていると言われる。戦時中のように外の動きが見えなくなっては困る。
(略)
 日本はアジアを中心に積極的なODA(政府開発援助)を展開してきた。金額でもかなり長期にわたり世界1位の援助大国を誇っていた。だが、今や米、独、仏、英に抜かれて5位である。今年度予算も11年連続の減額でピーク時(1997年度)の約半分というのは寂しい。

 PKO(国連平和維持活動)の派遣要員も今年初めの段階で中東のゴラン高原など3地域で計39人、世界85位というのは消極的すぎた。2月からのハイチ大地震の復興支援は久々の大型の派遣で国際的にも評価されている。今後も日本の得意分野を中心とした積極策を期待したい。
(略)
 二度とあの戦争の悲劇を繰り返してはならない。そのために平和を創る努力をしていく。一人一人が考える終戦記念日にしよう。


読売:終戦の日 平和な未来を築く思い新たに

 今年も8月15日を迎えた。戦没者を追悼し平和への誓いを新たにする日である。
(略)
 終戦と言えば、8月15日を区切りに平和な日々が始まったというイメージが定着している。

 しかし、8月9日に日ソ中立条約を破って満州(現中国東北部)に侵攻を始めたソ連軍は、15日以降も進撃を続けた。

 18日には千島列島最北の占守(しゅむしゅ)島にソ連軍が上陸、日本軍守備隊との間で激しい戦闘が行われた。(略)
 ソ連軍は侵攻を続け、日本固有の領土である国後島など北方4島を占拠した。

 日本軍将兵ら約60万人が捕虜としてシベリアなどの収容所に送られ、過酷な強制労働を強いられた。約6万人が飢えや寒さにより死亡した。
(略)ロシアは先月、日本が降伏文書に調印した9月2日を第2次世界大戦終結の記念日に定めた。事実上の「対日戦勝記念日」で、日本の北方領土返還要求をけん制したものでもあろう。

 政府は、北方4島の返還を今後とも粘り強く要求していかなければならない。
(略)
 一方で、日本も過去の誤りを率直に認め反省しなければ国際社会からの信頼は得られない。

 日本は世界の情勢を見誤り、国際社会からの孤立を深めていく中で無謀な戦争を始めた。中国はじめ東アジアの人々にも多大の惨害をもたらした。
(略)
 「終戦の日」は、過去の歴史を踏まえつつ、国際協調の下、世界平和のため積極的に行動する決意を新たにする日にしたい。

 そのことが先の大戦で亡くなった人々の遺志を生かすことにもなるはずである。


 8月15日は終戦記念日ということで社説が並びました。
 まぁ、大まかに言えば「国民一人ひとりが自覚して、政治を動かしていかなくてはならんよ」という社説が並んだワケですが、内容としては「国防を考えて国を考えなアカン」というのと「軍隊なんかなくしてみんなでハッピーになろうぜ」というのと、バラけたってことですね。

 結局、第二次世界大戦に限らないんだけど、金儲けをするにあたって外国となんやかんやとやりあって、譲るトコは譲り、譲れないトコは譲らないってのをやるのが外交で、お互い譲れないってトコでガンガン突き詰めた結果が戦争になってると思うのだぁね。
 それを結果論として「失敗した」のが第二次世界大戦における日本なんだろうし、日本は同じ轍を踏んではいけないんだろうなぁ、と思うのです。
スポンサーサイト




<<「無防備宣言したってこんなもん」 | Home | 「支持率復活」>>

コメント
schweiz hermes handbags3◆VebAoLvI:2014/04/21 09:38:26 HP:URL
hermes paket job げんさんち。 「終戦記念日社説」

check out your url◆F0NZpmLQ:2014/04/22 05:50:28 HP:URL
black hermes loafers げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes finland0◆bUVzuas6:2014/04/29 09:06:19 HP:URL
hermes parcel shop finder uk げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes bags france◆WB5SM.J.:2014/05/07 16:16:33 HP:URL
hermes bags thailand げんさんち。 「終戦記念日社説」
hermes bags france http://theatermachine.gr/images/hermes-bags-france-fall-2011-milan-style-week.asp

hermes birkin bags for sale online◆ziIJmDTE:2014/05/11 00:54:08 HP:URL
hermes bags different styles げんさんち。 「終戦記念日社説」

spain hermes◆sOSeStj.:2014/05/20 15:15:02 HP:URL
hermes jypsiere purseforum げんさんち。 「終戦記念日社説」

MBT Garissa Shoes shopping◆djz4uYDE:2014/05/29 19:55:06 HP:URL
mbt shoes vancouver げんさんち。 「終戦記念日社説」

purple hermes◆Vw1YeiFM:2014/06/04 09:04:35 HP:URL
hermes outlet real げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes bags 2013◆Vw1YeiFM:2014/06/04 15:20:15 HP:URL
hermes shop bond street げんさんち。 「終戦記念日社説」

replica hermes birkin 40cm◆Vw1YeiFM:2014/06/05 08:46:48 HP:URL
hermes bags 30 000 げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes austria◆Vw1YeiFM:2014/06/05 14:07:28 HP:URL
hermes belt ebay fake げんさんち。 「終戦記念日社説」

euler hermes usa◆Vw1YeiFM:2014/06/06 04:36:35 HP:URL
hermes outlet houston げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes handbags online◆J4E63nxU:2014/06/09 22:18:34 HP:URL
hermes paket 4 euro versichert げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes portugal◆J4E63nxU:2014/06/10 02:16:25 HP:URL
hermes paketshop d¨¹sseldorf bilk げんさんち。 「終戦記念日社説」

where to buy fake hermes in bangkok◆J4E63nxU:2014/06/10 09:06:46 HP:URL
hermes belt 32mm げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes handbags newest arrival◆J4E63nxU:2014/06/12 22:37:21 HP:URL
hermes purse neiman marcus げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes bags wholesale◆J4E63nxU:2014/06/14 00:51:39 HP:URL
hermes red handbags げんさんち。 「終戦記念日社説」

ireland hermes bags◆J4E63nxU:2014/06/14 22:07:28 HP:URL
hermes versand shop f¨¹rth げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes prices 2013◆J4E63nxU:2014/06/15 04:39:20 HP:URL
hermes shop ludwigshafen oggersheim げんさんち。 「終戦記念日社説」

what is better gucci or louis vuitton◆oII.u3GE:2014/06/23 16:20:18 HP:URL
louis vuitton wallet damier graphite げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes messenger bags◆Zl7flTDQ:2014/07/04 06:40:28 HP:URL
hermes belt conversion chart げんさんち。 「終戦記念日社説」

buy hermes◆Zl7flTDQ:2014/07/04 12:45:44 HP:URL
hermes kelly bag history げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes yellow purse◆Zl7flTDQ:2014/07/04 19:10:09 HP:URL
hermes belt kit colors げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes bags outlet◆Zl7flTDQ:2014/07/05 01:28:02 HP:URL
hermes bags constance げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes handbags dark blue◆Zl7flTDQ:2014/07/06 10:24:42 HP:URL
hermes messenger bag ebay げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes bag from blue jasmine◆EBUSheBA:2014/07/08 07:28:52 HP:URL
replica birkin bags in uk jacobs げんさんち。 「終戦記念日社説」

cheap hermes belt uk◆Zl7flTDQ:2014/07/08 19:27:31 HP:URL
hermes belt mumbai げんさんち。 「終戦記念日社説」

best quality hermes replica handbags◆EBUSheBA:2014/07/09 23:09:08 HP:URL
hermes replica birkin handbags kardashian げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes pink◆Zl7flTDQ:2014/07/10 07:53:39 HP:URL
hermes bag replica uk げんさんち。 「終戦記念日社説」

Best Hermes Replica Review◆EBUSheBA:2014/10/27 07:27:37 HP:URL
げんさんち。 「終戦記念日社説」 <a href="http://www.koneo.co.kr/common/hermes-handbag-outlet/wallets-fake-hermes-kelly-bag-buy-outlet-positive-fee.asp">Fake Hermes Kelly Bag Buy</a>

Hermes Kelly Bags Outlet◆EBUSheBA:2014/10/30 20:42:05 HP:URL
げんさんち。 「終戦記念日社説」 <a href="http://notilbehoer.dk/images/map/hermes-purse-price-on-sale-2-years-later-on.asp">Hermes Purse Price</a>

jvdextfmp◆L5rn2z.M:2014/12/08 04:36:08 HP:URL
げんさんち。 「終戦記念日社説」
<a href="http://www.gae253357mo42xyxwc5qj51cg1h51h23s.org/">ajvdextfmp</a>
jvdextfmp http://www.gae253357mo42xyxwc5qj51cg1h51h23s.org/
[url=http://www.gae253357mo42xyxwc5qj51cg1h51h23s.org/]ujvdextfmp[/url]

bags online store◆GicGXWCk:2014/12/21 16:39:53 HP:URL
latest hermes bags 2013 げんさんち。 「終戦記念日社説」

handbags clearance◆9sisY4CA:2014/12/24 13:02:09 HP:URL
hermes shop travem¨¹nde げんさんち。 「終戦記念日社説」

bags price◆9sisY4CA:2014/12/25 11:16:32 HP:URL
buy hermes h buckle belt げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes designer bags◆qeGI7Pgw:2014/12/25 16:41:43 HP:URL
hermes outlet in la げんさんち。 「終戦記念日社説」

hermes bag singapore◆9sisY4CA:2014/12/27 01:23:49 HP:URL
hermes birkin leather jacket げんさんち。 「終戦記念日社説」

COMMENT

 to Gen-Dohki

トラックバック
/

前に書いた記事
08/22のツイートまとめ(2019/08/23)/08/21のツイートまとめ(2019/08/22)/08/20のツイートまとめ(2019/08/21)/08/19のツイートまとめ(2019/08/20)/08/18のツイートまとめ(2019/08/19)/08/17のツイートまとめ(2019/08/18)/08/16のツイートまとめ(2019/08/17)/08/15のツイートまとめ(2019/08/16)/08/14のツイートまとめ(2019/08/15)/08/13のツイートまとめ(2019/08/14)/

もらったコメント
Download Anime,07/28,/ JanetHon,07/28,/ hipertrofia muscular pdf,07/26,/ DOMASa,07/24,/ RealtyApava,07/23,/ https://theeliquidboutique.co.uk/,07/20,/ Earleusali,07/20,/ درب ضد سرقت ارزان,07/16,/ Business Marketing Data,07/15,/ درب ضد سرقت ارزان,07/14,/

もらったトラックバック
げんさんち。:「オバマ大統領の広島訪問についての社説・韓国編」(05/31)

カテゴリ
Welcome to the Gloval Village! (20)  P-TALK 2012 (12)  P-TALK 2011 (12)  P-TALK 2010 (11)  P-TALK 2009 (12)  P-TALK 2008 (12)  P-TALK 2007 (20)  P-TALK 2006 (19)  P-TALK 2005 (24)  P-TALK 2004 (0)  P-TALK 2003 (0)  P-TALK 2002 (5)  P-TALK 2001 (21)  P-TALK 2000 (22)  P-TALK 1999 (18)  P-TALK 1998 (10)  日々でなくつらつら (3707)  日々でなくつらつら:ラクガキ (3)  日々でなくつらつら:笑ったもの (66)  日々でなくつらつら:ニュース (319)  日々でなくつらつら:記録しとくもの (57)  日々でなくつらつら:プロレス格闘技 (42)  日々でなくつらつら:スポーツ (69)  日々でなくつらつら:えっちぃの (6)  日々でなくつらつら:萌え! (23)  日々でなくつらつら:MoE (144)  日々でなくつらつら:トリックスター (68)  日々でなくつらつら:QMA (28)  日々でなくつらつら:ゲームの話 (29)  日々でなくつらつら:コンピューター関係 (11)  日々でなくつらつら:りなざうの (5)  日々でなくつらつら:だぶぜろさんの (24)  日々でなくつらつら:もばいる関係 (7)  日々でなくつらつら:本日のspam (17)  日々でなくつらつら:カラオケ (1)  日々でなくつらつら:なんか催し事 (3)  日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ (232)  日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ (224)  げんさんち。Off* (4)  お勉強 (4)  悪戦苦闘の歴史 (8)  ニコつべ (0)  ニコつべ:MoE自作 (4)  ニコつべ:MoE MAD (0)  ニコつべ:MoE プレイ (0)  ニコつべ:無双MAD (2)  ニコつべ:無双プレイ (0)  ニコつべ:BASARA MAD (0)  ニコつべ:歌ってみた (1)  ニコつべ:政治 (4)  ニコつべ:政治MAD (3)  ニコつべ:VOCALOID・UTAU (4)  ニコつべ:笑ったの (2)  ニコつべ:ゲーム (1)  ニコつべ:ゲームMAD (2)  ニコつべ:アニメMAD (1)  ニコつべ:MusicMAD (4)  P-TALK 2013 (12)  P-TALK 2014 (12)  P-TALK 2015 (12)  P-TALK 2016 (12)  P-TALK 2017 (12)  P-TALK 2018 (12)  P-TALK 2019 (7) 

月別一覧
2019/08(23),2019/07(32),2019/06(31),2019/05(32),2019/04(31),2019/03(32),2019/02(28),2019/01(32),2018/12(32),2018/11(31),2018/10(32),2018/09(31),2018/08(32),2018/07(32),2018/06(31),2018/05(32),2018/04(31),2018/03(32),2018/02(29),2018/01(32),2017/12(33),2017/11(31),2017/10(32),2017/09(31),2017/08(32),2017/07(31),2017/06(31),2017/05(32),2017/04(31),2017/03(32),2017/02(29),2017/01(32),2016/12(31),2016/11(31),2016/10(32),2016/09(31),2016/08(34),2016/07(33),2016/06(33),2016/05(35),2016/04(31),2016/03(31),2016/02(30),2016/01(32),2015/12(32),2015/11(31),2015/10(32),2015/09(32),2015/08(32),2015/07(32),2015/06(30),2015/05(33),2015/04(31),2015/03(32),2015/02(29),2015/01(32),2014/12(33),2014/11(33),2014/10(32),2014/09(22),2014/08(35),2014/07(32),2014/06(31),2014/05(33),2014/04(30),2014/03(32),2014/02(29),2014/01(31),2013/12(32),2013/11(31),2013/10(32),2013/09(31),2013/08(32),2013/07(33),2013/06(27),2013/05(1),2013/04(2),2013/03(26),2013/02(30),2013/01(32),2012/12(32),2012/11(32),2012/10(36),2012/09(33),2012/08(33),2012/07(32),2012/06(31),2012/05(31),2012/04(33),2012/03(39),2012/02(32),2012/01(33),2011/12(35),2011/11(31),2011/10(40),2011/09(36),2011/08(35),2011/07(32),2011/06(33),2011/05(34),2011/04(33),2011/03(47),2011/02(48),2011/01(40),2010/12(32),2010/11(32),2010/10(39),2010/09(49),2010/08(46),2010/07(46),2010/06(83),2010/05(78),2010/04(69),2010/03(50),2010/02(39),2010/01(15),2009/12(13),2009/11(21),2009/10(27),2009/09(15),2009/08(31),2009/07(38),2009/06(28),2009/05(28),2009/04(16),2009/03(44),2009/02(36),2009/01(16),2008/12(20),2008/11(13),2008/10(12),2008/09(17),2008/08(13),2008/07(9),2008/06(15),2008/05(11),2008/04(24),2008/03(15),2008/02(22),2008/01(12),2007/12(12),2007/11(11),2007/10(12),2007/09(20),2007/08(18),2007/07(15),2007/06(20),2007/05(16),2007/04(20),2007/03(19),2007/02(19),2007/01(18),2006/12(28),2006/11(29),2006/10(40),2006/09(34),2006/08(27),2006/07(29),2006/06(22),2006/05(19),2006/04(23),2006/03(24),2006/02(41),2006/01(43),2005/12(40),2005/11(52),2005/10(46),2005/09(36),2005/08(51),2005/07(30),2005/06(45),2005/05(25),2005/04(4),2005/03(1),2005/02(2),2005/01(1),2004/12(1),2004/11(1),2004/10(1),2004/09(1),2004/08(1),2004/07(1),2004/06(1),2004/05(1),2004/04(1),2004/03(1),2004/02(1),2004/01(1),2003/12(12),2003/11(1),2003/10(1),2003/09(1),2003/08(1),2003/07(1),2003/06(1),2003/05(1),2003/04(1),2003/03(1),2003/02(1),2003/01(1),2002/12(1),2002/11(1),2002/10(1),2002/09(1),2002/08(1),2002/07(1),2002/06(1),2002/05(1),2002/04(1),2002/03(2),2002/02(3),2002/01(3),2001/12(3),2001/11(3),2001/10(3),2001/09(2),2001/08(5),2001/07(3),2001/06(2),2001/05(4),2001/04(3),2001/03(3),2001/02(2),2001/01(3),2000/12(3),2000/11(3),2000/10(3),2000/09(3),2000/08(3),2000/07(3),2000/06(2),2000/05(4),2000/04(3),2000/03(2),2000/02(3),2000/01(4),1999/12(3),1999/11(3),1999/10(2),1999/09(2),1999/08(2),1999/07(2),1999/06(3),1999/05(2),1999/04(3),1999/03(3),1999/02(3),1999/01(3),1998/12(4),1998/11(3),1998/10(3),1998/09(5),1998/08(3),1975/03(2),1970/06(2),1970/01(1),

書いたバカ:幻導機

RSS
ADMIN


copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved