Hit.
げんさんち。
余裕ってどうやって手に入れるんだろうなぁ。

お品書き・・・ 落ちる雫の音-LOG-歩行は今快適か?-FAQ-ロケット乗り場-LINK-

ちと参加してみてる・・・ twitter/gendohkislashdot.jp/~gendohkimixi/mixi日記読むだけ用pixiv/幻導機

姉妹サイト・・・ ボクボク(同人活動報告) ・Twitter/sanakaoru -眞馨(眞馨の更新されるといいですね小説サイト) -Scrap Kingdom(更新されない小説サイト) ・Leader's Rand(PC-EngineFANファンサイト)

2009/07/29(水) 「あー、なるほど」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 100コ

Twitterがちょっと解ってきた。
これはblogではなくてえらくのんびりした24時間営業のチャットツールだ。
フォローという形で問答無用(拒否できるけど)に自分のチャットルームにログを載せ、己専用のチャットスペースを作るツールだ。
なるほどなるほど。

楽しい人にはとても楽しいのがよく解った。

これは私にはまったく使えないツールだ。
というか、フォローする代わりにGoogleリーダーにRSS放り込んでも使い勝手に大差が無い。
というか、その方が閲覧しやすいっぽい。

まぁ、取っちゃったんだし、消すってのもあれだし基本放置でいいや。
スポンサーサイト

2009/07/27(月) 「ヘキサゴン26時間」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 83コ

 まぁ、しごくぶっちゃけた話をすればほとんど見ていない。
 「今夜も眠れない」見て、鷺田トキや火薬田ドンを見て大笑いし(カラス田カァを見逃した)、かま騒ぎは眠いからとっとと寝て、起きて三輪車のレースなんぞをちょっとだけ見て、買い物に行き、帰ってきてちょっと見ようかなーと思ったらDASH村の10年の方が面白そうだったのでそれを見て、なんだかんだで終わっていた。
 ただ、ちょこちょこと見た限りでは、島田紳助が一所懸命に「感動しろー感動しろー」とこれ見よがしに訴えてたような気がする。企画なんかも感動してください。を前面に押し出しててなぁ。引く。というか引いた。

 でも、フジテレビのFNSの日は基本バラエティであって、感動するのは最後の新人アナによる提供の読み上げだけでいいと思うんだ。24時間生でぶっ通しで放送して、バカなことやって、そんなでも最後まで付き合った人には十分に感動があると思うんだ。
 お祭りってそーゆーもんだ。

 とはいえ、視聴率はなんだかんだで平均13.8%だったとかで、数字的には成功なんだろなぁ。
 来年は再びおバカ路線で行ってほしいなぁ。
 番組を普通に進行して問答無用でたけしの「○○田●●」だけで24時間やったら起き続けるかも知れない。ぶっ倒れそうではあるけど。

2009/07/27(月) 「丞相 諸葛孔明」
日々でなくつらつら:ゲームの話 -トラックバックないよ-コメント 207コ

ナタリー:「三国志大戦3」新バージョンに弘兼、ちば、高橋ら参戦

 こんな孔明はイヤだ。
 でも、この惇兄ぃにはちょっとやられた。

2009/07/27(月) 「ついったー」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 250コ

Twitter:幻導機(gendohki)on Twitter
 登録した。
 たぶん、気が向いた時になんか書いて、基本放置というカンジに。
 フォローとかよくわからん。お手軽TBみたいなもんだろか。
 仮にそうだったら、100件つけろとか眩暈がするなぁ。

TwitterまとめWiki:Twitterの使い方 と FAQ

 読んだけどよくわからんかった。
 こーして、なんとなく取ったサービスのアカウントだけが増えていくのだなぁ。

2009/07/27(月) 「私の発言や、またブレたといわれる言葉」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 139コ

 両院懇談会での麻生太郎の最初の発言をどう扱ってるか並べてみました。
 まずは概ねそのまんまを載せてくれる産経(iza)の詳報から。

iza:【自民党両院議員懇談会・詳報】(1)麻生首相「多大な迷惑をかけた」(2)「一致団結して戦おう」大村氏ら結束訴え(3・完)麻生総裁「結束はできあがった」

(略)
 麻生太郎首相

 「本日、衆議員を解散し、総選挙に臨むにあたりまして、私の決意と覚悟を申し述べさせていただきたいと思います。まず冒頭、反省とおわびを申し上げなければならないと存じます。ひとつは、私の個人についてであります。私の発言や、またブレたといわれる言葉が、国民の方々に政治に対する不安、不信を与え、結果的として自由民主党の支持率の低下につながったと、深く反省をいたしております。
(略)


 この「私の発言や、またブレたといわれる言葉」という部分。基本的にblogもふくめたこういうメディアは「文字数(主に新聞系)」とか「なんとなくこんなカンジ」だとかいろいろな理由で改変されることがままあります。
 それを見ていこうっていうお話。

 次は時事通信の要旨。

時事:麻生首相の発言要旨

(略)一つはわたしの発言やまたぶれたと言われることが、結果として自民党の支持率低下につながった。深く反省している。(略)


 要旨ですが概ねそのまんまですね。
 次は主要各紙の報道。

産経:【衆院解散】麻生首相 両院議員総会の冒頭で陳謝「党内の結束の乱れは私の力不足」

(略)「冒頭、反省とおわびを申し上げなければならない。私の発言や『ぶれた』といわれる言葉が国民に政治への不安、不信をあたえ、結果として自民党の支持率の低下につながった。深く反省している」(略)


毎日:自民党:両院議員懇開く 退陣要求は出ず 首相、混乱を謝罪

(略)私の発言や『ぶれた』と言われる言葉が国民に政治への不安や不信を与え、自民党の支持率低下につながったと深く反省している」(略)


日経:「私の発言で支持率低下」首相が陳謝 自民が公開で両院議員懇

(略)「私の発言やぶれたといわれる言葉が国民に政治への不安と不信を与え、結果として自民党の支持率の低下につながった。深く反省している」(略)


 まぁ、普通の書き方だとこんなもんだと思います。
 んが、超大手の2社となると、ちょっと何かが入ってきます。

朝日:首相「ぶれた言葉、深く反省」、両院議員懇談会で謝罪

(略)私の発言や、ぶれたと言われる言葉が、国民に政治に対する不安、不信を与え、自民党の支持率の低下につながった。深く反省する」(略


 記事ではいじれないけど、見出しで改変したパターン。見出しだけしか見ない人への影響力が解ってるからこその技と言えなくもないですが、言いすぎですかね?

 見出しでいじって、記事でも触れずに書いたのは読売新聞。
読売:首相「失言、ぶれ深く反省」…自民両院懇談会

(略)
 首相は冒頭、自らのこれまでの失言や、政策立案などで指摘された「ぶれ」について(略)ぶれたと言われ国民に政治不信を与えた。深く反省している」(略)


 意外と普通だったりします。謎。
 次は地方紙等に影響力のある共同の報道。

共同:首相「深く反省」 発言のぶれや地方選連敗で陳謝

(略)「反省とおわびを申し上げたい。私の発言はぶれたと言われた。国民に政治不信、不安を与え、結果として自民党の支持率低下につながった」(略)


 まぁ、朝日と似たようなカンジ。
 共同のスタンス的にはこんなもんでしょう。

 スポーツ新聞になると俄然変わります。

サンスポ:衆院解散!首相、泣き落としで自民分裂回避2

(略)私の発言やブレが国民に政治不信、不安を与え、支持率低下につながったと深く反省している」(略)


 記事で改変。麻生太郎自身はブレてると認めてないんですがね。
 ちなみにサンスポ(サンケイスポーツ)は名前のとおり産経グループなんですが、産経はなぜか産経新聞が親米保守な論調で、フジ・サンスポ・夕刊フジは親韓リベラル寄りな論調が目立つというワケのわからんことになってます。

スポニチ:麻生首相、涙ざんげ出陣!小泉DVDで前日勉強

(略)「反省とおわびを申し上げたい。私の発言はぶれたと言われた。国民に政治不信、不安を与え、結果として自民党の支持率低下につながった」(略)


 スポニチは普通に報道。
 スポーツ新聞はどっちかというと、懇談会で涙ぐんでたのを見て「泣き落とし」的なあおりをしているようです。
 まぁ、このくらいは「よくある事」だと思って読んでないとダメ。っていう時代になっちゃったんだろなー。などと頭のよさそうな気がすることを言ってみて終わり。

2009/07/27(月) 「解散したから社説」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 50コ

朝日:衆院解散、総選挙へ―大転換期を託す政権選択

(略)
 戦後の日本政治を率いてきた自民党政治になお期待を寄せるのか、それとも民主党に国を託すのか。そして、どんな政権であれ、失敗があればいつでも取り換え可能な新しい政治の時代を開くのか。有権者が待ちわびた選択の日がやってくる。

 内も外も大転換期である。危機を乗りこえ、人々に安心と自信を取り戻すために政治と政府を鍛え直す。その足場づくり、つまりはこの国の統治の立て直しを誰に託すか。これが焦点だ。
(略)
 それにしても、自民党に対する民意の厳しさは尋常ではない。(略)
 衆参のねじれで思うにまかせぬ国会。2代続いての政権放り出し。麻生首相の迷走と政策の説得力の乏しさ。だが何よりも、明日の暮らしと国の未来への人々の不安や危機感を受け止められない自民党政治への失望だろう。
(略)
 官庁縦割りの政策や予算。政官業のなれ合い。行政のムダ。霞が関への中央集権。温存された矛盾を何とかしなければ経済危機への対応も難しい。それを国民はひしひしと感じている。
(略)
 民意が今の流れのままなら、民主党政権誕生の可能性は高いだろう。確かに、政権を代えてみたいという期待は強い。だが懸念や不安もある。

 民主党の言う「脱官僚」の政策決定の仕組みができれば、永田町や霞が関は大変わりだろう。経済界や民間にも影響が及ぶ。混乱は最小限に抑えられるのか。この変革の先にどんな民主主義の姿を展望するのか。ばらまき政策に財源はあるのか。外交政策もあいまいなところが多すぎる。
(略)
 本紙の世論調査では、政権を与えた党の実績が期待はずれなら次は他の政党に、という人が6割にのぼる。政党間の不断の競争と緊張。民意によって与党にも野党にもなる。重要政策で妥協が必要ならば、開かれた国会の場を使うことだ。

 有権者もこの間、多くを学んだ。一時のブームや「選挙の顔」よりも、政権公約の内容、実行の態勢、指導者の資質を堅実に判断することの大事さだ。口に苦くても必要と思えば受け入れる覚悟がいることも。
(略)
 審判は秋の気配も漂い始める来月30日。2009年の長い夏、目を凝らして日本の明日を定めたい。


産経:衆院解散 国のありよう競い合え 政権担当能力が判断の基準

(略)
 争点にすべきは、日本の基軸をどうするかである。例えば、北朝鮮の核や弾道ミサイルの脅威に加え、中国の軍事力の強大化に日本はどう向き合うのかという問題がある。日米同盟関係を弱める選択をすることで日本の安全は守られるのかどうか。消費税などの負担の問題も避けていては年金などの難題は打開できない。
(略)
 外交・安全保障をめぐる民主党の国会対応は現実に日米同盟を損なってきた。インド洋で海上自衛隊が給油支援を行うテロとの戦いでは、民主党がテロ対策特別措置法に反対したため一時中断した。在日米軍駐留経費の日本側負担に関する特別協定にも反対し、空白期間が生じたこともあった。(略)
 民主党の外交・安保政策の危うさを首相や自民党が突くのはもっともだ。だが、中国の軍事力強大化に対し、日本の防衛力を削減してきた一義的な責任は自民党政権にある。民主党にはその問題意識すら薄いようだ。この国をどう守るかという議論をさらに深めることは両党の責務である。
(略)
 年金、医療、介護や少子化対策などの社会保障は、国民生活に直結する。不安の解消と将来の安心感を高めるものとして自民、民主両党とも柱としている。

 民主党はとくに年金制度改革の必要性を主張していたが、マニフェストでは公的年金の一元化による新年金制度の実施時期を、当初予定していた平成24年度から26年度以降へと先送りするという。
(略)自民党は景気回復を前提に、消費税を含む税制抜本改革を3年後に行うとしているが、どれだけマニフェストで徹底できるかだ。選挙には不利だとして増税論議を避けることは、もはや両党ともに許されない。

 民主党の教育政策を危惧(きぐ)する声は多い。輿石東参院議員会長が「教育の政治的中立はあり得ない」などと、日の丸、君が代問題などにみられる日本教職員組合(日教組)のイデオロギー闘争をさらに教育現場に持ち込むような発言を繰り返しているためだ。(略)
 この国に責任を負う二大政党が身を切るような激しい政策論争をまず行うべきだ。国政の停滞を脱し、閉塞(へいそく)感を除去する政治体制は真剣かつ現実的な論争を経て、誕生するのではないか。


中日:政権交代か否か 衆院解散 8・30総選挙へ

 衆院が解散され8・30決戦へ事実上の選挙戦に入った。四代の自公政権の実績が問われる。国民にチェンジを求める声がある。焦点は政権交代か否かだ。
(略)
 どのような時代認識に立ち、どんな処方せんを講じるのか、各党はマニフェスト(政権公約)で明確に打ち出すべきだ。その答えは私たちが暮らす将来の国のかたちを示すことになるだろう。

 要は予算配分のあり方を変えるかどうかが争点なのだ。

 年金、医療、介護の社会保障政策や景気対策、格差是正などに世論の関心が高い。

 経済一本に絞ってきたという麻生自民は「安心と活力のある社会」づくりを掲げる。民主は「国民の生活が第一」と子ども手当や高速道路無料化を打ち出す。
(略)
 自民は景気回復後に消費増税するという。党内には異論もある。合意事項なのか。バラバラの公約で有権者を欺くなら論外である。

 民主は税金の無駄遣い削減などで約十七兆円の財源を生み出すという。優先順位のつけ方次第で、しわ寄せが及ぶ分野も出よう。厳しい財政事情の下、四年間消費増税しないとの方針に裏付けはあるか。丁寧な説明が欠かせない。

 安保外交政策では、民主首脳は対米関係に配慮して、インド洋での自衛隊給油活動について即時撤収せず、当面は継続する、と軌道修正を示唆している。自衛隊海外派遣問題では社民党との関係も懸念材料だ。
(略)
 何より、民主は政権を担当する力量があるのか、自民とどこが違うのか、有権者の不安や疑問を真摯(しんし)に受け止めるべきだ。脱・官僚主導の政権構想もいまひとつ伝わらない。明確な青写真が必要だ。

 自民にしても、迷走続きの惨状が政権担当能力を疑わせた。弱体化する党の基盤をどう立て直すのか。あわせて小泉、安倍、福田、麻生と四代続いた「世襲政治家」政権の総括を、いいかげんに済ませてはなるまい。

 公明は低迷する自民との距離感に悩んでいる。共産、社民、国民新などの野党は存在感をどうアピールするかが課題となる。
(略)マニフェストを早急にまとめて判断材料を提示するよう政権を争う自民、民主に求める。歴史的一票を投じる有権者が待ち望んでいる。


日経:政権選択選挙の名に恥じぬ政策論争を

(略)
 政権選択選挙の名に恥じぬ政策論争を強く望みたい。二大政党の自民、民主両党は速やかにマニフェスト(政権公約)を公表し、有権者に判断材料を示す責任がある。
(略)
 昨年9月に「選挙の顔」として党内の圧倒的な支持で選ばれた麻生首相も、自らの発言のぶれや日本郵政社長人事などでの政権運営の迷走が相次ぎ、内閣支持率の大幅な低下を招いた。自民党にとってかつてない逆風の下での選挙戦となる。
(略)
 首相は早急に政権公約をまとめなければならない。首相がこだわる将来の消費税率の引き上げを公約に盛り込むことには、党内に異論が残っている。年金や医療制度などの社会保障改革は待ったなしだ。政調各部会の要望を並べたような政権公約では、有権者の支持は得られまい。
(略)
 民主党が候補者向けに配った主要政策のポイント解説集には、月額2万6000円の子ども手当、高校授業料の無償化、高速道路無料化、ガソリン税などの暫定税率廃止、農業の戸別所得補償制度の創設などの目玉施策が列挙されている。
(略)
 しかし無駄遣いの削減などで本当に巨額の財源を生み出せるかは不透明なままだ。選挙目当てのばらまきとなる懸念はぬぐえない。
(略)
 民主党政権が実現した場合の大きな不安要素は、外交・安全保障政策だ。インド洋上での海上自衛隊の給油活動については、小沢一郎前代表当時に「憲法違反」と断じて反対した経緯がある。日米関係などに禍根を残す判断だった。
(略)北朝鮮の核開発問題など選挙後に直面する外交課題は山積している。安定した政権を築くには、説得力のある外交・安保政策を示すことが不可欠だ。

 民主党政権ができた場合、共産党は一致できる政策には是々非々の立場で協力する「建設的野党」を目指す方針を打ち出した。与党の公明党や、民主党の連立相手に想定される社民、国民新両党も党の姿勢を明確にして選挙に臨んでもらいたい。


北海道:衆院解散 総選挙へ 政権の「旗印」を知りたい

(略)
 投票日までは40日間ある。

 各党はマニフェスト(政権公約)で旗印とすべき新しい政治の方向性と具体的な政策を示してほしい。

 明日をだれに託すのか。有権者はじっくりと見極めよう。
(略)
 麻生太郎首相は解散後の記者会見で「経済対策を最優先し、景気は底を打った」と自信を見せた。

 昨年9月の就任以来、世界的な経済危機への対応に専念してきたのは事実だ。だが、その中身は旧来型の「ばらまき」の域を出ていない。
(略)
 成果がなかったわけではない。だが、未曾有の不況であらわになった国民生活の危機は改革のひずみがもたらしたと言っていいだろう。

 こうした事態に有効な処方せんを提示することができない政権党の衰弱は隠しようがない。安倍、福田両氏と2代続いた国政投げ出しで政権担当能力に疑問符がついた。「政策力」の低下も明らかだ。
(略)
 民主党が期待感を集め、上り調子にあるのは確かだ。各種世論調査では政党支持率、比例代表の投票先などいずれも自民党を上回る。

 これは与党批判の受け皿という側面が大きいと見るべきだ。民主党政権で政治はどう変わるか。それを明確にできなければ、世論の支持も「風」以上にはなりえまい。
(略)
 民主党が目指すのは新自由主義の修正か、北欧流の社民主義か。それとも日本流「第三の道」を模索するのか。鳩山由紀夫代表が唱える「友愛社会」の具体的な姿を知りたい。

 与党は「政権交代だけが目的だ」と政権担当能力に攻撃の的を絞る。統治システムの改革、他の野党との連携など現実の政権運営のあり方も語らなければならない。
(略)
 有権者は判断材料としてマニフェストを自ら吟味していきたい。


北國:衆院解散 「自民党政治」の歴史的転換点

(略)
 「政権交代」という言葉はもはや野党のスローガンを超え、「変化」や「現状打破」を望む有権者の心に共鳴しうる力を得てきたようにも思われる。麻生太郎首相は解散会見で衆院選を「安心社会実現選挙」と位置づけたが、今の大きな流れを変えるには自民党が自ら生まれ変わり、解党的出直しに踏み出すくらいの思い切ったメッセージがいる。選挙戦で党の蘇生力を示さない限り、勝算はなかなか見いだせないだろう。
(略)
 一方の民主党も自民党の不満の受け皿になり得ても、積極的な支持を得ているとは言い難い面がある。40日間にわたる長丁場の戦いで追い風がこのまま順調に吹き続けるとは限らない。選挙戦ではムードに頼らず、政策の裏付けとなる財源確保策を説得力をもって示し、安保・外交への不安を取り除く丁寧な説明がいる。政策を実行に移すための政権運営の在り方についても具体的に語ってほしい。


毎日:衆院解散・総選挙へ 政権交代が最大の焦点だ ごまかさない公約を

(略)
 衆院本会議に先立ち開かれた自民党の両院議員懇談会で麻生首相は「私の発言や『ぶれた』と言われる言葉が国民に政治への不安や不信を与え、自民党の支持率低下につながったと深く反省している」と語り、記者会見でも自身の「不用意な発言」や自民党の結束の乱れを挙げて国民にも陳謝した。しかし党内は結束とはほど遠い状態で、首相が陳謝しないと収まらないところに今の追い詰められた姿が表れている。
(略)小泉氏は格差問題など「小泉改革の影」が表面化する中で改革の後始末をしないまま退陣。続く安倍晋三元首相は郵政造反議員を続々と復党させた。
(略)
 安倍氏は憲法改正路線に軸足を置いた。だが、その間に国民の暮らしに直結する「消えた年金」問題が深刻さを増して、07年7月の参院選で自民党は惨敗。その後、体調不良で突如辞任した。福田康夫前首相も1年で政権を投げ出した。そして、経済危機を理由に解散から逃げてきた麻生首相が今、低支持率にあえいでいる。漢字の誤読もあって「首相の資質」まで問われる有り様だ。
(略)
 一方の民主党も政権担当能力と鳩山由紀夫代表の首相候補としての資質が当然問われることになる。

 「政治主導」をお題目に終わらせず、強固な官僚組織を変えられるのか。税金の無駄遣いをどこまで削れるか。子ども手当や高速道路無料化、年金制度の抜本改革は実現するのか。消費税率は4年間引き上げないというが、財源の手当てはできるのか。党としての統一感に乏しい安全保障政策はどうするのか。それらの疑問に具体的に応えるのがマニフェストだ。鳩山氏の政治資金問題もさらなる説明が必要となる。
(略)異例の長い選挙戦となるが、いずれにしても政治の行く道を決めるのは有権者=主権者だ。こんなにわくわくする選挙はないではないか。


読売:衆院解散 政策本位で政権選択を問え

(略)
 今、多くの国民は、不況に苦しみ、少子高齢化社会への不安を募らせている。対外的には、軍事大国化する中国や核武装を急ぐ北朝鮮など、我が国周辺の安全保障環境の悪化を懸念している。

 各党は、国民の不安解消に向けた処方箋(せん)を示す必要がある。

 今回も、政権公約(マニフェスト)が注目されている。
(略)
 民主党は、政権公約に「子ども手当」やガソリン税などの暫定税率廃止、高速道路の原則無料化などの政策を盛るとしている。
(略)
 だが、無駄遣いの排除などで、これらの財源を捻出(ねんしゅつ)できるのか、はなはだ疑問だ。

 岡田幹事長は「財源なくして政策なし」と語っている。民主党は、財源を明示し、国民の合点が行く政権公約を作り上げるべきだ。
(略)
 民主党は、インド洋での海上自衛隊による給油活動など国際平和協力活動に反対姿勢を示してきた。ただ、最近になって、鳩山代表は、給油活動を当面、継続する考えを表明した。

 政権交代を視野に入れ、外交の継続性から現実的方向に政策転換するのは当然のことだ。

 だが、社民党の福島党首は反発した。基本政策で隔たりがある社民党との連立政権は、極めて難しい運営を迫られるだろう。

 一方、自民党は、政権公約作りが遅れている。党内の混乱と政策上の路線対立からだ。一部に、独自の公約を掲げて選挙を戦う動きもくすぶっている。
(略)
 自民党にとっても、肝心なのは政策だ。世界同時不況の下で、政府・与党が打ち出した矢継ぎ早の経済対策の検証が重要である。
(略)
 各党は、事実上の選挙戦に入った。年金、医療など社会保障や、新たな日米関係をはじめ、対北朝鮮など安全保障問題についても、政策論を戦わせてほしい。

 自民、民主両党のどちらに「政権担当能力」があるかは、そこから自(おの)ずと見えてくるはずだ。


 とまぁ、そういうワケで社説が並びました。
 大雑把に言うと、「みんな自民に飽きたから民主に政権とってほしいけど、今の民主じゃアテになんね。あとマニフェスト読みたい」という社説が並んでます。対民主のイヤさ具合が幾分違うくらいで基本的にはそんなカンジ。
 自民党がまだマニフェストを出してませんので(一応、告示までに用意しときゃいいんだけど、解散時期が迫ってた割には準備が遅いといわれてもしょーがない)とりあえずそれが出てからどっちにするか決めますかね。
 私のいる選挙区は民主保守と自民保守の戦いだから、正直「党に入れる」選挙になってしまうのでなぁ。

2009/07/27(月) 「バッテリー・炊飯器・トースター」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 58コ

iza:LGの洗濯乾燥機が発火 無償交換へ

 LGエレクトロニクス・ジャパンは21日、今年4月まで販売したドラム式洗濯乾燥機で、配線の不具合による発火事故が3件発生した、と発表した。

 東京と千葉、宮城の1都2県で、製品の一部が焼けたり、住居の壁や天井が焼損した。けが人は出ていないという。安全対策を済ませた製品と無償交換する。

 対象製品の型名は「WD-E52SP」と「WD-E52WP」。韓国LGエレクトロニクス(旧LG電子)が日本国内専用モデルとして昨年1月から今年2月に製造、計4601台を販売した。問い合わせはフリーダイヤル(0120)830094。


 LGの製品で火を噴かないものはないのか?

2009/07/27(月) 「あーあ」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 60コ

産経:【09衆院選】幸福の科学の大川総裁、東京比例1位で出馬

 宗教法人・幸福の科学総裁の大川隆法氏(53)が22日、都内で開かれた講演会で、幸福実現党の総裁として、衆院選の比例代表東京ブロックの名簿登載順1位で立候補する意向を明らかにした。同日付で党総裁に就任し、幸福の科学の総裁も続ける。

 出馬の理由は「党の求心力を高め、もう一段、政権担当能力を増すため」と説明。「幸福実現党が本気で(衆院選を)やるという決意表明だ」と話した。


 公式も党首(代行?)じゃなくて、教祖の顔を押すようになってしまった。
 まぁ、比例だから一人くらいは通るかも知れないなーと思いつつ、仮にそーなったらエル・カンターレが一人でポツーンと衆議院の議場にいることになるのかなーと。それもどーだろー。

2009/07/20(月) P-TALK No.276
P-TALK 2009 -トラックバックないよ-コメント 379コ

幻導機「 プロレスの話をします 」
佐奈香「 そうだろうね 」
幻導機「 最初は三沢の話だけのつもりだったんだけど、 まさか翌日にテッド・タナベまで亡くなると思わなかったんでな 」
佐奈香「 立て続けだったねぇ 」
幻導機「 プロレスが大きく変わる必要があるような気がしてな 」
佐奈香「 そこまで言うか 」
幻導機「 うん。というか、もうそこまで来ているような気がする。 個人的な怨恨を越えた先に行かなきゃならんような、ね 」


P-TALK No.276


幻導機「 具体的にはファンですらおっつけないプロレス団体のゆるやかな統合なんだが 」
佐奈香「 何、その曖昧なの 」
幻導機「 うん、我ながらそー思う。まぁ、現状迎えてる問題点は、プロレス団体が異様に多いってことなんだよな 」
佐奈香「 どのくらいあるの? 」
幻導機「 どインディー入れれば40、50あると言われていてな 」
佐奈香「 は? 」
幻導機「 そのくらいあるんだよ。発端はみちのくプロレスなんだろうけど、 地域密着型プロレス団体ってのが出来たんだな。 最近ニュースになったんだと、デルフィンが沖縄プロレスを始めたとかな 」
佐奈香「 はー 」
幻導機「 で、前から動きは無くは無かったんだが、統一コミッションってのを作って、 そこがプロレスラーと認めたものだけがプロレスラーとしてプロレスするっつー…… 」
佐奈香「 予定だったのね 」
幻導機「 らしい。今、衆議院議院の馳浩(元国語教師・プロレスラー)が新日・全日・ノアを集めてその動きを改めてやってるっぽいんだが…… 」
佐奈香「 どしたの? 」
幻導機「 いや、それで試合数が減らせられんのかな?っていうのがな…… 」
佐奈香「 無理じゃない? 」
幻導機「 三沢もテッド・タナベも結局休まなきゃならん時に休めてなくての結果 ……というのを俺は強く感じるんだよな。 メジャーだなんだと言ったところでプロレス団体は中小企業や零細企業で、 ずーっと動いてなきゃ死ぬみたいなことになってなかったかなぁ、と 」
佐奈香「 やってることはハードでも、国内移動とかは旅の一座とかサーカスとかと一緒の動き方だものね 」
幻導機「 なんだよな。で、まぁ。出来るのであればシーズンのオン・オフを作ってオフシーズンにタレント活動に回したりとか出来るといいのかな、とかな 」
佐奈香「 格安で? 」
幻導機「 格安で(苦笑)。とは言っても、主力や社長がタレント活動もしてて、かつ、 その手のことには比較的気をつけてるはずの健介Office(佐々木健介・北斗晶のトコ)ですら、 もうケガで2人だか引退してるって状況なんだがな 」
佐奈香「 厳しいねぇ…… 」
幻導機「 もっとも、無理した末の生活復帰困難への危惧があって、 早めに引退させたっぽいけどな。年齢的には若手だったし 」
佐奈香「 まぁ、それならまだわかるけど 」


P-TALK No.276


幻導機「 プロレスっていうと、今プロレスに求められてるのってなんだろうな? って思うんだよな 」
佐奈香「 ガチンコ勝負じゃないの? 」
幻導機「 そうなるんかなぁ?日本の最初のプロレスは力道山になると思うんだけど、 あの時は『日本人(力道山は日本人じゃないけど)が外国人をぶっ倒す』 だったんだよな。空手チョップでぼっかんばっかん倒すっつー 」
佐奈香「 街頭テレビとかの時代だよね? 」
幻導機「 そうそう。で、それを継承したのが馬場だから、 昔の全日本は有力外人選手vs日本人選手みたいなマッチングが多いんだな。 逆に有力外人を取られた猪木は異種格闘技で『プロレス最強』 っていう路線で勝負することになったんだよな 」
佐奈香「 ふぅん 」
幻導機「 ただ、そのあと日本人レスラーが充実してきて、 全日がSWS、新日もUWFっていう大きな分裂があって、 長州のハイスパートレスリングとか、聖鬼軍vs新世代軍から三沢・川田・田上・小橋の受けのプロレスってのが確立してくんだけど、 なんやかんやあってプロレスの形が結果的に一つに落ち着いたんだよ 」
佐奈香「 何? 」
幻導機「 『痛そうな技を喰らっても立ち上がるプロレス』 」
佐奈香「 は? 」
幻導機「 要するにな。その頃の日本ってバブルが弾けた前後辺りなんだ 」
佐奈香「 うん 」
幻導機「 その中で……まぁ、今の方が悪いんだけど……景気悪い中で辛いのを頑張らなきゃいかん。と、なってきたんだよな 」
佐奈香「 今でもそうだけどね 」
幻導機「 そーなんだが。加えて、 プロレス自体もPRIDEの前身のようなUWF系の格闘技路線が始まってきていて、 プロレスが『プロレスって凄いんだぞ』的な動きをし始めたんだ。 で、結果として技を出し合っては『この技喰らって立てるか』 『立てるぞ。こっちのこれならどうだ』的な意地の張り合いなプロレスになってくんだよな 」
佐奈香「 よけないものね 」
幻導機「 よけちゃいけなくなっちゃったんだな。プロレス全体の空気として。 それがあって、プロレスはお互い技を出し合っては意地見せるみたいなものになってしまったんだが 」
佐奈香「 それで、余計にお客がつかなくなっちゃったのかなぁ? 」
幻導機「 たぶんなぁ。ただ、需要としてはあると思うんだ。倒されても倒されても立ち上がるっていうのに 」
佐奈香「 そうかなぁ? 」
幻導機「 少なくとも、おととしくらいにはあったよ 」
佐奈香「 ……どこによ? 」
幻導機「 小島よしおだ 」
佐奈香「 はぁ? 」
幻導機「 小島よしおのネタってプロレスなんだよ 」
佐奈香「 はぁ?? 」
幻導機「 要するにグダグダな中、それでもネタやらなきゃいけないっていう状況が非常にプロレス的なんだよな 」
佐奈香「 意味わかんない 」
幻導機「 小島よしおの『そんなの関係ねぇ!』って今でこそまとまっちゃったけど、 人気出たときってのはリズムも合わなくなっちゃってグダグダになってたんだよな 」
佐奈香「 まぁ、なってたね 」
幻導機「 でも、芸人である以上、それをなんとかしなきゃならんから必死に頑張るワケですよ 」
佐奈香「 グダグダだったけどね 」
幻導機「 要するにその状態って倒されても倒されても立ち上がるっていう、プロレスがやってたコトに近いワケですよ 」
佐奈香「 あっそー 」
幻導機「 うわー、凄く理解する気なさげ 」
佐奈香「 わからないもの 」
幻導機「 まぁ、いいや。とにかく苦境な時に戦う姿を見るってことにプロレスの需要があったような気がするんだよな。 そこを補完しちゃったのが、小島よしおになってしまったっつー 」
佐奈香「 まぁ、そういうコトにしといてあげる 」
幻導機「 ありがと 」
佐奈香「 話が先に進まないんだもの 」
幻導機「 だからまぁ、まとめると、プロレスはプロだけにしてもらって客が求めている形に集約しなきゃなんねぇのかな、と。 それによってクビになるプロレスラーが出てくるけど、それはそれでしょーがないのかな、とな 」
佐奈香「 ここまでが長かったね 」
幻導機「 ……まぁ、語りたかったんだよ 」


P-TALK No.276


佐奈香「 話思いっきり変えるけど、気がついたら衆議院が解散するってことになってたのね 」
幻導機「 21日だから明日か 」
佐奈香「 うん。なんか自民党が荒れてたみたいだけど 」
幻導機「 マスコミは特に言ってなかったけど『中川の乱』だな。あれも目的があってやってればまだマシだったけど、 目的がなかったからなぁ 」
佐奈香「 選挙で勝てなさそうだから、勝てる人で戦いたいっていう意味ではあったんじゃない? 」
幻導機「 その場合は『この人なら勝てるからこの人に代えよう』だろ?漠然と『麻生太郎じゃ勝てないから別の誰かで』 なんて理由で反乱起こして上手くいくワケねーだろ。中止工作起こされただけであっさり瓦解するわ(苦笑) 」
佐奈香「 実際、したもんね 」
幻導機「 もう、しょうがないんだよ。安倍晋三を見殺しにして、福田康夫のときに解散できなかったんだから。 麻生太郎の時は世界同時不況だったから、選挙なんぞやってられんかったし 」
佐奈香「 タイミング悪かったよね 」
幻導機「 だからまぁ、麻生太郎で勝負するしかないんだわ。今までの10ヶ月間こんだけやってきました。どうですか?ってな。 実際、麻生太郎自身はコレと言ったスキャンダルが出てないんだから、そもそも辞任する理由なんかありゃしないしな 」
佐奈香「 選挙で勝てない 」
幻導機「 そりゃ理由になんねーよ(苦笑) 」


P-TALK No.276


佐奈香「 と、言うワケで今回のP-TALKはここまで 」
幻導機「 なんか忙しいけど、ボチボチ頑張りたいと思います。 」
佐奈香「 夏バテしないようにね 」
幻導機「 うい 」
佐奈香「 病院行ってたみたいだけど 」
幻導機「 一応、心臓は医者から大丈夫ってお墨付きいただいたよ 」
佐奈香「 何があったの? 」
幻導機「 ただの高血圧だ 」
佐奈香「 ダイジョブなの? 」
幻導機「 だから、医者からダイジョブって言われたんだよ 」
佐奈香「 ならいいけど 」
幻導機「 まぁ、痩せろとはいわれたけどな 」
佐奈香「 そりゃそーだ(^-^; 」
幻導機「 つーわけで、次回までにもうちょい痩せようと思います 」
佐奈香「 がんばれー 」
幻導機「 うむ 」
佐奈香「 それでは、また来月お会いしましょう 」
幻導機「 でゎでゎだ 」

2009/07/15(水) 「参議院が止まったので社説」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 34コ

 まずは、このニュース。

朝日:麻生首相退陣阻止を狙った民主 不信任・問責決議案2

 参院は14日の本会議で、麻生首相への問責決議を民主党など野党の賛成多数で可決した。首相問責決議の可決は、08年6月の福田首相(当時)に続いて2度目。一方、衆院では内閣不信任決議案が与党の反対多数で否決された。いずれも自民党議員の造反はなかったが、自民党内では「反麻生」の動きが続いており、民主党は攻勢を強めている。
(略)
 内閣不信任案を扱う衆院は与党が3分の2の多数を占めており、可決のハードルはそもそも高い。まして与党議員にとって内閣不信任賛成は除名に直結する背信行為だ。このため、自民党議員らは反対票を投じて麻生首相を「信任」せざるをえず、結果的に「麻生降ろし」の根拠が薄れて動きにくくなる――これこそが民主党の狙いだった。

 決議案提出に伴う審議拒否は、鳩山氏の虚偽献金問題に対する国会での与党の追及の芽を封じることにもなる。
(略)


 とまぁ、そんなことがあったんで、

朝日:国会、事実上閉幕 17法案は廃案へ2

 首相問責決議の可決を受け、野党が今後、衆参両院で審議に応じないため、国会は28日の会期末を待たずに事実上閉幕した。北朝鮮制裁のための貨物検査特別措置法案や国家公務員の幹部人事を一元化するための公務員制度改革関連法案など、政府提出の17法案(前国会からの継続案件も含む)が廃案になることが確実になった。
(略)
■廃案となる政府提出17法案

・組織的犯罪処罰法改正案(共謀罪創設法案)

・被用者年金一元化法案

・地方公務員法・地方独立行政法人法改正案

・独立行政法人統計センター法改正案

・行政不服審査法案

・行政不服審査法施行関係法整備法案

・行政手続法改正案

・独立行政法人通則法改正案

・独立行政法人通則法施行関係法整備法案

・労働者派遣法改正案

・独立行政法人気象研究所法案

・成田国際空港株式会社法改正案

・確定拠出年金法改正案

・公務員制度改革関連法案

・障害者自立支援法改正案

・小規模企業共済法改正案

・貨物検査特別措置法案


 以上が廃案になる予定です。
 というわけで社説が並ぶワケですが。最後の北朝鮮制裁のための貨物検査特別措置法案が廃案になるってことをどう書いてるかを注目してみましょう。

朝日:国会空転―解散予告の余計な空白

(略)
 野党の審議拒否で、北朝鮮制裁のために検討されてきた貨物検査特別措置法案は、解散とともに廃案になる。

 首相は、安全保障にかかわる重大な法案なのにその審議を投げ出すとは「考えられない」と、民主党など野党への非難のトーンを上げている。

 だが、これは言いがかりに近い。首相自身が、都議選直後の衆院解散を思い描いていたからだ。それが実現していれば、特措法案がただちに廃案になることは承知していたはずだ。

 日本は国連安保理で、貨物検査を含む制裁強化を主張した。決議を実行するための法整備は必要だが、今国会で断念することはやむを得まい。
(略)
 廃案になるのはこれだけではない。労働者派遣法改正案や障害者自立支援法改正案、児童ポルノ禁止法改正案など、国民生活にかかわる法案がいくつも消えてしまう。与野党協議が進んでいたものもあるだけに残念だが、総選挙後の新たな政権のもとで、よりよい内容をめざしたい。


産経:貨物検査法案 党首会談で成立の合意を

(略)
 このため、北朝鮮関連船舶の貨物検査を可能にするための特別措置法案は、14日に衆院を通過したものの参院の審議に入れず、今国会成立は絶望視されている。

 この法案は、国連安保理の対北制裁決議に基づいて禁輸物資の輸送を阻止することを目的にしており、成立は日本の国益に直結している。それを与野党の駆け引きの道具にして法整備ができないのでは、日本の政治の劣化を世界に発信しているようなものだ。

 責任の多くは民主党にある。政権担当能力の欠如を露呈していることの自覚はないのか。
(略)東京都議選の前後から内閣不信任決議案などの提出を優先させる方針に転じ、衆院審議でも、政府案のままでは賛成しない姿勢を示しはじめた。国連中心の外交を掲げながら、安保理決議を尊重していない。
(略)


中日:自民混乱 分裂選挙の兆しなのか

(略)
 なすべきは歴史的決戦へ堂々たる陣立てを整えることである。


日経:党内結束に不安抱える自民

(略)
 解散をめぐる与野党の攻防の結果、北朝鮮に出入りする貨物検査をしやすくする特別措置法案や国家公務員法改正案などが廃案になるのは残念である。各党とも総選挙後の特別国会でこうした法案を速やかに成立させるよう努力すべきである。


北海道:不信任案否決 論戦の舞台は衆院選に

(略)
 政府は国連の制裁決議を受けて貨物検査特措法案を提出したものの、北東アジアの平和や自衛隊の役割をめぐる政策論は深まらなかった。

 国会論戦が緊張感を欠いた原因の一つは「政治とカネ」の問題で自民、民主両党がすくみ合ったためだ。

 構造的な問題を抱えた企業献金に根本的にメスを入れる好機だった。西松献金事件を機に民主党は企業・団体献金の廃止法案を提出したが、これも実を結びそうにない。

 積み残された課題はあまりにも多い。与野党は今後、選挙戦の中で答えを出す努力をすべきだ。


北国:問責決議案可決 審議拒否して廃案は無責任

 民主党が衆参両院に内閣不信任決議案と首相問責決議案を提出したのは、都議選に大勝した勢いに乗り、早期の衆院解散・総選挙に追い込むほかに、今後の法案審議を拒否する狙いもあるのだろう。民主党には、アキレス腱ともいえる鳩山由紀夫代表の政治献金問題を鎮静化させたい思惑も透けて見える。

 参院での問責決議案可決に伴う審議拒否で、北朝鮮に出入りする船舶を検査する貨物検査特別措置法案は廃案に追い込まれる。国連安全保障理事会の決議を受けた法案は、北朝鮮に圧力をかけ、国際社会との連携を示すためにも早期成立が求められている。「次期与党」を目指す民主党がそんな重要法案をあっさりと廃案にするのは無責任ではないか。
(略)
 民主党は国民に対して、外交・安全保障に関する明確なメッセージを送るためにも貨物検査特別措置法案の可決に積極的に協力すべきだ。その方が百の抽象論を並べ立てるよりずっと説得力がある。


毎日:都議選の総括 ドタバタよりも公約だ

 政権公約に局面を転換すべきである。国会は野党4党などが参院に提出した麻生太郎首相への問責決議が可決され、野党側は審議拒否に入った。来月30日の衆院選投票に向け首相が今月21日にも衆院を解散する方針であることから、国会が空転したまま与野党が事実上の選挙戦に突入する公算が大きくなった。
(略)
 解散から実質約40日にわたる選挙戦を通じ、与野党の公約は徹底検証される。そのことを各党は十分に意識しなければならない。


読売:問責決議可決 民主党は貨物法案を葬るのか

(略)
 野党は、自らが問責した首相の下では国会審議に応じられないとして、衆参両院で全面的な審議拒否に入った。

 このままの状況が続けば、21日にも予定される衆院解散で、北朝鮮貨物検査特別措置法案など政府提出の17法案は廃案になる。児童ポルノ禁止法改正案のように、与党と民主党が法案修正で合意目前だった議員立法も同様だ。

 民主党は、貨物検査法案をこのまま廃案にしてよいと思っているのだろうか。法案が成立しないと、北朝鮮に出入りする船舶への貨物検査や禁輸品の押収を、海上保安庁や税関が実施できない状態が続くことになる。

 これらの措置は、北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議に基づくものだ。
(略)
 審議拒否の理由について、与党は、鳩山代表の個人献金偽装問題を国会で追及されたくないからだと批判している。

 与党の批判の当否はともかく、民主党はやはり、北朝鮮貨物検査法案の今国会での成立に協力すべきであろう。


 貨物検査特別措置法案が廃案になって

朝日「やむを得まい」
産経「責任の多くは民主党にある。政権担当能力の欠如を露呈している」
中日「いや、それより選挙」
日経「残念である。総選挙後の特別国会で速やかに成立させるよう努力すべき」
北海道「積み残された課題はあまりにも多い。与野党は選挙戦の中で答えを出す努力をすべき」
北国「『次期与党』を目指す民主党がそんな重要法案をあっさりと廃案にするのは無責任」
毎日「いや、それより選挙」
読売「民主党は北朝鮮貨物検査法案の今国会での成立に協力すべき」

 と、まぁ。朝・中・毎の三日新聞が今国会で成立しなくてもいい、またはスルーという社説。
 日経・北海道は選挙終わったらすぐにでも成立することを求める主張。
 産経・北国・読売は「民主党何やってんの?」というカンジ。

 まぁ、わかりやすいですな。
 民主党の人たちは基本的に国防に関してはかなりアンポンタンな発言をする傾向にあるので、そのへんを突かれて自滅したり、付け入られたりするのかなーという危惧があったりします。
 いや、ホント。しっかりして欲しいんですが。

2009/07/15(水) 「8月30日に衆議院議員選挙するので社説」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 15コ

朝日:8・30総選挙―ずいぶん待たされました

(略)
 思えば昨年9月、福田前首相のあとを引き継いだ麻生氏は「私は逃げない」と、就任直後の解散を思い描いていた。それがここまでずれ込むとは、夢にも思わなかっただろう。
(略)
 参院選で野党に多数を奪われて以来のこの2年間で、安倍、福田と2代続けて首相が政権を放り出した。その後の麻生氏が何よりも優先すべきは、総選挙で民意を問うことだった。

 そこから目をそむけたままでは、いずれ政権運営が立ち行かなくなるのは当然のことだった。
(略)
 民主党も浮かれてはいられない。

 これまで一度も政権を担当したことがないのだから、政権交代が現実味を帯びれば帯びるほど不安を覚える有権者は増えてくる。政策ばかりでなく、それを実行するための具体的な政権運営の仕組み、姿を説得力ある形で示さねばならない。

 有権者にとっては、待ちに待った政権選択の機会がやっと見えてきた。これからの各党の一挙一動に目を凝らし、しっかりと吟味していきたい。


産経:8月30日総選挙 自民は解党的出直しを 首相は逆風をはね返せるか

(略)
 問題は、首相が総選挙で国民に何を問うかである。首相はこれまでの経済対策を踏まえ、景気の浮揚に全力を挙げる姿勢を示している。しかし、現在の日本が抱える内政外交の懸案に対し、指導者としての解決の指針を明示することこそが求められている。昨年9月に首相に就任して以来、いまだに明確にしていないことに国民は失望感を抱いている。
(略)
 小泉純一郎元首相を引き継いだ安倍晋三、福田康夫の2氏は、1年おきに首相の座を途中で投げ出した。政策的に大きなミスを犯したわけではないが、指導者としての責任感や資質に欠けた人物を、自民党が相次いで担いだという印象は拭(ぬぐ)いがたい。

 麻生首相は就任後、早期の衆院解散に打って出ることが想定されていた。しかし、米国発の金融危機や景気後退への対応に追われる間に民主党との党勢の差が開き、結果的に解散の時機を失したといえる。
(略)民主党も、(略)指導者の失態や政策運営で停滞する自民党への失望感が、民主党への風を強く吹かせていることを忘れてはなるまい。

 首相の解散決断に対し、内閣不信任決議案と首相問責決議案を衆参両院に提出したのは、今後の法案審議を拒否する狙いがあるのだろう。国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議を受けた貨物検査特別措置法案は衆院で審議中だが、国連中心外交を掲げる民主党は今国会成立を拒否する意思決定をしたことになる。
(略)民主党は審議を拒否することで、鳩山由紀夫代表の政治献金問題を幕引きしたいように見える。


中日:8・30総選挙 メリハリなき首相決断

 麻生首相がようやく「8・30総選挙」を決めた。都議選惨敗直後の衆院解散方針を与党にはねつけられての妥協の産物ともいえる。首相決断が肝心な場面でも軽んじられた。決戦へ不安はないか。
(略)
 私たちは昨秋の政権発足来、首相のもとでの早期解散を求めてきた。やっと「政権選択」決戦を迎えるのは結構なことだが、踏み切れずに来た代償も小さくない。
(略)
 民主、共産、社民、国民新の野党四党は十三日、衆院に内閣不信任決議案、参院に首相問責決議案を提出した。多数を握る参院で可決されれば、野党議員は審議をボイコット、全国各地で一斉に選挙運動に入りそうだ。

 貨物検査法案などを抱える与党は国会審議もそこそこに、選挙区に散ることだろう。その間、国会は解散まで空転状態。決戦前に何とも間延び感が否めない。

 ともかく「号砲」は鳴った。各党はマニフェスト(政権公約)の中身を詰めて、歴史的決戦に備えてもらいたい。


日経:「8.30衆院選」へ首相は政策の旗を示せ

 麻生太郎首相は21日にも衆院を解散し、8月18日公示―同30日投票という日程で衆院選を実施する方針を決めた。一方、民主党など野党側は衆院に内閣不信任決議案、参院に首相問責決議案をそれぞれ提出し、麻生政権への対決姿勢を鮮明にした。政局は「8.30衆院選」に向けて大きく動き出した。
(略)自民党役員人事見送りなど相次ぐ政権運営の迷走が、内閣支持率の低下を招き、選挙に悪影響を与えたことは確かだ。党内の批判にも謙虚に耳を傾け、早急に態勢を立て直す必要がある。

 首相は選挙戦で就任以来の経済対策の実績を訴える意向だが、それだけでは不十分である。年金、医療などの社会保障改革の中期プランや、今後の成長戦略を示してほしい。(略)
 民主党は政権公約に月額2万6000円の子ども手当の創設や高速道路料金の無料化などを盛る方針だが、財源の裏づけは不明確だ。党内の意見が割れている外交・安全保障政策を不安視する声も多い。都議選勝利に浮かれることなく、政策に説得力をもたせる詰めの作業が要る。


北海道:8月30日総選挙 政治の出直しが問われる

(略)
 麻生政権の下で解散時期はずるずると先延ばしされてきた。「郵政選挙」からほぼ4年ぶり。有権者にようやく政権選択の機会が訪れる。
(略)
 「8月30日」は首相と与党との妥協の産物だった。
(略)
 あくまで自分の手で解散したい首相。せめて態勢立て直しの時間がほしい与党。互いに駆け引きを続けた結果が、お盆休み明けの8月末という選挙日程だったと言えよう。

 そこには国民の審判を仰ぐという謙虚な姿勢がうかがえない。
(略)勝機が見いだせないからと先延ばしした揚げ句、最後は身勝手なやり方で決めるのでは、あまりに党利党略がすぎる。
(略)
 経済危機や雇用、年金問題にどんな具体策を提示するか。政治のリーダーにとって、最も大事なことは政策の旗印である。
(略)
 民主党など野党4党は内閣不信任決議案を衆院に、首相問責決議案を参院に、それぞれ提出した。いずれもきょう採決される。

 野党は「都議選で国民は麻生政権を信任していないことが明らかになった」として、ただちに解散するよう首相に迫る構えだ。
(略)政治の刷新を図るためには、やはり一日も早く解散するのが筋である。

 だが国政をいまの野党に委ねることができるのか-。有権者は迷いを残しているのではないか。

 野党第1党の民主党の政策には、財源を含めいまだに不明確な点が多い。政権運営のイメージも十分に明らかになったとは言えない。
(略)
 信頼を得て民意の受け皿となるためには、マニフェスト(政権公約)を磨き上げ、閉塞(へいそく)状況の打破を望む国民の声に応えることだ。


毎日:8・30総選挙 やっと選択の日が来る

(略)遅きに失したとはいえ、政治決戦=政権選択の日程が決定したのは歓迎したい。だが、これを麻生太郎首相が国民に信を問うため自ら決断した日程とは到底いえない。ともかく総選挙を先送りしたい与党側に押し切られたというのが実情だろう。
(略)決戦をできるだけ先送りしようとする与党の姿勢は自分の身を守ることだけを優先しているとみるほかない。
(略)
 民主党など野党は13日、衆院に内閣不信任決議案を、参院に首相に対する問責決議案を提出した。既に長い選挙戦が事実上始まったといっていい。総選挙が8月末になったことで有権者が各党の政策をじっくり吟味できる利点はある。

 各党はマニフェスト作りを急ぎ、早く提示すべきである。有権者の選択から逃げ続けてきた麻生首相と与党はもはや奇策に走らず、堂々と政策で争うことだ。民主党など野党も政権交代すればどう日本は変わるのか、より具体的なマニフェストを作ってもらいたい。


読売:総選挙 問われる政策と政権担当能力

(略)
 昨年9月、「選挙の顔」と期待されて登場した首相は、絶えず解散の機をうかがっていた。

 だが、米国発の金融危機のあおりを受け、秋の臨時国会の冒頭解散も、10月末解散も見送った。
(略)
 昨年来、世界同時不況が進行し、日本の景気も、底をはうような厳しい状態が続いている。

 北朝鮮は「核ミサイル」開発・実験を強行し、国際社会の警告を無視したままだ。

 超少子高齢化社会が進行する中で、年金、医療、介護の将来に対する不安感が国民の間に増大しているのに、確かな設計図や安定財源は、いまだ示されていない。

 各党は、衆院選が公示される予定の8月18日を待たずに、党内論議を活性化させ、できるだけ早期に、明確な国家ビジョンと体系的な政策を固めて、有権者に提示してもらいたい。
(略)
 衆院選は、自民党と民主党の2大政党が有権者に真正面から「政権選択」を問う戦いになる。
(略)
 しかし、問題は、両党ともに、国民の審判を受けるための政策づくりが遅れていることだ。
(略)
 民主党は海上自衛隊によるインド洋での給油活動やソマリア沖の海賊対策の根拠法に反対した。

 北朝鮮に出入りする船舶を検査する貨物検査特別措置法案も、民主党など野党が、問責決議案可決後、すべての国会審議に応じないとしていることから、今国会成立は難しくなった。

 国連安全保障理事会の決議を受けた法案を廃案にするなら、民主党が内外から「責任放棄」と批判されてもやむをえまい。

 有権者が民主党に不安を覚えるのは、民主党政権が誕生した際、内政、外交両面で、混乱なく日本の舵(かじ)取りが出来るのかということだ。こんな懸念をいかに払拭(ふっしょく)するかが民主党の課題になる。
(略)
 一方、自民党はこの4年間で、小泉純一郎氏から安倍晋三、福田康夫、麻生太郎各氏へと、政権のバトンをつないできた。

 頻繁なリーダーの交代は、長く政権を担当してきた自民党の「統治能力の衰え」を示したものとの指摘もある。

 派閥の人材育成機能、政策立案能力の低下、リーダーの求心力の欠如など、党内に数々の構造的問題を抱えている。自民党はこれを機会に、解党的な出直しを図り、党改革を進める必要があるのではないか。

 2007年参院選で、民主党が参院第1党になって以来、衆参のねじれ現象の下、国会の機能不全が指摘されてきた。

 これが今回の衆院選で解消に向かうのかどうか。選挙後の政界再編の動きも含めて総選挙のゆくえが注目される。


 というわけで選挙になります。
 産経・読売はいつものように「民主党、政権とった後、ちゃんとやれんの?」ってカンジのコトを、
 日経は「民主党のやりたいことのお金はどっから出るんだかわからん」といつものように書いてます。
 他はマニフェストを出せだのなんだので、なんとなく選挙に向かって盛り上げようってカンジ。

 麻生太郎が去年の10月に首相になって、解散しろ解散しろといわれている中、世界同時不況に対して経済対策を打ち出しまくった。そのために2/3の衆議院の議席を使いまくった。景気が良くなったとはあんまり実感できないけど、差し当たっては日経平均株価は盛り返してきた。そこは純粋に評価したい思ってます。
 もちろん、打ち出した政策のおかげで不利益をこうむった所があるんだけども、それは制度が変わった以上、どこかはそうなるのであってね。

 とか言ってるなか、なんか麻生おろしの動きが自民党内でまた動き出してるようで。
 貧すれば鈍することになるんじゃないかねぇ。おろしたらおろしたで。 

2009/07/14(火) 「都議選の結果を受けて社説が並びました」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 54コ

 ま、書くことは大体一緒です。

朝日:都議選終えて―混沌の出口はただ一つ

(略)
 きのうの東京都議選で、民主党が大きく議席を伸ばし、第1党に躍り出た。一方、自民党は惨敗し、公明党とあわせた与党で過半数を割り込んだ。2大政党の勢いの差は明らかだ。

 都議選とはいえ、都政に絡む争点はすっかりかすみ、総選挙の前哨戦そのものの盛り上がりだった。麻生首相が自ら離島を除くすべての自民党候補の事務所を回ったのも、この選挙が政権の命脈を決定づけかねないと見たからだろう。

 それだけに、首相が被ったダメージは深刻だ。先週の静岡県知事選での敗北に続いてのことであり、政権交代への有権者の期待の大きさがくっきりと浮き彫りになった、と見ていい。
(略)
 「民主党に政権担当能力はない」と首相はいう。ならば目の前の危機にあたふたするのではなく、責任ある政策、政治の姿をこそ有権者に示し、民主党と真正面からぶつかることだ。

 逃げずに堂々と国民に信を問う。麻生首相はその初心に立ち返り、解散・総選挙を決断すべきだ。


産経:東京都議選 首相は敗北責任直視を 政権担う能力は検証不十分

(略)
 投票結果は、麻生政権を信任しないと都民が判断を下したと受け止めざるを得ない。首相は自民党総裁として、この敗北の現実を直視すべきである。
(略)
 民主党は大型地方選での連勝をさらに重ねることで、政権交代に向けた勢いを裏付けた。選挙直前になって公認、推薦候補を増やす対応もみせたが、候補者や政策に対する評価を超えて、民主党に吹く風の強さが示された。投票率は前回を10ポイント以上も上回った。都議選への関心の高さが民主党に有利に働いたと考えられる。

 だが、その風は民主党を積極的に支持しているというよりは、自民党への落胆によるものだろう。麻生首相自身が示せないように、政権政党としてこの国をどのような方向に持っていくのかという大方針を、自民党が描ききれていないことが問題だ。
(略)
 どちらが真の政権政党にふさわしいかは、今回どの程度問われたのだろうか。都議選での政策論争で政権交代の意味は十分に論じられていない。日米同盟を損なうような民主党の外交・安保政策の検証も足りない。自民、民主両党などはマニフェスト(政権公約)を通じて、さらに国民に対して選択肢を明示する必要がある。


中日:首都にもチェンジの大波 都議選 与党過半数割れ

 変革を求める大波が首都にも押し寄せた。東京都議選で自民が惨敗、与党は過半数割れした。民意のうねりは、総選挙での政権交代を予感させる。
(略)
 麻生首相と政権与党にとっては今回の結果は国政と地方選は別だと言ってはいられないほどの激震となった。有権者が発したメッセージは明瞭(めいりょう)だった。自公政治への「ノー」でもあり、「政権交代前夜」の雰囲気が政界に強く漂う。

 首相は半年間で四回も予算編成した実績を掲げ「経済の麻生」をアピールしている。街頭でも「政権交代は景気後退だ」と、民主批判に躍起になった。

 だが、政府が「景気底打ち」を宣言しても、都民の生活感とは懸け離れたものだった。家計の厳しさは相変わらずで、ボーナス減も追い打ちを掛けた。失業率も依然高い。年金問題も将来の不安感をぬぐえないでいるのが実情だ。
(略)
 一方、民主の鳩山由紀夫代表らは連日街頭に立った。個人献金問題を抱える鳩山氏の表情はさえなかったが、党の動員力が弱いにもかかわらず、多くの有権者が足を止めていた。政権交代を求める風をうかがわせるものだ。
(略)
 首相は総選挙直前の党首交代について「選挙目当ての行動で、姑息(こそく)な政党と思われることはあってはならない」と語ったという。ブレずに有言実行を求める。

 国民の信を問わない政権が三代続いたあげく、四度目があれば、有権者に総スカンを食らうのは目に見えている。自民も今さら見苦しいマネは慎んだ方がいい。奇策は傷口を広げるだけである。


日経:民主躍進の都議選が首相を痛撃した

 次期衆院選の前哨戦として注目された東京都議会議員選挙で民主党が躍進し、初の都議会第1党になった。自民党は大きく議席を減らした。公明党と合わせた与党の合計議席は過半数割れとなり、目標とした勝敗ラインに届かなかった。

 自民党内で「麻生降ろし」の動きが強まるのは必至の情勢だ。都議選敗北の痛手を負った麻生太郎首相はがけっ縁に追い込まれた。
(略)
 党内では中堅・若手を中心に「麻生首相では衆院選を戦えない」という声が大勢となり、新たな「選挙の顔」を選ぶための総裁選前倒しの動きが加速しそうだ。

 一連の地方選での民主の勝利は政権交代を求める機運の強さを示している。麻生政権の低支持率が都議選などの結果に影響したのは確かだが、衆院選を目前にしてまた党首を代えることになれば、有権者の強い批判を浴びることになろう。自民党もがけっ縁に立たされた。


毎日:都議選自民大敗 もはや逃げは許されぬ

 与党にとって、衝撃的な審判である。衆院選の前哨戦である東京都議会議員選挙が12日投開票された。民主党が躍進し都議会第1党の座を初めて奪い、自民党は議席を大きく減らした。自民、公明両党は勝敗ラインとしていた過半数勢力の確保にも失敗した。
(略)衆院議員の任期満了を目前にして、民意を問わない4度目の政権たらい回しで党の延命を図ろうとすることは到底、容認できない。首相や総裁のクビをすげかえれば急場をしのげるという安易な発想が政治の劣化を招いている。そのことを、与党は自戒しなければならない。
(略)
 政治の行方を決めるのは有権者だ。民主党を中心に、野党も腹を据える局面だ。状況次第では内閣不信任決議案を提出し、首相に解散の断行を迫るべきである。


読売:都議選自民大敗 首相は自ら衆院解散できるか

 目前に迫った衆院選の行方を占う東京都議選で自民党が大敗し、公明党と合わせた与党議席は過半数を割り込んだ。
(略)
 自民党が大敗したのは、日本郵政の社長続投や党役員人事見送りなど、麻生首相の度重なる失策が響いているのだろう。
(略)民主党の勝因は、麻生政治に対する不満の受け皿になったということだろう。これが民主党への積極的な支持の表れと言えるのかどうか。それが試されるのは次の衆院選だ。

 民主党は、内閣不信任決議案を衆院に提出するという。与党多数で否決されれば、不人気な麻生首相の下で衆院選になるので、民主党には好都合、という計算だ。わかりにくい対応だ。

 民主党にも、アキレスけんがある。鳩山代表の資金管理団体による収支報告書の虚偽記載問題だ。この説明は十分に尽くされていない。鳩山代表が疑惑の払拭(ふっしょく)に努めなければ、民主党の「政権交代」戦略は揺らぎかねない。


 個人的には予想以上の大敗北でした。
 NHKの速報(予想)つけてみたら、いきなり自民党1、民主党26というショッキングな数字からスタートしてましたし。

 で、解散して選挙が8月30日に来るってのも大方決まったっぽいので(まだ紆余曲折あるだろーけど)、社説も解散だーというカンジに。
 まぁ、大体が「麻生首相vs鳩山代表」という形でやって欲しいんでしょう。そんな社説になっております。

 なんか若手あたりが総裁選前倒ししてでも選挙の顔を変えたい。なんて動きがあるよーですが、現状は「自民党が飽きられた」ようなもので、そんな状態である以上は「麻生太郎よりも票取れそうな総裁」が存在しないんじゃないか。という危惧があったりします。ま、要するに「誰がやっても自民党である以上は飽きたよ」っていう身もふたもない状況になっているような気がするとゆー。

2009/07/13(月) 「なんかの終わりの始まり」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 45コ

NHK:NHK 都議選 開票速報

 自民38・民主54・公明23・共産8・ネット2・社民0・幸福0・諸派2・無0
 とゆー結果になりました。
 で、

読売:首相が週内解散決意…自民党内の反発必至

 色々動き始めました。
 明日の社説も色々出てくるでしょう。首相から解散って単語も出てきたことだしね。

2009/07/11(土) 「すぺちゃんでぃーう゛ぁ」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 13コ

ニコニコ動画:初音ミク project DIVA エディットでスペースチャンネル5


 極めてどーでもいい話なんですが、
 スペチャンのデモをやってたら涙腺がゆるんだためにプレイを断念した覚えがあります。

 なんか知らないけど、あの曲に合わせてうららが歩いてるシーンでクるんだよね。
 我ながら謎。
 まぁ、ウルトラリラックスで泣いたことがあるんで、そのへんはなんかよくわからんツボなんでしょう。うん。

YouTube:Shinohara Tomoe - Ultra Relax

2009/07/08(水) 「解散してほっしーの」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 42コ

読売:内閣不信任、3野党が都議選後に再協議

 民主、社民、国民新3党は6日、国会内で幹事長会談を開き、内閣不信任決議案の提出について協議した。
(略)


 ここで不信任案が出されて可決、内閣総辞職、自民党が造反して鳩山由紀夫首相誕生というとんでもない展開があると、任期一ヶ月で衆院選に突入する挙句、民主党が「政権交代」のお題目が使えなくなって面白いことになってしまうのですが。
 さすがにソレはないか。

2009/07/08(水) 「あぁいう状態の国が相手だと発言も難しいよな」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 76コ

AFPBB:オバマ大統領「ロシアにおける対話相手はプーチン首相ではない」

【7月7日 AFP】ロシアのモスクワ(Moscow)を訪問中のバラク・オバマ(Barack Obama)米大統領は6日、ロシアにおける政治的対話の相手はドミトリー・メドベージェフ(Dmitry Medvedev)大統領だけであり、依然として存在感を誇るウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)首相ではないとの考えを示した。
(略)
 一方で、「(米大統領としての)わたしの関心は対話の相手と直接交渉することであり、それは大統領だ」としながらも、「プーチン首相を含め、ロシア社会に影響力をもつあらゆる人びととも接触する用意がある」と付け加えることも忘れなかった。
(略)


 そりゃそーですわな。大統領なんだから大統領と話するのが当たり前。
 ここで「こっちのほうが早いから」とプーチン首相と話をしよーものなら、「アメリカ大統領≒ロシア首相」ってランクになってしまう。
 となれば、「ロシア大統領>ロシア首相」なんだから、「ロシア大統領>アメリカ大統領」になってしまうんだもの。プーチン大統領が復活した暁には完全に見下される。ンなアホなコトできませんて。

 同じようなことを中国が日本相手にやってるよね。
 日本の首相の相手をするのは中国の首相にすることで国家主席の立場を低くしないようにっていうね。

2009/07/08(水) 「日本のモータースポーツが終わるのかもしんない」
日々でなくつらつら:スポーツ -トラックバックないよ-コメント 49コ

ニッカン:富士スピードウェイがF1撤退を発表

 トヨタ自動車の子会社「富士スピードウェイ」(静岡県小山町)は7日、2010年以降の「F1日本グランプリ(GP)」開催から撤退すると正式に発表した。同日夕、都内で記者会見し詳細を説明する。
(略)トヨタはF1レース自体の参戦は継続する。
(略)


 ホンダがF-1を出て行って、トヨタもF-1は継続するとは言えグランプリを行わない。
 ラリーも撤退が相次いだし、バイクはなんだか知らないけど、盛り上げる気配もない。
 Fニッポンもどうなることやら。

 とはいえ、前回の富士スピードウェイの惨状を見る限りではやらなくていいと思うけども。

2009/07/08(水) 「kogoroさんの鉄人が見たかったけど、それとは全く関係ない話」
日々でなくつらつら:MoE -トラックバックないよ-コメント 53コ

 MoEの話。
 先日、3rdがメイドになりましたんで、次は5thの番だとばかりに、運営からいただきもののチケットを投入して、自然調和を延々とあげる作業開始。途中、睡眠やら買い物やらを経て、やっとのことで自然調和が90.0になりました。
 これで念願の鉄人になったのであります。このゲーム初めて約3年。初めての複合3次シップ(要件スキルがすべて90以上)でございます。いやー、長かった。全く複合3次職作る気がなかったからとは言え。目指してからでも1年半かかってます。それだけ気合が入ってなかったともゆー。

 ま、そんなこんなで。
 物まねも80.0まであげたのでこれで登山だーと言いたい所なんだけど、登山に必須な技であるシャドウハイドをいまだ覚えてないというオチが待っていたりします。さーて、どうしたものやら。

 んで。
 3rd、5thがまだスキル構成が出来上がってないとは言え、一応の目的を達成したので、4thを立ち上げてスキル上げ開始。
 4thは回復(現86.2)と死の魔法(現78.0)をそれぞれ90.0に。魔法熟練(現57.5)を78.0にするのであります。その後で、集中(現80.0)を90くらいまでは上げたいなー、などと。
 死体回収屋からせめてパニッシャーにしたいなーって思うワケです。その場合は筋力も生命力も、もうちっと上げなきゃダメだろなぁ。
 まぁ、先立つものはアレだというわけでお金稼ぎにいそしんでいたのだけど、いかんせん金を稼げるようなスキル構成をしてないので、ちまちまちまちま戦ったものの消費が収入に追いつかないという状況に。厳しいのぅ……。

2009/07/08(水) 「もはやカラオケしながらマラソン中継番組」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 50コ

報知:イモトアヤコが24時間マラソン…チーターと徒競走の脚力期待

 「珍獣ハンター・イモト」ことお笑いタレントのイモトアヤコ(23)が、日テレ系「24時間テレビ32 愛は地球を救う」(8月29~30日)のチャリティーマラソンランナーに抜てきされ、5日、東京・汐留の同局で会見を行った。「世界の果てまでイッテQ!」の生放送内で発表。女性としては6人目で最年少となる走者で、昨年のエド・はるみ(113キロ)を上回るフルマラソン3回分の女性最長距離126・585キロに挑む。
(略)

 「今年の24時間テレビのランナーは誰か。イッテQで発表」みたいなアオリを見て「あー、イモトか」とは思ったけども。
 で、実際イモトという芸人に対しては「がんばってるなー」と尊敬もするのだけども。

 去年のエド・はるみの時にも思ったけど、これじゃぁ、ただの若手芸人の罰ゲームにしかならんのだってば。
 24時間、若手芸人の罰ゲーム見せて、歌を歌いながらお金くださいって言うのか。アホか。

2009/07/08(水) 「絵が結構好み」
日々でなくつらつら:ゲームの話 -トラックバックないよ-コメント 68コ

Vector:ヴァンガードプリンセス

 なんかフリーらしいんで、暇つぶしがてらやってみよっかなっと。メモメモ。


2009/07/03(金) 「アヤパン、世界大統領にインタビューする」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 54コ

iza:フジ高島アナ、瀋国連事務総長インタビュー(サンスポ)

 フジテレビの高島彩アナウンサー(30)がこのほど、瀋基文(パン・ギムン)国連事務総長(65)の単独インタビューに民放で初めて成功。2日の同局系「めざましテレビ」(月~金曜前5・25)で、その模様が放送された。

 昨年10月、同番組で豪州・ケアンズに飛び、世界遺産で世界最大のサンゴ礁、グレート・バリア・リーフを実際に海に潜って取材した高島アナ。瀋事務総長に、地球温暖化で多くのサンゴが死んでいる現状を報告、日本のゲリラ豪雨災害もVTRで見てもらい「悲しいし、危機的状況だと感じました」と訴えた。
(略)


iza:国連事務総長、フジテレビと単独会見「日本は環境で指導的役割を」(産経)

(略)
 インタビューは1日、東京都渋谷区の国連大学本部で行われた。潘事務総長は「気候変動は国際社会にとって最も重要かつ緊急の問題だ」と強調。冠雪していないアフリカ大陸最高峰キリマンジャロ(5895メートル)の姿に驚き、消滅の恐れがあるサハラ砂漠のチャド湖で気候変動の影響を目の当たりにしたと述べた。
(略)


 そりゃ、温暖化は大変なのは分かるけど、北朝鮮がミサイル(シルクワームとかいう対艦ミサイルらしいけど)を2日にも撃って、他の国でも結構ドンパチやっているというのにそれしか関心が無いみたいな動きをしてるもんだから、

iza:「国連事務総長に存在感なし」 米英誌が酷評

 23日発売の米誌フォーリン・ポリシーは2007年1月に就任した国連の潘基文事務総長について、歴代事務総長の中でも特に指導力や存在感を欠き、「国連を無意味な組織にした」と酷評する論説を掲載した。英誌エコノミストも最近、潘氏の管理・調整能力不足を指摘する記事を報じており、任期切れの11年をにらみ「再任阻止に向けた“潘降ろし”が始まった」(国連外交筋)との見方もある。

 任期(5年)の約半分を過ぎた潘氏については、自身が最重要課題に挙げる地球温暖化問題も含め大きな実績はなく、欧米諸国の支持を失いつつあるとも言われる。(共同)


 などとボロックソに言われているようです。
 まぁ、国連事務総長で「すごいことをした」って評価されてる人っていないらしいですけどな。

2009/07/03(金) 「で、いつ実装されんだ」
日々でなくつらつら:MoE -トラックバックないよ-コメント 44コ

 MoEの話。
 3rdがメイドになりました。お金をためて店売り(1500gold)の顔見本を買っては整形、買っては整形をして、やっとこ美容70.0になりましたとさ。もう上げない。
 メイドは後は裁縫100にして、収穫を伐採を上げて、刀剣を上げれば終わりなんですが、まぁ、そこまでやるんだかどうか。作りたいものはあるんだけどね。

 最近帰ってからやる時間がなくてログインして、食事して風呂入ったり入らなかったりして歯を磨いたらログアウトか寝落ちしています。
 なんのためにログインするのだ?と聞かれると、もう感覚的には家に帰るようなもん。なんでしょうなぁ……。

2009/07/03(金) 「新たな政党が誕生してた」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 30コ

産経:【都議選】「オール与党か、日本共産党か。これこそが本当の対決軸だ」 志位共産党委員長が第一声

 3日告示された東京都議選で、共産党の志位和夫委員長が同日午前10時から、東京都杉並区のJR荻窪駅で行った第一声は以下の通り。

               ◇

 民主党も都政では与党だ。石原知事提出の議案に99%賛成している。都議選の対立軸は、自民か民主かではない。自民・公民・民主のオール与党か、日本共産党か。これこそが本当の対決軸だ。(略)


 自民・公・民主?

2009/07/03(金) 「まぁ、WiiとかWillcomでネット見ようって人は世界的には多くないわな」
日々でなくつらつら:だぶぜろさんの -トラックバックないよ-コメント 230コ

CNET:「Firefox 3.5」リリースと新局面を迎えたブラウザ競争234

(略)
 IEの市場シェアがほぼ1年のうちに8%も低下し65.5%まで落ち込んだというのに、Firefoxのプログラマーたちは意外な悩みに直面している。それは、自分たちはMicrosoftのプログラマーを意識した方がよいのだろうか、それとも、Appleの「Safari」や「Google Chrome」「Opera」のプログラマーをもっと意識した方がよいのだろうか、というものだ。

 Net Applicationsの調査によると、Firefoxの市場シェアは2008年7月から約3%上昇し22.5%となった。Firefoxを提供する Mozillaは間違いなく、米国時間6月30日にリリースした「Firefox 3.5」でさらなるシェア獲得を願っているだろう。しかし、AppleのSafariとGoogleのChromeも約2%ずつのシェアを獲得して、それぞれ8.4%と1.8%になっており、IEの代替品に対する需要が伸びていてFirefoxではそれを賄い切れていないことを示している。Operaのシェアはおよそ0.7%のままだ。
(略)
この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。


 Opera……。

2009/07/03(金) 「凄ぇと思ったのは、ロベカルのロングシュート」
日々でなくつらつら:スポーツ -トラックバックないよ-コメント 65コ

アルファルファモザイク:サッカーで一番心震えた瞬間
 やっぱりジョホールバルで岡野が決勝ゴール入れた瞬間。
 W杯フランスのゴンゴールもいいなぁ。
 W杯ドイツの「急にボールが来たので」のアレもキたけどあれは心震えてないし。

2009/07/02(木) 「いや、言うのはいいんだけどさ」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 90コ

時事:麻生首相以外で衆院選も=自民・山崎氏

 自民党の山崎拓前副総裁は1日、鹿児島県南大隅町で講演し、党役員人事をめぐる混乱を念頭に「衆院選は関ケ原の戦いだ。豊臣家は内紛が生じて敗れた。自民党もそうなりつつある」と懸念を示した。また、衆院選に関し「(党総裁は)麻生太郎首相でもよし、麻生首相以外でもいいが、内紛でばらばらになり、戦う前に敗れる形は避けねばならない」と述べ、麻生氏以外で戦う可能性に言及した。 (2009/07/01-14:00)


 今現在の自民党で「この人になったら何か変わるかも」って期待させるような人がいるんだろーか?

2009/07/02(木) 「今は総裁が誰になろうと今を超える支持率はもらえないと思ふ」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 25コ

 麻生太郎が内閣人事と党人事をやるのでは?という情報が流れ、
読売:首相、党役員人事は断念…2閣僚補充

 麻生首相は1日、与謝野財務相と佐藤総務相の閣僚ポストの兼務を一部解消し、与謝野氏が兼務していた経済財政相に林芳正・前防衛相(48)、佐藤氏が兼ねていた国家公安委員長に林幹雄自民党幹事長代理(62)をそれぞれ充てることを決めた。

 自民党役員人事については、党内の強い反対を受け、最終的に断念した。
(略)
 自民党役員人事に関しては、「私の口から党役員人事をやるという話をただの一度も、一言も聞いた人はいないと思う」と語っただけで、詳しい説明をしなかった。「これを機に解散に打って出る考えはあるか」との問いには、「解散の時期はしかるべき時に私が判断する」と述べた。
(略)


 という人事が発表されましたんで、社説が並びました。

朝日:閣僚人事―大騒ぎの末のこの誤算

 麻生首相はきのう、経済財政担当相に林芳正氏、国家公安委員長と沖縄・北方担当・防災相に林幹雄氏をあてる内閣の補充人事を決めた。一方、同時に模索していた自民党役員人事の方は断念した。
(略)
 首相は中川昭一財務相、鳩山邦夫総務相の辞任という事態を、与謝野経済財政相と佐藤国家公安委員長の兼務でしのいできた。それを手当てするのが今回の人事の目的だ、と首相は言う。

 だが、今国会での重要法案はほとんど片づいている。首相の言葉を額面通りに受け取る国民は、ほとんどいないのではないか。

 衆院議員の任期満了まで残り70日余り。この時期に党役員と閣僚人事に手をつけようというのは、劣勢が言われる総選挙に向けて、何とか政権の勢いを取り戻そうとの思惑があったからだろう。
(略)
 だが、首相を支えてきた派閥の実力者や党幹部らの理解を得られず、役員人事は見送らざるを得なくなった。選挙間際になっての露骨な人気取り作戦に二の足を踏む向きもあったかもしれない。

 ともかくも、閣僚人事だけは実行したが、政権浮揚への最後のカードは中途半端な結果に終わってしまった。

 「私の口から『党役員人事をやる』という話は、ただの一度も一言も聞いた人はいないと思います」。首相はきのう、記者団にこう語り、方針転換はなかったかのように装ったが、大きな誤算だったのは間違いない。
(略)
 総選挙で国民に信を問うことを避け続けていては、とても党の再生はおぼつかない。その現実に早く向き合うことだ。


産経:内閣人事 起死回生の好機を逸した

 麻生太郎首相が閣僚ポストの兼務状態を解消するための補充人事を行う一方、自民党役員人事を見送った。

 人事は、衆院解散の判断と並び首相に与えられた最高の権限に属する。それを封じられた格好の首相は著しく指導力、求心力を失わざるを得ないだろう。
(略)
 首相は1日、党人事を見送った後、「やるとは一度も言っていない」と記者団に語ったが、側近の議員らから衆院解散前に党三役、閣僚人事を行うことを進言され、検討していた。

 党内から「この期に及んでなぜやらなければならないのか」「メリットはない」といった異論が公然と示されると、首相の発言は「考えていない」「しかるべき時期に行う」などとぶれを見せた。首相に近い党幹部が異論を示し、細田博之幹事長を出している町村派から党人事に強い難色を示され、最終的に断念したようだ。
(略)
 自民党は“自分党”に宗旨替えしたのではないか。「麻生降ろし」も個利個略で動いているとしかみられていない。

 首相が提起するように民主党と財源論や安全保障政策を論じることこそ、政権担当能力を競い合う上でも重要だ。自民党は争点作りにもっと力を入れるべきだ。
(略)


中日:大幅人事断念 これで解散できるのか

 迷走の末、なげやり感もにじむ結末だ。首相が狙った自民党役員と内閣改造人事は党内の反発にあって閣僚補充にとどまった。政権のエネルギーが急速に失われている。これで衆院解散できるのか。
(略)
 衆院解散の時期を「そう遠くない日」と語った首相の戦略は明快だった。内閣支持率10%台の不人気を払拭(ふっしょく)するため、党役員人事と内閣の大幅改造に踏みきり、勢いをつけて選挙戦に突入する、特に要の幹事長は地味系の細田博之氏を代えて選挙の「顔」になりうる人物を起用する-。
(略)
 首相を支える最大派閥町村派が身内の細田氏切りに態度を硬化させ、執行部内からも大ブーイングが起きた。首相は「現時点では考えていない」「前から考えていた」と日替わり発言をした揚げ句、実行できたのは閣僚の兼務を解消する補充人事だけだった。
(略)
 静岡県知事選、都議選の結果次第では、麻生降ろしに拍車が掛かるともされる。それに先手を打つ人事の頓挫で、執行部すら把握できていなかったことが明らかになった。

 自民党にも自分たちが選んだ総理・総裁を本気で支える勢力がほとんどいないことも分かった。事態は深刻だ。
(略)


日経:麻生首相の求心力低下がさらに進んだ

 麻生太郎首相は経済財政担当相に林芳正前防衛相を起用し、国家公安委員長などに林幹雄自民党幹事長代理を充てる人事を決めた。与謝野馨財務・金融・経財相と佐藤勉総務相の兼務を一部解消するための閣僚補充人事である。

 首相は自民党の役員人事も断行することを検討したが、党内の強い反発で見送らざるを得なくなった。首相の求心力低下を象徴する事態だ。党役員・閣僚人事で政権を浮揚させ、衆院解散につなげる首相の戦略が頓挫したといえる。党内の「麻生降ろし」が強まるなか、麻生政権はがけっ縁に追い込まれた。
(略)
 首相は党役員・閣僚人事について「現時点で考えていない」と述べていたが、先月30日には「しかるべき時にしかるべき方をと、前から考えていた」と語り、人事に着手することを初めて明らかにした。

 しかし三役交代などの自民党役員人事への党内の反発は予想以上だった。強行すれば「麻生降ろし」の動きが一気に加速しかねない情勢となり、腰砕けに終わった。今回も首相の方針がぶれて、政権の迷走ばかりが目立つ結果となった。党役員人事を巡っては、首相支持勢力の間でも意見が割れ、しこりを残した。
(略)
 9月10日の衆院議員の任期切れまであと2カ月余りとなった。にもかかわらず、麻生首相で選挙に臨むかどうかの党内の意思統一すらできない。首相が指導力を発揮できないままでは、マニフェスト(政権公約)をまとめることもおぼつかない。自民党の状況は極めて深刻だ。


北海道:閣僚補充人事 解散で混乱に終止符を

 大山鳴動の揚げ句に、2件の補充人事で幕とは。
(略)
 政権と自民党の迷走ぶりは目を覆うばかりである。政治の混乱に終止符を打つためにも、首相は一日も早く衆院を解散するべきだ。
(略)
 巻き返しを図るために、首相は地味で「発信力が弱い」と言われる細田博之幹事長や保利耕輔政調会長の交代を検討したとされる。
(略)
 首相は人事で弾みをつけ、12日投開票の東京都議選の前後に解散するつもりだ。そうなれば総選挙の敗北は必至だ-。浮足立つ中堅・若手が総裁選の前倒しを求め、ベテランは公然と首相退陣を要求した。

 表紙を取り換えて何とか選挙を乗り切ろうというのだろう。人事にこだわった首相と全く同じ発想だ。国政に責任を持つべき政権党のこの体たらくは、どうしたことか。

 姑息(こそく)な目くらまし戦術はもう通用しない。マニフェストを掲げ、民意を問う。いま首相に残された唯一の仕事は国民の審判を仰ぐことだ。


毎日:麻生人事 「大山鳴動」とはこの事だ

 起死回生を図るための人事が政権の求心力をさらに失わせる、何ともぶざまな結果になった。
(略)
 麻生首相とその周辺の思惑は、一連の選挙を乗り切るに当たり、民主党との論戦の中心になる細田幹事長ら党役員を一新・強化することにあった。その過程で古賀誠選対委員長が宮崎県の東国原英夫知事に自民党からの総選挙への出馬を要請したことが注目を浴び、同氏の閣僚起用も取りざたされた。大阪府の橋下徹知事らによる、地方分権を掲げる「首長連合」の動きもこれに重なり、話題を呼んだ。

 ところが、ふたを開けてみたらまさに「大山鳴動--」となった。細田幹事長の出身母体で政権を支えてきた町村派ら主要派閥の理解を得られなかったばかりか、衆院解散を恐れて「麻生降ろし」を画策する勢力からはむしろ退陣勧告を突きつけられ、全くいいことがないまま形だけの補充人事にしぼんでいった。

 「人事については私が決めさせてもらう」と決然と語った首相も、1日夕には「私の口から党役員人事をやると聞いた人はただの一人もいないと思う」と言い訳がましく軌道修正したものの、首相が迷走したのは明らかだ。
(略)


読売:閣僚補充人事 「政権浮揚」にはほど遠く

 大騒ぎしたあげくがこれなのか。ここ1週間の麻生首相と自民党とのドタバタ劇の結末をみて、そう感じる人は少なくないだろう。

 首相や側近らが政権浮揚を狙ってもくろんだ党役員人事や内閣改造は、尻つぼみに終わった。
(略)
 しかし、今回の混迷は、首相の指導力不足を露呈させる一方で、党内に亀裂を生んだ。首相は、この混乱を収束させることができるのかどうか。
(略)
 政権の体力が弱っている時の人事は鬼門だという過去の教訓に思いが及ばなかったのだろうか。

 結局、人事刷新構想は、党内だけでなく、連立相手の公明党からも拒否され、首相は四面楚歌(そか)のような状況に追い込まれた。
(略)
 会期末が迫る国会では、北朝鮮に出入りする船舶を調べる貨物検査特別措置法案や水俣病の未認定患者を救済する法案、衆院を通過している臓器移植法改正案など、重要法案も残っている。

 首相が、衆院解散・総選挙に打って出るというなら、これらをきちんと処理したうえで、「日本の安心社会への道筋」を具体的に示すべきだろう。


 ここ数日の私(と職場や周りの人々)は「初代そのまんま東が国政参加するのか?」で特に盛り上がり、「鳩山由紀夫衆議院議員の故人献金」でちょろっと盛り上がったので、これらの社説を見ても、

 「麻生内閣の人事で盛り上がってたの?」

 と思ってしまったわけです。世間は知らんけど。
 鳩山兄の社説とこの社説をぶつけてるのが朝日・北海道・毎日・読売で、産経・日経が1日ずれています。中日に至っては鳩山兄社説はスルーしています。

 まぁ、うがった見方をしてしまえば、
 朝日・北海道・毎日・読売は鳩山兄を叩くわけにはいかなかったけど、その社説だけになると困るので、麻生人事社説を一緒にぶつけることで相殺を図った。
 産経はまず鳩山兄を叩いたものの、結局麻生人事も叩かざるを得なかった。
 日経は金に絡むので鳩山兄をすぐに叩いて、麻生人事も叩いた。
 中日は、麻生人事しか目に見えてない。
 ってなトコなんですかね。3日辺りに中日があわてて社説出したりしたら笑いましょう。

 で、
 実際問題、「人事」ってことでそんなに盛り上がってたんですかね?
 とりあえず、困ったときはGoogle先生に聞いてみましょう。

Googleニュース:麻生 人事 の検索結果 1 – 10 / 約 2,753 件Googleブログ検索:麻生 人事 の検索結果 約 74,863 件中 1 - 10 件目
Googleニュース:東国原 知事 総裁 の検索結果 1 – 10 / 約 717 件Googleブログ検索:東国原 知事 総裁 の検索結果 約 75,197 件
Googleニュース:鳩山 故人献金 の検索結果 1 – 10 / 約 388 件Googleブログ検索:鳩山 故人献金 の検索結果 約 39,368 件中 1 - 10 件目

 盛り上がってたんですかね。

Googleニュース:空からオタマジャクシ の検索結果 1 – 10 / 約 89 件Googleブログ検索:空からオタマジャクシ の検索結果 約 51,291 件中 1 - 10 件目

 んー……。

2009/07/02(木) 「ポポポーポ・ポーポポ謝罪会見への社説」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 40コ

 さてさて、鳩山兄の会見で社説が並びましたので、見てみましょう。

朝日:鳩山氏虚偽献金―ああ、なんといい加減な(7月2日)

 民主党の鳩山代表が虚偽献金の事実を認め、陳謝した。すでに死亡した人や、一度も献金したことがない人の名前を、個人献金者として政治資金収支報告書に載せていたという。

 なぜ、そんなことをしたのか。なお納得できない点は少なくない。
(略)
 二十数年つとめてきた秘書が独断でやり、鳩山氏自身は知らなかったと述べた。だとしても、報告書への虚偽記載は明白だ。政治資金規正法の違反である。鳩山氏の責任は重い。
(略)
 普段から1千万円を超える金を秘書に預け、鳩山氏の私的な支出にあてさせていたというが、本当に鳩山氏個人の金だけだったのか。出所を明かせない裏献金は入っていなかったか。他にも疑問はいくつもある。
(略)
 与党は、総選挙を前にしてライバル民主党の代表の失点が表ざたになり、勢いづいている。だが、国民の怒りは与党にも向けられていることを忘れてもらっては困る。
(略)


産経:鳩山氏への献金 これでは責任を免れない2(7月1日)

(略)
 事実でない献金額は4年間で2100万円を超え、名義が使われた人は約90人、193件に上るという。鳩山氏は、個人献金を多く見せるために経理担当者が操作したと説明しているが、なぜこれだけ大がかりに虚偽記載をしなければならなかったのか。明白な政治資金規正法違反ではないか。

 鳩山氏は経理担当の公設秘書を解任する一方、自身は「説明責任を果たす中で代表の責務を果たしたい」と党代表を続投する考えを表明した。こんな説明で事態を乗り切れると思っているのか。その政治責任は重大であり、進退をかけて、さらなる説明を果たす必要がある。
(略)
 この問題を調査した弁護士は報告書のなかで、鳩山氏の資金管理団体「友愛政経懇話会」の経理担当者が独断で行ったもので、鳩山氏は知らなかったとしている。
(略)
 民主党は3年後の企業献金廃止を打ち出し、関連法案を国会に提出するなど政治資金の透明化を目指している。党首が相次いで政治とカネの疑惑にまみれ、こうした姿勢を台無しにしている。


日経:虚偽献金で鳩山氏の責任重い(7月1日)

 「政治とカネ」をめぐる不祥事はもううんざりだというのが、国民の率直な感想ではないか。

 民主党の鳩山由紀夫代表が記者会見し、同氏の資金管理団体の収支報告書に事実と異なる個人献金の記載が多数あった事実を公表して陳謝した。「架空」とみられる献金は2005年からの4年間で2100万円を超える。法の趣旨をないがしろにする行為で、このままでは有権者の政治不信は募るばかりだ。
(略)
 鳩山氏本人は記者会見で「全く知らなかった。一秘書のやったことだが監督責任はある」と語った。すでに修正報告をし、秘書を解雇する意思も示した。

 しかし政治資金報告書の虚偽記載は故意でなくても重大な過失があれば「3年以下の禁固または50万円以下の罰金」の罪に問われる。長期間にわたって事実と異なる記載を放置してきた鳩山氏の責任は重い。なぜ秘書がこのようなことをしたのかを含め、鳩山氏の説明は不十分だ。
(略)


北海道:虚偽献金 鳩山代表の責任は重い(7月2日)

(略)
 鳩山氏は西松建設の違法献金事件で代表を退いた小沢一郎氏の後を受けて就任した。「政治とカネ」の問題には重い責任を負っている。

 しかも民主党は西松事件を教訓に企業・団体献金の廃止法案を国会に提出し、個人献金の拡充を唱えている。その個人献金をめぐる不正だ。

 国民に失望を広げ、政権交代のかかる衆院選を前に民主党に打撃を与えた。一度の記者会見で幕引きを図るのではなく、政治資金の透明化に向けて先頭に立ち、信頼回復に全力を挙げねばならない。
(略)
 首をかしげたくなるのは、虚偽献金の原資についての説明だ。活動費として秘書に預けていた同氏の個人資産が転用されたとしている。

 使われた資産が500万円を超える年もある。鳩山氏は気づかなかったというが、世の中の金銭感覚とかけ離れていないか。
(略)
 鳩山氏はきのう「自分の知りうることはすべて話した」と述べた。しかし、違反行為は長期にわたっていた。秘書の独断だと釈明するだけでは納得は得られまい。
(略)
 各党は総選挙で政界浄化をいかに実現するかを掲げ、選挙後に本格的な具体策に取り組んではどうか。それが自浄能力を示す道である。


毎日:政治献金疑惑 何を信じろというのか(7月2日)

 いったいどうなっているのか。鳩山由紀夫民主党代表、与謝野馨財務・金融・経済財政担当相の政治献金疑惑である。民主党にとっては、西松建設のダミー団体による献金で公設第1秘書が起訴され代表を辞任した小沢一郎氏に続くもので、党が受ける打撃は深刻だ。総選挙を目前に控え、与野党を代表する議員たちの献金疑惑は国民の政治不信を増幅させるばかりだ。

 与謝野氏の疑惑は、商品先物取引会社「オリエント貿易」など5社のダミー団体から1億円を超える政治献金を受けていたというもので、渡辺喜美元行政改革担当相も同じ方法で4000万円近い献金を受けていた。(略)
 ダミー団体を使った迂回(うかい)献金は西松建設事件と同じ構図で、ほかの企業や議員の間でも行われてはいないか、という疑念すら浮かぶ。
(略)どれだけ法改正をしても抜け道が作られる企業・団体献金はやはり全面禁止するしかないのではないか。(略)
 ところが、その直後、鳩山代表の個人献金に虚偽記載があったことが判明した。すでに亡くなっていたり、実際に寄付していない約90人から個人献金193件、計2178万円を受けたと政治資金収支報告書に記載していたというのである。これらは05年以降のものだけだ。

 鳩山代表の説明によれば、献金があまりに少ないので「大変だ」と思った公設秘書が鳩山代表から預かっていた個人資産を献金に充て、個人献金を集めた実績を水増しする目的で虚偽記載したという。鳩山代表は公設秘書を解任し、民主党は説明責任を果たしたとしているが、それで済むだろうか。(略)
 さらに、与謝野財務相、渡辺元行革担当相など疑惑を招いている議員は総選挙の前に国民に十分説明し、各党は政治資金改革についてマニフェストに盛り込み、国民に信を問うべきである。


読売:鳩山氏架空献金 調査も説明も極めて不十分だ(7月2日)

 違法献金事件で辞任した民主党の小沢一郎前代表に続き、鳩山代表にも「政治とカネ」をめぐる不祥事が発覚した。
(略)
 公設第1秘書が鳩山代表の個人資金を団体に繰り入れる際、別人の献金として処理したという。

 多額の架空献金であり、政治資金規正法違反が明白なのに、調査も説明も極めて不十分だ。鳩山代表は、事実関係を徹底的に調査したうえ、国民が納得できるよう説明を尽くすべきだ。
(略)
 鳩山代表側は、秘書が支持者への寄付の依頼を怠り、それを隠そうとしたと言うが、とても納得できる説明ではない。代表本人の寄付や貸付金にできない理由があったと見られても仕方がない。

 資金管理団体には最近3年間だけで、小口の匿名の個人献金が総額1億円以上ある。この中にも架空献金が含まれているのではないか。04年以前はどうなのか。

 鳩山代表は、西松建設の違法献金事件で小沢前代表に説明責任を果たすよう促していた。自らの問題に関する一連の疑問について明確に答えねばなるまい。
(略)
 政治資金の問題があるのは民主党だけではない。自民党の二階経済産業相や与謝野財務・金融相も不透明な企業献金が指摘され、国会で追及を受けた。

 政治団体の支出については09年分から監査制度が始まる。収入も厳しいチェックが必要だ。どんな制度が効果的か、与野党は第三者も交えて議論を深めるべきだ。


 てなワケで。
 基本は鳩山叩きをしつつ、自民党に対して「与謝野の疑惑もあるだろ」という社説になってるんですが、毎日だけがしょっぱなから並列で書いて、両方を叩きにかかるというカンジになっています。
 ただまぁ、野党というのは与党を攻撃するってのが仕事と思ってるフシがあって、まぁ、それはそれでかまわないのだけど、その時の攻撃に使った言葉が自分に返ってくるという民主党のブーメランっぷりはかなり凄いと思う。
 それもこれも発言するよーな声のでかい人間とか、顔になってる人間が最大野党だっていうのに大物3人しかいやしないっていうことが原因なのでしょうが。

 ま、政治家ってのは叩けばなんか出るっていう職業なのかも知れませんがなー。

2009/07/02(木) 「お姉さんをレンタルって時点でフェミ団体辺りから苦情の一つや二つ来てんじゃないの?とか思った私がいる」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 73コ

iza:ポルノ映画と同名…レンタルお姉さん配給差し止め仮処分申請

 引きこもりの社会復帰を支援する「レンタルお姉さん」の名称が、ポルノ映画のタイトルにそっくりそのまま流用されたとして、“お姉さん”を派遣するNPO法人が映画配給差し止めの仮処分申請を決定。1日会見したお姉さんたちは「誇りにしていた名前を地に落とした」と号泣した。
(略)「レンタルお姉さん 欲望家政婦」(姫川りな主演)が上映されていると事務局に連絡があり、ポルノ映画のタイトルとして使われていることが発覚した。

 映画は06年11月公開。配給元の新日本映像サイトによると「そんじょそこらの家政婦さんとは一味も二味も違う」という「スーパー家政婦」が掃除、洗濯はもちろん、下半身の世話までこなすストーリーで、本物とはまったく関係ない内容。
(略)
 新日本映像は「(仮処分申請は)今、初めて聞いた。詳しいことがわからないのでコメントできない」と話している。


 だ、そーだ。
 また映画の公開時期が絶妙なタイミングで、企画が通った辺りに商標が登録されるかされてないかくらいだろうという、なんとも言えませんなぁなことになってる。
 で、2007年になんかの記事になったらしいんだけど、

痛いニュース(ノ∀`):脱ひきこもり支援 「レンタルお姉さん」(2007年04月02日)

6 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2007/04/01(日) 22:15:20 ID:TkkgnPSv0
これなんてエr

17 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2007/04/01(日) 22:17:09 ID:6t0+Zi1w0
チェンジ有り?
(略)
31 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2007/04/01(日) 22:18:55 ID:iehQiZue0
本番アリ?
(略)
92 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2007/04/01(日) 22:26:02 ID:Fu8Ls0zU0
オプションはありますか?
(略)
107 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2007/04/01(日) 22:27:42 ID:dqy86YT50
せっくる教えてください!
(略)
776 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2007/04/02(月) 00:07:39 ID:lNdmiTAb0
これデリヘルの進化系だろ

あこぎな商売だな


 とまぁ、2007年段階でもうこの言われようでしたがな。

2009/07/02(木) 「布包 屋の話」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 130コ

iza:一澤帆布相続訴訟 遺言書の無効確定、3男の妻の勝訴が確定

 京都の人気かばん店「一澤帆布工業」が兄弟間で分裂する原因となった相続をめぐり、前会長の故一澤信夫氏の3男で前社長の信三郎氏の妻が、同社と長男の信太郎氏、4男の喜久夫氏を相手取り、「前会長の遺言書は偽造」として無効確認を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)は23日、長男らの上告を退ける決定をした。
(略)


iza:一澤帆布、骨肉の争い継続 長男が対抗措置

 京都市の手作りかばん店「一澤帆布工業」の相続をめぐり、先代会長の三男で前社長の一澤信三郎氏(60)側が長男の信太郎氏(63)らを相手取り、三男の相続を否定する内容の「前会長の遺言書は偽造」として無効確認を求めた訴訟で三男側勝訴が最高裁で確定したことを受け、長男側は1日、同社の代表取締役を一時的に中立的な第三者から選任することや、自身を取締役に選ぶことなどを求める仮処分を京都地裁に申し立てた。
(略)


 だ、そうな。
 ソースは記憶とWikipediaっつーアレなことになりますが、時系列で言うと、
  1. 1983.09.xx:一澤信三郎(三男)が一澤帆布(株)社長に。
  2. 1996.12.xx:一澤喜久夫(四男)が一澤帆布(株)を退社。
  3. 1997.12.12:前会長、一澤信夫(親)が巻紙に毛筆、実印を使って遺言状(1)を作成。「株式の67%を信三郎に。33%を喜久夫に。預金等は信太郎(長男)に」という内容。
  4. ~2000.03:一澤信夫が脳梗塞に倒れ、要介護の状態になる。
  5. 2000.03.09:一澤信夫が便箋にボールペン、実印ではない印鑑を使って遺言状(2)を作成。「信夫所有の株式の80%を信太郎に。20%を喜久夫に」という信太郎・喜久夫で株式の約62%を保有できる内容。
  6. 2001.03.15:三代目、一澤信夫死去。
  7. 2001.03.15~:顧問弁護士に預けていた遺言状(1)を開封。そのとおりとなる。
  8. 2001.07.xx:信太郎が遺言状(2)を持って登場。後からの遺言状が適用されることになりかける。
  9. 2001.07~:信三郎が遺言状(2)が偽造された物として訴訟を起こす。
  10. 2004.12.xx:最高裁にて信三郎敗訴が確定。
  11. 2004.03.xx:経営効率化のため、製造部門である(有)一澤帆布加工所を設立。職人が全部そこに入社。
  12. 2005.12.16:信太郎・喜久夫が臨時株主総会にて信三郎、取締役3人、監査役の解任。信太郎が社長に。喜久夫、信太郎の娘が取締役になる。
  13. 2005.12.16~:信太郎が京都地裁に、店舗と工場を使用していた(有)一澤帆布加工所に対して、店舗と工場の明け渡しを求める仮処分申請を行い認められる。
  14. 2006.03.01:店舗・工場の明け渡し強制執行される。この時、職人全員が信三郎についていく形で退社。
  15. 2006.03.06:信太郎には店と機械と名前だけが残り営業不能状態になり、営業休止を余儀なくされる。
  16. 2006.03.21:信三郎は別に工場を確保、帆布等の材料の仕入先も信三郎に仕入れすることになり、新ブランド「信三郎帆布」「信三郎かばん」を立ち上げることを表明。
  17. 2006.04.06:一澤帆布のはす向かいに一澤信三郎帆布が営業開始。
  18. 2006.10.16:一澤帆布、職人を30人弱ほど確保し、営業再開。
  19. 2007.02.14:信太郎が信三郎ら(旧経営陣)に対し、商標権侵害等で13億円の損害賠償請求訴訟を提起。
  20. ~2008.11:信三郎の妻が「遺言状(2)の無効確認」を提起。京都地裁は請求棄却。信三郎の妻は控訴。
  21. 2008.11.27:大阪高裁で「遺言状が無効である」とし、2005.12.16の臨時株主総会の決議の取り消すという判決を下す。信太郎は上告。
  22. 2009.06.23:最高裁は高裁判決を支持し上告を棄却。遺言状(2)と2005.12.16臨時株主総会決議が無効になる。
  23. 2009.07.01:代表取締役を一時的に中立的な第三者から選任することや、自身を取締役に選ぶことなどを求める仮処分を京都地裁に申し立てる。


 と、いったかんじ。
 まぁ、京都という場所で、信三郎が信太郎のはす向かいに土地を手に入れて商売できちゃって、職人から取引相手からがそっちについてってる時点で色々終わってたと思うんですけどな。
 最後の仮処分が通ったら、中立的っていう雰囲気の自分寄りを必死に探すとかするんだろうけど。そもそも通るんかなぁ。まぁ、通すんでしょうけど。

2009/07/02(木) 「貧すれば鈍する」
日々でなくつらつら:笑ったもの -トラックバックないよ-コメント 156コ

ZAKZAK:緊急番組改編を断行! TBS危機脱却を狙う秘策とは

(略)30日から、午後3時台に「花より男子 韓国版」、4時台に「宮廷女官チャングムの誓い」、5時台に「水戸黄門」と、韓流・時代劇の再放送ドラマで固めて午後6時台の「THE NEWS」につなげ、全体の視聴率向上を狙う。
(略)


 2時間韓国ドラマ(しかも一つはNHKでやった再放送)で再放送の時代劇を繋いでニュース番組に。
 ……。
 韓国ドラマをありがたかって見る層は限られてると思うのだけどなぁ。
 NHKの冬のソナタが受けたのは、おばちゃんに受けたって話もあるけど、それは「日本語吹き替えしてた」っていう巨大な理由があったから。TBSは字幕でごまかして失敗した前例があったと思うんだけど。

 まぁ、グダグダな終わり方をしてダメになるでしょう。などと予想してみる。

2009/07/02(木) 「ポッポッポーポポーポポーポポポ 故意は故意は故意」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 69コ

 物語は朝日新聞の報道からはじまった。
朝日:鳩山代表に「故人」献金? 少なくとも5人、120万円

 民主党の鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体「友愛政経懇話会」の政治資金収支報告書に、すでに亡くなった人が個人献金者として記載されていることが分かった。朝日新聞が03~07年分の報告書を調べたところ、少なくとも5人の故人が延べ10回、120万円分を献金したことになっていた。遺族のうち、1人は「よく分からない」と答えたが、4人は「死亡後に献金した事実はない」としている。
(略)
 鳩山氏は5月の代表就任会見で企業・団体献金の3年以内の禁止を打ち出した。さらに今春に配信した自身のメールマガジンでは、個人献金に対する税の優遇措置の拡大を訴えており、「企業献金から個人献金へ」の流れを唱える代表的存在だ。

 鳩山事務所は朝日新聞の取材に「誤記載だとは思うが、全体を調べてみたいと思う。事実とすれば本人や遺族に申し訳なく、誠心誠意対応したい」としている。


 その後、通信社や週刊誌なども調べ、死んだ人だけでなく、生きている人でも身に覚えのない献金があることが発覚。
47News:鳩山民主党代表への献金否定 収支報告書記載の3人

 民主党の鳩山由紀夫代表の資金管理団体「友愛政経懇話会」が政治資金収支報告書に記載した個人献金者のうち3人が「献金した事実はない」と話していることが24日、共同通信社の取材で分かった。虚偽記載の疑いもあるが、鳩山氏の事務所は「責任者がおらず対応できない」としている。

 報告書では、鳩山氏の小学校時代の恩師で東京都内に住む男性(81)が2007年に12万円を献金、職業は団体役員と記載されていた。これに対し男性は「教え子に金を出すわけがない。団体役員に就いたこともない」と否定した。

 06年に10万円を献金とされた兵庫県の男性(53)は「7、8年前に年間2千円を2年間、懇話会に献金したことはある。その後は一度も献金していない」とした。

 07年までの3年間に計15万円を献金と記載された千葉県の男性の妻は「覚えはない。主人は、なぜ名前が使われたのかと怒っていた」と話した。


故人献金関連情報まとめ

週刊新潮からの抜粋

・元都立小石川高校英語教師(恩師故人):05~07年に68万円献金
 事実無し
葬儀に花輪を送っていただいているので知らなかった筈はない

・関東在住A氏:05~07年に15万円献金
 事実無し

・関西在住B氏:05~07年に10万円献金
 事実無し
3,4年前まで後援会に入っていたので会費2000円なら払っていた

・北海道在住C氏:05年に10万円献金
 事実無し
寝耳に水です。勝手に個人情報を出されて迷惑している

・都内在住会社経営D氏:05~07年に20万円献金
 事実無し
一度会食した事がある、会社経営という立場上勝手に名前を利用されて大変迷惑している

・都内在住E家:05年に65万円献金
 事実無し
97年に鳩山後援会に電話して住所氏名を伝えた事だけならある

・学習院初等科理科教師:07年に12万円献金
教師上がりの貧乏人がなんで金持ちの教え子に献金しなくちゃいかんのだ、ふざくんな
誰だ、こんな事を言い出したのは自民党か、鳩山を陥れるつもりか訴えてやる
…え、鳩山事務所が僕が払った事にしてんの?全くの嘘だ。どうしてそういう事になるの。
気持ち悪い何らかの悪意を感じる。ミスじゃないよこれは…

故人献金だけで朝日新聞報道の120万円を越えて160万円を超えている
生きている人の分も含めるとそれだけでは済まない
他にも有史以来この世に存在した事がない住所からの献金が見つかった。
引っ越してそこに居住事実のない人間からの献金が見つかった。

「資金管理団体側のマネーロンダリングが、真っ先に疑われますね」
と言うのは、日大法学部の岩井奉信教授。例えば、
「大口の献金を貰ったが、法定上限を超えていた。それを完全に裏金扱いするのは
さすがにマズいと考え、適当に支援者名簿の中から名前を借りて小口に分散させた。
いずれにせよ、これだけゾロゾロ出てくるようでは、単なるミスでは済まされない。
立派な虚偽記載です。鳩山氏には説明する義務がありますし、
合理的な説明ができなければ、事務所ぐるみの工作と言われても仕方ないでしょう。」


朝日:「献金してない」証言次々 民主・鳩山氏の献金記載問題

 民主党の鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体「友愛政経懇話会」へ個人献金したとして収支報告書に記載されている複数の人が、「献金した事実はない」と話していることが朝日新聞の調べで分かった。鳩山氏への個人献金については、既に亡くなった人が献金者として記載された事例が明らかになっており、会計処理の不透明さが一層強まった形だ。

 東京都内に住む元小学校教諭は、07年12月に12万円を献金したとして政治資金収支報告書に記載されている。ところが元教諭は、過去に一度も献金したことはないという。元教諭は取材に「鳩山氏はかつての教え子。その縁でたまに会合などで会うことはある」としたうえで、「しかし献金など事実無根。こちらが寄付してもらいたいくらい。どうしてそんなウソが載っているのか。本当に心配だ」と困惑した様子で語った。
(略)


朝日:匿名献金が突出 鳩山代表、5年で2億3千万円

 民主党の鳩山由紀夫代表の政治資金管理団体「友愛政経懇話会」の政治資金収支報告書で、5万円以下などの条件を満たす匿名の個人献金の総額が、03~07年の5年間で計2億3千万円に上り、国会議員のなかで突出して多いことがわかった。
(略)
 政治資金規正法は、政治家の活動資金に透明性を持たせる観点から、献金者の氏名と献金額を収支報告書に記載することを義務づけている。ただし年間5万円以下、税の控除を受けないなどの条件を満たす小口の個人献金者は氏名や住所を記す必要がなく、「その他献金」として合計のみを記載すればよいとしている。
(略)
 「その他献金」の扱いは法にのっとった処理であり、それ自体に問題はないが、今回の「故人献金」のように実際に献金したかどうか、第三者が直接確認することはできない。

 鳩山氏は企業団体献金を禁止して個人献金を推進する立場。税額控除を強化するよう主張もしている。自らの場合は、税額控除の対象とならない匿名献金が多いという矛盾を抱えた格好だ。


 というわけで、6月30日。鳩山由紀夫衆議院議員が記者会見をしたよーなんですが、その前に2年前の威勢の良い発言をどうぞ。

民主党ニュース:辞任は当然 鳩山幹事長が小林自民党参院議員の辞任を受け記者団に(2009/09/04)

 鳩山由紀夫幹事長は4日夕、党本部で、小林温自民党参院議員の議員辞職を受けて、「辞任は当然。むしろ出納責任者が逮捕された段階でお辞めになるべきだった」(略)「選挙のお金を扱う責任者の連座は当然。官房長官の発言はおかしい」(略)と語った。


民主党ニュース:閣僚の政治とカネ厳しく追及していく 鳩山幹事長が会見で(2007/09/07)

 鳩山由紀夫幹事長は、7日午後、定例記者会見で(略)
 収支報告書などの訂正が相次いでいることに関して、事務的なミス、職員がやったなどとする言い逃れともいえる発言が多い点について、「資金管理団体、政党支部の代表者は政治家本人。領収書の多重使用などは事務的なミスではない」と批判。(略)


 を踏まえて、記者会見。

東京:管理団体の『献金』虚偽記載 鳩山代表が陳謝

 民主党の鳩山由紀夫代表は三十日、同氏の資金管理団体「友愛政経懇話会」の二〇〇五年から四年間の政治資金収支報告書に、事実と異なる個人献金百九十三件、総額約二千二百万円分を記載したことを明らかにした。 
(略)
 これらは、会計実務担当者の公設秘書に預けていた鳩山氏自身の資金で、公設秘書が個人献金を多く見せるために、故人らの名前を使って献金を受けたことにしていたという。
(略)自らの監督責任を認める一方で、「説明責任を果たしていく中で、代表としての職務を果たしたい」と代表辞任は否定した。

 報告を受けた岡田克也幹事長も「これで代表を辞める話ではない。説明責任を果たし、納得できるものだった」と述べた。


スポニチ:虚偽記載2177万円は経理担当者の単独犯行

(略)原資はすべて鳩山氏本人の資金で、不正なものは含まれていないと説明。陳謝し、「説明責任を果たす中で代表の責務を果たしたい」と党代表続投の考えを表明した。

 虚偽記載の理由について「経理担当者が私への個人献金があまりに少ないので、大変だとの思いがあったようだ」と述べた。鳩山氏の依頼でこの問題を調査した弁護士の報告書は「事実は鳩山氏にも、会計責任者にも打ち明けられてない」と経理担当者の独断との見解を示している。


毎日:鳩山・民主代表:団体が4年間で献金2100万円虚偽記載 公設秘書を解任

 民主党の鳩山由紀夫代表は30日、国会内で記者会見し、(略)「全く知らなかったとはいえ、監督責任はある。説明責任を果たす中で代表としての責務を果たしたい」と代表辞任は否定した。
(略)


読売:偽装献金「あくまで一秘書がやったこと」…鳩山代表

(略)
 鳩山代表は約50分にわたる会見中、終始硬い表情。自身は記載内容を全くチェックしていなかったとして「大変申し訳ない」と何度も陳謝して監督責任は認めたが、「あくまで一秘書がやったこと」と強調した。
(略)
 鳩山代表の説明によると、今回明らかになった2100万円余の虚偽記載額は結果的に、すべて本人の資金だったことになる。05~07年の「友愛政経懇話会」の収支報告書には、鳩山代表が同会にそれぞれ、政治資金規正法上の上限(1000万円)に近い900万円を寄付していたと記載されており、今回判明した虚偽記載分を鳩山代表の寄付と記載すれば、上限を超えていた可能性が高い。鳩山代表側は30日、自身からの「貸し付け」の形で報告書を訂正したという。
(2009年6月30日22時11分 読売新聞)


時事:信頼する秘書、自身は「ノータッチ」=鳩山代表、「故人献金」釈明

(略)
 弁護士同席の下、「鳩山個人として申し上げたい」と党代表の立場ではないことを強調。公設秘書が管理していた鳩山氏個人の資金を、勝手に資金管理団体の収入に計上し、収支報告書には亡くなった人の名前などを使用していたと説明した。
(略)
 鳩山氏は、初当選直後から支え続けてくれた秘書への「信頼」を何度も口にする一方、自身の関与については「一任していたので全くノータッチ」。「ずさんと思われても仕方ない」「監督責任は当然ある」。苦渋に満ちた表情で、秘書を解任したと明らかにした。「尽くしてくれた秘書なだけに残念、無念であります」。
(略)「身内でこんなことが起きてしまい、本当に情けなくて残念」と弱々しく胸の内を吐露。弁護士が説明を引き取ると、手にしたペンを所在なげにいじり、焦点定まらない目で虚空を見詰めた。 (2009/06/30-20:55)


iza:鳩山氏陳謝 政治資金虚偽記載は193件

(略)経理を担当した公設秘書の解任を表明。会計責任者の政策担当秘書については「しかるべき処分をしたい」とした。同時に政治資金収支報告書の修正を指示したことを明らかにした。


日経:鳩山民主代表、献金虚偽記載認める 4年で総額2177万円


「辞任は当然。むしろ出納責任者が逮捕された段階でお辞めになるべきだった」
「選挙のお金を扱う責任者の連座は当然。官房長官の発言はおかしい」
「(収支報告書などの訂正が相次いでいることに関して、事務的なミス、職員がやったなどとする言い逃れともいえる発言が多い点について)資金管理団体、政党支部の代表者は政治家本人。領収書の多重使用などは事務的なミスではない」

 という威勢の良い発言から2年後。

「説明責任を果たしていく中で、代表としての職務を果たしたい」
「会計を任せていたのは長きにわたり私に尽くしてくれた秘書。私への献金があまりに少なかったので、それが分かったら大変だという思いがあったと推測している」


 立場が変わると大変よね。
 とりあえず、7月1日、2日の社説をチェックしておきたいですな。

 なお、会見の要旨・詳細はこちらをどーぞ。
時事:鳩山氏の会見要旨


iza:【故人献金】鳩山会見(1)「事実でない記載あった」
(2)「寄付のお願いの怠りを隠したのが原因」
(3)「代表辞めること考えていない」
(4)「献金は全くノータッチ」
(5完)「自分なりの生き様で問題解決」



 んで、会見の後の記事。

読売:「こちらこそワケ知りたい」…鳩山偽装献金“被害者”

(略)
 同団体が毎年80人程度の氏名を掲載している実績からすると、全体の半数以上が「虚偽記載」に当たる可能性が高い。知らぬ間に名前を使われた人たちは、読売新聞の取材に対し、驚きや憤り、不安を口にした。
(略)


東京:【関連】民主 党勢に冷や水 鳩山代表献金問題 イメージダウン必至

 民主党の鳩山由紀夫代表の「故人献金」問題は、小沢一郎代表代行の秘書が逮捕・起訴された西松建設巨額献金事件から立ち直り、上向いていた党勢に冷や水を浴びせた。鳩山氏自らが釈明会見したとはいえ、企業・団体献金の禁止を打ち出すなど国民の信頼回復に取り組んできた党のイメージダウンは避けられない。
(略)
 今後、民主党が国会に提出した政治資金規正法改正案の審議などで、小沢氏とともに、与党の標的にされることも予想される。新たな虚偽記載が発覚するなど疑惑が深まれば、衆院選を控え、大きな痛手となる可能性もある。


毎日:鳩山・民主代表:献金虚偽記載 民主、衆院選へ懸念も 「法律違反」自民追及へ

 民主党の鳩山由紀夫代表が30日、「故人からの献金」の虚偽記載を認めたのを受け、同党は「説明責任を果たした」(岡田克也幹事長)と事態の早期収拾を図る構えだ。しかし、2000万円を超える資金の流れに不透明感も残り、党内からは「有権者がどう判断するかだ」と次期衆院選への影響を懸念する声があがっている。自民党の細田博之幹事長は「法律(政治資金規正法)上、違反行為なのは間違いない」と記者団に語り、追及を強める考えを示した。
(略)


 テレビじゃあんまり触れてないみたいね。この話題。
 新聞の1面で大騒ぎしない限り、テレビでも扱わないんだろうなぁ。これ。

 ま、後の情報は、故人献金関連情報まとめにお任せっつーことで。

2009/07/02(木) 「この頃2ヶ月生理が無いのよ 私は一人でTwitter」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 55コ

エキサイトニュース:世界びっくりニュース 100歳以上の米国人、3%がツイッターを利用=調査

 [ニューヨーク 29日 ロイター] 米医療サービス会社エバーケアが行った最新の調査で、ミニブログサービス「ツイッター」を100歳以上の人も利用していることが明らかになった。

 それによると、100歳以上の米国人の3%が、家族や友人と連絡を取るために週1回以上ツイッターを利用していると答えた。
(略)


 カタカナで書かれたほうがワケわかんねーっつー話はよくありますよね。

2009/07/02(木) 「ビスチェ ビスチェ ビスチェは海のコ バイキング」
日々でなくつらつら:笑ったもの -トラックバックないよ-コメント 41コ

エキサイトニュース:世界びっくりニュース 麻薬所持で逮捕された男、ミニスカートに網タイツ、ビスチェ姿でアダルト動画閲覧

[米カリフォルニア州タスチン 25日 AP] アパート施設のトレーニングジム内で、ビスチェ(女性用下着の一種)を着た男がノートパソコンでポルノを見ているのを警察が発見。調べたところ、所持していたバックパックの中から麻薬が見つかり、男は逮捕された。
(略)


 バカはどこの国にもいるんだなぁ。
 は、さておき。実際問題として似合ってたんですかねぇ?

2009/07/02(木) 「全然関係ないけど、Eat It!って歌があったよなー」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 351コ

エキサイトニュース:世界びっくりニュース フィリピンの受刑者ら、ジャクソンさん「追悼ダンス」

 [セブ市(フィリピン) 27日 ロイター] 25日に急死した米ポップ歌手マイケル・ジャクソンさんのヒット曲「スリラー」を受刑者らの運動プログラムに取り入れたことで一躍有名になったフィリピン・セブ島にある刑務所で27日、ジャクソンさんを追悼するパフォーマンスが行われた。

地元住民をはじめ、オーストラリア、英国、韓国、日本からの観光客らが、2時間のパフォーマンスを見るために観光地として知られる同島の刑務所に詰め掛け、ジャクソンさんを偲んだ。
(略)
 受刑者らによる「スリラー」のダンスは、2007年に健康とストレス解消プログラムの一環として始められたものだが、動画共有サイト「ユーチューブ」(http://youtube.com/watch?v=ha7VwGJDsrk)に投稿され、2340万ビューのアクセスを集める人気となった。またテレビやケーブル局でも放映された。


 アルゴリズム行進とかやってるトコあったけど、同じトコかいね?
 同じトコならマイケルのダンスってことは、相当難易度高くなってないか?

2009/07/02(木) 「生きろ」
日々でなくつらつら:萌え! -トラックバックないよ-コメント 433コ

コミックナタリー:ウェブ4コマの老舗、スペランカー先生がついに単行本化

ゲームメーカー、アイレムソフトウェアエンジニアリングの公式サイトに11年以上掲載されている人気コーナー「ふる里4コマ小唄」が、単行本「スペランカー先生~アイレム発 特撰ふる里4コマ小唄」としてエンターブレインから7月1日に発売される。


 連載開始から11年で初単行本化だなんて、記録もんじゃないだろうか?
 それよりもなによりも買いにいかねば。

 と思って昨日本屋に飛び込んだんですが、ありませんでした。にょろーん。

2009/07/02(木) 「J! A! S! R! A! C! JASRAC! 守ろう著作権~」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 245コ

アルファルファモザイク:クラシックコンサート主催者に、楽曲の著作物使用料支払い命じる JASRAC主張の算定方法を採用 京都地裁

164 名無しさん@十周年 :2009/06/29(月) 17:34:17 ID:KWDxt2jrP

>>83

クラシックだけど実はまだ著作権の切れていない曲って結構多いよね。

ぱっと思いつくところだとハチャトリアンの「剣の舞」とか、リムスキーの「熊蜂の飛行」とか。


 もう20年前とかの話なんだけど、ハチャトウリアンの「ガイーヌ」(剣の舞とか入ってる組曲)を演奏する楽譜は「年6回までの演奏とする」とかいうライセンスがついてたっけなぁ。
 吹奏楽で演奏したから、ハチャトウリアンとのなのか、編曲した藤田玄播とのなのかわからないけど。

 元記事のニュースは有料のコンサートだってことと、まだ著作権が残っている楽曲をやっていたんならしょうがないのかなーと思います。
 ただ、JASRACのお金の取り方がここ数年、すっかり魔女狩り状態なので、音楽産業はめっきり衰退したなーなんて思うワケです。

2009/07/02(木) 「飛べ!高く強くー高くー」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 102コ

痛いニュース(ノ∀`):全国カブトムシ相撲大会、優勝を目前にカブトムシ逃走…呆然とする少年

 斉藤さん?と思ったら、普通に>>9でAA貼られてた。

トラックバック
/

前に書いた記事
07/21のツイートまとめ(2017/07/22)/07/20のツイートまとめ(2017/07/21)/07/19のツイートまとめ(2017/07/20)/07/18のツイートまとめ(2017/07/19)/07/17のツイートまとめ(2017/07/18)/07/16のツイートまとめ(2017/07/17)/07/14のツイートまとめ(2017/07/15)/07/13のツイートまとめ(2017/07/14)/07/12のツイートまとめ(2017/07/13)/07/11のツイートまとめ(2017/07/12)/

もらったコメント
Matheus,07/22,/ o mundo das acompanhantes,07/22,/ http://sayaka.s11.xrea.com/joho/joho.cgi,07/21,/ http://agendasbobet.com/,07/21,/ pixel gun 3d cheats and codes,07/21,/ acompanhantes em bh,07/20,/ Pedro Gustavo,07/18,/ quelle,07/16,/ chilena de messi vs getafe,07/07,/ Ann Weaver,07/06,/

もらったトラックバック
げんさんち。:「オバマ大統領の広島訪問についての社説・韓国編」(05/31)

カテゴリ
Welcome to the Gloval Village! (20)  P-TALK 2012 (12)  P-TALK 2011 (12)  P-TALK 2010 (11)  P-TALK 2009 (12)  P-TALK 2008 (12)  P-TALK 2007 (20)  P-TALK 2006 (19)  P-TALK 2005 (24)  P-TALK 2004 (0)  P-TALK 2003 (0)  P-TALK 2002 (5)  P-TALK 2001 (21)  P-TALK 2000 (22)  P-TALK 1999 (18)  P-TALK 1998 (10)  日々でなくつらつら (2947)  日々でなくつらつら:ラクガキ (3)  日々でなくつらつら:笑ったもの (66)  日々でなくつらつら:ニュース (319)  日々でなくつらつら:記録しとくもの (57)  日々でなくつらつら:プロレス格闘技 (42)  日々でなくつらつら:スポーツ (69)  日々でなくつらつら:えっちぃの (6)  日々でなくつらつら:萌え! (23)  日々でなくつらつら:MoE (144)  日々でなくつらつら:トリックスター (68)  日々でなくつらつら:QMA (28)  日々でなくつらつら:ゲームの話 (29)  日々でなくつらつら:コンピューター関係 (11)  日々でなくつらつら:りなざうの (5)  日々でなくつらつら:だぶぜろさんの (24)  日々でなくつらつら:もばいる関係 (7)  日々でなくつらつら:本日のspam (17)  日々でなくつらつら:カラオケ (1)  日々でなくつらつら:なんか催し事 (3)  日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ (232)  日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ (222)  げんさんち。Off* (4)  お勉強 (4)  悪戦苦闘の歴史 (8)  ニコつべ (0)  ニコつべ:MoE自作 (4)  ニコつべ:MoE MAD (0)  ニコつべ:MoE プレイ (0)  ニコつべ:無双MAD (2)  ニコつべ:無双プレイ (0)  ニコつべ:BASARA MAD (0)  ニコつべ:歌ってみた (1)  ニコつべ:政治 (4)  ニコつべ:政治MAD (3)  ニコつべ:VOCALOID・UTAU (4)  ニコつべ:笑ったの (2)  ニコつべ:ゲーム (1)  ニコつべ:ゲームMAD (2)  ニコつべ:アニメMAD (1)  ニコつべ:MusicMAD (4)  P-TALK 2013 (12)  P-TALK 2014 (12)  P-TALK 2015 (12)  P-TALK 2016 (12)  P-TALK 2017 (6) 

月別一覧
2017/07(21),2017/06(31),2017/05(32),2017/04(31),2017/03(32),2017/02(29),2017/01(32),2016/12(31),2016/11(31),2016/10(32),2016/09(31),2016/08(34),2016/07(33),2016/06(33),2016/05(35),2016/04(31),2016/03(31),2016/02(30),2016/01(32),2015/12(32),2015/11(31),2015/10(32),2015/09(32),2015/08(32),2015/07(32),2015/06(30),2015/05(33),2015/04(31),2015/03(32),2015/02(29),2015/01(32),2014/12(33),2014/11(33),2014/10(32),2014/09(22),2014/08(35),2014/07(32),2014/06(31),2014/05(33),2014/04(30),2014/03(32),2014/02(29),2014/01(31),2013/12(32),2013/11(31),2013/10(32),2013/09(31),2013/08(32),2013/07(33),2013/06(27),2013/05(1),2013/04(2),2013/03(26),2013/02(30),2013/01(32),2012/12(32),2012/11(32),2012/10(36),2012/09(33),2012/08(33),2012/07(32),2012/06(31),2012/05(31),2012/04(33),2012/03(39),2012/02(32),2012/01(33),2011/12(35),2011/11(31),2011/10(40),2011/09(36),2011/08(35),2011/07(32),2011/06(33),2011/05(34),2011/04(33),2011/03(47),2011/02(48),2011/01(40),2010/12(32),2010/11(32),2010/10(39),2010/09(49),2010/08(46),2010/07(46),2010/06(83),2010/05(78),2010/04(69),2010/03(50),2010/02(39),2010/01(15),2009/12(13),2009/11(21),2009/10(27),2009/09(15),2009/08(31),2009/07(38),2009/06(28),2009/05(28),2009/04(16),2009/03(44),2009/02(36),2009/01(16),2008/12(20),2008/11(13),2008/10(12),2008/09(17),2008/08(13),2008/07(9),2008/06(15),2008/05(11),2008/04(24),2008/03(15),2008/02(22),2008/01(12),2007/12(12),2007/11(11),2007/10(12),2007/09(20),2007/08(18),2007/07(15),2007/06(20),2007/05(16),2007/04(20),2007/03(19),2007/02(19),2007/01(18),2006/12(28),2006/11(29),2006/10(40),2006/09(34),2006/08(27),2006/07(29),2006/06(22),2006/05(19),2006/04(23),2006/03(24),2006/02(41),2006/01(43),2005/12(40),2005/11(52),2005/10(46),2005/09(36),2005/08(51),2005/07(30),2005/06(45),2005/05(25),2005/04(4),2005/03(1),2005/02(2),2005/01(1),2004/12(1),2004/11(1),2004/10(1),2004/09(1),2004/08(1),2004/07(1),2004/06(1),2004/05(1),2004/04(1),2004/03(1),2004/02(1),2004/01(1),2003/12(12),2003/11(1),2003/10(1),2003/09(1),2003/08(1),2003/07(1),2003/06(1),2003/05(1),2003/04(1),2003/03(1),2003/02(1),2003/01(1),2002/12(1),2002/11(1),2002/10(1),2002/09(1),2002/08(1),2002/07(1),2002/06(1),2002/05(1),2002/04(1),2002/03(2),2002/02(3),2002/01(3),2001/12(3),2001/11(3),2001/10(3),2001/09(2),2001/08(5),2001/07(3),2001/06(2),2001/05(4),2001/04(3),2001/03(3),2001/02(2),2001/01(3),2000/12(3),2000/11(3),2000/10(3),2000/09(3),2000/08(3),2000/07(3),2000/06(2),2000/05(4),2000/04(3),2000/03(2),2000/02(3),2000/01(4),1999/12(3),1999/11(3),1999/10(2),1999/09(2),1999/08(2),1999/07(2),1999/06(3),1999/05(2),1999/04(3),1999/03(3),1999/02(3),1999/01(3),1998/12(4),1998/11(3),1998/10(3),1998/09(5),1998/08(3),1975/03(2),1970/06(2),1970/01(1),

書いたバカ:幻導機

RSS
ADMIN

FC2Ad



copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved