Hit.
げんさんち。
戻れないなら迷走するんだ。

お品書き・・・ 落ちる雫の音-LOG-歩行は今快適か?-FAQ-ロケット乗り場-LINK-

ちと参加してみてる・・・ twitter/gendohkislashdot.jp/~gendohkimixi/mixi日記読むだけ用pixiv/幻導機

姉妹サイト・・・ ボクボク(同人活動報告) ・Twitter/sanakaoru -眞馨(眞馨の更新されるといいですね小説サイト) -Scrap Kingdom(更新されない小説サイト) ・Leader's Rand(PC-EngineFANファンサイト)

2010/06/30(水) 「まぁ、公約要旨でもまとめてみますかいね」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 130コ

 基本的には時事通信。ただし、二つばかし時事で扱ってくれてなく朝日新聞が扱ってたので二党だけ朝日新聞。あと、要約になくて気になった部分については一部マニフェストから引っ張ったりしてみた。
 マニフェストも概略しか参考にしてないし、かなりテキトーなので、詳しくはちゃんと政党の公約を見てくださると幸い。
時事:民主党の公約要旨=参院選【公約比較】→民主
時事:国民新党の公約要旨=参院選【公約比較】→国民
時事:自民党の公約要旨=参院選【公約比較】→自民
時事:公明党の公約要旨=参院選【公約比較】→公明
時事:共産党の公約要旨=参院選【公約比較】→共産
時事:新党改革の公約要旨=参院選【公約比較】→改革
時事:社民党の公約要旨=参院選【公約比較】→社民
時事:たちあがれ日本の公約要旨=参院選【公約比較】→た日
時事:みんなの党の公約要旨=参院選【公約比較】→みん
朝日:《幸福実現党》 改憲し軍隊保持→幸福
朝日:《日本創新党》 法人税率を半減→創新
財政・税制・経済成長
民主新たな政策の財源は既存予算の削減または収入増で捻出(ねんしゅつ)▽2011年度の国債発行額は10年度発行額を上回らないよう全力▽早期に結論を得ることを目指して消費税を含む税制の抜本改革に関する協議を超党派で開始▽15年度までに基礎的財政収支の赤字(対GDP比)を10年度の半分以下にし、20年度までに黒字化▽20年度までの平均で名目3%超、実質2%超の経済成長▽法人税率の引き下げ
国民3年間で総額100兆円の経済対策で5%以上の名目経済成長を達成
自民3年間に早期のデフレ脱却と景気回復、名目4%成長を実現▽GDPギャップを解消▽法人税率を20%台に減税▽今後10年以内に基礎的財政収支を黒字化。5年以内に対GDP比で赤字を半減▽新たな政策には恒久財源を確保する原則を徹底▽財政健全化責任法を早期成立▽消費税率は当面10%。食料品の複数税率など低所得者への配慮を検討▽税制抜本改革で超党派による円卓会議などを設置
公明消費税を含む税制の抜本改革を実行▽3年をめどに実質2%程度、名目3~4%程度の経済成長を達成▽法人税率の引き下げ▽日本版物価目標政策の導入などで1~2%程度の物価水準を達成
共産消費増税に断固反対▽米軍への思いやり予算(在日米軍駐留経費の負担)、米軍再編費は撤廃▽大企業の研究開発減税など優遇税制を改め、法人税率を段階的に元の水準に引き上げ
改革20年ごろに消費税率を10%以上に。地方財源とした上で福祉目的税化▽法人税率を25%に減税▽1~2%程度のインフレターゲット(物価目標)で経済成長を達成
社民消費税率は引き上げず、飲食料品分は実質非課税▽高額所得者の最高税率は50%
た日消費税率を12年度から3%アップ。食料品など生活必需品に軽減税率を適用▽12年度から法人税率を10%引き下げ▽基礎的財政収支の赤字を3年で半減。一般歳出は88.5兆円を上限
みん年率4%以上の名目経済成長により、10年間で所得を5割アップ▽バイオや環境、エネルギーなどの成長分野に予算などをシフト ▽法人税率を20%台に減税
幸福新しい基幹産業をつくる▽リニア新幹線や都市交通網などに10年以内に100兆円投資▽贈与税・相続税廃止、所得税・法人税減税▽5~7%の名目成長を実現
創新法人税率半減
医療・社会保障
民主年金制度の一元化と月額7万円の最低保障年金の実現のため税制抜本改革を実施▽後期高齢者医療制度を廃止し、13年度に新制度をスタート▽障害者自立支援法廃止、包括的な障害者福祉の法律制定▽診療報酬の引き上げ▽「消えた年金」を11年度まで集中取り組み
国民健康保険組合を統合し、医療保険制度を一元化▽患者の窓口負担の上限を20%に軽減
自民年金受給資格要件の期間を25年から10年に短縮▽年金制度で超党派の協議機関を早期に立ち上げ、社会保障制度の一体的見直し▽診療報酬の大幅な引き上げ▽1000人体制の「県境なき医師団」を結成。医師不足の地域へ派遣
公明低所得者の基礎年金を25%上乗せする加算年金制度の創設▽年金受給資格期間を10年に短縮▽空き家をリフォームし住宅困窮者に低家賃で提供する「セーフティーネット住宅」を100万戸整備▽うつ病や不安障害への治療体制の整備
共産後期高齢者医療制度を即時廃止▽高齢者と子どもの医療費を無料化▽診療報酬と介護報酬の引き上げ
改革医療と介護、福祉、消防との地域連携を推進
社民介護施設待機者をゼロ▽後期高齢者医療制度を廃止▽妊婦健診や出産に健康保険を適用
た日救急病院集中化、産科・小児科不足解消を推進▽介護報酬アップで雇用人数を増大
みん医療費を国内総生産(GDP)比10%超に引き上げ
幸福病院の価格設定の自由化▽歴代の政府・厚生労働省関係者の責任追及▽生活保障年金を用意し、若い世代に積み立て方式の新公的年金を検討▽75歳定年制の移行を促す
創新消費税10%に引き上げ、社会保障と地方の財源に 新年金制度の構築
子育て・教育
民主財源を確保しつつ、子ども手当を1万3000円から上積み。上積み分は地域の実情に応じて現物サービスも可能▽11年度から子ども手当に国内居住を要件化▽出産育児一時金、不妊治療支援など拡充▽大学生など希望者全員が受けられる奨学金制度を創設。大学授業料減免制度を拡充
国民待機児童対策の一層の推進
自民3歳から小学校就学まで保育料、幼稚園費を無料化▽子どもの医療費無料化▽全国学力調査、教員免許更新制度の復活▽高校生や大学生への奨学金の拡充▽子ども手当の全面的見直し。外国人の海外居住の子どもへの支給を早急に停止▽土曜授業の復活
公明小学校就学前3年間の幼稚園・保育所など幼児教育の無償化▽公立小学校給食の無償化
共産認可保育所を1年間で10万人分を建設して待機児童問題を解決
改革待機児童解消のための幼稚園・保育園の増設、費用の無料化検討▽中高一貫教育制度の導入
社民子どもに関する総合的政策を一元的に行う「子ども省」を創設 ▽就学援助対象を高校までとし、充実強化
た日全国学力テストを再開し、教員免許更新制を強化▽高校授業料無償化を撤回し、給付型奨学金を大規模に導入
みん子ども手当を抜本的に見直す▽幼児医療の無償化、不妊治療費の助成拡大、小児緊急医療体制の拡充を実施
幸福教員に競争原理▽教育委員会に民間人登用、いじめ防止法制定▽ゆとり教育から脱却▽保育所増設
創新子ども手当を廃止し、子育て応援券を創設▽高校以上は学校設立を自由化▽初等・中等教育における基礎学力、道徳教育の強化 少子化対策で合計特殊出生率を2.07に
雇用
民主11年度中に求職者支援制度を法制化▽非正規労働者や長期失業者への就職支援体制を整備▽新卒者就職支援の強化
国民定年制度の延長、シルバー人材の活用などを一層推進
自民非正規労働者の処遇改善▽新卒者を試行的に雇う企業に3年間補助金を支給する「トライアル雇用制度」を創設▽今後10年間で雇用者所得の5割増を実現
公明企業採用における「新卒」要件を卒業後3年間まで緩和
共産労働者派遣法は「抜け穴」なしの抜本的改正▽時給1000円以上へ最低賃金の引き上げ▽非正規労働者と正社員との均等待遇など推進
改革再就職教育の充実で社会が雇用に責任を持つ体制に移行
社民労働者派遣法改正案の早期成立▽職業訓練と生活支援費を支給する「求職者支援制度」を法制化
た日医療・介護・保育分野で300万人の新規雇用を創出▽10兆円規模の「雇用移動円滑化基金」を創設
みん同一労働同一待遇の確保▽ハローワークを原則民間に開放
幸福--
創新--
地方活性化
民主11年度に公共事業をはじめ投資への補助金を一括交付金化▽国直轄事業への地方負担金廃止
国民全国各地域ブロックごとに国費と郵便貯金などを財源とした大型プロジェクトを策定し、今後5年程度で実現
自民地方公共団体が地域経済活性化などに活用できる「地域経済対策緊急交付金」(1兆円)「地域雇用創出緊急交付金」(1兆円)を実現▽(1)地方税、地方交付税など一般財源の確保(2)直轄事業負担金制度を抜本的に見直し(3)国の出先機関の廃止縮小の実施-など地方分権改革を推進▽道州制基本法の早期制定
公明今後3年をめどに道州制基本法を制定し、約10年後に地域主権型道州制を実現
共産道州制の導入と市町村の大合併、大再編に反対▽地方議会の権限など強化
改革「廃県置州」を実行。大阪を特区にし、独自の制度を大阪府が決定
社民国税と地方税の割合は当面5対5
た日「ふるさと減税」を実施、過疎、限界集落など特定地域で所得税・住民税を軽減▽道州制を推進
みん7年以内に「地域主権型道州制」に移行▽各省庁の「ひも付き補助金」と地方交付税を廃止、財源を地方に移譲
幸福--
創新消費税10%に引き上げ、社会保障と地方の財源に 道州制で「廃県置州」
外交・安保
民主日米同盟を深化▽普天間飛行場移設問題で日米合意に基づき沖縄の負担軽減に全力▽緊密で対等な日米関係を構築するため日米地位協定の改定を提起▽東アジア共同体の実現へアジア諸国との信頼関係構築に全力▽国連平和維持(PKO)活動などでの自衛隊、文民の国際貢献活動のあり方を検討▽自衛隊などの海賊対処活動を継続▽北朝鮮の拉致問題の解決に全力▽防衛装備品の民間転用を推進
国民北朝鮮の拉致問題の早期解決▽中長期的に自主防衛を強化▽沖縄の基地負担を段階的に軽減
自民日米同盟の一層の深化▽在日米軍再編の着実な推進▽北朝鮮の拉致被害者全員の帰国を実現▽「安全保障基本法」を制定▽自衛隊の海外派遣が迅速に対応できる「国際平和協力法」を制定
公明日米安保条約を堅持し、日米関係を深化・発展▽国連平和維持活動(PKO)に積極参加
共産普天間飛行場問題で日米合意を撤回し、無条件撤去を要求▽日米安保条約を廃棄し、対等、平等の日米友好関係を構築
改革日米安保同盟を堅持
社民日米同盟強化に反対し、沖縄の負担軽減、基地の整理縮小を最優先に対応▽米軍普天間飛行場を県外、国外に移設▽日米地位協定の全面改正を要求
た日東アジアの安保のため米軍の基地使用を容認
みん日米安保体制を基軸▽「思いやり予算」を見直す
幸福日米同盟と民主主義国家との関係を強化▽憲法9条を改正し、正式に軍隊の保持を認める▽防衛産業に積極投資し、国防力を整備
創新日米同盟が基軸▽集団的自衛権の行使を容認
政治・行政改革
民主衆院比例定数80、参院定数40程度削減▽国会議員の経費2割削減▽実質的な通年国会の実現▽企業・団体による献金・パーティー券購入を禁止▽国の総予算の全面的な組み替えを徹底▽事業仕分けなどで特別会計を見直し▽外交文書含め行政情報を積極的に公開▽国家公務員総人件費の2割削減
国民郵便局のネットワークを堅持し、戸籍、住民票、年金記録など行政サービス機能を充実
自民衆参両院の国会議員定数を3年後に1割、6年後に3割削減▽政治家が違法行為を秘書に転嫁し逃れることがないよう政治家の監督責任を強化▽「天下り」あっせんに刑事罰▽国家公務員の総人件費を2割削減
公明企業団体献金の全面禁止 ▽会計責任者が虚偽記載などを行った場合、議員本人の「選任」や「監督」で相当の注意を怠れば公民権を停止▽早期退職勧奨の禁止や関連法人への退職後5年間の再就職禁止による天下り根絶
共産政党助成金を撤廃▽小選挙区制を廃止し、比例代表中心の制度へ改革
改革衆院の小選挙区制廃止▽企業団体献金を廃止▽議員定数を半減▽一律の予算削減目標の設定
社民企業・団体献金を直ちに禁止▽比例代表中心の選挙制度へ改革
た日公務員人件費を2割削減。国会議員歳費を3年間3割カット▽衆院を400議席、参院を200議席に削減▽衆院は比例代表をやめ中選挙区制に変更
みん国家公務員を10万人削減▽国と地方の公務員の総人件費を2割以上カット▽真の天下り根絶▽衆院議員は300人、参院議員は100人に削減▽国会議員給与3割カット、ボーナス5割カットを実施▽政治家個人への企業団体献金の即時禁止。政党本部へは1年以内に禁止
幸福--
創新議員定数を半減、公務員数を削減
農業
民主コメの戸別所得補償制度を検証し、段階的に他の品目、農業以外の分野に拡大▽食品の原料原産地などの表示とトレーサビリティー(取引履歴の明確化)の義務付け対象の拡大▽口蹄(こうてい)疫の感染拡大の阻止に全力。影響を受けた人への生活支援・経営再建対策を実施
国民コメの需要拡大による食料自給率の向上
自民農林水産業の多面的機能を評価した日本型直接払いの仕組みを法制化▽地域の自主的な努力を踏まえた「経営所得安定制度」の創設▽「口蹄疫対策特別措置法」の完全実施
公明食料供給基盤の強化へ食料安全保障特別予算枠を創設
共産日米自由貿易協定(FTA)、日豪経済連携協定(EPA)の交渉を中止▽主要農産物への価格保障・所得補償を実施。コメは1俵1万8000円を保障
改革海外への販路拡大などで農林水産業の競争力向上
社民農林漁業に直接支払制度を創設
た日食料自給率を10年間で10%向上
みんコメの減反政策を段階的に廃止
幸福--
創新農業大規模化で高収益化
郵政
民主郵政改革法案の次期国会成立
国民郵政株式凍結法案、郵政改革法案(PDF)
自民郵政民営化の推進
公明郵政改革「逆行」法案には断固反対 民営化による経営状況などを踏まえ、さらなるユニバーサルサービスの確保や利便性の向上(PDF)
共産--
改革郵政民営化を推進
社民「郵政改革法案」の早期成立、ユニバーサルサービスと郵便局ネットワークの維持(PDF)
た日将来的な100%民営化を前提(PDF)
みん「郵政再国営化」を許さず「郵政民営化」を進める
幸福スケジュール通りに郵政民営化を進めます(PDF)
創新--
外国人参政権
民主--
国民外国人地方参政権に反対
自民外国人地方参政権付与に反対
公明永住外国人地方参政権付与を実現
共産--
改革--
社民--
た日外国人地方参政権付与に反対
みん--
幸福--
創新外国人地方参政権に反対
憲法
民主--
国民--
自民衆参両院での憲法審査会の始動、憲法改正原案の国会提出
公明--
共産憲法9条を含む全条項を守る
改革憲法改正を議論
社民憲法審査会の始動回避し
た日--
みん憲法審査会を早急に始動し議論を開始
幸福憲法9条を改正し、正式に軍隊の保持を認める
創新新憲法の制定
夫婦別姓
民主--
国民夫婦別姓制度に反対
自民夫婦別姓制度導入に反対
公明--
共産--
改革--
社民選択的夫婦別姓の実現
た日夫婦別姓導入に反対
みん--
幸福--
創新選択的夫婦別姓などに反対
その他
民主自動車重量税・自動車取得税の負担軽減▽高速道路を段階的に原則無料化▽交通基本法(仮称)を制定▽全国のダム事業の検証▽ハブ空港の戦略的整備
国民--
自民--
公明18歳選挙権実現
共産--
改革--
社民裁判員制度の見直し
た日--
みん--
幸福--
創新--


 後は、各マスコミの特集ページをリンクして終わり。
朝日:2010参院選
産経:参院選2010
中日:参院選2010
日経:参院選2010
毎日:2010参院選
読売:参院選2010
共同:参院選 2010
時事:第22回 参議院選挙
NHK:参院選 2010
スポンサーサイト

2010/06/30(水) 「意図的に編集すると、かなりどうでもいいニュースになる」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 95コ

朝日:枝野氏発言「頭を坊主にすべき話」 民主、国民新に謝罪

 民主党の安住淳選挙対策委員長は(略)枝野幸男幹事長がみんなの党との連携に期待を寄せる発言をしたことについて(略)「本来は頭を坊主にしないといけない話だ。幹事長にも十分注意しておいた」(略)

iza:「枝野幹事長ってアレに似てる…」永田町でひそかな話題(ZAKZAK)

 民主党再生のキーマン、枝野幸男幹事長(46)と、平城遷都1300年記念事業の公式マスコットキャラクター「せんとくん」がソックリだと、永田町でひそかな話題となっている。(略)


 特に他意はない。

2010/06/29(火) 06/28のツイートまとめ
Welcome to the Gloval Village! -トラックバックないよ-コメント 78コ

gendohki

まぁ、選挙が始まったので後で公約でもまとめてみるかなぁ。
06-28 15:52

ってな中、政見放送やってたので見た……おかげで、ちい散歩見逃したorz
06-28 15:47

明日の日本vsパラグアイは守ったもん勝ちになる気がするけど守備的になった方が負ける気がするという難しい試合になりそーです。
06-28 15:43

次はドイツvsアルゼンチンか。たまらんな。しかしあっさり北中米が消えてアジアが半分になってもうた。サッカーは未だにヨーロッパと南米のスポーツだなぁ。
06-28 15:42

2-2で後半だったらどうだろうか?と思いつつ、あの点差だとまぁダメだったかもなぁ。あのカウンターは前のめりだったからとか理由ついただろうか?#2010wc
06-28 15:37

ドイツvsイングランドは、どー見てもゴールだったけど'66のアレの借りが今返ってきたっつーことで終わりにするってのはどうか。#2010wc
06-28 15:34


2010/06/28(月) 06/27のツイートまとめ
Welcome to the Gloval Village! -トラックバックないよ-コメント 99コ

gendohki

ま、僕ぁ寝てるだけですが。
06-27 18:11

おまけに大相撲の野球賭博だの暴力団との付き合いだののニュースもあって選挙の話題が霞む霞む。どこの狙い通りなんだかねぇ。
06-27 18:11

参議院議員選挙が始まってるけど、ワールドカップで盛り上がって最新ニュースからは政治関連のものが追い出されている。
06-27 18:03

あーあとで落書きくらいはしにゃいとにゃー
06-27 18:00

とりあえず体力回復だけが今出来ることなので寝る。食って寝る。栄養つけて寝る。たまにちょっと動く予定。
06-27 17:58

明日は休みを取ってある。前もって入れていた予定の休暇である。んで先週倒れて二日動けんかった。私はいつもこんなだ。
06-27 17:47

あとプレイがいちいちいい意味でずっこいね。ウルグアイは。あんだけファール取られない妨害の仕方されると相手は厳しいね。#2010wc
06-27 00:55

ウルグアイ2-1韓国 同点に持ってったんだけど2点目のスアレスのゴールが見事過ぎた。#2010wc
06-27 00:53


2010/06/28(月) P-TALK No.287
P-TALK 2010 -トラックバックないよ-コメント 220コ

幻導機「 いや、しっかしまぁ、一次リーグ突破しちゃうとはなぁ 」
佐奈香「 ワールドカップですか 」
幻導機「 ワールドカップどす 」
佐奈香「 あんたも岡田、腹切れだのW杯も正直「何点取られるか」しか興味湧かなくなってしまったとか言ってたのにねぇ 」
幻導機「 まさか、本番になっていきなり機能すると思わなかったんだってば 」
佐奈香「 ま、いきなりだったもんねぇ 」
幻導機「 いきなりだったんだもんよ 」
佐奈香「 謝りなさいよ 」
幻導機「 ヤだ 」
佐奈香「 おい 」
幻導機「 最初からやってた布陣が当たったワケじゃないしのぅ 」
佐奈香「 言い訳がましいなぁ 」
幻導機「 まぁ、そうとも言う 」
佐奈香「 そこで認めるな(苦笑) 」

P-TALK No.287


幻導機「 というわけで、幻導機です 」
佐奈香「 佐奈香です 」
幻導機「 決勝トーナメントが始まってる中、お送りするP-TALKです 」
佐奈香「 監督に謝りなさいよ 」
幻導機「 だーって、あん時はホントにグデグデだったんだもんさ。 結局、全力プレスで90分は死ぬって選手が話し合ってポジショニングとか決め合って、 監督も監督で本番直前に今までのやり方じゃダメだってガラッと変えたら、 それがたまたま当たったっつー話で 」
佐奈香「 必死の弁明よね 」
幻導機「 まぁ、次はパラグアイっつーベスト16までの国が相手だから、 どっちが勝っても初のベスト8っていうめでたいことなので。 いい試合になるんでないかと 」
佐奈香「 お互い守備には定評があるチームだしねぇ 」
幻導機「 1-0とか0-0でPKとかになるんかなぁ。なんてね 」
佐奈香「 なりそうだねぇ。あんたの予想はたいてい当たらないけど 」
幻導機「 まーな。あとどっちにしても日本はどこ相手でも1点は絶対取れるようであって欲しいのでね 」
佐奈香「 堅守のパラグアイでも 」
幻導機「 そうそう。まぁ、どっちにしても勝った方は、 スペインvsポルトガルの勝者っつー事実上の優勝候補筆頭と対戦だから、 お互い3点差勝利するくらいでないと勝負にすらならないと思うけどな 」
佐奈香「 厳しいなぁ、それ(苦笑) 」
幻導機「 それでもなおベスト4行ったら、そりゃぁ世界ビックリだわな 」
佐奈香「 なるといいねぇ 」
幻導機「 まー流石に無理だろ 」
佐奈香「 おーい…… 」

P-TALK No.287


幻導機「 とまぁ、そんなワケで今回はこのへんで 」
佐奈香「 今さっき韓国負けちゃったね 」
幻導機「 得点力に差は無かったと思うから、ウルグアイのずっこさに完璧に封じ込められたな。 いちいち参考になるプレイだった(笑) 」
佐奈香「 惜しかったねぇ 」
幻導機「 まぁ、ここからが本当のワールドカップだって言われるくらいだからな。 日本のあの形はアフリカとヨーロッパにしかやってないから、 通用するのかどうか見させてもらいましょうや 」
佐奈香「 じゃぁ、そういう事で 」
幻導機「 あい。また来月お会いしましょう 」
佐奈香「 ではっ 」

2010/06/27(日) 06/26のツイートまとめ
Welcome to the Gloval Village! -トラックバックないよ-コメント 55コ

gendohki

未だに1点目のゴールキーパーのズッコケが理解できないだう。彼に何があった?
06-26 23:41

韓国vsウルグアイを見てるなう
06-26 23:40


2010/06/26(土) 06/25のツイートまとめ
Welcome to the Gloval Village! -トラックバックないよ-コメント 208コ

gendohki

川島はPK止めたけどまぁアレはしょうがないとして。岡崎がちゃんと落ち着いてゴロ打ってくれてよかったよかった。#2010wc
06-25 05:36

日本が勝ったなぁ。しかし、FK2発が入ったとは言え、3点も取るとはなぁ。#2010wc
06-25 05:35


2010/06/25(金) 06/24のツイートまとめ
Welcome to the Gloval Village! -トラックバックないよ-コメント 151コ

gendohki

診断終了なう
06-24 19:54

入荷したら本気出す。  gendohkiのやる気スイッチは入荷待ちです。 http://shindanmaker.com/14342 #yaruki
06-24 19:51

筆記試験苦手。  (センター試験gendohkiの結果)萌え1点、SM 30点、フェチ9点、前技28点、絶頂7点 http://shindanmaker.com/28575
06-24 19:50

頭にでもつけるか。  gendohkiさんに1つだけ残るものは『愛』です。 http://shindanmaker.com/14394
06-24 19:50

食費かかるなー  gendohkiにオススメするペットは『メダカと温水洋一』です。 http://shindanmaker.com/28629
06-24 19:49

もうジジィなんですよ。  gendohkiのオッサン度は☆です。 http://shindanmaker.com/28613
06-24 19:48

人型なら、まぁ。  gendohkiのメガネは19歳、ちょっと臭うがおしゃれに抜け目がない女性です。『メガネは恋愛対象になりますか…?』byあなたのメガネ http://shindanmaker.com/27999
06-24 19:48

横幅が半分しかないがな。 gendohkiはの顔はこんな顔→『 http://blog-imgs-47.fc2.com/t/w/i/twishin/a15.jpg 』です。 http://shindanmaker.com/28624
06-24 19:46

まんまだなぁ。  gendohkiがモテない理由は、『まぁ積極性が無いから』、『とにかくくだらない』、『言葉遣いがキモいってのも…』だそうです。 http://shindanmaker.com/16450
06-24 19:45

じゃぁカナル型で。  gendohkiが付き合いたいほどに大好物な変態は『コンパスと強盗犯が仲良くしているのをみて家に帰って自分も同じことしようとしているヘッドホン』です。 http://shindanmaker.com/28648 #hentaishindantta-
06-24 19:44


まだ、ちょっと続く。

2010/06/24(木) 06/23のツイートまとめ
Welcome to the Gloval Village! -トラックバックないよ-コメント 122コ

gendohki

歴史が変わったか。あぁ、これは欧州勢優勝フラグ#2010wc
06-23 00:54

あ、フランスが点返した。
06-23 00:29


2010/06/23(水) 「鯨がミンチになるだろ」
日々でなくつらつら:笑ったもの -トラックバックないよ-コメント 175コ

Eco Front:残虐!ミサイルで爆破される鯨

捕鯨に関する、またしても衝撃的な情報が飛び込んできた。米マクドネル・ダグラス社が開発した対艦ミサイル、ハープーン(Harpoon)によって、ノルウェー沖を泳いでいたミンククジラが殺害されたというのだ。

これは世界動物保護協会(WSPA)が5月にとらえた映像で、船から2発のハープーン(Harpoon)が発射され、1発目がかすり、2発目で死に至ったという。
(略)
編集部 青空ひなた


 週刊オブイェクトの記事から。
 ハープーン(Harpoon)というのがそもそも銛のコトで、いわゆるハープーンミサイルというのは捕鯨銛から名前がついたそうなんですが、そんな経緯をすっ飛ばしたおかげで、こんな記事ができちゃったという話。

 まぁ、ハープーンがそういう意味だと知ったのは、
「日本の調査船もシーシェパード相手に捕鯨の銛(ハープーン)で撃っちゃえばいいのにね」
「そんなんしたら、シーシェパードがハープーン(ミサイル)で攻撃されたってアピールするぜ?」
 という会話があったからなんで、私も偉いことは言えないんですが。

 何はともあれ、調べて書かないと怖いよね。
 ネットメディアって調べる時間をあんまりくれないから余計にね。

2010/06/23(水) 「露とおち 露と消えにし 雑誌かな ジャンプの時も 夢のまた夢」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 103コ

産経:「コミックバンチ」休刊へ

 (略)週刊漫画誌「コミックバンチ」(新潮社発行)が8月27日発売号で休刊することが18日、分かった。
(略)創刊号は70万部以上を発行して話題を集めたが、日本雑誌協会の統計では、現在14万部前後と低迷していた。

 コアミックスでは秋に新しい漫画誌の創刊を検討しているという。


 コンシェルジュとエンジェルハートとグ・ラ・メ!くらいしか読んでなかったなぁ。
 とりあえず、コンシェはアメリカ編。グ・ラ・メ!はなんかの大会編なんだけど、両方ともオチがつけられるのか、それとも「秋の新雑誌」とやらに移行できるのか。

2010/06/23(水) 「さてオランダ戦の中村俊輔ですが」
日々でなくつらつら:スポーツ -トラックバックないよ-コメント 94コ

 決勝点となった1点をとられてからの交代で出てきた中村俊輔ですが、少なくとも私が見た感じでは明らかに10対11状態の数的不利に追い込まれたようにしか見えませんでした。

 そもそも「なんで俊輔?」と思ったし「まぁ、でも直前にFK増えてたしなぁ」と無理矢理納得させてみたものの、ボールを追わず、取りにも行かず、ボールをもらってもバックパスという空気のような存在と化した彼を見た後で、なんか面白い記事に遭遇したので、いろいろと並べてみることにしたのであります。

朝日:俊輔投入、結果出せず

(略)与えられた時間は26分。0―1の戦況で中村俊に期待されることは、いまさら言葉にするまでもあるまい。

 しばらくプレーした後、中央寄りへ位置を変えた。(略)位置取りの駆け引きで優位に立つのは、中村俊の得意とするところ。日本の攻撃の時間は増えていった。

 相手ペナルティーエリアの右角で球を持ち、左足でのクロスをうかがわせながら外を走った長友に短いパスをした場面。(略)パスが合わず失敗すると、頭をかきむしって悔しがった。

 1人で勝負を動かせなかったのは、不調が続いていた今の力ではやむを得ないのか。(略)

読売:精度高いパスでつなぎ役…中村俊が存在感

(略)後半途中から、日本の背番号「10」中村俊が登場。

 前線の本田とポジションを変えながら、高い位置でプレー。攻撃のリズムにためを作り、精度の高いパスでつなぎ役となった。(略)存在感を示した。
(2010年6月19日23時42分 読売新聞)


 中村は悪くなかったよという朝日と、
 中村は存在感を示したと書ききる読売の記事。

 あれ?
 そんな存在感あるプレイしてたっけ?

 などと思いつつ、他の記事を見ると、

時事:「今までにないFK」を=恩師に誓う中村俊選手〔W杯〕

 【ダーバン(南アフリカ)時事】サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、日本の司令塔を務めてきたMF中村俊輔選手(31)が19日、オランダ戦で初めてピッチに立った。(略)桐光学園高(川崎市)時代の恩師(略)は「(略)これまで指導した中で一番努力した選手」と評価する。
 (略)テクニックはあるが、細くて力がない。逆サイドにいいパスを出しても届かないことがあったという。
 急激に伸びたのは、体格が発達した高校2年から。年代別の日本代表にも選ばれ、(略)横浜マリノス(現横浜Fマリノス)に入団した。
 しかし、(略)W杯日韓大会で代表落ち。(略)レッジーナ、(略)セルティックで実績を積み上げ、(略)エスパニョールへの移籍を果たしたが、(略)古巣へ戻った。(略)
 前回のW杯ドイツ大会では結果を残せず、今大会もポジションを失うという思わぬ苦境に直面しているが、(略)「今までにないフリーキック」。大会直前、恩師に打ち明けた新兵器が、(略)デンマーク戦の勝敗を左右するかもしれない。(2010/06/20-18:49)


 時事は「オランダ戦で交代だけど出場した」という事実だけを書いて、後は昔話でお茶を濁していたという。プレイについては触れられなかったんですね。わかります。

共同:「殺し屋の本能が足りない」 オランダ戦でオシム前監督

 前日本代表監督のイビチャ・オシム氏がオランダ戦後、(略)遠藤と途中出場の中村俊の名前を挙げ「もっとスピーディーなプレーが必要。ピッチの上にソファを出し、葉巻をくゆらせるような選手になってほしくない」と苦言を呈した。


 共同はオシムにチンタラプレイすんなと突っ込まれてたのを出すことで中村批判をしたっぽいです。
 共同としては「だってオシムがそう言ってたんだもん」という逃げも打てる記事ではありますね。

 まぁ、そんなワケでスポーツ新聞。もともとメジャーな存在を叩くのが趣味のような記事を書くきらいがあるので、基本的にはボコボコに書くことが多いワケですが、こんなカンジ。

スポニチ:俊輔、2度目W杯は“不完全燃焼”の26分

 【W杯1次リーグE組 日本0―1オランダ】MF中村の2度目のW杯は不完全燃焼の幕開けとなった。0―1の後半19分、疲れの見え始めた松井と代わって今大会初出場。岡田監督からは「前線でのタメとセットプレーを期待」されてピッチへ送り出されたが、セットプレーは後半24分の右CK1回のみ。最後まで好機は演出できなかった。
(略)動きには物足りなさが残った。後半33分には後方からのタックルでボールを奪われ、カウンターでピンチを招いた。後半45分には、前線でロングボールを受けた闘莉王が胸で落としたパスに攻め上がって詰めるでもなく、守備に備える消極的なプレー。これには闘莉王も怒りをあらわにした。
(略)信頼を取り戻し切れなかった中村に、再び出番はあるのだろうか。

[ 2010年06月20日 ]

ニッカン:俊輔不発!シンプル目指したけど…/E組

(略)
 MF中村俊輔(31)が、0-1の後半19分から出場し、06年ドイツ大会に続く2大会目となるW杯出場を果たした。岡田監督から攻撃の起点となるプレーを期待されたが不発だった。(略)
 [2010年6月20日2時39分]

サンスポ:俊輔、今大会初出場も目立った活躍できず

(略)出番がここまで遅くなるとは、本人も想像していなかっただろう。カメルーン戦の勝利をベンチで見守った中村俊輔は2戦目の後半19分、松井に代わってようやく途中出場。「右ではっててもボールがこない」と位置取りを変えてチャンスメークに務めたが、見せ場は本田を狙った右CKくらい。むしろ相手のプレスにボールを失う場面の方が目立ったほどだ。
(略)強烈なアピールとは言い難く、32歳の誕生日に当たるデンマーク戦でのスタメン獲得も難しい状況だ。(略)

デイリー:俊輔不発…後半途中初出場も流れ変えられず

(略)日本代表MF中村俊輔(31)=横浜M=は後半19分にMF松井と代わって途中出場。今大会初めてピッチに立ったが、流れを変えることはできなかった。
(略)交代直後には強烈なタックルを食らい、カウンターを食らうきっかけとなり、後半35分にはDF長友と意図が合わずにイラ立つそぶりも見せた。セットプレーでは、鋭いボールを供給するなどしたが、肝心の流れの中の攻撃では決定的な仕事ができず、存在感も希薄。(略)「残してきた実績、実力を考えれば、期待に応えたとは言い難い内容だった。
(略)
(2010年6月20日)


 まぁ、なんというケチョンケチョン。
 実際、中村が入ってから明らかに「他のメンバーが」今まで以上に走っているしなぁ。

 さて、スポーツ新聞と言っても異端がおります。そう、読売系列の報知でありまあす。

報知:俊輔でも流れ変えられず!南ア初登場29分間

(略)
 35分。最終ラインから「あの人(俊輔)ならやってくれる」と全幅の信頼を寄せるDF闘莉王からロングパスが出た。右タッチライン際でDF2人に囲まれながら、巧みなトラップで抜け出し、ゴールに迫った。日本に勝ち点をもたらすことは出来なかったが、ロスタイム3分を含め29分間、改めて存在感を示した。
(略)
 俊輔には、W杯で活躍しなければならない理由と覚悟がある。デンマーク戦、必ずゴールを獲る。


 というわけで擁護な記事が書かれていたのでありました。
 存在感を示したとか言ってますけど、倍以上いた松井はその数倍存在感があったんでねーかい?とツッコミたくもなりますね。
 実際、報知にも中村俊輔をケチョンケチョンにしてる記事があるにはあったりします。

報知:[TAKUYA一刀両断]なぜ俊輔…選手交代に疑問残る

 ◆南アW杯第9日 ▽1次リーグE組 オランダ1―0日本(19日、ダーバン)う~ん、悔しいですね。前半は世界でもトップクラスの守備ができていたと思う。ここまでは100点だっただけに悔いが残ります。
(略)選手交代に疑問が残りました。俊輔はけがしてるんじゃないのかな? 後ろにしかパスが出せないし、ボールを取られても追い掛けに行かない。交代させるんだったら、せめて使える選手を入れてもらわないと。
(略)(ミュージシャン、元JUDY AND MARY)


 元ジュディマリのTAKUYAに言わせる形で。
 「門外漢だから」とか言い訳つけてるけど、実際書きたいのはこういうコトなのよね。きっと。
 やーねー、大人の世界って。

2010/06/23(水) 「残念ながら負けちゃったんでねぇ……」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 94コ

iza:便乗!日本Vsオランダ戦で自民選挙CM(サンスポ)

(略)
 W杯の日本戦にちゃっかり“便乗”-。自民党が参院選(24日公示、7月11日投開票)用のテレビCMを、19日のサッカーワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の日本の第2戦、オランダ戦(午後8時半開始)の合間に最初に流すことが16日、分かった。50%超えの高視聴率が確実視される番組で流れれば、効果は抜群だ。

 「今のあなたと同じように、私も日本のことを熱く思っています」-。
(略)谷垣禎一総裁(65)が視聴者に“訴え”る。(略)「もともと日本は、一番の国。この国の経済を立て直す」などと訴えるもの。あえて民主党への批判は封印(略)流れを変えるために、なりふり構わず今上昇気流の「サムライブルー」にあやかるのが一番?


 まぁ、アピールするのにはうってつけの場所ではありました。
 視聴率も40%超だったので、CMを見てくれているなら、良いアピールになったでしょう。
 もちろん、それを見て「谷垣なら」と思うか、「ケッ、谷垣風情が」と思うかは視聴者(=有権者)の判断ですけどね。

 個人的には言いたい事を伝えるだけに専念したんで、悪くないCMだったと思うですよ。

2010/06/23(水) 「実際、参院選じゃかなり書き換えるそうですしー」
日々でなくつらつら:笑ったもの -トラックバックないよ-コメント 424コ

山本弘のSF秘密基地BLOG:2010年06月14日 日本トンデモ本大賞2010

 6月12日、日本橋劇場で行なわれた「日本トンデモ本大賞2010」において、今年度のトンデモ本大賞が決定いたしましたので報告します。
(略)
【ノミネート外作品】
(略)
●民主党のマニフェスト 2票


 週刊オブイェクト経由。
 トンデモ本扱いされるようになりましたとさ。
 ホントのトンデモ本は何がどう選ばれたってのはリンク先でどーぞ。

2010/06/23(水) 「さーて、どうなりますかね」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 215コ

読売:鳩山外交に混乱させられた…米高官が辛口批判

 【ワシントン=小川聡】米国のジェフリー・ベーダー国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長は7日、ワシントンで講演し、(略)「(鳩山政権の米政府と)話している人が権限を与えられているのかどうか、翌日に無効にされないかどうか、といった点が複雑で、混乱させる状況だった」などと批判した。

 オバマ政権高官の発言としては異例だ。
(略)
 一方、菅新首相については、「普天間合意を実施する意図を明言した。オバマ大統領は電話での(菅氏との)会話に非常に満足していた」と述べた。
(2010年6月8日11時00分 読売新聞)

時事:インド洋給油の再開検討を=菅首相は「現実主義者」-防衛政務官

 【ワシントン時事】長島昭久防衛政務官は17日、ワシントン市内で開かれた日米関係のセミナーで(略)「自衛隊は海外での活動から手を引いてはならない」と(略)インド洋での海上自衛隊による給油活動の再開を検討すべきだとの考えを示した。
 また、(略)「鳩山さんは夢想家で、菅さんは現実主義者といわれている」と指摘。菅首相は(略)重要な外交政策では非常に現実的に行動するはずだと語った。 
(略)(2010/06/18-09:47)


 この防衛政務官の長島昭久という人は民主党の中では保守な発言をするということで段々知られてきたんだけど、その発言の後で党の方針に逆らいきれず、結果として言いっ放しで実行されてない。というオチがちょくちょくとあるらしく。
 「まーた、言ってるよ」と言われてるオチだと寂しいなぁと思うワケです。

 っていうかまぁ、民主党の右派が圧倒的に弱すぎるのが民主党の問題なんですけどね。
 それより、防衛・国益を考えない左派しかいやしないってのが日本の問題なんですけどね。

2010/06/23(水) 「世界で再びぱぁんぷきぃん」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 130コ

共同:間寛平さん、世界一周再開へ 「一歩でも前に」復帰宣言

 【サンフランシスコ共同】前立腺がんが見つかり、世界一周の「アースマラソン」挑戦を中断しているタレントの間寛平さん(60)が16日(日本時間17日)、治療で4月から滞在していた米サンフランシスコから、マラソンを再開するトルクメニスタンに向けて出発、「一歩でも前に進む」(略)「(治療で)めちゃめちゃ足が痛い。今の体力は以前の六十パーセント」(略)「早く帰って、さんまちゃんと会いたい」とゴール地日本での再会を誓った。
(略)


 この人、なんで走ってるのかっていうと、多分、走れるからなんだと思う。
 走れなくなったから走るのやめて、また走れるようになってきたから走ろうと動き出した。
 多分、そんだけなんだと思う。
 だから、ゴールまで走りきって欲しいし、その後も走っていて欲しいなーと思う。

2010/06/23(水) 06/22のツイートまとめ
Welcome to the Gloval Village! -トラックバックないよ-コメント 274コ

gendohki

でも、メキシコがいけないのってそれももったいないよなぁ。
06-22 23:53

南ア2-0仏 墨0-1ウ かぁ。このままなら南アはあと2点の計算か。ほほぅ。
06-22 23:53

放送はじまた。あぁ、新曲聴き忘れてた。
06-22 23:50

あら2点目。あと4点か。
06-22 23:38

@ruze_nicoさんのニコ生を今か今かと待ちながら南アvsフランス戦を見ているんだけど、フランス10人になっとった。お膳立ては完璧だけど、南アはあと5点必要。さーて、どうなることやら。
06-22 23:34

って最近のチャットツールってアイコンつくわ、なんやらで非常に見づらいブツなんですよね。メッセンジャーとかもいまいち好きになれない。
06-22 21:11

理想としては、アイコンとか一切排除の文字情報だけの羅列なブツが欲しいのですが。それこそチャット画面みたいなヤツで。
06-22 21:10

しかしまぁ、ついったー公式が見づらいので、他のクライアントでなんかいいのないかなーと物色してるのですが、理想のヤツにはまだめぐり合っておりませぬ。
06-22 21:10

ディスプレイをワイドにしなきゃダメですか。そーですか。そーですとも。
06-22 21:09

結局、TwitKitを入れてみたものの、サイドバー扱いのコイツは使いづらいっちゃ使いづらいワケで。
06-22 21:08


まだ、ちょっと続く。

2010/06/20(日) 06/19のツイートまとめ
Welcome to the Gloval Village! -トラックバックないよ-コメント 458コ

gendohki

とりあえず10番入れると数的不利になるってのがハッキリしただけでも、今回のオランダ戦は意味があった、と思いたい。#jpn #worldcup #2010wc #wc2010
06-19 22:29

残り30分なのにあんだけしか動けないのは不調にしか見えないんだけど。#wc2010
06-19 22:23

日オ戦見てた。中村俊輔が交代で入ったおかげで11vs10と数的に不利になってから、やっぱり1,2点取られそうになったけど、川島よく止めた。あの1点目はまぁ不運としても。
06-19 22:21


2010/06/18(金) 「あれ?当たってたのか?」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 92コ

時事:菅内閣支持41%、不支持23%=参院選「民主に」大幅増-時事世論調査※記事などの内容は2010年6月11日掲載時のものです

 時事通信社が5~8日に実施した6月の世論調査によると、菅内閣を支持すると答えた人は41.2%で、5月の鳩山前内閣の支持率19.1%から22.1ポイント増加した。不支持は22.5%(前月比41.6ポイント減)だった。(略)単純比較はできないものの、鳩山内閣発足後最初の支持率60.6%は下回った。(略)
 参院選比例代表の投票先は、民主27.1%(前月比9.8ポイント増)、自民15.4%(同2.9ポイント減)。(略)みんなの党は6.8%(同0.5ポイント減)で、公明党が5.7%(同0.9ポイント増)と続いた。


 あれ、時事だと私の予想くらいになってた。
 ちなみに、時事はここ13内閣の発足当時の支持率ってのも一覧にしてくれてまして、
時事:【図解・時事世論調査】歴代内閣発足後初の支持率(2009年10月16日)

 そこの発足後初の支持率の順位付けするとこーなります。

  1. 小泉内閣(2001.05) 72.8%
  2. 細川内閣(1993.08) 62.9%
  3. 鳩山内閣(2009.10) 60.6%
  4. 安倍内閣(2006.10) 51.3%
  5. 宮沢内閣(1991.11) 47.6%
  6. 橋本内閣(1996.01) 46.8%
  7. 福田内閣(2007.10) 44.1%
  8. 菅内閣_(2010.06) 41.2% ←現内閣
  9. 羽田内閣(1994.05) 40.9%
  10. 麻生内閣(2008.10) 38.6%
  11. 森内閣_(2000.04) 33.3%
  12. 村山内閣(1994.07) 29.7%
  13. 小渕内閣(1998.08) 24.8%


 支持率の高かったけど数ヶ月の命だった細川内閣の後を受け、更にド短命に終わった羽田内閣並。という支持率が何かを予感させるようなさせないような。

 ちなみに細川内閣は263日。鳩山内閣は266日とほぼ一緒。
 羽田内閣は64日だったのを考えると、菅内閣を当てはめると8月の中旬に何かが起きちゃうかもです。

 当てはまればだけどね。


2010/06/18(金) 「よりによってピンポイントでねぇ」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 160コ

iza:蓮舫行政刷新担当相の公設秘書 痴漢で任意聴取(産経新聞)

 行政刷新担当相を務める民主党の蓮舫参院議員(42)の30代の男性公設秘書が、東京都豊島区の路上で女性の体を触るなどした疑いがあるとして、警視庁池袋署が男性秘書から任意で事情聴取していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。捜査関係者によると、痴漢行為は女性が被害届を出さなかったため事件化されていないが、男性秘書は任意聴取の段階で痴漢を認めたという。

 捜査関係者によると、自転車に乗っていた男性秘書は2日午前2時5分ごろ、豊島区池袋の川越街道沿いの歩道で、歩いて帰宅中だった女性(18)=板橋区=に対し、追い抜きざまにスカートをめくり、尻を触って逃げたとされる。
(略)

iza:蓮舫氏「あってはならず、申し訳ない」 痴漢の秘書は依願退職(産経新聞)

 蓮舫行政刷新担当相は15日午前の記者会見で、(略)「女性として、娘を育てる母として、今回の件は本当にあってはならない、申し訳ないことだと思っている」と陳謝した。

 蓮舫氏によると、秘書から2日の事情聴取後に報告があり、弁護士に依頼して事実関係を確認。4日に話し合いの結果、秘書は依願退職した。
(略)


 あーあ、やっちゃった。
 しかしまー、よりによって元クラリオンガールでグラビアも写真集も出してる人の秘書がやっちゃうなんてねぇ。なんていうピンポイント。


以下、どーでもいい話。

 痴漢だってんで、なんとなーく植草一秀のことを思い出してみたりする。
 うろ覚えで書いちゃうけど、彼は鏡を使った覗きをしたっつー罪で逮捕された。でも彼本人は容疑を否認していて、彼を擁護する人たちは「小泉政権の構造改革の穴・隠し事を追及していた彼の存在が困る人たちがハメた」なんてなカンジの事を言っていたような気がする。うろ覚えすぎる。

 で、今回の「被害者」は蓮舫の秘書。

 植草一秀は対米隷属・財務省主導の菅首相所信表明演説と現政権を非難していて、実際、事業仕分けにおける蓮舫の反対理由は財務官僚の原稿だという話があったりなかったりする。
 となると、政府や財界人、ましてや官僚がハメるってことはあんまりありえない。だとしたら今回のコレはハメたワケではないと考えたほうが無難ではある。
 でも、大臣なりたて、中華系の血(台湾だけど)が流れている、などなど話題にことかかない蓮舫の秘書なんていうえらくピンポイントな人が、本人が改選する参院選挙に入る前というえらくピンポイントなタイミングでこんな事件を起こしてると、陰謀論の一つや二つでてもおかしくない。

 この報道が行われているのは、ワールドカップだはやぶさだとテレビが夢中になる話題てんこ盛りの時で、こっそり終わらせようってカンジがありあり。これを陰謀論に当てはめると隠滅を図っていると考えるのが普通なので、だとすると陰謀と陰謀の戦いが行われていたりして。

 なーんて、あれやこれやと考えると「チラシの裏」がもったいないコトになりそうなんで、このヘンで。

 ただまぁ、陰謀論で話を進めるんであれば、「民主党じゃ俺たちジリ貧だ!」って人が多くなってきてるってことかも知れないけどね。それもお金を持ってらっしゃったり権力持ってらっしゃったりする辺りの人たちの中でね。
 ま、上の話はどーでもいーや。権力は自分で持てるレベルの物にしとく方が楽でいいし。おしまいおしまい。


2010/06/18(金) 「仕分け人っていうか、ただ文句言う人だったイメージしか残ってない」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 170コ

iza:「はやぶさ」人気で宇宙予算再検討 仕分け軌道修正(産経新聞)

 7年間の宇宙の旅を経て13日に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」について、蓮舫行政刷新担当相は15日の記者会見で、はやぶさ後継機を含む宇宙開発予算の削減を求めた昨年11月の事業仕分け判定を再検討する考えを示した。あまりの“はやぶさ人気”に配慮した形だが、蓮舫行政刷新相は仕分け人として知られる。識者からは「成果だけをみて見直しとは…」と、科学技術全般への姿勢を問う声が上がっている。

 蓮舫行政刷新相は会見で、宇宙開発予算の仕分けについて、「何が何でも守るべきものではない。いま一度、議論の流れを確認している」と述べた。

 はやぶさの後継機となる「はやぶさ2(仮称)」の開発は、文部科学省が平成22年度予算で約17億円を概算要求したが、民主党への政権交代に伴う歳出見直しで5千万円に減額。さらに、昨年11月の事業仕分けで3千万円にまで縮減された。
(略)


 例の「世界一になる理由は何があるんでしょうか?、2位じゃダメなんでしょうか?」もそうなんだけど、左派っつーかサヨクっつーか「先行投資」の部分がやっぱりスコーンと抜けてる気がするんですよね。
 こうすりゃ儲かるんじゃないか?ってのが無いと資本主義だろうが社会主義だろうが独裁政権だろうが国は立ち行かないんだけどね。

 これは自分の見た範囲での話だけど、「百億~1兆円」までの支出は文句言うけど、それ以上の予算支出については文句言わない。って人が多い気がする。
 実感としてピンとくる金額だから反対しやすいんだろうか。でも、なんか声を上げて騒ぐのが安いトコばかりで、結果的に大損してるってオチになってると思う。

 だって、子供手当ての年間予算って、2万6千円支給だと約5兆円。「国立漫画喫茶」って揶揄されたアニメの殿堂は約120億円。はやぶさ後継機も約17億円。
 何が歓迎されて、何が反対されたかって見るときに明らかに2つ3つ桁が違うと思うんだけど、なぜか前者は拍手喝采で迎えられたんだよねぇ。
 国民全員に還元される予算じゃないのにね。子供手当てって。

2010/06/18(金) 「はやぶさ任務完了直前直後の社説」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 54コ

朝日:探査機帰還―はやぶさ君に笑われまい

 多くの人々が胸を躍らせた小惑星探査機「はやぶさ」の挑戦が終わった。

 3億キロかなたの小惑星イトカワに着陸して、再び地球に戻ってくる。当初は実現が危ぶまれた野心的な目標を見事に達成し、地球の大気圏に突入して燃え尽きた。月以外の天体との間を往復したのは、世界で初めてのことだ。歴史的な快挙といっていい。
(略)
 重さ0.5トン、技術の粋が詰め込まれたちっぽけなロボットが、地上の探査チームの知恵と工夫に支えられて前人未到の大仕事をやってのける。世界の称賛を浴びたはやぶさは、日本の進むべき道を鮮やかに見せてくれたといえるのではないか。

 真空の宇宙とはいえ、わずかな燃料で総行程60億キロもの旅ができたのは、最新鋭のエンジンのおかげだ。(略)7週間も交信が途切れたり、四つのエンジンが故障したりしたときは絶望視されたが、奇跡的に乗り越えた。故障しても動かし続けることができたのは、技術を熟知した技術者と研究者の力が大きい。
(略)チームが一丸となってあきらめずにがんばれば、道が開けることも教えてくれた。
(略)
 日本には、世界に誇る技術力がある。それをどう生かし、どう育てていくか。そこに日本の将来がかかっていることは間違いない。若者を鼓舞するような目標を掲げて挑戦する。それによって、技術も、そして人も、育てていきたい。

 縮こまってはいられない。はやぶさ君に笑われる。


産経:はやぶさ帰還 不撓不屈みせた宇宙の旅

 ついに「はやぶさ」が帰ってくる。7年間、60億キロに及ぶ宇宙の旅路からの帰還である。
(略)
 世界の惑星探査史上、月以外の天体に着陸した探査機が地球に戻ってくるのは初めてだ。自律的な判断能力を備え、ロボットとしての一面を持つ、はやぶさの成果は目覚ましかった。
(略)
 だが、2メートル角に満たない小さなはやぶさは、過酷な宇宙の長旅で満身創痍(そうい)の状態だ。姿勢制御装置やイオンエンジンも次々、故障した。7週間にわたって通信が途絶したこともある。

 いずれも致命的なトラブルだったが毎回、はやぶさは立ち上がり、地球を目指した。不撓不屈(ふとうふくつ)のけなげさが人々の心を打った。親しみを込めて「はやぶさ君」と呼ばれることも多くなっている。これまでになかった現象だ。

 強い意志にも似た、はやぶさの回復力は、研究陣の周到な設計や管制チームの臨機応変の対応能力によるものだ。世界一を目標にしたからこそ実現できた輝かしい成果にほかならない。日本の科学技術力の結晶である。
(略)


中日:はやぶさ帰還 新時代切り開く成果だ

 小惑星探査機「はやぶさ」が幾多の危機を乗り越え、地球へ帰還したのは快挙だ。日本が誇る無人探査技術は決して海外の有人探査にひけをとらない。この技術を将来の宇宙開発に生かしたい。
(略)「はやぶさ」は、燃料漏れに伴う姿勢制御不能、地上との通信途絶などトラブルが発生し、地球帰還が三年遅れた。通信回復後も、バッテリーやエンジンの故障などに見舞われ、万事休すと思われたが、そのたびに開発に携わった研究者たちが予備機能を駆使したり、設計時には想定外だった“裏技”“奇策”ともいうべき指示を臨機応変に次々と与え、地球への帰還を成功させた。
(略)小惑星に直接着陸しサンプル採取を試みたのは「はやぶさ」が初めてだ。
(略)燃費が良くて長期間飛行が可能なイオンエンジン、(略)自分で判断しながら姿勢制御する自律航法など、五種類の最新技術の実証が狙いだったが、そのすべてを達成した。(略)将来の惑星探査に欠かせない技術だけに今回の成功で自信を持って本格的な開発に着手できるだろう。

 「はやぶさ」の開発費用は百三十億円で、国際宇宙ステーション参加の毎年の負担金四百億円よりもずっと安い。それでも世界に誇る成果を挙げた。

 だが、政府は後継機の開発費を本年度予算では概算要求額から大幅削減した。「はやぶさ」の成果を引き継ぎ世界をリードするためにも、政府は来年度予算で後継機の開発を支援すべきだ。


日経:はやぶさの力を日本の力に

 ご苦労さま。小惑星探査機「はやぶさ」の長い旅が終わった。(略)
 太陽系の月以外の天体に着陸し、物質を持ち帰ったのは初めてだ。(略)
 はやぶさがもたらしたのは、それだけではない。日本のモノづくりの能力やチームワークがまだ捨てたものではないことをも示した。

 日本の宇宙開発予算は年間約2千億円。米航空宇宙局(NASA)の10分の1、(略)はやぶさの開発に使ったのは約130億円。少ない予算の枠内で(略)小さく軽く割安の探査機をつくり、NASAも驚かす探査を成功させた。

 搭載した技術の中でも、長い距離を少ない燃料で飛べる省エネ型エンジンの評判が高い。(略)はやぶさは少なくとも2度、帰還不能になりかけた。危機を乗り越えられたのは、宇宙航空研究開発機構の科学者と技術者が、苦境にめげない粘り強さと柔軟な創意を発揮したからだ。
(略)
 今回は科学技術への投資効率のよい取り組みだったといえる。

 日本には宇宙技術のほかにも、新型万能細胞や超電導など、世界トップ級の技術があり人材もいる。人や技術を大きく育て、国の資産や産業の力にすることが、いま日本の経済を成長させるうえで最も大切だ。組織の縄張り意識が新しい才能や技術が伸びる機会を奪うことのないようにしながら、チームワークの良さを生かしていく。

 はやぶさの強さを、日本の強さにする道を探したい。


北國:「はやぶさ」帰還 2号機の製造に予算措置を

 小惑星探査機「はやぶさ」が60億キロの長旅を終え、地球に帰還した。月よりも遠くの天体に着陸し、地球に戻ってきたのは世界初の快挙である。(略)一時は地球への帰還が絶望視された。「日本から南米にいるハエを撃ち落とす」と評された難易度の高い任務に挑み、試練を乗り越えた技術者たちの粘りと日本の科学技術の底力は、私たちに勇気と感動を与えてくれた。

 重要なのは、今や世界をリードするといわれる日本の惑星探査を断絶させないことだ。特に来年度に後継機「はやぶさ2」の開発を始めるための予算を付ける必要がある。(略)「事業仕分け」で17億円の予算が大幅に削られ、今年度中に開発に着手できなかったのは残念だ。はやぶさで得た技術的優位を保ち、さらに進化した2号機の開発につなげてほしい。
(略)日本の惑星探査には、ローコスト、省エネ、小型化、無人化といった日本が最も得意とする技術の粋が詰まっている。
(略)宇宙を舞台にした壮大なプロジェクトは、学生や若い技術者に目標を持ってもらう教育的な意義もある。子どもたちの「理系離れ」の防止にも、大きな効果があるだろう。


毎日:はやぶさ帰還 60億キロの旅に拍手する

 7年の長旅を終え、小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰ってきた。数々のトラブルに見舞われながら、その都度、プロジェクトチームの創意とチャレンジ精神で乗り越えての帰還である。
(略)宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発したはやぶさには、難度の高い複数の課題が課せられた。

 独自に開発したイオンエンジンは、力は弱いが効率が高く、宇宙の長距離航行に適している。トラブルがあったとはいえ、長い運用に耐えることが確かめられた意義は大きい。(略)宇宙空間で、自ら判断して小惑星に着陸する「自律航法」も実証できた。最後に、大気圏突入による高温を経てのカプセル回収という難題もクリアした。ほぼすべての課題を達成したといっていいだろう。
(略)
 はやぶさは社会現象にもなった。ネットには、けなげに故郷をめざす「はやぶさ君」への応援の言葉があふれた。背景には、満身創痍(そうい)の探査機が絶体絶命の状況から何度も再起したねばり強さがある。それを支えたチームの底力は大したものだ。
(略)
 後継機「はやぶさ2」の計画にも注目したい。はやぶさの経験を生かし、イトカワとは異なるタイプの小惑星をめざす。問題は、来年度に開発を始めないと打ち上げ目標に間に合わないことだ。(略)はやぶさの開発費は127億円。低コストでできる無人探査の魅力を再認識した人は多いだろう。(略)日本の縮み志向が懸念される今、はやぶさは、あきらめずに挑戦することの素晴らしさも印象づけた。宇宙開発はもちろん、さまざまな分野で若者が自信と意欲を持つきっかけにもなってほしい。


読売:はやぶさ帰還 歴史的快挙を次に生かそう

 宇宙航空研究開発機構の探査機「はやぶさ」が帰ってきた。宇宙開発史に残る快挙と言える。
(略)
 そもそも帰還自体が奇跡だ。地球―太陽間の40倍にあたる約60億キロ・メートルの飛行で、機体は各所が故障し、満身創痍(略)燃料が漏れた。制御不能になり、通信も途絶した。(略)長期の飛行で、ぎりぎりの運用が続いてきた。

 活躍したのは、搭載された日本独自の(略)イオンエンジン(略)少ない燃料で長期間動く。これが、のべ4万時間、機体を制御した。

 小惑星着陸を成功させた自動制御技術とともに、技術の高さを世界に示した。海外の探査機や衛星への売り込みも期待される。

 心配なのは、次の計画だ。開発に約130億円をかけた「はやぶさ」の教訓を生かし、ほぼ同じ規模の予算で、別の小惑星の高度な探査を目指す「はやぶさ2」の開発が滞っている。
(略)はやぶさ2の今年度予算は、政権交代前の概算要求額17億円が、3000万円まで圧縮された。

 ばらまき予算よりも、意義のある計画に予算を投じるべきだ。
(略)経験が風化してしまう。貴重な技術を次世代につなぎ、発展させる取り組みを後退させてはならない。


 そういや、7年経ってたんだなぁ。
 はやぶさの挑戦を知ったのは、スラドでのこと。なんだかんだで4,5年前になるのかなぁ。ミッション的には、イトカワの写真撮ったとか、カプセル採取失敗したっぽいとかそのへんの話。

 ま、それはさておき。
 宇宙の話はそこまで興味あるワケではなく、「壊れてんのにまだ動いてんのか、すげーなー」みたいな感想しか持ってなかったんだけども。そんな程度でも、はやぶさ(とJAXAとかのチーム)が頑張ってたのを知ってた上で帰ってくる。帰ってきたってのをニュースで見たら、やっぱり感慨深いものがあったのですよ。

 それが仕分けで削減対象だってのを社説で取り上げ、テレビでも話したんでしょうね。その後のエントリに続くんだけど。
 なんていうか、こう、当座の生活さえよければいいんだ。ってのは家計では正しいけど国家大計としては誤りなんだろうね。それを意識して動くのはすごく難しいことだけど。

2010/06/18(金) 「衆院代表質問があったので社説」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 50コ

朝日:衆院代表質問―これでは判断ができない

 首相の交代は単なる看板の掛け替えか、それとも政治の中身も変わるのか。鳩山政権のどこを引き継ぎ、何と決別するのか。菅政権が発足して初の国会論戦の焦点は、その点にあった。

 だが、きのうの衆院代表質問での菅直人首相の答弁は納得のいくものではなかった。このまま通常国会を閉じてしまうのでは、判断材料もないのに参院選で審判を下せと有権者に迫っているに等しい。再考を求めたい。
(略)代表質問で菅首相は、3年間の歳出の枠組みを示す「中期財政フレーム」や中長期的な「財政運営戦略」も、経済の「新成長戦略」も今月中に示すと述べるにとどめ(略)消費税増税についても「数日のうちにはマニフェストという形で提起できる」と答えるのみ。(略)
 首相交代時の慣例となっている予算委員会審議を十分確保するためにも、一定期間延長するのが筋だった。
(略)
 一問一答形式で論戦を交わす機会を一度も設けないのでは、ボロが出ないうちに参院選を迎えることを狙った党利党略と言われても仕方がない。

 今国会では採決の強行が繰り返された。そんな乱暴な政治手法を菅政権はいの一番に改めなければならない。
(略)
 国民は首相が掲げる「強い経済」などの政策について、より詳細な内容を知りたがっている。消費税率引き上げをどう位置付けるかも重要な争点だ。新内閣の内政・外交政策への取り組みをただすうえで、代表質問だけで不十分なのは当たり前だ。
(略)
 新たな政治とカネの疑惑を突かれるのを避けたいための予算委回避なら、クリーン政党を自ら否定するだけである。


中日:代表質問 慎重答弁では物足りぬ

 菅直人首相の所信表明演説に対する各党代表質問が衆院で行われた。首相交代後初で本格的論戦が期待されたが、参院選を意識してか、首相は慎重答弁に終始し、議論が深まったとは言い難い。
(略)首相は演説台の答弁書を読み上げる場面が、特に政策に関しては多かった。新米首相とはいえ、物足りなさは否めない。
(略)
 首相は「強い経済、強い財政、強い社会保障実現のため不退転の決意で臨みたい」などと強調したが、なぜ第三の道が経済成長に有効なのかという、説得力のある説明は最後まで聞かれなかった。
(略)
 かつては、その鋭い追及姿勢から「攻めの菅」と呼ばれたが、今や自民党から「逃げの菅さんのイメージに変わった」(小泉進次郎衆院議員)と言われる始末だ。

 首相答弁に物足りなさが残ったのは、菅内閣の支持率が前内閣とは一変し、64%を超える高水準に達したことと無縁ではなかろう。
(略)
 高支持率にあぐらをかき、論戦を避けるような態度は、それこそ「民主党らしい」とは言えない。


日経:与野党の政策論争が時間切れでは困る

 与野党の対決色と議場のヤジばかりが目立ち、政策を競い合う雰囲気とは程遠い論戦だった。

 菅直人首相の所信表明演説への衆院本会議での代表質問が14日に開かれた。新政権の発足後初めての本格的な質疑であり、16日の会期末を控えた締めくくりの意味を持つ。
(略)
 政府は6月中に成長戦略や財政健全化の目標を公表する見通しだ。だが本来なら今国会中に考え方を明示し、与野党で審議すべきものだ。

 政府・与党は14日、今国会の会期延長をしない方針を野党に通告した。予算委員会や党首討論の開催見送りは、新政権の考えをただす機会を失わせるだけに、残念である。

 菅内閣の支持率が高いうちに参院選を迎えたいという民主党内の声を優先した形だが、政策論争が時間切れになっては困る。各党は重点公約の詰めを急ぎ、争点を明確にして参院選に臨んでほしい。


北海道:衆院代表質問 首相の「守り」が目立つ

 菅直人首相の所信表明演説に対する代表質問がきのう衆院で行われた。

 7月の参院選に向けた舌戦の号砲となる-。そう期待したが、論戦は深まらず物足りなさが残った。

 野党時代は攻めの姿勢を信条にしていたはずの首相が、一転して守りに徹したためだ。
(略)
 首相の答弁は慎重な言い回しが目立ち、歯切れが悪かった。
(略)聞きたかったのは所信表明で明示されなかった具体論だ。

 政策の柱に据えた経済、財政政策をめぐる与野党の議論もかみ合わないままだった。
(略)
 「政権たらい回し」を批判し衆院を解散するよう迫る野党に対し、首相は「参院選で信を問うていきたい」と反論した。だが、このままでは有権者の判断材料が乏しすぎる。

 せめて参院の代表質問では逃げ腰にならず、政策の具体像を明らかにする。そのことを首相に求めたい。


毎日:代表質問 争点深め選挙につなげ

 菅直人首相の所信表明演説に対する各党の代表質問が行われた。

 論点を三つ挙げれば、経済、安保、政治とカネとなろう。

 経済では、(略)「基礎的財政収支の10年以内の黒字化」「11年度予算の国債発行額の前年度(44兆円)以内への抑制」などの案を例示(略)社会保障については「経済成長に対する負担ではなく成長のタネがたくさんある。ウインウインの関係で進めたい」と述べ、(略)全体像と工程表については十分な具体策を盛り込んで今月中に発表する考えを明らかにした。
(略)
 外交・安保について首相は、現時点の東アジア情勢の不安定性からすれば海兵隊を含む在日米軍基地は抑止力として重要、(略)普天間問題については、(略)日米合意を踏まえて、沖縄の負担軽減に尽力したい、と語るにとどまった。政治とカネは、鳩山由紀夫前首相、小沢一郎前幹事長(略)両氏に対し首相としてそれ以上の対応を求める意思のないことを明らかにした。

 まずは、全般的に政策本位の代表質問になったことを歓迎したい。この数カ月の国会論戦の多くの時間が鳩山、小沢両氏のカネ問題追及に費やされたことを考えると、(略)本来の姿に戻った、といえる。首相の現実主義的な答弁には安定感があった。(略)
 いただけないこともあった。荒井聡国家戦略担当相が初答弁で国家戦略ならぬ自己の事務所費問題の釈明に追われていたこと。もう一つは、この国会のあわただしい閉じ方である。菅新政権の能力判定には、とてもこの代表質問だけでは足りない。会期ぎりぎりまで予算委や党首討論の実現を模索してほしい。


読売:代表質問 会期延長し財政論議を深めよ

 社会保障や財政に対する将来不安を払拭(ふっしょく)することは喫緊の課題だ。

 菅首相も谷垣自民党総裁も、その認識を共有するなら、お互いに接点を見いだす努力をすべきだ。

 菅首相の所信表明演説に対する各党代表質問が行われた。
(略)
 質問と答弁が一方通行の代表質問では、双方の主張の共通点や差異が明確にならない。一問一答形式で双方向の議論ができる予算委員会の審議で、さらに論点を掘り下げる必要がある。

 ところが、民主党は国会会期を延長せず、16日の会期末で閉じる方針という。(略)
 到底容認できない。超党派会議の創設を呼び掛けながら、そのための政策論争の機会を設けないのでは、首相の財政再建への意欲は単なるポーズと疑われよう。

 鳩山前首相と小沢民主党前幹事長の「政治とカネ」の問題でも、説明責任は尽くされていない。
(略)
 民主党は会期延長に応じ、十分な審議時間を確保すべきだ。


 総じて、「首相はもっと具体的に言えよ」「会期延長しろよ」という空気の中、毎日だけが基本的に褒めていて最後に「ちょっと、アレはねぇ」程度に突っ込みを入れている程度で浮いています。
 でもまぁ、基本的には新聞は菅直人に対しては否定的な論調になってきているカンジです。テレビの民主ヨイショというか「そもそも報道すると悪いことばっか出てくるから見せない」という態度からすると、マスコミ同士の乖離がちょっと強くなってきたのかなぁ、とも思います。

 ただ、新聞はアリバイ作りな記事をちょこちょこ作ってるからなぁ。影響力で言えば今もテレビ一強なんですけどね。

2010/06/18(金) 「所信表明の詳報が出たので全文」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 33コ

首相官邸:第174回国会における菅内閣総理大臣所信表明演説

一 はじめに
 国民の皆さま、国会議員の皆さま、菅直人です。このたび、国会の指名により、内閣総理大臣の重責を担うこととなりました。国民の皆さまの期待に応えるべく、力の限りを尽くして頑張る覚悟です。

(信頼回復による再出発)
 長きにわたる閉塞状況を打ち破って欲しい、多くの方々の、この強い思いにより、昨年夏、政権交代が実現しました。しかしながら、その後、「政治と金」の問題、さらに普天間基地移設をめぐる混乱により、当初いただいた政権への期待が大きく揺らぎました。私も、前内閣の一員として、こうした状況を防げなかった責任を痛感しています。鳩山前総理は、御自身と民主党の小沢前幹事長に関する「政治と金」の問題、そして普天間基地移設問題に対する責任を率直に認め、辞任という形で自らけじめをつけられました。
 前総理の勇断を受け、政権を引き継ぐ私に課された最大の責務、それは、歴史的な政権交代の原点に立ち返って、この挫折を乗り越え、国民の皆さまの信頼を回復することです。

(「草の根」からの取組)
 私の政治活動は、今を遡ること三十年余り、参議院議員選挙に立候補した市川房枝先生の応援から始まりました。市民運動を母体とした選挙活動で、私は事務局長を務めました。ボランティアの青年が、ジープで全国を横断するキャラバンを組むなど、まさに草の根の選挙を展開しました。そして当選直後、市川先生は青島幸男さんと共に経団連の土光会長を訪ね、経団連による企業献金の斡旋を中止する約束を取り付けたのです。この約束は、その後骨抜きになってしまいましたが、まさに本年、経団連は企業献金への組織的関与の廃止を決めました。「一票の力が政治を変える」。当時の強烈な体験が私の政治の原点です。政治は国民の力で変えられる。この信念を胸に、与えられた責任を全うしていきます。

(身一つでの政治参加)
 私は、山口県宇部市に生まれ、高校生のとき、企業の技術者だった父の転勤で東京に移りました。東京ではサラリーマンが大きな借金をしないと家を買えない。父の苦労を垣間見たことが、後に都市部の土地問題に取り組むきっかけとなりました。大学卒業後、特許事務所で働きながら、市民運動に参加しました。市川先生の選挙を支援した二年後、いわゆるロッキード選挙で初めて国政に挑戦しました。初出馬の際には、論文で、「否定論理からは何も生まれない」、「あきらめないで参加民主主義をめざす」と題して、参加型の民主主義により、国民の感覚、常識を政治に取り戻すことが必要だと訴えました。三度の落選を経て、一九八〇年に初当選しましたが、議員生活はミニ政党からのスタートでした。民主党の国会議員の仲間にも、私と同様、若くして地盤も資金もない身一つで政治の世界に飛び込んだ人達がたくさんおられます。志をもって努力すれば誰でも政治に参加できる。そういう政治を創ろうではありませんか。

(真の国民主権の実現)
 私の基本的な政治理念は、国民が政治に参加する真の国民主権の実現です。その原点は、政治学者である松下圭一先生に学んだ「市民自治の思想」です。従来、我が国では、行政を官僚が仕切る「官僚内閣制」の発想が支配してきました。しかし、我が国の憲法は、国民が国会議員を選び、そして、国会の指名を受けた内閣総理大臣が内閣を組織すると定めています。松下先生が説かれるように、本来は、「国会内閣制」なのです。政治主導とは、より多数の国民に支持された政党が、内閣と一体となって国政を担っていくことを意味します。これにより、官僚主導の行政を変革しなければなりません。広く開かれた政党を介して、国民が積極的に参加し、国民の統治による国政を実現する。この目標に向け邁進いたします。

(新内閣の政策課題)
 私は、新内閣の政策課題として、「戦後行政の大掃除の本格実施」、「経済・財政・社会保障の一体的建て直し」及び「責任感に立脚した外交・安全保障政策」の三つを掲げます。


二 改革の続行―戦後行政の大掃除の本格実施
(改革の続行)
 第一の政策課題は、昨年の政権交代から始めた改革の続行です。鳩山前内閣は、「戦後行政の大掃除」として、それまでの政権が成し得なかった事業仕分けや国家公務員制度改革に果敢に挑みました。しかし、道半ばです。新内閣は、国民に約束した改革を続行し、貫徹させなければなりません。改革には反発や抵抗がつきものです。気を緩めれば改革は骨抜きになり、逆行しかねません。時計の針を決して戻すことなく、政治主導によって改革を推し進めます。

(無駄遣いの根絶と行政の見直し)
 まず、これまで推進してきた無駄遣いの根絶を一層徹底します。前内閣の下では、昨年と今年の二回にわたって事業仕分けを実施しました。これまで国民に見えなかった予算編成の過程や独立行政法人等の政府関連法人の事業内容、これらを一つ一つ公開の場で確認し、行政の透明性を飛躍的に高めました。限られた人材・予算を有効に活用するため、この取組を続行します。
 行政組織や国家公務員制度の見直しにも引き続き取り組みます。省庁の縦割りを排除し、行政の機能向上を図るとともに、国家公務員の天下り禁止などの取組も本格化させます。
 行政の密室性の打破も進めます。私は、一九九六年、厚生大臣として薬害エイズ問題に力を注ぎました。当時、厚生省の事務方は、関連資料は見つからないという態度に終始しました。これに対し、私は資料調査を厳命し、その結果、資料の存在が明らかになりました。この情報公開を契機に、問題の解明や患者の方々の救済が実現しました。情報公開の重要性は、他の誰よりも強く認識しています。前内閣においては、財務大臣として、外務大臣とともに日米密約の存在を明らかにしました。情報公開法の改正を検討するなど、今後も、こうした姿勢を貫きます。

(地域主権・郵政改革の推進)
 さらに、地域主権の確立を進めます。中央集権型の画一的な行政では、多様な地域に沿った政策の実現に限界があります。住民参加による行政を実現するためには、地域主権の徹底が不可欠です。「総論の段階」から「各論の段階」に進む時が来ています。地方の皆さまと膝をつきあわせ、各地の要望を踏まえ、権限や財源の移譲を丁寧に進めていきます。その上で、特区制度も活用しつつ、各行政分野で地域ごとに具体的な結論を出していきます。
 郵政事業については、全国において郵便局の基本的なサービスを一体的に提供し、また、現在の経営形態を再編するため、民主党と国民新党の合意に基づき、郵政改革法案の速やかな成立を期してまいります。


三 閉塞状況の打破―経済・財政・社会保障の一体的建て直し
 第二の政策課題として、国民が未来に対し希望を持てる社会を築くため、経済・財政・社会保障を一体的に建て直します。九十年代初頭のバブル崩壊から約二十年、日本経済が低迷を続けた結果、国民はかつての自信を失い、将来への漠然とした不安に萎縮しています。国民の皆さまの、閉塞状況を打ち破って欲しいという期待に応えるのが、新内閣の任務です。この建て直しは、「第三の道」とも呼ぶべき新しい設計図によるものです。

(「第三の道」による建て直し)
 過去二十年間の経済政策は、私が「第一の道」、「第二の道」と呼ぶ考え方に沿って進められてきました。「第一の道」とは、「公共事業中心」の経済政策です。六十年代から七十年代にかけての高度経済成長の時代には、道路、港湾、空港などの整備が生産性の向上をもたらし、経済成長の原動力となりました。しかし、基礎的なインフラが整備された八十年代になると、この投資と経済効果の関係が崩壊し、九十年代以降は様相が全く変わりました。バブル崩壊以降に行われた巨額の公共事業の多くは、結局、有効な成果を上げませんでした。
 その後の十年間は、行き過ぎた市場原理主義に基づき、供給サイドに偏った、生産性重視の経済政策が進められてきました。これが「第二の道」です。この政策は、一企業の視点から見れば、妥当とも言えます。企業では大胆なリストラを断行して業績を回復すれば、立派な経営者として賞賛されるでしょう。しかし、国全体としてみれば、この政策によって多くの人が失業する中で、国民生活はさらに厳しくなり、デフレが深刻化しました。「企業は従業員をリストラできても、国は国民をリストラすることができない」のです。生産性を向上させる支援は必要ですが、それと同時に、需要や雇用を拡大することが一層重要なのです。それを怠った結果、二年前の日比谷公園の派遣村に象徴されるように、格差の拡大が強く意識され、社会全体の不安が急速に高まったのです。
 産業構造・社会構造の変化に合わない政策を遂行した結果、経済は低迷し続けました。こうした過去の失敗に学び、現在の状況に適した政策として、私たちが追求するのは「第三の道」です。これは、経済社会が抱える課題の解決を新たな需要や雇用創出のきっかけとし、それを成長につなげようとする政策です。現在まで続く閉塞感の主たる要因は、低迷する経済、拡大する財政赤字、そして、信頼感が低下した社会保障です。新内閣は、「強い経済」、「強い財政」、「強い社会保障」の一体的実現を、政治の強いリーダーシップで実現していく決意です。

(「強い経済」の実現)
 まず、「強い経済」の実現です。一昨年の金融危機は、外需に過度に依存していた我が国経済を直撃し、他の国以上に深刻なダメージを与えました。強い経済を実現するためには、安定した内需と外需を創造し、富が広く循環する経済構造を築く必要があります。
では、どのように需要を創り出すのか。その鍵が、「課題解決型」の国家戦略です。現在の経済社会には、新たな課題が山積しています。それぞれの課題に正面から向き合い、その処方箋を提示することにより、新たな需要と雇用の創造を目指します。この考え方に立ち、昨年来、私が責任者となって検討を進めている「新成長戦略」では、「グリーン・イノベーション」、「ライフ・イノベーション」、「アジア経済」、「観光・地域」を成長分野に掲げ、これらを支える基盤として「科学・技術」と「雇用・人材」に関する戦略を実施することとしています。
 第一の「グリーン・イノベーション」には、鳩山前総理が積極的に取り組まれ、二〇二〇年における温室効果ガスの二十五パーセント削減目標を掲げた地球温暖化対策も含まれます。その他にも、生物多様性の維持や、人間に不可欠な「水」に係わる産業など、期待される分野は数多く存在し、その向こうには巨大な需要が広がっています。運輸部門や生活関連部門、原子力産業を含むエネルギー部門、さらには、まちづくりの分野で新技術の開発や新事業の展開が期待されます。
 第二は、「ライフ・イノベーション」による健康大国の実現です。子育ての安心や老後の健康を願う思いに終着点はありません。こうした願いを叶える処方箋を示すことが、新たな価値を産み、雇用を創り出します。
 第三は、「アジア経済戦略」です。急速な成長を続けるアジアの多くの地域では、都市化や工業化、それに伴う環境問題の発生が課題となっています。少子化・高齢化も懸念されています。また、日本では充足されつつある鉄道、道路、電力、水道などは、今後整備が必要な社会資本です。世界に先駆けて、これらの課題を解決するモデルを提示することで、アジア市場の新たな需要に応えることができます。こうした需要を捉えるため、海外との人的交流の強化、ハブ機能を強化するインフラ整備や規制改革を進めます。
 第四の「観光立国・地域活性化戦略」のうち、観光は、文化遺産や自然環境を活かして振興することにより、地域活性化の切り札になります。既に、中国からの観光客の拡大に向け、ビザの発行条件の大幅緩和などが鳩山前内閣の下で始められました。
 農山漁村が生産、加工、流通までを一体的に担い、付加価値を創造することができれば、そこに雇用が生まれ、子どもを産み育てる健全な地域社会が育まれます。農林水産業を地域の中核産業として発展させることにより、食料自給率の向上も期待されます。特に、低炭素社会で新たな役割も期待される林業は、戦後植林された樹木が生長しており、路網整備等の支援により林業再生を期待できる好機にあります。戸別所得補償制度の導入を始めとする農林水産行政は、こうした観点に立って進めます。また、今この瞬間も、宮崎県の畜産農家の方々は、我が子のように大切に育てた牛や豚を大きな不安をもって世話しておられます。地元では口蹄疫の拡大を止めようと懸命な作業が続けられています。政府は、迅速な初動対応や感染拡大の阻止に総力を挙げるとともに、影響を受けた方々の生活支援・経営再建対策に万全を期します。
 さらに、地域の活性化に向け、真に必要な社会資本整備については、民間の知恵と資金を活用して戦略的に進めるとともに、意欲あふれる中小企業を応援します。
 これらの成長分野を支えるため、第五の「科学・技術立国戦略」の下で、我が国が培ってきた科学・技術力を増強します。効果的・効率的な技術開発を促進するための規制改革や支援体制の見直しを進めます。我が国の未来を担う若者が夢を抱いて科学の道を選べるような教育環境を整備するとともに、世界中から優れた研究者を惹きつける研究環境の整備を進めます。イノベーション促進の基盤となる知的財産や情報通信技術の利活用も促進します。
 第六の「雇用・人材戦略」により、成長分野を担う人材の育成を推進します。少子高齢化に伴う労働人口の減少という制約を跳ね返すため、若者や女性、高齢者の就業率向上を目指します。さらに、非正規労働者の正規雇用化を含めた雇用の安定確保、産業構造の変化に対応した成長分野を中心とする実践的な能力育成の推進、ディーセント・ワーク、すなわち、人間らしい働きがいのある仕事の実現を目指します。女性の能力を発揮する機会を増やす環境を抜本的に整備し、「男女共同参画社会」の実現を推進します。
 人材は成長の原動力です。教育、スポーツ、文化など様々な分野で、国民一人ひとりの能力を高めることにより、厚みのある人材層を形成します。
 こうした具体策を盛り込んだ「新成長戦略」の最終的とりまとめを今月中に公表し、官民を挙げて「強い経済」の実現を図り、二〇二〇年度までの年平均で、名目三パーセント、実質二パーセントを上回る経済成長を目指します。また、当面はデフレからの脱却を喫緊の課題と位置づけ、日本銀行と一体となって、強力かつ総合的な政策努力を行います。

(財政健全化による「強い財政」の実現)
 次に、「強い財政」の実現です。一般に民間消費が低迷する経済状況の下では、国債発行を通じて貯蓄を吸い上げ、財政出動により需要を補う経済政策に一定の合理性はあります。しかしながら、我が国では、九十年代に集中した巨額の公共事業や減税、高齢化の急速な進展による社会保障費の急増などにより、財政は先進国で最悪という厳しい状況に陥っています。もはや、国債発行に過度に依存する財政は持続困難です。ギリシャに端を発したユーロ圏の混乱に見られるように、公的債務の増加を放置し、国債市場における信認が失われれば、財政破たんに陥るおそれがあります。
 我が国の債務残高は巨額であり、その解消を一朝一夕に行うことは困難です。だからこそ、財政健全化に向けた抜本的な改革に今から着手する必要があります。具体的には、まず、無駄遣いの根絶を強力に進めます。次に、成長戦略を着実に推進します。予算編成に当たっては、経済成長や雇用創出への寄与度も基準とした優先順位付けを行います。これにより、目標の経済成長を実現し、税収増を通じた財政の健全化につなげます。
 我が国財政の危機的状況を改善するためには、こうした無駄遣いの根絶と経済成長を実現する予算編成に加え、税制の抜本改革に着手することが不可避です。現状の新規国債の発行水準を継続すれば、数年のうちに債務残高はGDP比二百パーセントを超えることとなります。そのような事態を避けるため、将来の税制の全体像を早急に描く必要があります。
 以上の観点を踏まえ、前内閣の下では、私も参画し、経済の将来展望を見据えつつ「中期財政フレーム」と中長期的な財政規律を明らかにする「財政運営戦略」を検討してきました。これを今月中に策定します。今国会、自民党から、「財政健全化責任法案」が国会に提出されました。
 そこで提案があります。我が国の将来を左右する、この重大な課題について、与党・野党の壁を越えた国民的な議論が必要ではないでしょうか。財政健全化の緊要性を認める超党派の議員により、「財政健全化検討会議」を創り、建設的な議論を共に進めようではありませんか。

(「強い社会保障」の実現)
 以上述べたような「強い経済」、「強い財政」と同時に、「強い社会保障」の実現を目指します。
 これまでの経済論議では、社会保障は、少子高齢化を背景に負担面ばかりが強調され、経済成長の足を引っ張るものと見なされる傾向がありました。私は、そのような立場に立ちません。医療・介護や年金、子育て支援などの社会保障に不安や不信を抱いていては、国民は、安心してお金を消費に回すことができません。一方、社会保障には雇用創出を通じて成長をもたらす分野が数多く含まれています。他国の経験は、社会保障の充実が雇用創出を通じ、同時に成長をもたらすことが可能だと教えています。
 経済、財政、社会保障を相互に対立するものと捉える考え方は、百八十度転換する必要があります。それぞれが互いに好影響を与えうる「WIN・WIN」の関係にあると認識すべきです。この認識に基づき、新成長戦略において「ライフ・イノベーション」を重点分野に位置づけ、成長戦略の視点からも、「強い社会保障」を目指します。そして、財政健全化の取組は、財政の機能を通じて、社会保障の安定的な提供を確保し、国民に安心を約束することにより、持続的な成長を導くものなのです。
 こうした「強い社会保障」を実現し「少子高齢社会を克服する日本モデル」を提示するため、各制度の建て直しを進めます。年金制度については、記録問題に全力を尽くすとともに、現在の社会に適合した制度を一刻も早く構築することが必要です。党派を超えた国民的議論を始めるため、新たな年金制度に関する基本原則を提示します。医療制度についても建て直しを進め、医療の安心の確保に努めます。介護についても、安心して利用できるサービスの確立に努めます。子育て支援の充実は待ったなしの課題です。子ども手当に加え、待機児童の解消や幼保一体化による子育てサービスの充実に、政府を挙げて取り組みます。
 さらに、社会保障分野などのサービス向上を図り、真に手を差し伸べるべき方々に重点的に社会保障を提供する観点からも、番号制度などの基盤整備が求められています。このため、社会保障や税の番号制度の導入に向け、国民の皆さまに具体的な選択肢を近く提示します。

(「一人ひとりを包摂する社会」の実現)
 こうした施策に加え、今、私が重視しているのは、「孤立化」という新たな社会リスクに対する取組です。私は一昨年から、「反・貧困ネットワーク」事務局長の湯浅誠さんと一緒に、派遣村などの現場で貧困・困窮状態にある方々を支援してきました。その活動の中で、「ホームレス」には二つの意味があることを再認識しました。一つの意味は、物理的に住む家がないという「ハウスレス」ということですが、もう一つの、より重要な意味は、ある人が様々な苦難に遭遇したときに、「傍で支援してくれる家族がいない」ということです。人は誰しも独りでは生きていけません。悩み、挫け、倒れたときに、寄り添ってくれる人がいるからこそ、再び立ち上がれるのです。我が国では、かつて、家族や地域社会、そして企業による支えが、そうした機能を担ってきました。それが急速に失われる中で、社会的排除や格差が増大しています。ネットカフェに寝泊まりする若者や、地域との関係が断ち切られた一人暮らしの高齢者など、老若男女を問わず、「孤立化」する人々が急増しています。従来のしがらみからの解放は、強者にとっては自由を拡大するものかも知れませんが、弱い立場の人にとっては、孤独死で大切な人生を終えてしまうおそれがあるのです。
 私は、湯浅さんたちが提唱する「パーソナル・サポート」という考え方に深く共感しています。様々な要因で困窮している方々に対し、専門家であるパーソナル・サポーターが随時相談に応じ、制度や仕組みの「縦割り」を超え、必要な支援を個別的・継続的に提供するものです。役所の窓口を物理的に一カ所に集めるワンストップ・サービスは、今後も行う必要がありますが、時間や場所などに限界があります。「寄添い・伴走型支援」であるパーソナル・サポートは、「人によるワンストップ・サービス」としてこの限界を乗り越えることができます。こうした取組により、雇用に加え、障がい者や高齢者などの福祉、人権擁護、さらに年間三万人を超える自殺対策の分野で、様々な関係機関や社会資源を結びつけ、支え合いのネットワークから誰一人として排除されることのない社会、すなわち、「一人ひとりを包摂する社会」の実現を目指します。鳩山前総理が、最も力を入れられた「新しい公共」の取組も、こうした活動の可能性を支援するものです。公共的な活動を行う機能は、従来の行政機関、公務員だけが担う訳ではありません。地域の住民が、教育や子育て、まちづくり、防犯・防災、医療・福祉、消費者保護などに共助の精神で参加する活動を応援します。


四 責任感に立脚した外交・安全保障政策
(国民の責任感に立脚した外交)
 第三の政策課題は、責任感に立脚した外交・安全保障政策です。
 私は若い頃、イデオロギーではなく、現実主義をベースに国際政治を論じ、「平和の代償」という名著を著わされた永井陽之助先生を中心に、勉強会を重ねました。我が国が、憲法の前文にあるように、「国際社会において、名誉ある地位を占め」るための外交は、どうあるべきか。永井先生との議論を通じ、相手国に受動的に対応するだけでは外交は築かれないと学びました。この国をどういう国にしたいのか、時には自国のために代償を払う覚悟ができるか。国民一人ひとりがこうした責任を自覚し、それを背景に行われるのが外交であると考えます。
 今日、国際社会は地殻変動ともいうべき大きな変化に直面しています。その変化は、経済のみならず、外交や軍事の面にも及んでいます。こうした状況の中、世界平和という理想を求めつつ、「現実主義」を基調とした外交を推進すべきと考えます

(外交・安全保障政策の考え方)
 我が国は、太平洋に面する海洋国家であると同時に、アジアの国でもあります。この二面性を踏まえた上で、我が国の外交を展開します。具体的には、日米同盟を外交の基軸とし、同時にアジア諸国との連携を強化します。
 日米同盟は、日本の防衛のみならず、アジア・太平洋の安定と繁栄を支える国際的な共有財産と言えます。今後も同盟関係を着実に深化させます。
 アジアを中心とする近隣諸国とは、政治・経済・文化等の様々な面で関係を強化し、将来的には東アジア共同体を構想していきます。中国とは戦略的互恵関係を深めます。韓国とは未来志向のパートナーシップを構築します。日露関係については、政治と経済を車の両輪として進めつつ、最大の懸案である北方領土問題を解決して平和条約を締結すべく、精力的に取り組みます。ASEAN諸国やインド等との連携は、これを、さらに充実させます。今年開催されるAPECにおいては、議長として積極的な役割を果たします。EPA・広域経済連携については、国内制度改革と一体的に推進していきます。
 我が国は、地球規模の課題にも積極的な役割を果たしていきます。気候変動問題については、COP16に向けて、全ての主要国による、公平かつ実効的な国際的枠組みを構築するべく、米国、EU、国連などとも連携しながら、国際交渉を主導します。この秋、愛知県名古屋市で開催されるCOP10では、生物の多様性を守る国際的な取組を前進させます。「核のない世界」に向け、我が国が先頭に立ってリーダーシップを発揮します。アフガニスタンの復興支援、TICADⅣの公約を踏まえたアフリカ支援を継続するほか、ミレニアム開発目標の達成に向け最大限努力します。
 北朝鮮については、韓国哨戒艦沈没事件は許し難いものであり、韓国を全面的に支持しつつ、国際社会としてしっかりと対処する必要があります。拉致、核、ミサイルといった諸懸案の包括的解決を図り、不幸な過去を清算し、国交正常化を追求します。拉致問題については、国の責任において、すべての拉致被害者の一刻も早い帰国に向けて全力を尽くします。国連安保理決議の違反を重ねるイランに対し、我が国は平和的・外交的解決を求めていきます。
 国際的な安全保障環境に対応する観点から、防衛力の在り方に見直しを加え、防衛大綱の見直しと中期防衛力の整備計画を年内に発表します。

(普天間基地移設問題)
 沖縄には米軍基地が集中し、沖縄の方々に大きな負担を引き受けていただいています。普天間基地の移設・返還と一部海兵隊のグアム移転は、何としても実現しなければなりません。
 普天間基地移設問題では先月末の日米合意を踏まえつつ、同時に閣議決定でも強調されたように、沖縄の負担軽減に尽力する覚悟です。
 沖縄は、独自の文化を育んできた、我が国が誇るべき地域です。その沖縄が、先の大戦で最大規模の地上戦を経験し、多くの犠牲を強いられることとなりました。今月二十三日、沖縄全戦没者追悼式が行われます。この式典に参加し、沖縄を襲った悲惨な過去に想いを致すとともに、長年の過重な負担に対する感謝の念を深めることから始めたいと思います。


五 むすび
 これまで述べてきたように、私の内閣が果たすべき使命は、二十年近く続く閉塞状況を打ち破り、元気な日本を復活させることです。その道筋は、この所信表明演説で申し述べました。後は実行できるかどうかにかかっています。
 これまで、日本において国家レベルの目標を掲げた改革が進まなかったのは、政治的リーダーシップの欠如に最大の原因があります。つまり、個々の団体や個別地域の利益を代表する政治はあっても、国全体の将来を考え、改革を進める大きな政治的リーダーシップが欠如していたのです。こうしたリーダーシップは、個々の政治家や政党だけで生み出されるものではありません。国民の皆さまにビジョンを示し、そして、国民の皆さまが「よし、やってみろ」と私を信頼してくださるかどうかで、リーダーシップを持つことができるかどうかが決まります。
 私は、本日の演説を皮切りに、順次ビジョンを提案していきます。私の提案するビジョンを御理解いただき、是非とも私を信頼していただきたいと思います。リーダーシップを持った内閣総理大臣になれるよう、国民の皆さまの御支援を心からお願いし、私の所信表明とさせていただきます。



 途中途中、なんかエピソードを交えつつ言ってたけど、やりたい事はわかったけど、具体的な方法論は特になく。もっとも、それは施政方針演説の時でいいんだろうけど。
 聞いててというか読んでてというか「なんかこうデカいカンジでバーンとやりたいです」みたいな印象を持ってしまった。

 んで、最後を「私を信頼していただきたいと思います」で締めたのがなんだかなぁ。信じてくれなければリーダーシップも発揮できませんよ。っていうのを当のリーダーが言う。そんなこと言うリーダーが信頼されるような事はほとんど無いでしょ。
 それなら「ですます口調」じゃなくて、開き直って「俺を信じろ!」と言い切ってくれた方が清清しい。

 「金の無いヤツぁ俺んトコに来い!俺も無いけど心配すんなぁ」

 そんなカンジに聞こえるだけでしょうけど。


2010/06/18(金) 「こういう時、あのビッグヘッドがいればなぁ、とか思う」
日々でなくつらつら:プロレス格闘技 -トラックバックないよ-コメント 77コ

時事:武藤敬司さん交通事故=プロレスラー、接触男性軽傷-東京

 プロレスラーの武藤敬司さん(47)が東京都港区で乗用車を運転中、歩いていた男性会社員(40)に接触する事故を起こしていたことが14日、警視庁麻布署への取材で分かった。男性は右ひざに軽いけがをしており、同署は自動車運転過失傷害の疑いもあるとみて調べている。
 同署によると、武藤さんは12日午後6時5分ごろ、港区麻布十番の駐車場にバックで車を入れようとしたところ、後方のバンパーが歩道を歩いていた男性と接触した。
 武藤さんは1人で運転しており、安全確認が不十分だったのが原因とみられる。(2010/06/14-12:52)


 まぁ、駐車するためのバックだったんで軽傷で済んだらしい。そりゃ、事故起こすのはマズいんだけど、その程度で済んでよかったなぁ、と。
 被害者の了解がいるだろうけど、ヒールがマイクでいじったり、それこそ会場に車持ってきて武藤ハネたりとネタにできるしね。軽傷なら。

 って、以前トラック使ってたよーな……あ、あれやったのムタか。武藤じゃないや。失敬失敬。
 ただ、武藤はGREAT MUTAにトラックでハネられた過去はあった。再びだな。

2010/06/18(金) 「第二の人生の第二の人生」
日々でなくつらつら:ゲームの話 -トラックバックないよ-コメント 254コ

JBPress:一世を風靡した「セカンドライフ」が大規模リストラ SNSやモバイルウェブに主軸移す
2

かつて一世を風靡した仮想世界サービス「セカンドライフ」の運営会社、米リンデンラボが6月9日、従業員の30%を削減するリストラを行うと発表した。(略)コストを削減したうえで、同社は2つの分野に注力するという。1つはウェブブラウザーやモバイルで利用できる仮想世界。もう1つはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)。

 今のセカンドライフは専用ソフトをインターネットからダウンロードして利用するサービスだが、今後は潜在ユーザーとの垣根を低くし、より多くの人に使ってもらいたいとしている。
(略)
 ユーザー数は次第に減少し、今や一部の熱心なユーザーが中心の仮想世界になりつつある。
(略)
 今はセカンドライフがサービスを開始した時とは状況が違う。スマートフォンやソーシャル・ネットワーキング・サービスが普及しており、タブレット端末も登場した。セカンドライフは今後、こうした新分野に進出していくことになる。
(略)今後ソーシャルネットワーキングやモバイルという新プラットフォームへの移植が成功すれば、仮想世界は再び盛り上がりを見せるのかもしれない。


 まぁ、セカンドライフだー空間上で商売できてリアルマネーに還元できるぜー。なんて言った所で所詮ネトゲ。んで、ネトゲなんて数年経てばそうなるもの。ネトゲは新規顧客のために運営が装備だイベントだやるけど、それをプレイヤー(企業)に求めたんだろうけど、プレイヤーが減ればこーなる。そんだけのお話。
 そういや、チャットツールを言えばハビタットがあったなぁ。1999年にJ-チャットになって、2010年1月に終わったようだけどね。

 結局、それ以上にはなれなかった。歴史の長さを考えれば見てくれが3Dでちょっとよくなったけど、中身はそれ以下にしか過ぎなかった。そんだけだと思うんだ。

2010/06/16(水) 06/15のツイートまとめ
Welcome to the Gloval Village! -トラックバックないよ-コメント 490コ

gendohki

まー、正直すっきりはしてないんだけどな。
06-15 17:45

すっきりたいむなう。ついーとしてないけど本日三度目。
06-15 17:44

とりとめもなく、すっきりたいむおわりなう。
06-15 10:37

次は多分9人~11人で守りっぱなしだろうしなー。
06-15 10:34

FWが頑張ってないってんじゃなく、報われてないなーと。その報われるのが次戦だといいんだけど。
06-15 10:32

重要なのはその中でなんやかんやで点は取れるってことで、日本はその点で韓国よりは下なんだろなーと。岡崎のオフサイドだったけどポストに当たったのが象徴的で、あの「あと数センチ」が「数センチ」が遠い。
06-15 10:30

でもまぁ、フランス、スペイン、ブラジル他色々みたいに「名前聞いてチビる」国までは知名度ないしなぁ。まだ。
06-15 10:27

少なくともヨーロッパ勢相手、それもメジャー所でなければ余裕持って戦えてるんじゃなかろうか?ギリシャも強いチームだと思うけどね。
06-15 10:26

韓国はW杯ベスト4ってのがやっぱ自信になってるかも知れない。マンガではないけど「一回の勝利で蚊トンボが化ける」ってヤツ。
06-15 10:24

後半しか見てないけど「あれ?これファールじゃね?PKじゃね?」なシーンもちょくちょく見受けられたけど、まぁ、それはお互い様なので。
06-15 10:22


韓国もギリシャに勝って、それも2-0だってんで。ちょっと驚いてみたり。
06-15 10:21

W杯始まって「どーせ3タコだろう」と思いつつ日本戦を見て勝っちゃったのでビビる。
06-15 10:20

思いつきで始めたものなんてこんなものである。
06-15 10:17

「ついったーで報告しながらなら、ついったー使ってる感出るんじゃね?」と思ってやってみた土曜。尻切れトンボで終わる。
06-15 10:17

すっきりたいむなう
06-15 10:16


2010/06/13(日) 06/12のツイートまとめ
Welcome to the Gloval Village! -トラックバックないよ-コメント 368コ

gendohki

思うだけだう
06-12 14:22

動画でも編集するかと思うなう
06-12 14:22

飽きた。
06-12 08:41

これからネクロマンサーを作るだう
06-12 08:27

P鯖なう
06-12 08:27

おあよーございます。気がついたら寝てた。
06-12 07:23

街について売るもの売ったので、今日のD鯖はこれにて終了。
06-12 02:15

筋力40まで上がると嬉しいね。その前にアマゾネスに蹴り殺される気がしないでもないけど。
06-12 01:51

再び重量オーバー状態で街へ走るオンライン
06-12 01:51

召喚魔法っていいよね。肉とか水とか。なう
06-12 01:44


拾えた。
06-12 01:44

死体拾いに行くなう
06-12 01:40

グリードルにかじり殺された。
06-12 01:30

虎狩った。欲しい悟りの石は出ず。重量いっぱいなので一旦帰る。
06-12 01:28

ちなみに完成品で「おー」となりたい私は還弦のスケッチは微塵も聞いてない。曲だけ聞いてニヨニヨ待っている派
06-12 01:12

虎狩りなう。BGMは平沢・Pモのインスト系でまとめ、リストに上げられたひとっぽくしてみる。
06-12 01:11

悟りの石が欲しいので、レクスールヒルズの虎でもしばいてこようかと
06-12 00:44

再びログインD鯖なう
06-12 00:44

LinkDeadしたので風呂はいってきて、生放送なんぞを見ながらゴロゴロ中
06-12 00:41


2010/06/12(土) 「なんかこう恣意的な記事だよなぁ」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 130コ

朝日:自民の参院選「40議席台」目標 谷垣氏弱気?控えめ?

 自民党の谷垣禎一総裁は10日のBS11の番組で、参院選の勝敗ラインについて「40議席台には持っていきたい」と語った。谷垣氏はこれまで「与党を過半数割れに追い込む」としていたが、民主党の支持率が急上昇していることから、改選議席38を超える低めの目標設定になった。

 谷垣氏は勝敗ラインの設定に慎重だった。(略)司会者に「改選議席38は達成できるか」(略)「40議席台前半か」とたたみかけられると、ようやく「まあ、40議席台には持っていきたい」と踏み込んだ。

 ただ、谷垣氏は(略)具体的な勝敗ラインについては明言することはなかった。(略)民主党の支持回復が低めの目標設定につながったようだ。


 自民党が参議院で単独過半数を取れなくなったとされる宇野内閣時の参院選から、前回までの7回の結果を並べてみます。
 1989年に36議席(宇野内閣)
 1992年に68議席(宮沢内閣)
 1995年に46議席(村山内閣)
 1998年に44議席(橋本内閣)
 2001年に64議席(小泉内閣)
 2004年に49議席(小泉内閣)
 2007年に37議席(安倍内閣)
 意味は無いだろうけど7回平均は約49議席。50議席というか60議席超えした2回を除けば40議席超しか取れてなく、安倍内閣時の37議席は「宇野政権以来の大敗北」と言われたのが、ここ20年くらいの自民党の参議院選挙です。
 ちなみに92年、01年の60議席超えを除いた選挙5回の平均は42.4議席。

 なので改選該当議席が38議席になっていることを踏まえると、40議席超えるってのは実に現実的。
 というか、現在は野党になっている自民党にとってはむしろ強気な数字になると思うんだけど、どうだろうか?

 ま、これを弱気と言うのであれば、朝日系列で自民党猛プッシュでもしてみればいいと思う。ひょっとしたら「60議席!」とか景気よく言ってくれるかも知れないよ?

2010/06/12(土) 「実際、試みとしては面白いってむかーしにも書いた記憶が」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 61コ

朝日:「ビッグイシュー日本」7年 回顧本でもホームレス支援

 雑誌の販売を通してホームレスの自立を支援する「ビッグイシュー日本」の佐野章二代表(68)が、創刊から7年近い活動を振り返る「ビッグイシューの挑戦」(講談社)を出した。この単行本の一部もホームレスの販売員を通じて路上で売られ、1500円の定価のうち400円が販売員の収入となる。
(略)月2回の発行で定価は300円。登録したホームレスの販売員が1冊売るごとに160円の収入を得る。延べ登録者は千人を超えた。雑誌の販売から生活を安定させ、新たな仕事を見つけた人は120人に及ぶ。
(略)繁華街での販売で、佐野さんがテキ屋の元締めに呼び出されたこともあり、「話し合いだけで理解を求めた」という。
(略)
 佐野さんは「この6年半は日本の常識への挑戦でした。仕組みが分かりやすいことが継続できた理由だと思います。若いホームレスの支援をどうするべきかという問題を含め、まだまだやるべきことがあります。最終目標は『ビッグイシュー』がいらない社会を作ることです」と話す。(加藤修)


 そういや、ビッグイシューまだ続いてたなぁ。私も何度か買ったことあるんだけど。
 でも結局買わなくなった。

 理由は雑誌自体が私にはあんま面白くなかったから。
 おそらくはイギリスのBIG ISSUEの日本語訳なんだろうけど、正直興味をそそられる人が特集じゃなかったりであんまり買う気になれなかった。
 日本版独自のインタビューしても面白いと思うんだけど、そしたらそしたで金かかるだろうしなー。難しいよなー。

 ただ、R-25みたいな無料雑誌がある中で7年生き残ったってことは、それに価値を見出した人たちもいたってことだろうし、このまま軌道に乗り続けてくれるといいなぁ、とは思うんだけどね。また買ってみるかなぁ。まれに見かけるし。

2010/06/12(土) 「国民新党も必死だなぁ」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 55コ

毎日:亀井郵政相:法案先送りで辞任へ 国民新、連立は維持

(略)国民新党が求めてきた郵政改革法案の今国会成立が見送りになったことから、亀井静香金融・郵政担当相は11日未明、同法案の今国会成立を実現できなかった責任を取り辞任する意向を固め菅直人首相に伝えた。後任には同党の自見庄三郎幹事長が就く見通し。民主党側が参院選後の臨時国会に同法案を再提出するとしたことから、両党は連立維持で大筋合意した。
(略)民主党は(略)国民新党との合意を待たず、与野党国対委員長会談を開いた。(略)6月16日閉会案と1日延長の17日閉会案を提示した。国民新党を置き去りにする見切り発車だった。民主党幹部は「もう変更はない。後は国民新党の判断だ。離脱するならすればいい」と突き放した。
(略)菅内閣誕生で内閣支持率と民主党支持率は急上昇。民主党にとって国民新党が持つ組織票「郵政票」は大きな魅力だったが、支持率回復でその重みは相対的に下がった。
(略)
 亀井氏が辞任を表明したのは、(略)菅首相-仙谷由人官房長官ラインに移った点が大きい。菅氏と亀井氏は昨年12月、09年度2次補正予算を巡って対立した。(略)連立与党の党首級による基本政策閣僚委員会で、20分間も口論する一幕もあった。【大場伸也、横田愛】


時事:閣僚辞任、「男の美学」=「約束破られた」と強調-未明の会見で亀井氏

 新内閣が発足早々、最初のハードルでつまずいた。11日未明、郵政改革法案の成立困難を受け、連立を組む国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相の辞任表明。「両党間の約束を破られた」と民主党を非難しながらも連立は維持。支持率がV字回復した新内閣を前に、存在感をアピールするしたたかさをみせた。
(略)


 国民新党としても民主党単独での参院過半数を阻止したいところ。かといって連立与党でないと意味はなく、うまい建前で支持率だけをポンと落としにきた。そんなトコでしょう。実際、これで落ちるかどうかは解らないけどね。

 しかしまぁ、ネタには事欠かない内閣だこと。首相がネタの宝庫だけに尚更。

2010/06/12(土) 「ピンチはチャンス。でも、チャンスを活かせない民主党」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 107コ

毎日:荒井戦略相:コミック、CD、衣料品にも…党が領収書公開

 荒井聡国家戦略担当相の政治団体「荒井さとし政治活動後援会」(09年9月解散)の事務所費を巡る問題で、民主党は10日、同後援会の07~09年分の領収書を公開した。(略)
 公開されたのは、A4判の台紙にはり付けた領収書をとじ込んだファイル数冊。報道陣に約2時間の閲覧を認めたが、コピーは認めなかった
(略)
 このうち備品・消耗品費として、
08年4月30日付で少女向けコミック5点に計4495円(略)
同年5月20日付でパチンコ台の効果音楽をまとめたCDに2500円(略)
08年4月5日付で衣料品18点(パーカや靴下、キャミソールなど)に計2万2670円(略)
09年3月20日付でおもちゃ代として百貨店に7350円(略)
07年3月12日付で大手ハンバーガーチェーンに2210円
--などの支出があった。

 こうした支出について荒井氏は「本当(にあったの)? (担当者に)少し怒っておきます」と話し「適切かどうかとなると少し反省しないといけないと思う。ただ、そういったものに使うのを(法律が)禁じているわけではない」と述べた。
(略)
(一部強調、改行:幻導機)



産経:事務所費マンガばっかり…領収書公開した荒井戦略相
2

(略)
 荒井氏の団体では、領収書やレシートに「コミック」との表記があるものや、タイトルなどからマンガと類推されるものが確認できただけで計60冊。中には、『NANA』などの少女マンガで知られる矢沢あいさんの『パラダイスキス』全5巻を“大人買い”しているケースもあった。

 音楽CD店の領収書には「ゲーム ミュージック/ぱちんこ必殺仕」と印字されており、音楽CDとみられる商品を2500円で購入していた。ハンバーガーセット代なども備品・消耗品として処理していた。

 一方、蓮舫氏、川端氏の団体の領収書には目立って不審な支出はなかった。
(略)
(一部強調、改行:幻導機)



 つまり、ぱちんこCR必殺仕事人のテーマに乗せて、おもちゃ片手にキャミソール着衣の上、パラダイスキス等の内容を織り込んだ演説をやれば神になれるというお話。

 荒井聡。政治生命ヲカケテ果タシテ出来ルノカ。

2010/06/12(土) 「当たるかこんなもーん」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 37コ

げんさんち。:2010/06 /06(日) 「菅首相誕生したので社説」

流れとしては総理変わったし、菅直人だしで支持率30%くらいで突入と見ているんだけど、

げんさんち。:2010/06 /08(火) 「とりあえず予定通り」

 まぁ、とりあえず御祝儀相場ってヤツでしょう。内閣支持率も30~35%くらいじゃないかなーと思ってます。


 というわけで結果が出ました。ドン。

朝日:菅内閣支持60%、不支持は20% 朝日新聞世論調査

 菅内閣の発足を受けて朝日新聞社が8、9の両日実施した全国緊急世論調査(電話)によると、内閣支持率は60%、不支持率は20%だった。(略)民主党は政党支持率で38%(前回4、5日調査は32%)、参院選比例区の投票先で39%(同33%)と伸ばしており、(略)自民支持率は14%(前回14%)と低迷を続け(略)参院選比例区の投票先でも(略)自民は13%(同17%)とさらに下がった。
(略)


日経:菅内閣支持率68%、発足時歴代5位 「小沢離れ」評価:【政治】菅内閣支持率68%、発足時歴代5位 鳩山内閣支持率(22%)から46ポイントも上昇、「小沢離れ」評価…日経新聞・テレ東世論調査snapshot

 日本経済新聞社とテレビ東京は8~9日、菅政権の発足を受け、緊急世論調査を実施した。内閣支持率は
68%で、(略)不支持率は22%だった。(略)
 民主党の支持率は47%で、前回調査から22ポイント跳ね上がった一方、自民党支持率は3ポイント低下し、
20%にとどまった。みんなの党も2ポイント低下して7%になった。

 参院選の投票先は民主が23ポイント上昇し41%。自民党は17%と2ポイント低下した。(略)みんなは前回の15%から、7%に低下した。
(略)


毎日:毎日新聞世論調査:菅内閣の支持率 66%の高率に

 菅内閣の発足を受け毎日新聞は8、9日、緊急の全国世論調査を実施した。内閣支持率は66%で、(略)参院選比例代表の投票先では民主党が41%と自民党の14%の約3倍まで伸ばし、勢いづく民主党内では早期の参院選を期待する声が強まっている。
(略)
 逆に自民党支持率は13%まで沈み、(略)参院選比例の投票先では、(略)最低の14%(前回比3ポイント減)。(略)みんなの党も、(略)9%まで伸びた政党支持率は今回5%。比例投票先でも自民党に迫る15%に達した5月から一転、8%と1けたに逆戻りした。
(略)


読売:菅内閣支持64%、「脱小沢」評価…読売調査

 読売新聞社は、菅内閣が発足した8日夜から9日にかけて、緊急全国世論調査(電話方式)を実施した。

 新内閣の支持率は64%で、(略)不支持率は25%だった。夏の参院比例選で民主党や同党の候補者に投票すると答えた人は36%で、(略)11ポイント上がり、自民党の13%(前回18%)を引き離した。(略)
 民主は政党支持率も39%(同29%)に伸ばした。(略)自民は過去最低の5月調査に並ぶ14%(同18%)に後退した。
(略)


共同:菅内閣支持率61% 共同通信世論調査

 共同通信社が菅内閣発足を受け8日夕から9日にかけて実施した全国緊急電話世論調査で、内閣支持率は61・5%に上った。(略)不支持は25・2%。(略)参院選比例代表の投票先は民主党が43・8%に達し、自民党は21・6%にとどまった。4、5両日の前回調査は民主32・6%、自民23・4%で、さらに差が開いた。
(略)
 民主党の支持率は43・8%で、前回調査の36・1%から7・7ポイント上昇。この間にあった一連の人事に対する好意的な受け止めが反映された形だ。自民党支持率は横ばいで20・0%。
(略)


 予想大外れ。
 まさか3倍も回復すると思わなかった。

 まぁ、まだ何もしてない状態なのでただの期待でしかないのだけど、ただまぁ選挙まで1ヶ月しかないので、普通に考えるとこのまま乗り切ってしまうんだろうなぁ。
 一応、荒井・川端・蓮舫の事務所問題ってのがあるけど、この調子だと有耶無耶で流されて参院選に突入するんでしょう。ってことは民主党過半数フラグ。
 となると、居場所がなくなるのは国民新党だから、ここから足を引っ張りに来ることが考えられて、小沢・菅vs亀井というバトルが見れるのかなぁ。などと。

 国民不在の選挙のための政治などとまぁ、よく書かれたりするんだけど、そもそも政治の場に国民が参加できないようにこーっそり締め出した方々がいらっしゃって、そういう方々がしたり顔で言ってるような気がするのですよね。
 まぁ、とりあえず、参院選があるワケだから、そこでまずは最初の審判ってのが下るんでしょう。それが民主党だか自民党だかの断頭台になるんじゃないかと。そこから色々と始まるかも知れません。

 政局としては「民主党が割れるかどうか」に関心が集まってるけど、衆議院で圧勝状態である以上、分裂したらみんなして損するので、当分は無いかと。可能性があるとしたら参院選での大惨敗だったんだけど、それも今回の世論調査を見る限りでは無くなったと見るのが妥当でしょう。

 当分この状態が続くんだと思います。
 それが良いのか悪いのかは後で評価されるんじゃないかと思います。
 とりあえず、悪い方にBETしときますけど。私は。

2010/06/12(土) 「菅内閣にご注文な社説」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 72コ

朝日:菅内閣発足―「選択と説得」の政治を

 「20年間にわたる日本の閉塞(へいそく)感を打ち破る」。そんな目標を掲げて菅直人内閣が発足した。
(略)
 時代の変化に対応できない古い政治のモデルを新しい政治に切り替える。歴史的な政権交代はその絶好機(略)菅政権にはぜひそれを成し遂げてもらいたい。でなければ政権交代の値打ちが暴落し、日本の民主政治は取り返しのつかない痛手を負う。

 「強い経済、強い財政、強い社会保障」を唱える菅首相は、まず政治を鍛え直し、「強い政治」をつくることから始めなければならない。
(略)
 古い政治モデルとは「分配の政治」である。(略)
 新たな時代の政治とは、「選択と説得」の政治というべきものである。

 財源が細るなか、「あれもこれも」ではなく、「あれかこれか」を選び、重点投資する。足りない分は負担を求める。負担増となる人々にはその理由を説明し、納得を得る努力を重ねる。
(略)
 政治家にとって選択と説得は、苦しく厳しい作業になる。人気取りに逃げ込めれば、よほど楽である。しかし、もはや時代は待ってくれない。
(略)
 マニフェスト見直しは死活的に重要だ。歳出削減だけで財源を捻出(ねんしゅつ)できないのはこの9カ月弱ではっきりした。(略)約束通りできないことを有権者に率直に謝罪し、これからどうするか説明し、参院選で信を問う。それで信認を得られれば、政策は格段に遂行しやすくなる。
(略)
 有権者に負担を求める政策では2大政党が話し合い、接点を探ることがあっていい。自民党がかじを切ったいまが実現の道筋をつける好機といえる。
(略)
 必要なことは、対決すべき争点と話し合える争点を仕分けることである。後者では、与野党が水面下でなく公式の場で議論を重ね、歩み寄りを図る。(略)「選択と説得」の政治は、連立か対決かという極端な二者択一の緊張も緩和するだろう。大政党が小政党に振り回され、政策決定が迷走する事態も減るに違いない。


産経:菅内閣発足 まず国家の基軸を示せ 言葉よりも具体的な成果を

 菅直人首相が国民新党との連立政権を発足させた。

 首相は内閣や民主党の人事を通じて小沢一郎前幹事長の影響力排除を印象づけ、党の政策調査会を復活させるなど、党運営や政策決定を変える姿勢を示した。言葉だけでなく具体的な中身を明らかにし、成果を出すことが求められる。たとえば、政治とカネの問題で小沢氏の証人喚問などが実現できなければ、クリーンな政治も口先だけとみなされよう。
(略)
 菅内閣がまず取り組まねばならないのは、月内に策定する財政健全化目標を説得力あるものにすることだろう。(略)
 ついに国債発行が税収を上回った財政はあまりに異常だ。財務省の試算だと、(略)首相のいうように国債を今年度並みの44・3兆円に抑えるのは困難だし、将来はさらに発行規模が膨らもう。

 破綻の道を回避するには、どうしても説得力ある健全化目標が必要なのだ。(略)ばらまき政権公約の撤回と消費税を中心とした増税の時期、規模の明示である。

 問題は参院選を前に、こうした痛みを伴う政策を、首相と党内きっての財政規律派の野田佳彦財務相がどこまで示せるかだ。それは財政健全化に向けた菅内閣の本気度を占う試金石となるだろう。
(略)
 「政治主導」について、首相は「官僚排除ではない」と指摘し、「政と官の力強い関係性をつくっていきたい」と語った。ごく少数の政治家が十分な知識を持たないまま、迷走と混乱をもたらした。(略)首相は普天間問題に取り組む枠組みを仙谷由人官房長官を中心に考えるとしているが、自ら指導力を発揮すべきである。

 郵政法案について、首相は亀井静香金融・郵政改革担当相と早期成立を重ねて確認した。(略)極めて残念だ。徹底的に審議して廃案にすることが、内閣の清新さをアピールすることになる。


中日:転換期に挑む覚悟で 菅新内閣スタート

 菅内閣が発足した。政権交代への期待を引き継いだ菅直人首相は歴史の転換期に政権を担う使命を自覚し、国民のための政策実現に果断に挑んでほしい。
(略)
 前政権でも数々の処方箋(しょほうせん)が示されたが有効さは証明されていない。菅氏はまず、日本再生へどんな具体策を示すのかが問われる。
(略)国の借金は八百兆円を超える。税収の落ち込みで、本年度は国債発行が税収を上回る異例の予算だ。

 菅氏は会見で「財政を立て直すことが経済成長の必須条件だ」と述べた。そのためにも事業仕分けで明らかになった税金の無駄遣いをなくし、歳出構造を抜本的に見直すことが先決だ。

 第三の道が消費税率引き上げの免罪符になってはならない。

 鳩山前首相退陣理由の一つである米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)返還問題も、今年が日米安全保障条約改定から五十年に当たるのを機に、歴史の転換期という観点からとらえ直す必要がある。
(略)沖縄にこれ以上の基地負担を強いることは日米安全保障体制を弱体化させかねないと警鐘を鳴らし、普天間飛行場の国外・県外移設を追求すべきだ。
(略)米軍のプレゼンスを徐々に減らせるよう東アジアの緊張を緩和させる、緻密(ちみつ)で大胆な日本独自の外交努力も求められる。
(略)
 菅氏は就任会見で、自らの政権を幕末の志士、高杉晋作にあやかって「奇兵隊内閣」と名付けた。
(略)
 奇兵隊内閣には、勇猛果敢に戦ってもらいたい。が、それは国民のためでなくてはならない。


日経:菅内閣はまず政治の信頼回復に全力を

 国会での新首相の指名から丸4日を経て菅内閣が始動した。(略)今の民主党が考え得る最高の布陣ということだろう。政治の信頼回復と政策の練り直しが新政権の最初の仕事となる。
(略)
 首相は「財政の立て直しが経済を成長させる必須の要件だ」とも強調した。経済成長と財政再建の両立を重視する姿勢は評価できるが、税制の抜本改革も含め、どういう政策を組み合わせて目標の達成につなげていくのか。具体的な道筋を早く明らかにしてほしい。
(略)
 民主党は脱官僚依存を掲げたが、政策の立案や実行で経験不足を露呈する場面が目立った。米軍普天間基地の移設問題に象徴される意思決定の迷走を繰り返さないことが、新政権の出発点であるべきだ。
(略)
 首相は記者会見で「官僚を排除して政治家だけで決めればよいわけではない。官僚の知識や経験を生かしながら政策を進めていく」と語った。鳩山政権の教訓を生かし、政治主導の実をあげる工夫がいる。
(略)民主党では新政権の清新なイメージを生かした票の上積みに期待が集まっている。上滑りしたイメージに頼ることなく日本が直面する様々な懸案への基本戦略を明らかにして選挙に臨むのが筋で(略)懸案を先送りする「逃げの政治」を断ち切る決意を行動で示してほしい。


北海道:菅内閣発足 政策の遂行で信頼回復を

 菅直人内閣が発足した。

 道半ばで退陣した鳩山由紀夫前政権の後を継ぎ、歴史的な政権交代の民意をどう実現していくか。問われるのは、その点である。

 政治を立て直し、失った信頼を取り戻すことが使命だ。政策の実行力を鍛え、目に見える実績を積み上げていくほかはない。
(略)
 菅首相が組閣人事で最も腐心したのは「脱小沢」と政策遂行をともに追求することだったろう。

 内閣の顔触れからは、その意図が読み取れる。
(略)
 求めたいのは、これまでの政治経歴で培った市民感覚を生かしながら、政権トップとして官僚機構を使いこなす手腕である。

 民主党が唱える「脱官僚依存」は実際の政権運営では十分に機能しなかった。統治能力を確立するには「政と官」の再構築が急務だ。
(略)役割分担を明確にした上で政権の目標を政と官が共有すること(略)省庁横断的な政策の立案や調整を通じて官邸機能を支える仕組み(略)国家戦略局の態勢づくりを急ぎ、新政権が成し遂げようとする政策の大きな方向性を示すことが必要である。
(略)
 首相は昨年暮れ、国家戦略担当相として新成長戦略の基本方針をまとめた。名目3%の成長を続け、医療などで雇用を生み出すとした。

 政府はこれを肉付けし新成長戦略を近く決定する。その目標をお題目に終わらせないことだ。(略)
 首相は財政の現状を「国として最大の課題だ」と述べた。そうであれば、消費税の扱いを含め、税財政の抜本改革を練り上げていくことが避けて通れない課題である。


北國:新政権の経済政策 成長と増税の両立は困難 (6/9)

 新政権の船出にあたって、気掛かりなのは、菅直人首相が会見で「増税しても景気は良くなる」との持論を展開し、経済成長と財政再建、社会保障を一体的に実現したいと述べた点である。増税で得た新たな税収を医療や介護、環境などの成長分野に重点配分すれば、雇用や需要を創出でき、景気にもプラスになるという触れ込みだが、(略)経済学の常識に照らせば、増税によって消費が冷え込み、ますます景気が悪くなるだけではないか。
(略)民主党のマニフェストを実施するには、10兆円超の財源不足が指摘されている。増税などすれば、赤字の穴埋めにされるのが落ちではないか。


毎日:菅内閣に注文する 財政再建の道筋示せ
毎日:菅内閣に注文する 熟慮と信頼の外交を

 菅直人内閣が発足した。ときを置かず早速、参院選を迎える。前政権末期に比べ支持率は急回復したが、気の抜けない厳しい船出である。

 就任後の会見で菅首相は「強い経済、強い財政、強い社会保障を一体として実現する」と表明した。率直に言って、鳩山政権が残したものは「弱い経済、弱い財政、弱い社会保障」だった。どれも持続可能性に疑問符がついている。

 それを踏まえての決意表明と受け止めたい。だが、「一体」とはいうものの、まず「強い財政」に着手すべきであろう。すべての基礎だ。
(略)民主党は子ども手当などで家計を温め、税金で医療や介護の雇用を増やせば「強い経済」が実現できると考えているようだが、そうした需要サイドのテコ入れには限界がある。
(略)
 新政権は民間経済の活力を引き出すよう努めてほしい。国民新党との「今国会での郵政改革法案成立」の合意は逆コースだ。(略)法人税など企業負担の見直しも検討課題だ。

 新規まき直し。「強い日本」の再現に期待したい。


 新政権は重い外交課題を背負ってのスタートとなった。米軍普天間飛行場移設をめぐる鳩山前政権の迷走は日米関係にきしみを生じさせた。一方、東アジアの情勢は韓国海軍哨戒艦の沈没事件を機に緊張が高まっている。こうした中で、日本外交の急務は日本の安全保障の要である米国との信頼関係の再構築であることは論をまたない。
(略)
 これに対し鳩山前首相は対米関係で「対等」を掲げ、その一方で影響力を急速に高める中国を中心とするアジアとの関係を重視した。

 だが、前政権は「緊密で対等」な日米関係が具体的に何を意味し、それを全体の外交戦略の中にどう位置づけるのかを提示し得なかった。(略)一連の経過をみれば思慮が足りなかったと言わざるを得ない。
(略)
 今月下旬のカナダでの主要国首脳会議(G8サミット)の際のオバマ大統領との会談が菅外交のスタートとなる。まずは首脳間の信頼を取り戻すことに全力を傾けてほしい。


読売:菅内閣発足 国家戦略を明確に示す時だ

 迷走と失政を重ね、国民の期待を失望に変えた前内閣の轍(てつ)を踏んではなるまい。その政策と政治手法を大胆に転換する決断が求められる。
(略)まず、骨太の国家戦略を明示してほしい。
(略)
 菅首相は野党時代、政府を追及する能力に定評があったが、鳩山内閣の国家戦略相や財務相としての実績は今ひとつだった。今後は首相として、着実に成果を上げなければ、世論の支持も長続きしないだろう。
(略)
 前内閣は、「政治主導」を標榜(ひょうぼう)しながら、肝心の首相官邸が機能しなかった。鳩山前首相は指導力を発揮せず、平野前官房長官も総合調整役を果たせなかった。

 官僚も、「政治家から指示を受けるまで、自分からは動かない」という守りの姿勢に陥った。

 菅・仙谷コンビは、この反省を踏まえ、官僚機構を使いこなし、節目では首相官邸が決断を下す体制を構築する必要がある。

 与党との連携も重要だ。(略)首相や仙谷長官と、枝野幹事長や、公務員制度改革相兼務の玄葉政調会長らとの緊密な調整が不可欠だ。

 当面なすべきは、参院選に向けて、昨年の衆院選の政権公約を大幅に修正することだ。政権公約は子ども手当、高速道路の無料化などバラマキ政策に満ちている。
(略)
 前内閣では、与党・社民党の存在が外交・安全保障政策の足かせとなった。社民党の離脱を機に、新内閣は、日米同盟の強化や自衛隊の海外活動の拡充に取り組むべきだ。この分野では自民党との連携もあり得よう。
(略)前政権のように、少数政党に政府・民主党が振り回され続ける事態は避けるべきだろう。

 新政権が「政治とカネ」の問題にどうけじめをつけるかも注目される。菅首相と枝野幹事長は、小沢氏の幹事長辞任で「一定のけじめ」をつけたと語ったが、一般国民の認識とは乖離(かいり)がある。

 小沢氏は、少なくとも衆院政治倫理審査会に出席し、自らの疑惑について説明する責任がある。
(2010年6月9日01時30分 読売新聞)


 はい。というわけで発足直後の社説でございます。
 この記事を書いてる現在、亀井静香が大臣辞めちゃってますから、連立政権というには微妙な状況ではありますが、まぁ、期待されてるコトはこんなカンジなんでしょうねぇ。
 抽象的なトコが多いような気がするけど、きっと気のせいでしょう。

 参院選の結果次第かも知れないけど、首相の信を問え!と言いつづけた党である以上、それを実行に移して初めて責任ある政党だと思うんですけどねー。ま、それは新聞も書いてるけどね。

2010/06/12(土) 06/11のツイートまとめ
Welcome to the Gloval Village! -トラックバックないよ-コメント 130コ

gendohki

あとはおしっ♪に押し付ければ晴れて毒に強いモニ子ちゃん。って、ゲームやってない人にはサッパリだな、この話題。
06-11 23:31

ギガントスと戦って勝利した
06-11 23:30

めんどいので、まずは地下水路に突撃するなう
06-11 23:05

これから召喚魔法上げる作業始める
06-11 22:51

MoEなう D鯖なう
06-11 22:51

まぁ、メシ食ったら仕事いくように努力する気合を入れる準備をしようと思う。
06-11 07:01

画像作れと言われたので画像作ってみたよ。これでいいかねぇ?
06-11 07:00

おはよーさん
06-11 07:00


2010/06/11(金) 06/10のツイートまとめ
Welcome to the Gloval Village! -トラックバックないよ-コメント 48コ

gendohki

すっきりたいむ終わらせるなう
06-10 16:47

まぁ、やるなら篭ってやらないとダメだろうなぁ。そんなメンタルもモチベーションももう持ち合わせていないけど。
06-10 16:47

あ、さすがにそれはアップされない。
06-10 16:45

ま、それとは別に身内用動画を編集しなきゃいかんのですが。1年以上放置してる。まずい。
06-10 16:45

なのでここはいっそ割り切って「面白くも無い動画」をアップすることにする。
06-10 16:44

で、ニコニコに戻るけど、そろそろ生存報告がてら動画アップするつもり。ただしネタは無い。録画した動画はあるけど、どうにも面白くなる気がしない。
06-10 16:43

そういやblogも全然トラックバックしてなかったな。あははははは。たまにするとアクセスが増える。
06-10 16:41

チャットにのめりこんでた時分だったら多分ハマったろうなー。ついったーの時間の流れはblogとか2chよりリアルタイムチャットに近いし。
06-10 16:39

フォローしてなんぼなのはわかるんだけど、いかんせんついったーというサイトは漠然と見るには向かない造りだったりするし。
06-10 16:36

フォローもする気ないのでなんともね。
06-10 16:34


しかし、1日に1回あるかないかな時間に一気にだーっと書いてる私はついったーを使ってるとはあまり思えない。
06-10 16:34

まぁ、表向きはプレミアムでも重いっつー事例が発生しているのと、公式見てなくて入れない放送が無い。とか、そのへんにしておこうか。
06-10 16:32

なんでプレミアムにならないのかは理由がいくつかあるけど、ウィルコムは課金出来なくて、コンビニで買うのがめんどくて、気がついたらそもそも財布に1680円無い事だったりする。
06-10 16:30

で、見れたら見るでのんきに構えてると見ないで終わる日もあったりする。まぁ、こればっかりはしょうがない。
06-10 16:29

一般会員にとって生放送は一期一会の存在であり、仕事なんぞをダラダラやって定時になり「職場で遊び」疲れて帰ると生放送は終わっていたりする。
06-10 16:28

ニコ生主のコミュを登録していたんだけど、全部を見るワケでなし。というわけで半分削ってみた。27個になった。案外残ったなぁというのが感想。
06-10 16:26

すっきりたいむなう
06-10 16:23


2010/06/10(木) 「いきなり躓くのか。それともそれすらスルーして始まるのか」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 449コ

時事:知人宅を「後援会事務所」=経費4200万円計上-「適切」と説明・荒井戦略相

 荒井聡国家戦略担当相(衆院北海道3区)の政治団体「荒井さとし政治活動後援会」(昨年9月解散)が、東京都内の知人男性が住む民家を「主たる事務所」の所在地として総務省に届け出、経費として昨年までの6年間、計約4200万円を計上していたことが9日、分かった。
 荒井氏は同日、「収支報告書をチェックし、党でもチェックしてもらったが問題はなかった」と違法性を否定。(略)
 東京都府中市にある事務所とされるマンションには、事務所を示す看板などはなく、個人の表札が掛かっていた。
 事務所費をめぐっては自民党政権時代に、赤城徳彦農水相(当時)ら複数の閣僚が実家などを事務所所在地として届け出、多額の経費を計上していたことが問題化。辞任する引き金になった。(2010/06/09-13:31)


iza:荒井国家戦略相に「事務所費問題」 本人説明せず…民主慌てて疑惑否定(産経新聞)

 民主党の細野豪志幹事長代理は9日午前、党本部で記者団に対し、(略)一報を伝えた読売新聞に対しては、「事実関係をきちんと報道されることをお願いする」と述べるにとどめ、訂正を求めなかった。
(略)
 荒井氏は9日午前に首相官邸での臨時閣議に出席する際、閣僚が出入りする正面玄関とは別の出入り口を使う始末。正面玄関で待ち構える記者団を避けたかったようだ。

 菅首相も9日朝、宿泊先の東京・紀尾井町のホテルニューオータニを出る際、「さっそく政治とカネの問題が出たが、(荒井氏に)説明は求めるのか」との記者団の問いかけに、「おはよう」とだけ述べ、肝心の疑惑にはだんまりを決め込んだ。


 つーわけで、早速ポカが出たっぽい。
 こういうのはテレビが騒げばいいんだけど、いかんせんテレビと離れた生活をしているのでどんだけ問題になってるかわかりません。
 とりあえず、ネットで拾ったカンジだと、

NHK:“党で調査 現段階問題ない”

仙谷官房長官は記者会見で、(略)民主党側が調査を行っており、現段階では問題はないという認識を示しました。

これは、荒井国家戦略担当大臣の政治団体が、事務所としての活動実態がないのにもかかわらず、事務所費を政治資金収支報告書に計上していたと一部で報道されたものです。(略)荒井国家戦略担当大臣は、記者団に対し「自分自身で収支報告書をチェックしてみたが問題はなかった。私自身のチェックだけでは不十分だと思い、党のほうにも依頼して、再度チェックしてもらったが、やはり問題はないと報告を受けた。さらに、念には念を入れて、監査法人などを通してチェックをし、結果が出たらお知らせしたい」と述べました。(略)自民党の石破政務調査会長は、記者会見で「かつて、自民党でも、松岡元農林水産大臣や赤城元農林水産大臣が事務所費の問題で厳しい国民の批判にさらされ、職を辞した。今回の問題はまったく同じであり、当然、大臣の辞任に値するものだ。政治とカネに対する認識がきわめて不足しており、当然、菅総理大臣の任命責任も問われる」と述べました。


NNN:荒井戦略相の政治団体、知人宅「事務所」に

 菅新内閣の荒井聡国家戦略相の政治団体が、荒井氏の知人の自宅を「主たる事務所」として届け、06年から少なくとも3年間で約2000万円の事務所の経費を計上していたことがわかった。
(略)
 事務所の所在地を知人宅で届け出たことや、事務所経費の内訳について、荒井氏の事務所は日本テレビの取材に対し、「総務省からの郵便物などを受け取る連絡事務所として使っていた。詳細はきちんと調べて回答します」と話している。


JNN:荒井大臣団体、知人宅を事務所届け出

 荒井聰国家戦略担当大臣の政治団体が、知人の自宅を政治資金収支報告書の主たる事務所として届け出ていたことについて、自民党の石破政調会長は(略) 「実体がないにもかかわらず、 事務所費を計上しているわけでございます。私は当然(荒井大臣は)辞任に値するものだと思います」(自民党・石破茂政調会長)

 この問題は、荒井大臣の政治団体が知人の自宅を政治資金収支報告書の主たる事務所として届け、事務所費として少なくとも2008年までの3年間に、合計で500万円近くを計上していたというものです。
(略)


FNN:荒井国家戦略担当相政治団体、知人宅を「主たる事務所」と2,000万円超の事務所費計上

菅新内閣で新たに国家戦略担当相に就任した荒井 聡氏の政治団体が、東京・府中市のマンションの知人宅を「主たる事務所」として届け出をし、2006年からの過去3年間で、2,000万円を超える事務所経費を計上していたことがわかった。
(略)
事務所住所に住む人は、「(住所を)貸してないよ。ちゃんと実質、連絡事務所として使っていた」と話した。
届け出の時期は、松岡元農水相や赤城元農水相などの事務所費問題に注目が集まった時期で、政治団体は民主党が政権交代を果たした2009年9月に解散している。
(略)荒井国家戦略担当本人の記者会見などの予定は設定されていない。

FNN:荒井国家戦略担当相事務所費計上問題 政府・与党内で波紋広がる

(略)内閣発足翌日の「政治とカネ」問題浮上に、政府・与党内で波紋が広がっている。
(略)自民党の石破政調会長は9日午前、記者会見で、荒井国家戦略担当相の問題について、「実体のないまま、事務所費を計上している」として、「辞任に値する」との考えを示した。

FNN:荒井国家戦略担当相事務所費計上問題 荒井大臣「問題はなかった」と釈明

(略)記者からの「事務所の実態はあるんですか?」、「大臣、なぜ問題がないと言えるんですか?」との質問には答えなかった。
(略)
民主党は9日午前、「郵便物を受け取る連絡場所で、家賃を支払った事実はない」と説明し、仙谷官房長官も「問題ないと報告を受けた」としている。


ANN:実態ないのに事務所費?荒井氏側「違法な点ない」

 国家戦略担当大臣の荒井聰衆議院議員に関連する政治団体が、知人の住宅を事務所として届けていました。事務所としての実態がない可能性があるなか、事務所経費として6年間で4200万円あまりも計上していました。
(略)同僚の閣僚からは「説明責任を果たすべきだ」という声が早速出ています。
 野田財務大臣:「きちんと説明責任果たすことが最初だと思います」

ANN:「家賃もらってない」荒井大臣の知人が証言

(略)荒井大臣の事務所として届けられていたマンションに住む東京・府中市の男性は、(略)「何ももらってない、一銭もない。家賃ももらってないし、金ももらってない」「(Q.名前だけ貸した)違うって、連絡事務所だって」(略)「住所を貸してほしいと頼まれた」(略)「(Q.誰から頼まれた)それは当たり前だ。誰が頼むかは…」(略)「マンションに届いた郵便物は荒井大臣側に連絡していた」(略)しかし、誰から住所を貸してほしいと依頼されたかについては明言を避けました。

ANN:「期待したのにがっかり」荒井大臣の地元も動揺

(略)
 札幌市民:「北海道から(選出)という期待もあったと思うし、がっかりです」「新たに菅さんがクリーンな政治をしようとして代わったんだから、どうしてそういう人を(大臣に)選ぶのかな」「『またか』っていう気持ち」「(新内閣に)なったばかりで、こういう問題が出ると菅さんも大変。これからそういうこと(政治とカネの問題)なくしてクリーンな政治をやってほしい」
(略)

ANN:荒井大臣「問題ない」反論ノーカット

事務所費問題が一部で報じられた荒井聰国家戦略担当大臣が「調べたが、問題はない」と反論しました。


 こんなカンジ。
 これの後でワイドショーがどう騒ぐかですね。

 急造の内閣ってコレがあるから怖いよねぇ。自民党政権でもよくあったけどさ。 

2010/06/10(木) 「失うものが無い政党だから強いよね」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 95コ

時事:「支持率高いうちに選挙」は駄目=郵政法案の今国会成立主張-亀井氏

 亀井静香金融・郵政改革担当相は9日午前、テレビ朝日の番組で、郵政改革法案を今国会で成立させる考えを改めて強調した。(略)「支持率が高いうちに選挙をやっちゃえなんていう政治家は立候補しなきゃいい」と述べ、会期を延長せず新政権への期待が高いうちに参院選を戦った方が有利だとの参院民主党内の声をけん制した。 
(略)


 さーて、連立維持ができるかどうかの最初の障害にして正念場。郵政改革法案の処遇です。

 当たり前なんだけどご祝儀支持率が維持できてる間にやってしまいたいのが民主党の本音。
 しかし、国民新党は唯一の票田と言ってもいい郵便局長会の意見を通したいし、そもそも郵政解散で「反対勢力」として追い出された議員が作った政党。
 それこそ、郵政再改革(というか戻して権限上げるだけ)がアイデンティティの根幹なワケで、これを通さないワケにはいかない。

 当分この話で引っ張って連立抜けるーとかわめいてそのまま支持率がズブズブ落ちると民主党は損するだけなのですが、はてさて、どこで線引きできるんだか。 

2010/06/10(木) 「ま、なんか記者会見してたから」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 133コ

iza:【菅首相会見詳報】(1)菅首相「政治の役割は最小不幸の社会を作ること」(産経新聞)
iza:【菅首相会見詳報】(2)菅首相「沖縄の負担軽減も真摯に取り組む」(産経新聞)
iza:【菅首相会見詳報】(3)菅首相「仙谷氏は付き合い長いが、煙たい存在」(産経新聞)
iza:【菅首相会見詳報】(4)菅首相「取材受けることで政権運営行き詰まる」(産経新聞)
iza:【菅首相会見詳報】(5)菅首相「奇兵隊内閣と名付けて」(産経新聞)
iza:【菅首相会見詳報】(6)菅首相「サミットで米大統領と会談できる」(産経新聞)
iza:【菅首相会見詳報】(7完)菅首相「機密費、生活感覚だけではかれぬ場合も」(産経新聞)

(略)
 【冒頭発言】

 「今夕、天皇陛下の親任をいただいた後、正式に内閣総理大臣に就任することになりました菅直人でございます。国民のみなさんに就任にあたって、私の基本的な考え方を申し上げたいと思います。私は政治の役割というのは、国民(略)あるいは世界の人々が不幸になる要素をいかに少なくしていくのか。最小不幸の社会を作ることにあると考えています。(略)貧困、あるいは戦争、そういったことをなくすることにこそ政治が力を尽くすべきだと、このように考えているからであります。そして、今、この日本という国の置かれた状況はどうでしょうか。(略)バブルが崩壊してからのこの20年間というのは経済的にも低迷し、3万人を超える自殺者が毎年続くという、(略)私はこのような日本を根本から立て直して、もっと元気のいい国にしていきたい。世界に対しても、もっと多くの若者が羽ばたいていくような、そういう国にしていきたいと考えております」

 「そのひとつは、まさに日本の経済の立て直し、財政の立て直し、社会保障の立て直し。つまりは、強い経済と強い財政と強い社会保障を一体として実現をすることであります。(略)鳩山前総理が提起された、地球温暖化防止のための(温室効果ガスの)25%(削減)という目標は、まさに日本がこうした省エネ技術によって、世界の中に新しい技術や商品を提供して、大きな成長のチャンスであるにもかかわらず、立ち遅れてきております。また、アジアの中で、(略)中国に行ってみましたら、いろんな仕事があるけれども、日本の企業はヨーロッパの企業の下請けしかなかなか仕事がとれない。(略)この20年間の政治のリーダーシップのなさが、こうしたことを生み出したと。このように思っております」

 「(略)グリーンイノベーション、そしてライフイノベーション、そしてアジアの成長というものを、(略)柱にした新成長戦略、これに基づいて財政配分を行いたいと考えております」


 「また、日本の財政状況がこれまで悪くなった原因が、端的にいえばこの20年間、税金が上げられないから、借金でまかなおうとして、大きな借金を繰り返して、効果の薄い公共事業(略)お金をつぎ込み、また一方で社会保障の費用がだんだんと高まってきた。これが今の大きな財政赤字の蓄積の構造的な原因であると。私は(略)財政の立て直しも、まさに経済を成長させるうえでの必須の要件だと考えております。そして社会保障についても、(略)スウェーデンなどの多くの国では、社会保障を充実させることの中に雇用を見いだし、そして若い人たちも安心して勉強や研究に励むことができる。まさに社会保障の多くの分野は、経済を成長させる分野でもある。こういう観点に立てば、(略)道は、必ず開けるものと考えております」

 「国際的な問題についても触れたいと思います。日本は、戦後60年間、日米同盟を基軸として外交を進め(略)そうした姿勢を続けていく必要があると考えております。それと同時に、(略)アジア諸国との関係をより深め、さらに、ヨーロッパや、あるいはアフリカや、あるいは南米といった世界の国々とも連携を深めていく。このことが必要だと思っております。普天間の問題で、(略)日米の間の合意はでき、それに基づいて進めなければならないと思っておりますが、(略)沖縄の負担軽減ということも、真摯(しんし)に全力を挙げて取り組んでいかなければならないと考えております。(略)


 【首相の仕事】

 「そして、私、首相としての仕事は何なのか。(略)普通の家庭に育った若者が、志を持ち、そして努力をし、そうすれば、政治の社会でもしっかり活躍できる。これこそがまさに本来の民主主義のあり方ではないでしょうか。(略)私の仕事は、ひとつの方向性をきっちりと明示をし、(略)徹底的に議論をして、みんなが納得した上でその方向にすべての人の力を結集していく。そのことが私の仕事だと考えております。(略)日本という国のため、さらには世界のために、私のあらん限りの力を尽くして、よい日本を、よい世界をつくるために全力を挙げることを国民のみなさんにお約束いたしまして、私からの国民のみなさんへのメッセージとさせていただきます。よろしくお願い申し上げます」

 【官邸機能強化】

 --(略)鳩山政権は短命に終わったが、その背景にどんな構造的問題があったのか。今回の組閣では、その教訓を生かして、どこがどう変わるのか

 「(略)私の下の内閣は、やはり官房長官を軸にした一体性というものを考えて構成をいたしました。つまりは首相の下の官房長官というのはまさに内閣の番頭役であり、場合によっては、首相に対してもですね、『ここはまずいですよ』と言えるような(略)よく中曽根康弘政権の下の(官房長官の)後藤田正晴先生の名前が出ますけれども、(略)仙谷由人官房長官は私とは長い付き合いでありますけれども、同時に、ある意味では、私にとっても、煙たい存在でもあるわけであります。(略)そして、その下に官房副長官、さらには各閣僚、そして副大臣という形を構成します」

 【政と官】

 「ま、この間、政と官の問題でいろいろ言われましたけれども、(略)官僚のみなさんこそが、政策やいろんな課題を長年、取り組んできたプロフェッショナルであるわけですから。その(略)知識や経験(略)その力を十分に生かしながら、一方で国民に選ばれた国会議員、その国会議員によって選ばれた首相が(略)政策を進めていく。このような政権を、内閣をつくっていきたいし、(略)一体性と同時に政と官のよりよい関係性を、力強い関係性をつくっていけるように努力をしていきたいと考えております」


 --参院選について。(略)今国会の会期を延長し、投開票日を先送りする考えはあるか。(略)目標獲得議席数、勝敗ラインについてはどのように考えるか

 「(略)これから新しい幹事長、あるいは国対委員長の下で、そうした連立の他党の皆さんとも十分議論をした上で、その方向性を定めていきたいと考えております」

 「(略)私は6年前、岡田代表の下で戦われた参議院選挙でいただいた議席がまずベースになる。そのベースをどこまで超えることができるか、あるいは超えることが本当にできるのか。(略)私なりに選挙区情勢を把握をしながら、(略)陣頭指揮をとっていきたいとこのように考えております」

 --先ほど財政再建の重要性を強調されたが、(略)財政再建に関して新規国債発行額を今年度の44.3兆円以下に抑えると述べているが、参院選に向けて公約に明記する考えがあるのか

 「確かに44.3兆円以下を目標とするということを申し上げました。ただ、これは誤解をいただきたくないのは、44兆3000億(円)の国債を出すことで、財政再建ができるということではありません。これでも借金は増えるんです。(略)どこまで財政再建のためにやらなければならないのか。(略)最終的な政権としての公約も含めて、そういうものを考えていきたいと思っております」

 --全閣僚の会見、官房長官の会見などを国民のために完全に開く意思はあるのかどうか。

 「(略)率直に申し上げますと私はオープンにすることは非常にいいと思うんですけれども、(略)取材を受けることによって、(略)政権運営が行き詰まるというそういう状況も何となく私には感じられております。(略)例えばアメリカなどでは報道官という制度がありますし、(略)回数が多ければいいとか、あるいはいつでも受けられるとか、そういうことが必ずしも開かれたことではなくて、(略)どういう形があり得るのか、(略)関係者と十分議論をしたいと思ってます」

 --政権が代わり、首相が代わったということで、衆参同日で選挙を打つ考えはあるか。

 「(略)まったく白紙ということで考えております」


 --鳩山政権は「政治主導」や「友愛政治」とよく言われたが、菅政権が目指す方向性、キーワードがあったら教えてもらいたい

 「(略)私の趣味で言えば『奇兵隊内閣』とでも名付けたいと思います。(略)高杉晋作という人は逃げるときも早い、攻めるときも早い。果断な行動をとって、まさに明治維新を成し遂げる大きな力を発揮した人であります。今、日本の状況はまさにこの停滞を打ち破るためには果断に行動することが必要だ。そして、(略)わが党の国会議員、これが奇兵隊のような志を持って、まさに勇猛果敢に戦ってもらいたいという期待を込めて『奇兵隊内閣』とでも名付けてもらえればありがたいと思っています」

 --鳩山由起夫前首相は退陣の理由で「政治とカネ」の問題、普天間問題をあげた。(略)小沢一郎前幹事長の政治倫理審査会への出席に関し、(略)首相はどう考えるか。普天間問題では、(略)どう判断していくつもりか

 「(略)首相でもある代表を辞任し、また最も党の中で重要な役職である幹事長を辞任するという一定のけじめであると思っています。(略)他党の主張もあるわけですから、しっかりと他党の主張も聞きながら判断していきたいと思っています」

 「普天間については、日米合意を踏まえるという原則はしっかりと守っていかなければならないと思っています。(略)沖縄の皆さんの理解を求めるということはやはり並行的に進めていかなければならない。(略)沖縄の負担の軽減ということをしっかりと取り組んでいく、そのことを含めた話し合いをしていかなければならない。(略)まずはどういうチームなり、どういう枠組みの中でこの問題の検討をするかの検討をしっかり行いたい」

 --今回の人事について「小沢カラー」を払拭(ふっしょく)した人事だといわれているが、野党側は参院選に向けた「小沢隠し」であるといっている。小沢前幹事長との距離感をどのようにとっていくのか

 「(略)今回の人事を考える上で最大の要素はどなたにどういう仕事を担当してもらうのがより効果的に物事が進むかということで判断をいたしました。(略)自らの考え方を持ち、行動力を持った人がそれぞれの所掌についてもらったと思っています。(略)前首相が政治とカネの問題を含めて辞任し、また幹事長も首相から同じ問題でやはりともに引こうではないかということで(略)しばらくの間は静かにされているのが、ご本人を含めてみんなのためにもいいのではないかと(略)ひとつの新しい段階がきた中では、それはそれとして判断があっていいのではないでしょうか」


 --経済成長を発展させるためにどのような引き金があり得るか。また円安についての考えは

 「(略)基本的にはですね、財政というものを健全化するそのときに、ただ、極端に言えば、増税して借金返しに充てたらいいかと言えば、これは明らかにデフレをより促進する政策になってしまいます。そういうことを含めてですね、財政の振り向ける方向性がしっかりと経済成長につながる分野でなければなりません」

 「また、国民の貯蓄を国債という形で借り受けして、そうした経済成長に資するところに使っていくというのは当然経済政策としてはあり得る政策であるわけです。何を間違ったかと言えば、使い道が間違ったんです。(略)借金は増えたけれども成長はしなかったということであります」

 「(略)例え適切な財政出動であっても、借金による財政出動でいいのか、それとも税制の構造を変えることによって新たな(略)財源を使うことが望ましいのか。(略)本格的に議論をする時期に来ている。できれば(略)自民党を含む野党の皆さんの(略)中での議論に私はつなげていければいいなと、こう思っております」

 「(略)相場についてはあまり発言しないようにと財務相になったときも言われましたので(略)

 --(略)日米関係を好転させるために、どのようなことを考えているか。近くカナダでサミット(主要国首脳会議)があるが、この前後の機会に自ら訪米する考えはあるか

 「カナダでサミットが近く、今月の終わりごろありますので、その場でオバマ大統領と会談ができればいいなと。(略)会談は実現できるんではないかと思っております。(略)今のところはサミットのときに首相として初めてお目にかかってお話ができるのではないかと思っております。ということです」

 --フリーランスの記者が首相に質問できる記者会見は今回で3回目だが、(略)3回連続で参加を申請して断られたフリージャーナリストは、(略)首相官邸報道室に「私の権限であなたを記者会見に出席させないことができる」と言われた。このジャーナリストはこれまで警察庁キャリア(略)検事のスキャンダルを暴いてきた人物だが、(略)首相は過去の活動実績の内容や思想・信条によって会見に参加させるかさせないかを決めていいという判断なのか

 「先ほど、この会見というのか、オープンということの質問にもありましたが、私は一般的にはできるだけオープンにするのが望ましいと思っております。ただ、(略)できるだけオープンにすべきだという原則と、具体的にそれをどうオペレーションするかというのは、それはそれとしてきちんと何か必要なルールなり、対応なりをすることが必要かなと、こう思っています」

 --閣僚の顔ぶれを見ると再任が多いが、これは夏の参院選、9月の民主党代表選後に内閣改造ということを念頭に置いてのことなのか。それとも逆に少なくとも次の総選挙まではこのメンバーでいくぞという決意で決めたのか

 「一般的にはですね、(略)首相はもとよりですが、大臣も短期間で変わるということは私はそういう意味での行政の質と言っていいのか、いろんな意味で望ましいことではないと思っております」

 「ですから今回については、(略)しっかりした仕事をだいたいの方がやっていただいていると(略)そういう皆さんには留任をしてもらったということであります」

 「(略)私の頭にそういう改造とか、なんとかということは全く頭の中にはありません。(略)今やっている大臣が何をやっているか(略)どういうことが実現できたかをよく見て(略)聞いていただければと思います」


 【内閣改造】

 --次の総選挙までは内閣、党人事を変えないという意気込みでいくのかどうか

 「(略)先のことまで、あまり確定的に申し上げることはちょっと控えたいと思います」

 【北方領土】

 --北方領土問題についてうかがいたい。鳩山前首相はやり残した仕事の中で北方領土問題を挙げていた。メドベージェフ露大統領と6月のサミット(主要国首脳会議)、9月のロシアの国際会議、11月のAPEC(アジア太平洋経済協力会議)で、3回首脳会談をすることで約束していた。菅首相としては鳩山前首相とメドベージェフ大統領との約束を踏襲するのか。北方領土問題について具体的にどのような方針で対処するか

 「率直なところ、まだ私自身がですね、(略)必ずしも詳細に状況をまだ把握をしておりません。(略)まずはこれまでの経緯、あるいは鳩山総理とメドベージェフ大統領のそういう、その約束の中身なども十分検討した上で判断したいと思っています」

 【官房機密費】

 --先ほどの質問で、官房機密費の問題についてお答えになっていなかったので重ねて質問する。(略)報道とカネの問題。政治と報道とカネの問題は大変ゆゆしき問題だ。この点について、きちんと調査をするか。機密費の使途について、これまで使った分も、今後使用される分も含めて公開される気持ちはあるか

 「(略)場合によっては機密費という本質的な性格の中にはですね、(略)ちょっと異質なものもあり得ると思っております。今、この問題、官房長官のほうで検討をされていると思いますが、まあ、いろんな外交機密の問題もある意味で、ある期間が経た後にきちっと公開するというようなことのルールも(略)必要なのかと思いますが、現在その検討は官房長官ご自身に委ねているところです。まあ、報道のあり方については、(略)自主的なルールを考えられればいいのではないかと。(略)政治とカネの問題についてもですね、みなさん自身がどういうルールなり倫理観を持って当たられるか、それはみなさん自身が考え、あるいは必要であれば議論されることではないでしょうか」(了)


 まぁ、かなり略してますが、大雑把にこんなトコでしょうか。
 ひとつだけなんだかなぁと思ったのは、「国債の話」。
 44兆円より削っても借金は減らないんです。とか言い切ってるけど、そもそもこの44兆円っつー金額は麻生政権の当初予算での国債発行とリーマンショックに伴う補正予算での国債発行の合計額を引っ張ってきて勝手に基準にして「補正予算前」なのに出した発行額。
 そりゃぁ、削ったって借金減りませんがな。場合によっては、今年度の補正予算でさらに国債発行しなきゃいけなくなっちゃうんだから。

 ちなみに連立を組む国民新党党首の亀井静香は国債なんてバンバン発行しちゃえ派。国債を買うのは2000万円まで貯金できるようにする(予定の)ゆうちょ銀行がやるから大丈夫。という考え。
 民主党のマニフェストがマニフェストなので、消費者をまーったくアテにしてない辺りで「まだ」マシな考えではあるけど、それもそれでバブリーな考えでどうにも終わってる気がする。

 それもあって8月は自民党というより麻生太郎に一票を投じたんだけどなぁ……。
 まぁ、過去をウダウダ言ってもしょーがないか。

 でも、世のおっさんたちって「麻生太郎の経済政策なんてダメじゃないかハコモノばっかで」とか平気で言うんだよなぁ。ハコモノなんてほとんど無かったのになぁ。あの三段ロケット。

2010/06/10(木) 「あちらを立てればこちらが立たず」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 102コ

JETRO:ラッド首相、アジア言語の教育にテコ入れ(オーストラリア)

2010年06月08日 シドニー発

 ケビン・ラッド首相は5月25日、学校でのアジア言語教育に関する報告書を発表した。それによると、中学・高校で日本語などのアジア言語を学習する生徒が減少しているため、アジアとの良好な経済関係を維持するためにも、テコ入れを図るとしている。

通商弘報 4c0d9c8f02af8


 日本人観光客が減ってるというニュースの続きのようなニュース。
 日本人は「捕鯨に反対する国」だからオーストラリアを敬遠してるんではなくて、「捕鯨に反対するにあたって人殺しも辞さないヤツらを支援する人たちの国」だから敬遠してるワケですよ。
 で、その支援するような人を増やすように頑張った張本人なんだから、自国民が日本語を進んで覚えようとしなくなっても当たり前ってお話で。

 テコ入れとか言っても、どーすんのかねぇ?
 今みたいな過激な反捕鯨っつーか反日本捕鯨にするしか手がないと思うんだけど。
 大体、日本じゃカンガルーなんて「子供をお腹に入れて育てる優しい動物」みたいなイメージついちゃってるんだから、カンガルーが増えたからって大量虐殺した国の人に「鯨は頭いいから殺すな」とか言われてもピンともこないんだけどなぁ。
 カンガルーも食肉にしてるみたいだし、せめてそれを理由に屠殺してるんなら日本人「は」納得するだろうけど。

2010/06/10(木) 06/09のツイートまとめ
Welcome to the Gloval Village! -トラックバックないよ-コメント 89コ

gendohki

すっきりたいむをおわらせるなう
06-09 15:28

大体、iTunesで変換したりした曲ってDSiで聞けるんだよなぁ。曲聞けてゲーム出来てブラウザついててカメラついてて、今DSiあるなら別にいっかとか思考はぐるぐる回る。
06-09 15:16

でも、英語も使えない島国民族はSafariはなんじゃこれ?な物体でした。日本語表示とかどーすりゃいいんだ。ぐがぁ。みたいな。
06-09 15:12

iPhoneは違うんだろうけど、どーにも使う気になれないのでiPodを買うかどうか考えることにしている。
06-09 15:11

で、ドコモショップでXperiaいじってみたけど、なんだか解りづらかったのでアレは買わないことにする。
06-09 15:08

スタパ齋藤という人は多少使いづらいガジェットでも、己を高速カスタマイズして使いこなすという器用な人だので、不器用な私は彼の報告は信用しないことにしている。
06-09 15:06

モックもなかったので大きさとか持ったカンジとかよく解らなかったんで素直に9月までケータイ買い替える計画は放置。人柱の報告を待つことにする。
06-09 15:03

いつもの事ですが、ホントに欲しい情報を手に入れるとそこだけをうろ覚えしてアクセル踏みしめる癖がどーにもなりません。
06-09 15:01

いつだか書いたモバギケータイ(http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/pro/n08b/index.html)は8月発売夏モデルだとドコモショップで知った。
06-09 15:00

すっきりたいむなう
06-09 14:58


2010/06/08(火) 「裏で何やってんだか」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 73コ

朝日:代表選前 小沢氏「会いたい」田中真氏「小沢さんこそ」

(略)
 田中氏によると、鳩山由紀夫首相が辞任を表明した翌日の3日朝、東京・目白台の自宅の郵便受けに「至急会いたい」との趣旨のメッセージを添えた小沢氏の名刺が入っていた。3日昼、田中氏は小沢氏を訪問。小沢氏は名刺を「自分で届けた」と話したという。

 2日の時点で小沢氏が代表選に田中氏を擁立する意向であることは耳にしていた。しかし、田中氏は(略)「仕事のできる小沢さんが総理になるべきだ」と迫った。
(略)会談後、田中氏は別の議員2人と電話で「多数派工作」にあたり、3日午後には小沢氏に「100人以上を固めた」と伝えたが、(略)田中氏の留守番電話に「本当に申し訳ないが、今回は(立候補は)難しい」との伝言が入った。(略)「4日朝に会合を開く。数十人集まる。田中真紀子擁立を打ち出すので来てほしい」と打診されたが、田中氏は「勝手に発表したら離党する」とまで言い、断った。


 「小沢一郎の擁立する候補をとっちめた新代表」というのを演出したかったんじゃないかなーとしか思えないんだよね。そういう意味では「田中角栄の娘」というのは良い候補だったとは思うけど。
 ただ、出たら国民は白けただろうし、小沢一郎が出たら鳩山由紀夫に続いて二度目の幹事長辞任して代表になろうとした男になってしまうし。
 そんなワケでお互いが担ぎ上げようとタックルしてくるのを切りあったんだろうね。そんな気がする。

2010/06/08(火) 「予習っつーか備忘録」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 95コ


時事:菅内閣の顔触れ
時事:民主党の新役員

首  相      菅  直人 63 (菅グループ
総  務(再)   原口 一博 50 (小沢グループ(その他)羽田グループ
法  務(再)   千葉 景子 62 (横路グループ
外  務(再)   岡田 克也 56 (無派閥。七奉行の一人)
財  務      野田 佳彦 53 (野田グループ七奉行の一人)
文部科学(再)   川端 達夫 65 (川端グループ
厚生労働(再)   長妻  昭 49 (無派閥)
農林水産      山田 正彦 68 (小沢グループ(旧自由党)
経済産業(再)   直嶋 正行 64 (鳩山グループ川端グループ
国土交通(再)   前原 誠司 48 (前原グループ
環  境(再)   小沢 鋭仁 56 (鳩山グループ
防  衛(再)   北沢 俊美 72 (羽田グループ
官  房      仙谷 由人 64 (前原グループ七奉行の一人)
国家公安(再)   中井  洽 67 (小沢グループ(旧自由党)川端グループ
金融・郵政(再)  亀井 静香 73 (国民新党
国家戦略      荒井  聡 64 (菅グループ
行政刷新      蓮   舫 42 (野田グループ
公務員改革     玄葉光一郎 46 (野田グループ七奉行の一人)
敬称略。再は再任
(2010/06/08-13:43)


幹事長         枝野 幸男(46) (前原グループ菅グループ七奉行の一人)
国対委員長       樽床 伸二(50) (鳩山グループ野田グループ七奉行の一人)
政策調査会長      玄葉光一郎(46) (野田グループ七奉行の一人)
選挙対策委員長     安住  淳(48) (前原グループ
総務委員長      ※奥村 展三(65) (小沢グループ(その他)
財務委員長       小宮山洋子(61) (前原グループ
組織委員長       横光 克彦(66) (横路グループ
副代表兼広報委員長   山岡 賢次(67) (小沢グループ(旧自由党)
副代表兼参院選総合選対本部長代理
            石井  一(75) (小沢グループ(その他)羽田グループ
企業団体対策委員長  ※細野 豪志(38) (前原グループ
国民運動委員長     小川 敏夫(62) (菅グループ
常任幹事会議長    ※前田 武志(72) (羽田グループ
両院議員総会長    ※松本  龍(59) (横路グループ
参院議員会長     ※輿石  東(74) (横路グループ
参院幹事長      ※高嶋 良充(69) (横路グループ
参院国対委員長    ※平田 健二(66) (川端グループ
(敬称略、※=留任)
(2010/06 /07-20:05)


※所属派閥(グループ)追記は幻導機。ただし「※ソースはWikipedia」。複数またがっている議員もいるので漏れの可能性が高く、少々確認しづらかった所属は斜体にしてみた。


時事:菅内閣の横顔
時事:民主政調会長の横顔
時事:民主国対委員長の横顔
時事:民主幹事長の横顔

◇地域主権の旗振り役=原口一博氏
 松下政経塾出身で、自民党県議を経て政界入り。小沢一郎氏に近いとされ、「ポスト鳩山」の一人と目されたが、代表選出馬を早々に否定した。鳩山政権が掲げた「地域主権改革」の旗振り役として、地方交付税を1兆円以上増額するなど地方の自主財源充実に取り組んだほか、郵政改革法案取りまとめにも一役買った。簡易ブログ「ツイッター」の愛好者で、10本以上投稿する日も。行動や発言が予測できないことから、「ラグビーボール」とも評される。50歳。(民主)

◇「夫婦別姓」に意欲=千葉景子氏
 人権派弁護士として女性や子どもの権利保護に尽力してきた。旧社会党で副委員長などを務めたが、1997年に民主党に移った。死刑廃止論者で、法相就任後は一度も死刑を執行していない。野党時代からの悲願である選択的夫婦別姓制度の導入に意欲を燃やすが、連立を組む国民新党の反対で、実現のメドは立っていない。犯罪被害者の要望を踏まえ、殺人罪の公訴時効撤廃に踏み切った。趣味は天体観測。「トマトちゃん」の愛称も。62歳。(民主)

◇「原理主義者」の首相候補=岡田克也氏
 信念を曲げない「原理主義者」と評され、核兵器持ち込みをめぐる日米密約の存在を認め、自民党政権のタブーを白日の下にさらした。米軍普天間飛行場移設問題では、昨年10月に早々と「県内移設しかない」と現実路線を唱えた。民主党代表として臨んだ2005年の郵政選挙で惨敗したが、幹事長などを歴任、首相候補として地歩を固めつつある。小沢一郎氏とは一定の距離を置く。旧通産官僚出身で、父親は岡田卓也イオン名誉会長相談役。趣味はカエルの置物集め。56歳。(民主)

◇「偽メール」から完全復権=野田佳彦氏
 民主党の「7奉行」の一人。小沢一郎氏と距離を置き、保守系の議員グループを率いる。松下政経塾出身で、千葉県議を経て1993年に日本新党から初当選。1度落選し、民主党入り。2002年には党代表選に出馬した。前原誠司代表時代に国対委員長を務めたが、「偽メール問題」で引責辞任。その後、ポストに恵まれなかったが、鳩山内閣で財務副大臣に起用され表舞台に。今回、財務相に昇格した。がっしりした体格で柔道2段。演説のうまさに定評がある。53歳。(民主)

◇手堅いまとめ役=川端達夫氏
 旧民社党系グループのリーダー格で、鳩山内閣で文部科学相に就任。高校無償化の対象から朝鮮学校を外す閣内の動きに対し、「国交(の有無)を基準にすべきでない」などと異論を唱えた。派手さに欠けるが、省内では「仕事は手堅く、政務三役をよくまとめている」との評も。民間企業で海水を真水に変える技術の研究に従事。労組活動を経て、1986年に民社党から初当選。岡田克也氏に近く、岡田代表の下で幹事長を務めた。阪神タイガースの大ファン。65歳。(民主)

◇苦闘する「ミスター年金」=長妻昭氏
 野党時代、5000万件に上る「消えた年金」問題を徹底的に追及し、「ミスター年金」と呼ばれた。担当閣僚として対象者の救済や新年金制度構築に取り組むが、財源不足もあり実現のハードルは高い。厳しく批判していた後期高齢者医療制度を即時廃止せず、「公約違反」の批判も浴びた。コンピューター機器の営業マン、経済誌記者を経て政界入り。「きつい指摘が真の友」などの処世訓をカルタにまとめた。学生時代にバンドのボーカルを担当したこともある。49歳。(民主)

◇小沢氏に近い農政通=山田正彦氏
 長崎県・福江島の出身。皿洗いや地下鉄工事をしながら苦学し、司法試験に合格。長崎で弁護士として働く一方、牧場を開設し、牛や豚を育てた。4度目の挑戦となった1993年の衆院選で新生党から初当選。新進、自由両党を経て民主党に合流した。小沢一郎氏に近い農政通で、鳩山内閣で農水副大臣に就任。口蹄(こうてい)疫問題では政府の現地対策本部長として宮崎県に張り付き対応に当たった。離島振興に力を入れ、情報誌「島へ。」の創刊者としても知られる。68歳。(民主)

◇労組出身の実務派=直嶋正行氏
 政調会長として、昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)づくりで中心的役割を果たした。鳩山内閣で経済産業相に就任。新幹線や原発などのインフラ輸出に力を入れる。官僚と波風を立てず、堅実な仕事ぶりを評価する声もあるが、発表前の国内総生産(GDP)速報値を産業団体との会合で漏らし、「経済閣僚としての自覚に欠ける」と批判を浴びたことも。トヨタ自動車で12年間労組活動に従事し、自動車総連副会長を務めた。温厚な人柄で「直さん」と慕われる。64歳。(民主)

◇非小沢系のリーダー格=前原誠司氏
 民主党内で小沢一郎氏と距離を置く中堅・若手のリーダー格。日本航空経営再建、八ツ場ダム建設中止、沖縄問題など多くの懸案にかかわる重要閣僚として露出度は高い。高速道路の新料金体系導入をめぐって小沢氏と激しく対立し、先送りを余儀なくされた。2005年に党代表に就いたが、「偽メール問題」で辞任。詰めの甘さが指摘された。安全保障政策に詳しく、憲法9条改正が持論で「自民党より右」との評も。蒸気機関車を愛する鉄道マニア。48歳。(民主)

◇政策通の鳩山側近=小沢鋭仁氏
 鳩山由紀夫前首相とはさきがけ時代から行動を共にし、平野博文、松野頼久両氏と並ぶ側近の一人。大学卒業後、元財務官の榊原英資氏の私設研究室で経済政策を学んだ。銀行勤務を経て、1993年に日本新党から政界入り。これまで党「次の内閣」では情報通信担当、経済産業担当を務め、環境相としての手堅い仕事ぶりには定評がある。ただ、「官僚の敷いたレールを踏み外さず、指導力に欠ける」との評も。ゴルフはシングルの腕前。56歳。(民主)

◇普天間の県内移設主導=北沢俊美氏
 長野県議を5期務め国政に転出。同郷の羽田孜元首相の側近で、行動を共にしてきた。民主党の野党時代、参院幹事長として与野党攻防の最前線に立った「いぶし銀」のベテラン。防衛相就任後、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題では県内移設を主導した。安定感はあるが、「官僚に頼り過ぎる」との評もある。参院改選組の一人。座右の銘は唐詩選の「人生意気に感ず 功名誰かまた論ぜん」。ゲーツ米国防長官にも揮毫(きごう)して贈った。バラ栽培で心を癒やす。72歳。(民主)

◇小沢氏にも直言=仙谷由人氏
 鳩山内閣で行政刷新相、国家戦略担当相を務め、今回は菅直人首相の女房役に。弁護士出身の論客で、財政、医療、消費者問題など幅広い政策に通じる。財政再建のための消費税増税に前向きで、「自由闊達(かったつ)な議論が必要」と訴える。小沢一郎氏への批判や苦言もいとわない「直言居士」で、非小沢系の前原誠司氏らの後見役。衆参ダブル選挙の可能性に言及し、物議を醸したことも。胃がんを患ったが克服し、テニスで健康維持に励む。64歳。(民主)

◇小沢氏に近い対北強硬派=中井洽氏
 民主党きっての対北朝鮮強硬派。超党派の拉致議連の中心的存在で、鳩山内閣に拉致担当相として入閣、再任された。高校授業料無償化では朝鮮学校の適用除外を主張し、波紋を広げた。韓国に亡命した黄長◆(火へんに華)元朝鮮労働党書記の来日を主導して存在感発揮に躍起になったが、「スタンドプレーが目立つ」との批判も。旧民社党出身だが小沢一郎氏に近く、旧自由党などを経て民主党入り。今春、女性との交際問題が週刊誌で報じられた。67歳。(民主)

◇菅首相と口論も=亀井静香氏
 国民新党悲願の郵政改革法案の成立に執念を燃やす。法案の内容を事前に説明していたかをめぐり、副総理兼財務相だった菅直人首相と「言った」「言わない」の口論となったが、郵便貯金の預入限度額を2000万円に引き上げるなどとした案を押し通した。1994年の自社さ連立、98年の自自連立政権誕生に水面下で動いた。半面、2005年に郵政民営化法案に反対し、自民党離党に追い込まれた。警察官僚出身。趣味の油絵は個展を開く腕前。73歳。(国民新)

◇政策通の菅氏側近=荒井聡氏
 1993年の衆院選で日本新党から初当選。さきがけに移り、政調会長だった菅直人氏の下で政調副会長を務め、以後、側近として行動を共にした。2007年に北海道知事選に出馬したが敗北。09年に国政に復帰した。農水官僚出身で「農政のプロ」を自負。農家への戸別所得補償制度を推進した。環境や年金問題など政策全般に明るい。鳩山由紀夫前首相の国家戦略担当の補佐官だったが、「事実上は菅氏の補佐官」との指摘も。テニスで週1回汗を流す。64歳。(民主)

◇事業仕分けの立役者=蓮舫氏
 鳩山内閣の数少ないヒット、事業仕分けを成功に導いた立役者の一人。舌鋒(ぜっぽう)鋭く、各省庁や独立行政法人の担当者を追及し、国民の注目を集めた。台湾人の父と日本人の母の間に生まれ、大学在学中にキャンペーンガールとして芸能界に。ニュースキャスターなどを経て2004年に政界入り。物おじしない性格で、政治資金をめぐる小沢一郎氏の対応を「説明不足」と批判したことも。13歳の双子を育て、少子化対策や教育問題にも熱心だ。参院選改選組。42歳。(民主)
◇前例なき政調会長兼務=玄葉光一郎氏
 党政調会長と閣僚の兼務という前例のない使命を負う。男性の少子化担当相は異例。小沢一郎氏に距離を置く中堅の有望株。財政再建派として存在感を増しており、今年5月に党内若手らの参加を募り、勉強会「国家財政を考える会」を立ち上げた。抜本的税制改革を唱え、次期衆院選後の消費税率引き上げに前向きな姿勢を示す。松下政経塾出身。26歳で福島県議となり29歳で国政に転じた。岳父は佐藤栄佐久前福島県知事。映画鑑賞が趣味。46歳。(民主)
(2010/06 /08-16:54)


◇財政再建派の有望株=玄葉光一郎氏
 民主党中堅の有望株で小沢一郎氏に距離を置く「7奉行」の一人。今回の代表選ではいち早く菅直人氏支持を打ち出した。昨年9月に衆院財務金融委員長に就任、財政再建重視の立場から、消費税増税を含めた抜本的税制改革を訴える。今年5月には、党内若手らと勉強会「国家財政を考える会」を発足させた。「中長期のテーマの議論の蓄積がなくなる」と政策調査会の復活を求めてきたが、今回その責任者に就き、真価が問われる。松下政経塾出身。26歳で福島県議となり29歳で国政に転じた。地方分権にも詳しい。岳父は佐藤栄佐久前福島県知事。映画鑑賞が趣味。46歳。
(2010/06/07-17:03)


◇落選後小沢氏に接近=樽床伸二氏
 松下政経塾出身で中堅の有望株。党代表選では、小沢一郎氏に近い中堅・若手に推されて菅直人新首相に挑戦、「世代交代」を訴えた。1993年の衆院選で日本新党から初当選。菅氏が党代表だった2002年から04年にかけ、国対委員長代理を務めた。もともと「非小沢系」の野田佳彦氏に近く、「民主党7奉行」の一人に数えられたことも。05年の郵政選挙で落選。09年の国政復帰に際して小沢氏の支援を受け、同氏と距離を縮めた。5月に衆院環境委員長として地球温暖化対策基本法案の採決を強行した。仕立て服職人の家庭に生まれ、大阪弁でざっくばらんな性格。50歳。
(2010/06/07-16:45)


◇「非小沢」の論客=枝野幸男氏
 「政治とカネ」で逆風にさらされた鳩山由紀夫首相から行政刷新相に起用され、事業仕分けを統括。公益法人などへの官僚OBの天下りに切り込んだ。小沢一郎氏と距離を取る「非小沢系」議員の代表格。小沢氏の資金管理団体をめぐる事件では、同氏に「けじめ」を求めた。党内きっての論客で、政策にも明るい。弁護士を経て1993年の衆院選で日本新党から初当選。さきがけに移り、薬害エイズ被害者との和解を決めた厚生相当時の菅直人新首相を党側から補佐した。民主党では政調会長や憲法調査会長を務めた。政策面での切れ味の鋭さを、党運営や選挙対策でも発揮できるか。46歳。
(2010/06/07-17:08)

 ま、このメンツで何日持つんでしょうねぇ。とか不穏当なことを書いてみたり。

2010/06/08(火) 06/07のツイートまとめ
Welcome to the Gloval Village! -トラックバックないよ-コメント 130コ

gendohki

さて、すっきりしないたいむを終わらせるなう
06-07 09:38

まぁ、要するに国防費倍以上にして米軍サヨナラ計画くらいしかコレっつー案が浮かばないのよね。去年のスクランブルだって減ったのに300回弱だっていうし。
06-07 09:37

でも憲法書き換えて自衛隊を国防軍にするのは個人的には反対なんだよなぁ。改正した上で自衛隊を維持して欲しいです。
06-07 09:35

日米安保条約で米軍は基地は置けど統治せずの状態になってると思うんだけど、安保条約書き直しで基地全部出てけして、キレたアメリカに占領される可能性ってのは考慮したほーがいーと思うのは私が馬鹿だからなんだろなぁ。
06-07 09:34

総理大臣変わって支持率は10%くらい持ち直したのね。ご祝儀で15%くらいで内閣支持率は35%前後ってトコでどーでしょ?
06-07 09:31

すっきりしないたいむなう
06-07 09:28


2010/06/08(火) 「実は早速失点スタート」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 291コ

iza:菅氏、G20欠席 国際舞台でさらに地盤沈下…(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相の突然の退陣表明が、日本の国際会議出席に影を落としている。民主党代表選に出る菅直人財務相は韓国・釜山で4~5日に開かれる20カ国・地域(G20)の財務相・中央銀行総裁会議の欠席を決めたためだ。5~6日に札幌市で開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易担当相会合も閣僚の日程が読めない。(略)4日に新首相や新閣僚が決まれば、従来の財務相や副大臣がG20中に失職する“珍事”となる。(略)
 振り返ると、政権交代直前の昨年9月には与謝野馨財務相(当時)がロンドンG20を欠席。昨年11月のスコットランドG20も藤井裕久財務相(同)が国会対応のため欠席した。
(略)日本はここ3年、主要国首脳会議(サミット)に出席する首相が次々と入れ替わった“前科”もあり、国際会議軽視との批判を招く恐れもある。


 いやほんと、去年の8月に帰りたいわ。
 でもまた、同じ歴史を繰り返すんだろうけどね。
 それでも帰りたいわ。

2010/06/08(火) 「とりあえず予定通り」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 112コ

朝日:小沢氏辞任「よかった」85% 朝日新聞緊急世論調査

 鳩山由紀夫首相の退陣表明を受けて、朝日新聞が2日夕から3日夜にかけて実施した緊急の全国世論調査(電話)によると、「いま投票するとしたら」として聞いた参院比例区の投票先は、民主28%、自民20%、みんなの党6%で、民主、自民ともに20%、みんなの党が9%だった前回調査(5月29、30日)に比べ、民主党が回復した。
(略)
 政党支持率は、民主27%(前回21%)、自民16%(同15%)と、やはり民主が回復した。

朝日:朝日新聞緊急世論調査―質問と回答〈6月2、3日実施〉
2


iza:新首相に期待57% 民主支持率上昇 共同通信世論調査(産経新聞)

 共同通信社が4日夕から5日にかけて実施した全国緊急電話世論調査で、新首相に選出された民主党の菅直人代表に「期待する」と答えた人は57・6%に上った。(略)「期待しない」は37・2%だった。

 民主党の支持率も前回比15・6ポイント増の36・1%に上昇。自民党の20・8%を大きく上回った。参院選比例代表の投票先でも民主が12・7ポイント増の32・6%、自民が2・5ポイント増の23・4%だった。(略)


読売:民主支持回復29%、辞任評価69%…読売世論調査

 読売新聞社は、鳩山首相が退陣を表明した2日から3日にかけて、緊急全国世論調査(電話方式)を実施した。

 民主党の支持率は29%で、前回調査(5月29~30日)の20%から9ポイント上昇し、自民党は18%(前回20%)だった。

 今年夏の参院比例選投票先でも民主は25%(同14%)に回復し、自民18%(同19%)を上回った。(略)
 民主が参院選の結果、参院でも過半数の議席を獲得する方がよいと思う人は40%、「そうは思わない」は48%だった。(略)


iza:民主党ニヤッ…支持率急上昇「首のすげかえ」まんまと成功(ZAKZAK)

 鳩山由紀夫首相(63)の退陣を受けて報道各社が行った世論調査で、「参院選の投票先」として民主党の数字が劇的に回復した。表紙を取り替える作戦は、ひとまず奏功したようだ。
(略)
 民主党が劇的に回復する一方、自民党は横ばいという結果だが、朝日ではみんなの党が6%と前回から3ポイント落としており、第3極がワリを食う形となったようだ。
(略)
 民主党選対幹部は「首をすげかえるだけでは自民党と同じとみられ、支持率は回復しないと思っていたが、うれしい誤算だ」と話す。
(略)


 まぁ、とりあえず御祝儀相場ってヤツでしょう。内閣支持率も30~35%くらいじゃないかなーと思ってます。
 別エントリの下の方でも書いたんだけど、鳩山由紀夫と同じでその場の雰囲気と勢いで発言してしまうトコがある上、なんと言っても民主党のブーメラン使いと言えば菅直人なので、面白いモノが見れるかも知れません。
 ただ、彼の偉い所はそれを指摘されたら責任を取ってるってことなんですけどね。ある意味真面目。だけど場合によっては超最短政権になってしまう可能性があるワケで。

 まー、怖い怖い。

2010/06/08(火) 「まぁ、いいタイミングですわな。当人には」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 153コ

共同:赤松農相「責任免れない」 口蹄疫で再任辞退

 赤松広隆農相は4日午後の記者会見で、(略)「結果として口蹄疫(の感染拡大)を止めることができなかったので、けじめをつける意味で、新しい方がやっていただく方がいいと思う」と述べ、自身は再任すべきでないとの考えを示した。
(略)
 政府の口蹄疫対策については「何が足りなかったのかはきちんと検証する必要がある」とした。

 政府の現地対策本部長を務める山田正彦副大臣については「自分自身も畜産をやってきた方。一番分かっている人は副大臣として残られた方がいい」と述べ、留任が望ましいとの見方を示した。
(略)


 原因はもう1個だけ。「口蹄疫を甘くみて後手後手の対応に終始したこと」。
 ひょっとしたら狙ってやったのかも知れませんが、そんな陰謀論はネタとして楽しむだけにしときましょ。
 あの対応で全国の酪農家からは「敵」と認識されてるでしょうから、それなりの損をしてもらうしかないでしょうね。お金だか票だか私にゃ解りませんが。

 あ、あとオマケでこんなニュース。

iza:「農水相ゴルフ」報道 政治部長ら4人処分 TBS(産経新聞)

 TBSが5月20日、裏付け取材が不十分なまま、当時の赤松広隆農林水産相について「口蹄疫発生後の外遊中にゴルフをしていたと複数の民主党幹部が証言した」と報じた問題で、(略)当日の政治部デスクと同部の与党担当キャップが給与日額の半額を減俸、政治部長とニュース時間帯の編集長だった編集部部次長を譴責(けんせき)処分とした。(略)


 ま、そもそも外遊したことが大問題なんだから、ゴルフしてよーがしてなかろーが関係無いんだけどね。

2010/06/08(火) 「まぁ、ある意味仕事したんじゃなかろうか」
日々でなくつらつら:スポーツ -トラックバックないよ-コメント 109コ

時事:エリクソン監督、勘違い?=欠場した中村俊を評価-W杯サッカー〔W杯関連〕

 【シオン(スイス)時事】サッカーの国際親善試合で4日に日本と対戦するコートジボワールのエリクソン監督が3日、当地近郊で記者会見し、「ワールドカップ(W杯)への準備をする上で非常に重要な戦い」(略)イングランドと日本が対戦した5月30日の試合について、「日本は非常に攻撃的だった。2失点がオウンゴールだったのはアンラッキー」(略)「中村俊、本田、岡崎がハードワークをした」と語り、なぜか欠場した中村俊を評価していた。
(略)


 出てなくても仕事したと錯覚させる俊輔凄いです。
 とかまぁそんな感じで。

2010/06/08(火) 「黙って金と選挙の時だけ票入れりゃいいんだよ。って意味だと泣けるねぇ」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 221コ

朝日:サポーター抜き民主代表選に不満「派閥で決定、自民的」2

 民主党代表選が4日、実施される。新しい首相を選ぶ選挙になるが、投票するのは党所属の国会議員だけで、党を支えてきたサポーターは投票できない。「市民の政治参加を進める」という呼びかけに賛同し、年会費も支払ってきたサポーターからは「支援する私たちの声を反映してほしかった」と不満があがる。
(略)
 民主党によると、党の規約では、党代表は国会議員や地方議員、党員、サポーターの選挙で行うと定めている。しかし、任期途中で代表が辞めた場合には、党所属の衆院議員と参院議員が出席する両院議員総会で選ぶこともできる。(略)
 1998年の結党以来、12回行われた代表選で、党員やサポーターが投票できたのは02年9月の1回だけだ。(略)「政治的空白を作るべきじゃないので、投票できなくても構わない」と話すサポーターもいる。
(略)


 抜けりゃいいと思うよ。こんなの。
 ヘタなアイドルのファンクラブよりひどい。

2010/06/08(火) 「今年も深夜だけお楽しみ」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 202コ

まんたん:26時間テレビ :島田紳助&ヘキサゴンファミリー「今年も寝ずに」2年連続総合司会

 タレントの島田紳助さん(54)が、フジテレビの夏の目玉番組「FNSの日 26時間テレビ2010」の総合司会を2年連続で務めることが分かった。(略)
 今年のテーマは「絆~超!笑顔と感動」。昨年のテーマ「笑顔と感動」を進化させ、(略)7月24日午後7時~25日午後8時54分放送。(毎日新聞デジタル)


 カラス田カーやサギ田トキや花火田ドンさんが楽しみです。
 というか、今年もそんだけになりました。めでたしめでたし。

2010/06/08(火) 「ずるがしこいと言えるのかなぁ?」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 179コ

iza:首相の素顔 「愚かさ」の裏にしたたか処世術(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相の資質・能力については、(略)「愚か」というイメージがすっかり定着した。とはいえ、首相の言動を注意深く追っていくと、意外に「したたかで姑息」な素顔もうかがえる。

「政治とカネの話はやはり、この政権にとって大変国民の皆さんのお怒りを買った話だ」
(略)参院民主党で首相退陣論が強まっている中で、あえて「政治とカネ」問題を持ち出すことにより、民主党の小沢一郎幹事長と「一蓮托生」であることを強調し、牽制したとみられる。

 前日夕には、小沢氏、輿石東参院議員会長との3者会談を自ら呼びかけ、わずか8分間の会談後、記者団に「(続投は)当然だ」と答えた。退陣論が燃え上がる前に鎮火しようとする素早い動きだった。保身に関しては計算高いのだ。

 「私自身の『できる限り県外』という言葉を守れなかった」。(略)仲井真弘多知事にこう謝罪し(略)過去の発言をさりげなく修正した。

(略)党首討論では一度は「私は愚かな首相かもしれません」と認めながら、途中から(略)「愚直」にすり替えた。
(略)平成18年4月の「偽メール事件」で、前原誠司代表(当時)が辞任した際、首相は幹事長だったが、うまく責任を逃れ、小沢氏が新代表に選ばれるとちゃっかり幹事長に再任された。
(略)
 ただ、そのしたたかさはあくまで自分のために発揮され、国益には貢献していない。(阿比留瑠比)


 産経記者なので、人によっては「はいはい」で終わるかも知れないけども。
 ただ、鳩山由紀夫のここ10年の経歴を見てみると案外面白いんですね。これが。



 無役だったのは2002年からの3年間だけ。
 特に2005年からが圧巻。前原誠一がメール事件で代表辞任した時に「知らなかった」で押し通して、小沢代表時代で幹事長再任。
 その小沢一郎が西松問題で代表辞任した時に「代表と幹事長は一蓮托生」と辞任したのにも関わらず、代表選で勝利して代表になって小沢一郎を代表代行、幹事長と置いていたという。

トラックバック
/

前に書いた記事
04/29のツイートまとめ(2017/04/30)/04/28のツイートまとめ(2017/04/29)/04/27のツイートまとめ(2017/04/28)/04/26のツイートまとめ(2017/04/27)/04/25のツイートまとめ(2017/04/26)/04/24のツイートまとめ(2017/04/25)/04/23のツイートまとめ(2017/04/24)/04/22のツイートまとめ(2017/04/23)/04/21のツイートまとめ(2017/04/22)/04/20のツイートまとめ(2017/04/21)/

もらったコメント
Darrellwhasy,04/30,/ Darrellwhasy,04/30,/ Darrellwhasy,04/30,/ Darrellwhasy,04/30,/ Darrellwhasy,04/30,/ Darrellwhasy,04/30,/ Darrellwhasy,04/30,/ Darrellwhasy,04/30,/ Darrellwhasy,04/30,/ Darrellwhasy,04/30,/

もらったトラックバック
げんさんち。:「オバマ大統領の広島訪問についての社説・韓国編」(05/31)

カテゴリ
Welcome to the Gloval Village! (20)  P-TALK 2012 (12)  P-TALK 2011 (12)  P-TALK 2010 (11)  P-TALK 2009 (12)  P-TALK 2008 (12)  P-TALK 2007 (20)  P-TALK 2006 (19)  P-TALK 2005 (24)  P-TALK 2004 (0)  P-TALK 2003 (0)  P-TALK 2002 (5)  P-TALK 2001 (21)  P-TALK 2000 (22)  P-TALK 1999 (18)  P-TALK 1998 (10)  日々でなくつらつら (2865)  日々でなくつらつら:ラクガキ (3)  日々でなくつらつら:笑ったもの (66)  日々でなくつらつら:ニュース (319)  日々でなくつらつら:記録しとくもの (57)  日々でなくつらつら:プロレス格闘技 (42)  日々でなくつらつら:スポーツ (69)  日々でなくつらつら:えっちぃの (6)  日々でなくつらつら:萌え! (23)  日々でなくつらつら:MoE (144)  日々でなくつらつら:トリックスター (68)  日々でなくつらつら:QMA (28)  日々でなくつらつら:ゲームの話 (29)  日々でなくつらつら:コンピューター関係 (11)  日々でなくつらつら:りなざうの (5)  日々でなくつらつら:だぶぜろさんの (24)  日々でなくつらつら:もばいる関係 (7)  日々でなくつらつら:本日のspam (17)  日々でなくつらつら:カラオケ (1)  日々でなくつらつら:なんか催し事 (3)  日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ (232)  日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ (222)  げんさんち。Off* (4)  お勉強 (4)  悪戦苦闘の歴史 (8)  ニコつべ (0)  ニコつべ:MoE自作 (4)  ニコつべ:MoE MAD (0)  ニコつべ:MoE プレイ (0)  ニコつべ:無双MAD (2)  ニコつべ:無双プレイ (0)  ニコつべ:BASARA MAD (0)  ニコつべ:歌ってみた (1)  ニコつべ:政治 (4)  ニコつべ:政治MAD (3)  ニコつべ:VOCALOID・UTAU (4)  ニコつべ:笑ったの (2)  ニコつべ:ゲーム (1)  ニコつべ:ゲームMAD (2)  ニコつべ:アニメMAD (1)  ニコつべ:MusicMAD (4)  P-TALK 2013 (12)  P-TALK 2014 (12)  P-TALK 2015 (12)  P-TALK 2016 (12)  P-TALK 2017 (3) 

月別一覧
2017/04(30),2017/03(32),2017/02(29),2017/01(32),2016/12(31),2016/11(31),2016/10(32),2016/09(31),2016/08(34),2016/07(33),2016/06(33),2016/05(35),2016/04(31),2016/03(31),2016/02(30),2016/01(32),2015/12(32),2015/11(31),2015/10(32),2015/09(32),2015/08(32),2015/07(32),2015/06(30),2015/05(33),2015/04(31),2015/03(32),2015/02(29),2015/01(32),2014/12(33),2014/11(33),2014/10(32),2014/09(22),2014/08(35),2014/07(32),2014/06(31),2014/05(33),2014/04(30),2014/03(32),2014/02(29),2014/01(31),2013/12(32),2013/11(31),2013/10(32),2013/09(31),2013/08(32),2013/07(33),2013/06(27),2013/05(1),2013/04(2),2013/03(26),2013/02(30),2013/01(32),2012/12(32),2012/11(32),2012/10(36),2012/09(33),2012/08(33),2012/07(32),2012/06(31),2012/05(31),2012/04(33),2012/03(39),2012/02(32),2012/01(33),2011/12(35),2011/11(31),2011/10(40),2011/09(36),2011/08(35),2011/07(32),2011/06(33),2011/05(34),2011/04(33),2011/03(47),2011/02(48),2011/01(40),2010/12(32),2010/11(32),2010/10(39),2010/09(49),2010/08(46),2010/07(46),2010/06(83),2010/05(78),2010/04(69),2010/03(50),2010/02(39),2010/01(15),2009/12(13),2009/11(21),2009/10(27),2009/09(15),2009/08(31),2009/07(38),2009/06(28),2009/05(28),2009/04(16),2009/03(44),2009/02(36),2009/01(16),2008/12(20),2008/11(13),2008/10(12),2008/09(17),2008/08(13),2008/07(9),2008/06(15),2008/05(11),2008/04(24),2008/03(15),2008/02(22),2008/01(12),2007/12(12),2007/11(11),2007/10(12),2007/09(20),2007/08(18),2007/07(15),2007/06(20),2007/05(16),2007/04(20),2007/03(19),2007/02(19),2007/01(18),2006/12(28),2006/11(29),2006/10(40),2006/09(34),2006/08(27),2006/07(29),2006/06(22),2006/05(19),2006/04(23),2006/03(24),2006/02(41),2006/01(43),2005/12(40),2005/11(52),2005/10(46),2005/09(36),2005/08(51),2005/07(30),2005/06(45),2005/05(25),2005/04(4),2005/03(1),2005/02(2),2005/01(1),2004/12(1),2004/11(1),2004/10(1),2004/09(1),2004/08(1),2004/07(1),2004/06(1),2004/05(1),2004/04(1),2004/03(1),2004/02(1),2004/01(1),2003/12(12),2003/11(1),2003/10(1),2003/09(1),2003/08(1),2003/07(1),2003/06(1),2003/05(1),2003/04(1),2003/03(1),2003/02(1),2003/01(1),2002/12(1),2002/11(1),2002/10(1),2002/09(1),2002/08(1),2002/07(1),2002/06(1),2002/05(1),2002/04(1),2002/03(2),2002/02(3),2002/01(3),2001/12(3),2001/11(3),2001/10(3),2001/09(2),2001/08(5),2001/07(3),2001/06(2),2001/05(4),2001/04(3),2001/03(3),2001/02(2),2001/01(3),2000/12(3),2000/11(3),2000/10(3),2000/09(3),2000/08(3),2000/07(3),2000/06(2),2000/05(4),2000/04(3),2000/03(2),2000/02(3),2000/01(4),1999/12(3),1999/11(3),1999/10(2),1999/09(2),1999/08(2),1999/07(2),1999/06(3),1999/05(2),1999/04(3),1999/03(3),1999/02(3),1999/01(3),1998/12(4),1998/11(3),1998/10(3),1998/09(5),1998/08(3),1975/03(2),1970/06(2),1970/01(1),

書いたバカ:幻導機

RSS
ADMIN

FC2Ad



copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved