Hit.
げんさんち。
戻れないなら迷走するんだ。

お品書き・・・ 落ちる雫の音-LOG-歩行は今快適か?-FAQ-ロケット乗り場-LINK-

ちと参加してみてる・・・ twitter/gendohkislashdot.jp/~gendohkimixi/mixi日記読むだけ用pixiv/幻導機

姉妹サイト・・・ ボクボク(同人活動報告) ・Twitter/sanakaoru -眞馨(眞馨の更新されるといいですね小説サイト) -Scrap Kingdom(更新されない小説サイト) ・Leader's Rand(PC-EngineFANファンサイト)

2009/04/23(木) 「くさなぎメンバー」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 56コ

産経:【SMAP草なぎ逮捕】公然わいせつの現行犯

 警視庁赤坂署は23日、公然わいせつ容疑で、SMAPメンバーの草なぎ剛容疑者(34)を現行犯逮捕した。

 同署などによると、草なぎ容疑者は23日午前3時ごろ、東京・赤坂のミッドタウン近くの檜町公園で裸で騒いでいたところ、警察官に注意されたが、やめなかったという。草なぎ容疑者は酒に酔っていたとされる。

 草なぎ容疑者はアイドルグループ「SMAP」のメンバーとして、テレビや映画、CMなどで活躍。5年連続ベストジーニストに選ばれるなどしている。


産経:【SMAP草なぎ逮捕】1人で全裸、「裸になって何が悪い」2

 アイドルグループ「SMAP」の草なぎ剛容疑者が公然わいせつの現行犯で逮捕された事件で、草なぎ容疑者は1人で全裸になって騒いでいたことが23日、分かった。現在もまだ酔っ払っているというが、容疑は認めているという。

 赤坂署の調べによると、23日午前2時55分ごろ、港区赤坂の檜町公園で、酔っぱらいが騒いでいると、近所の男性から110番通報があった。

 署員が駆けつけたところ、草なぎ容疑者が1人で全裸になって、「裸になって何が悪い」などと意味不明な言葉を叫んでいたという。このため、署員が現行犯逮捕したという。

 公園内には、草なぎ容疑者の衣服がまとめて置かれていたという。草なぎ容疑者は現在も赤坂署に勾留(こうりゅう)されているという。

 草なぎ容疑者は埼玉県出身。昭和63年、アイドルグループ「SMAP」のメンバーとして、活動を開始。

 穏やかな性格のキャラクターで人気を博し、バラエティ番組や映画、CMなどで活躍していた。5年連続ベストジーニストに選ばれるなどしている。韓国語を熱心に勉強し、韓国の芸能界でも知られていた。

 また、平成23(2011)年から始まる地上デジタル放送のCMキャラクターとしても知られている。

 今年3月には、結婚相手紹介サービス会社が30代未婚の男女を対象にしたアンケート調査で、「草食男子でイメージするタレント」ランキング1位に選ばれていた。

 大の酒好きとしても知られ、出演したテレビ番組内でも、度々ビールなどを飲酒する姿がみられた。

 SMAPメンバーでは、稲垣吾郎さんが13年8月、違法駐車をとがめた女性警察官の制止を振り切って車を発進させ、けがを負わせたとして公務執行妨害と道交法違反の現行犯で警視庁渋谷署に逮捕されている。

 稲垣さんは逮捕の2日後に処分保留で釈放され、その後、起訴猶予処分となったが、主演するドラマの放映が延期されたり、イメージキャラクターに起用していたスポンサーがCMの放送を打ち切るなど影響は広がった。

 復帰までには143日かかり、14年1月14日放送のレギュラー番組「SMAP×SMAP」に出演した稲垣メンバーは謹慎生活を振り返り、涙ながらに「生まれかわった稲垣吾郎をよろしくお願いします」などとあいさつ。同番組は関東地方で過去最高視聴率となる34・2%を記録した。


 まぁ、SMA×SMAは稲垣メンバーの前例があるから、まぁ大丈夫でしょ。他はまぁ、ダメなのが多いとは思うけど。
 ただ、ぷっすまはユースケと大熊アナで1年なんとか乗り切って、エガちゃんと二人で大暴れして脱げば良さそうだ。
スポンサーサイト

2009/04/22(水) 「一週間があっけなく吹っ飛ぶ」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 89コ

 そんな日々を過ごしています。
 まぁ、色々原因があるんだけど、人事のゴタゴタで担当がウロチョロしちゃったのも大きく。
 未だに、自分が何をやればいいのかよくわかりません。
 自分がっていうかウチの部署の人全員が。

 引継もメチャメチャだからどうしたもんだか。
 ま、とりあえず自分が担当そうなのをボチボチやってきますかね。
 やっておきたいことが沢山あるんだけど、やれる気がしねー。ぐぁー。

2009/04/16(木) 「加藤茶式では、ぇいっきしっ」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 70コ

最近の私は横になると即寝フラグ。へーちょ。
のび太の3秒睡眠に迫る勢い。へーちょ。

幸い、最近は気候が暖かいおかげで風呂上がりのパンツ一丁で寝ても死なないで済んでいます。へーちょ。
まぁ、これを続けてたら確実に体に悪いワケですが。へーちょ。
それでも風邪もひかず、熱も出ないで済んでるんだから、自分も案外体が丈夫ですね。へーちょ。
お腹は痛いんですけどね。へーちょ。

くしゃみが止まらないのは、私が花粉症だからです。へーちょ。

2009/04/14(火) 「結局、同じ穴の狢になっちゃったなーと」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 81コ

毎日:蕨のフィリピン人一家不法滞在:デモめぐり、市民団体が小競り合い /埼玉

 長女に在留特別許可が認められた蕨市のフィリピン人、カルデロン・アランさん(36)一家の処遇をめぐり、家族全員の国外退去を主張する市民団体約100人が11日、市内でデモ行進を行った。JR蕨駅近くの公園で、このデモを「外国人排斥」と非難する市民団体と小競り合いになり、非難していた男性(37)がデモに使う横断幕を奪ったとして蕨署に窃盗容疑で現行犯逮捕される騒ぎもあった。【浅野翔太郎】


 多分、この家族全員の国外退去を主張する市民団体ってのは、在特会こと「在日特権を許さない市民の会」でしょう。多分というか、でしょうというか、そんな活動してる市民団体があそこくらいしか無い。

 実際、4月11日に在特会が活動したのは会長のblogに書いてあります。

Doronpaの独り言:【報告】犯罪外国人・犯罪助長メディアを許さない国民大行進 in 蕨市

4月11日、在日特権を許さない市民の会主催で外国人犯罪者の即時国外退去、犯罪擁護を続ける反社会的左翼の撲滅、感情論だけの偏向報道を繰り返した犯罪助長メディアへの批判を訴えて蕨市内でデモを行いました。(略)
今回のデモは最終的に130名ほどの方が参加され、半分以上が初めてお目にかかる方たちでした。本来でしたらデモ終了後も親睦会などを通じてゆっくりとお話をしたかったのですが、警察当局より横断幕切裂き持ち逃げ事件の被害届を出してほしい旨が要請され、主催者として蕨署で事情聴取を受けるために終了後すぐに現場を離れることなりました。被害届は4月11日付で正式に受理され、今後立件に向けて警察当局で捜査が行われます。また、この横断幕切り裂き持ち逃げの窃盗犯逮捕に抗議するとして蕨署に突撃していた極左活動家一人が公務執行妨害で現行犯逮捕されたとのことです。
(略)
平成21年4月12日 在特会会長 桜井誠


 毎日の記事だとよく解らなかったんだけど、逮捕されたのはカルデロン一家の支援団体で、反対団体(在特会)の横断幕を奪い取ろうとして逮捕されたってことらしい。

 在特会の主張ってのは、要するに「外国人は日本の法に則って日本にいるべきだ(=不法にいるなら出てけ)」だけです。
 その中で、特に在日コリアンのいわゆる在日特権(特別永住資格・通名使用等)とかが顕著なので、特に猛反対している。
 でもって、今回のカルデロン一家に対しても、そもそも「偽造パスポートで入国してる」事が大問題だから、「出て行け」と彼らは活動したと。

 それは解る。
 ただね。
 ここ、会長の言動が段々(というか在特会が出来てから)怪しくなってきているんだよね。

 たとえば、2004年~2005年のblog(CURURUでやってたんです)だと、表現は穏やかなもんです。

Doronpaの独り言:首都移転と韓国人の思考停止

(略)
何事も目先のことしか考えない韓国人。

独裁者の率いる軍事国家を同胞というだけで、信頼する韓国人。



韓国社会の行く末はかなり厳しいものと言わざるを得ません。


Doronpaの独り言:経済不況から広がる韓国の反日政策

(略)
日本のマスメディアが殆ど伝えないこういった、韓国の狂った反日教育は、結果として来日韓国人を安易に犯罪に走らせる結果となり

つまり、「日本を相手になら何をしても良い」というとんでもない考えを韓国人に植え付ける結果となるのです。
(略)
もし、日韓の間で同じ様な歴史問題が表面化すれば、例によって反日に狂った韓国は常軌を逸した反日デモなり起こしていたでしょう。
(略)


 このへんが2004年の記事ですね。
 まぁ、相手が違うからってのもあるかも知れませんが、「とんでもない考え(の韓国人)」とか「狂った」くらいの形容詞しか出てこない辺り、まだソフトなもんです。

 で、4年後。
 今のblogになると、形容詞がこーなります。

Doronpaの独り言:【緊急告知】北朝鮮による弾道弾発射への緊急抗議活動

(略)
ならず者国家北朝鮮がこともあろうに日本へ向けて弾道弾を撃つこと自体が戦争行為であり、平成18年に採択された「北朝鮮に対しミサイル関連計画の停止、ミサイル発射モラトリアムの再確認」を求めた国連決議1695に明確に違反します。北朝鮮の国連決議無視の無法行為によって日本は安全保障の危機を迎えており、国民としてこの事態を看過することはできません。
(略)
北朝鮮の無法行為・戦争行為を許さないぞ!
悪質な敵国人を日本から叩き出せ!


Doronpa:4・11蕨市デモの動画が続々アップされています

(略)
このカルデロン一家支援の犯罪極左集団、あまりにも醜悪でおどろおどろしい悪魔のような犯罪極左活動家の姿を主権回復を目指す会 の撮影班が映像に捉えていました。窃盗で現行犯逮捕されるシーンのほか、犯罪極左活動家たちが犯人を追いつめたデモ参加者に「恥ずかしい日の丸野郎」など訳の分からない罵声を浴びせる狂態が収録されています。
(略)


Doronpa:蕨市長宛て申し入れ書を提出

(略)
なお、蕨市議会は自民党も9議席有しており、すなわち意見書を主導した憲法違反の宗教政党公明党をはじめ民主党・自民党などすべての政党の議員が感情論で法を捻じ曲げろと主張していることが確認されました。蕨市民の皆さまにはこの事実を真摯に受け止めてもらい、自分たちの送り出した議員が何をしているのかを改めて検証していただきたいと思います。
(略)
<デモのお知らせ>
(略)
他人名義の旅券で不法入国し、そのまま10年以上不法残留を続けた悪質極まりないカルデロン夫婦の国外強制送還に対し、一部の無法者たちがこの夫婦が勝手に日本で作った子供を理由にその罪を免じろと信じられない主張をしています。また、TBSや共同通信などの主要メディアも犯罪助長よろしくお涙ちょうだいの感情論をこぞって展開し、不法入国・残留という入国管理行政の根幹を揺るがしかねない犯罪行為を容認する発言を続けています。
(略)


 「ならず者国家」「悪質な敵国人」「あまりにも醜悪でおどろおどろしい悪魔のような犯罪極左活動家」「罵声を浴びせる狂態」「憲法違反の宗教政党」
 とまぁ、こんな勢いです。

 主張の正しい正しくない、とか事実そうだとかどーだってのはどーでもいいんです。
 要するに「よくもまぁ、こんだけ悪口言えるもんだな」と。
 正直、読んでてムカついてくる(苦笑)。

 そんなもんはたかが個人の一感情でしか無いのだろうけど、私はサヨクのレッテル貼りのあまりの表現にドン引いていて、結局「人として信用できないから意見に賛同出来ない」ということが多々あって、この人も見ていると同じようになってしまっていたから個人的には「なんだかなぁ」と思ってしまうのだな。

 埼玉県蕨市のデモも在特会は5000人くらい会員のうち、埼玉(約300人)・東京(約1000人)・群馬(約50人)から人が来れそうだと仮定してしまうと、参加した130人が約1割になってしまう。これが多い(とはあまり思えないな)のか少ないのかは良く分からないけど、「活動しているのが1割くらいしかいない」のなら、この団体の影響力は結局弱いまんまで終わってしまわないかなぁ。と、危惧してしまうのであります。勝手に。

 そう言えば、電凸で面白い記事を良く書いていた(最近過去形)25o'clockでも、

25o'clock:久しぶりの更新のお知らせ

さて、予告もなく突如として当ブログの更新が途絶えたので、心配される方もいらっしゃったかもしれません。
そのような状況になった理由は、いくつかあります。

・面倒くさくなった。飽きた
・似たような傾向のブログが増えて嫌気が差した
・あからさまな排外主義、民族主義を打ち出す団体が出てきて、同じに見られるのが苦痛になった(ex.在日特権を許さない市民の会、維新政党新風など)

こんなところでしょうか。

特に、最後に名指しした団体。
当ブログの読者は彼らの支援者も多かったと思われますが、私は彼らには全くシンパシーを感じません。
というか、大嫌いです。
(略)


 とまぁ、名指しで非難していたなぁ。
 なんてことを思い出した。

 まぁ、そういうワケで。
 頑張ってくださいなー。くらいの茶を濁すような発言をして、おしまいにする。

2009/04/14(火) 「逃避の果てに」
日々でなくつらつら:MoE -トラックバックないよ-コメント 59コ

 MoEの話。
まぁ、某所でアップしてるんですが、へなちょこプレイ動画を録りつつテケトーに編集してたりします。ニコニコじゃねーです。ようつべなワケでもねーです。

ただ、基本的に動画にするようなネタというのは総じて採算度外視なので、大損してたりします。結局じり貧になってただ今停滞中。
ま、元々現実からの逃避にしてたゲームからの逃避の産物なのでな。またボチボチとしてからやらさせていただきますよ。

MoEというゲームがスキル制でキャラを作ろうと思えば、リアルマネー突っ込みで数日でキャラが完成してしまうというゲームなので、基本的にまーったりな時間の過ごし方ができてしまうというか、した所で知人と狩りに行けなくならないので困らないのが特色で。
これに慣れてしまうと、他ゲーの殺伐な空気に耐えられなくなるという副作用が報告されております。多分に漏れず私もそーなってるので、飽きたと言いながら未だにやっているわけです。

まぁ、そんなわけで。
とりあえず動画を某所にアップしつつ、当分はまったり過ごす予定です。
一応、サムライにしたいヤツの精神が40になればサムライになるんだけどね。あと9.0上げんのめんどくさー。

2009/04/12(日) P-TALK No.273
P-TALK 2009 -トラックバックないよ-コメント 75コ

幻導機「 ミサイル飛んでたな 」
佐奈香「 何を藪から棒に(^-^; 」
幻導機「 いや、ホントの話。全く気づかなかったぞ 」
佐奈香「 暇もてあました 」
幻導機「 神々の 」
佐奈香「 遊び 」
幻導機「 …… 」
佐奈香「 …… 」
幻導機「 楽しいか? 」
佐奈香「 いや、あんたの言いっぷりが、それっぽかったから 」
幻導機「 まぁ、いいや。とにかく気づかなかったんだよ 」
佐奈香「 何してたの? 」
幻導機「 花見してた 」
佐奈香「 ……また、のんきだねぇ…… 」
幻導機「 そういう時くらいのんびりしないとなぁ 」
佐奈香「 どういう時だ(^-^; 」


P-TALK No.273


幻導機「 というわけで、皆様こんばんわ。幻導機です 」
佐奈香「 皆様、こんばんは。佐奈香です 」
幻導機「 職場が変わって、プライベートがほぼおざなりになっている中、お送りするP-TALKです 」
佐奈香「 職場変わったんだ 」
幻導機「 変わりました。なんだか修羅場になりそうなので、色々大変そーです 」
佐奈香「 その割には淡々としてるねぇ 」
幻導機「 淡々とというか、なんだか愉快に100時間ペースなのでなぁ 」
佐奈香「 残業? 」
幻導機「 いや、職場で夜のお遊び 」
佐奈香「 …… 」
幻導機「 なんだい? 」
佐奈香「 言い張るねぇ…… 」
幻導機「 しょうがあるまいて。事情が事情だでな 」
佐奈香「 景気悪いからね 」
幻導機「 景気良くてもこーだったけどな 」
佐奈香「 ……景気悪い話だねぇ…… 」
幻導機「 だから良くても悪くても一緒だったんだってば 」


P-TALK No.273


幻導機「 まぁ、そんな辛気臭い話はさておきだ 」
佐奈香「 はいはい 」
幻導機「 まぁ、近くの公園まで散歩っつーか花見っつーかしてきてな 」
佐奈香「 あら、インドアな貴方が珍しい 」
幻導機「 ま、最低限二日に一回はお日様浴びてないと腐るんでなぁ 」
佐奈香「 何がよ? 」
幻導機「 人が 」
佐奈香「 ……あー 」
幻導機「 まぁ、そこで納得してもらって話を続けるんだがな。ベンチに座って自販機で買ったジュースでも飲みながらケータイいじってたんだが 」
佐奈香「 花見はどーした 」
幻導機「 その頃には飽きてた 」
佐奈香「 …… 」
幻導機「 したら、小学生の低学年くらいの女の子5人が来てな 」
佐奈香「 あら、ロリコン垂涎な 」
幻導機「 ペドだな。ロリとしてはもうちょい上が希望じゃ 」
佐奈香「 …… 」
幻導機「 で、まぁ、ブランコで遊ぼうとなったんだが、ブランコは二つしかないんだな 」
佐奈香「 はぁ…… 」
幻導機「 で、5人の中の力関係っつーか仲のよさの差っつーか、そういうのがあったんだろうな。 二人こぎ(一人が座りこぎ、一人が立ちこぎをする)をしたんで、案の定一人あぶれるワケだ 」
佐奈香「 はぁ 」
幻導機「 で、そのあぶれたのは『やりたい』とアピールするんだが、即答で却下されててな。結局、怒り出すワケだ 」
佐奈香「 まぁ、そうなるねぇ 」
幻導機「 そしたら、乗ってる4人が『また拗ねたー』とか火に油注いでな。結局、その子はブチ切れて帰って、 残った4人でその子をネタに『あの子、いつもあーだよねー』みたいな話題で数分盛り上がって、 サクッと無かったコトになっていてなぁ 」
佐奈香「 …… 」
幻導機「 いじめっつーのは、あぁいう小さいのの積み重ねの結果なんだよなーと思うと、 学校じゃこんなの解りゃしねーよ。とも思ってしまう今日この頃なのだよ 」
佐奈香「 ……言いたい事はまぁ伝わったんだけどさぁ 」
幻導機「 ほい 」
佐奈香「 辛気臭い話はさておき……から始まって、どうして、辛気臭い話なの? 」
幻導機「 そりゃぁ…… 」
佐奈香「 何? 」
幻導機「 桜見たあたりが比較的辛気臭くないからだ 」
佐奈香「 ……あんた、どんだけ辛気臭いネタしか拾ってないのよ…… 」


P-TALK No.273


幻導機「 というわけで、まぁ、今月は辛気臭いまんまこのへんで 」
佐奈香「 新年度だっていうのに…… 」
幻導機「 なんならもっと暗ーいネタでも…… 」
佐奈香「 しなくていいっての! 」
幻導機「 んでは、5月にはもうちょい明るい話題が……出るとも思えないので、諦めろ! 」
佐奈香「 待て待て待てーぃ! 」
幻導機「 では、また来月! 」
佐奈香「 えーと、もうちょっと頑張りますね 」

2009/04/11(土) 「心のち○ち○おっ立ててた人」
日々でなくつらつら:えっちぃの -トラックバックないよ-コメント 269コ

アリスソフト:スタッフ日記 4月10日 (かいた人 とり)

(略)
体調不良の為、アリスソフトを去る事にしました。
ここんとこ10年くらいの間に原因不明と言われていた様々な体調不良の根本が爆発したといった具合です。
(略)


アリスソフト:ハニワ開発室 2009年04月10日(金)  バイトちゃんと花束

(略)
いきなり残念なお知らせです
スタッフ日記の方でも書かれていますが(とり)が退社となります。
アリスソフトブランドの創業時からのメンバーですし、
私が初めて当社に入った時に現存で唯一先にいたスタッフです。
おわ・・これで私が社内で一番長老になってしまいました。
(略)

 大変お世話になりました。
 何が。とかは書かないでおきますが。

2009/04/07(火) 「北朝鮮ミサイルの社説。そのに」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 376コ

 というわけで、打ちあがった後の社説です。
 今回、テポドンということで、ある程度ちゃんと飛べば日本に落ちるってのは早々無いハズなんですが、MDという観点からちょっと騒いだ部分もあるのかなーと思います。
 結果として誤報やらかして「アチャー」なコトになっちゃったんですが。

 ま、それはさておき。社説が並びます。
 注目点は「北朝鮮に対してどうするか」予想以上に楽しい結果になったっぽいです。

秋田魁:ミサイル発射 日本の総力が試される

 北朝鮮が事実上のミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体を発射した。落下物や被害はなく、迎撃にも至らなかったことにまず安堵(あんど)感を覚える。特に飛行ルートの真下に位置する秋田、岩手両県にとってはその思いが強い。

 しかし、それもつかの間、憤りや怒りが込み上げてくる。3月中旬、国際機関への発射通告から3週間余り、理不尽な不安にさらされてきたのである。

 日本の安全を脅かす発射は到底許されない。日本政府が北朝鮮に抗議したのは極めて当然だ。独自の制裁措置を延長、追加するのも有効だろう。

 国連安全保障理事会では断固たる措置を決定するよう強く求めたい。中国とロシアが慎重姿勢を示しており、先行きは全く不透明だ。しかし、その分、日本の外交力の真価があらためて問われている。
(略)
 拉致問題に核やミサイル問題が難問として覆いかぶさり、事態がますます複雑化したのである。どう対処するか。解はなかなか見えないが、国連に加え、少なくとも日米韓のスクラムを一層強固にしなければならないことだけは間違いない。

 日本のミサイル防衛システムがどの程度機能したのかの検証も不可欠だ。発射された五日の速報態勢に限れば、かなり迅速・的確と映り、落下物がなかったことからすれば、迎撃の必要もなかったのだろう。

 半面、前日4日の誤報がどうしても不安材料として残る。確認作業を軽視した連絡ミスが原因で、発射されたのに探知できなかったわけではないとの見方もあるが、それで済むレベルのことではない。


朝日:北朝鮮ミサイル―国際結束で脅威を抑えよ

(略)
 衛星を打ち上げる技術は、核弾頭などを積める長距離弾道ミサイルと変わらない。いくら宇宙開発、国威発揚と言ったところで、真の狙いが「テポドン2」の改良型とされるミサイルの実験にあったのは間違いあるまい。

 「弾道ミサイル計画に関連するすべての活動」の停止を北朝鮮に求めた06年の国連安全保障理事会決議に背くことは明白だ。日米韓などの政府が抗議したのは当然だ。

 安保理がさっそく対応を協議する。日本政府は米国などと協力し、国際社会としての明確なメッセージを北朝鮮に送るべく外交努力を強めるべきだ。

 最低限、まず06年の核実験を受けて安保理が出した北朝鮮への制裁決議の再確認をしなければならない。
(略)
 それにしても今回の発射で、核兵器やそれを運ぶミサイルの拡散によって世界がますます危険になってきたことを思わざるを得ない。

 北朝鮮はすでに短距離弾道ミサイル「スカッド」と、中距離の「ノドン」を実戦配備している。韓国や日本はとうに射程内に入っている。3年前には核実験を強行した。今回、さらに長距離ミサイルの技術を見せつけた。
(略)
 この事態に一日も早く終止符を打たねばならない。だが、どう対応すればいいのか。ふたつのことを冷静に粘り強く追求していくことだ。第一に、北朝鮮に国際ルールを守らせるための硬軟両様のダイナミックな外交であり、第二に「核のない世界」をつくるための軍縮、不拡散の努力だ。

 金正日総書記が何より目指しているのは、自らの体制の継続に違いない。そのための最大の交渉相手は米国、と思い定めている。

 むろん、大量破壊兵器に手を染め、日本人拉致や数々のテロを起こした体制は容認できない。しかし、無法な行動を抑え込む現実的な手段は外交しかない。そのための舞台は米朝交渉であり、6者協議である。
(略)
 おととい、政府が誤って飛翔体発射を発表し、5分後に取り消す失態があった。危機管理上、ゆるがせにできない問題だ。原因を追及し、十全の対策を講じなければならない。

 もっとも、国民がいたずらに不安を抱かないよう、政府が積極的に情報開示したのはよかった。あたかも日本が攻撃されるかのような浮足だった議論もあったが、国民は冷静だった。

 政府は、3年前から北朝鮮に科している独自制裁を1年延長する方針だが、さらに中身を強化すべきだという声も聞かれる。だが、日本単独のカードの効果は限定的だ。

 むしろ国際社会の結束を優先し、安保理の非常任理事国として率先して動く。オバマ米政権との連携を強める。まず、そちらを真剣に追求すべきだ。


岩手:北がミサイル発射 国際社会は暴挙許すな

 北朝鮮が五日、各国の自制を求める声を無視して長距離弾道ミサイルを発射した。国際世論を踏みにじる暴挙だ。厳重に抗議する。
(略)
 ミサイルの発射は、北東アジアに重大な脅威と緊張をもたらすばかりではない。米国まで届く射程は、世界の核バランスも崩しかねない危うさを持っている。

 今月初めに行われた米ロ首脳会談は、核軍縮に向けた歴史的な会談だった。北朝鮮の動きは世界の核不拡散の流れにも逆行するものだ。国際社会に打ち込まれた挑戦と言っても過言ではない。
(略)
 中国、ロシアは慎重な姿勢だが、北朝鮮は両国が求めてきた自制も無視した形だ。国際社会が一致して厳しい姿勢を示すことが必要だ。日本外交の力量も試される。

 日本はミサイルに備えて自衛隊法に基づく破壊措置命令を発令。初めてMDシステムを実戦配備した。本県には地対空誘導弾パトリオット(PAC3)も配備され、迎撃という戦争前夜のような言葉も飛び交った。

 これに対して過剰反応という指摘もあった。備えは必要だが、軍備競争のエスカレートはこの地域の緊張を高めるだけだ。肝心なのは、どう喝にも駆け引きにも乗らず、脅威の元凶である北朝鮮の核を無能力化することだ。


沖縄:ミサイル発射

それでも交渉の道探れ

 北朝鮮は通告通り、長距離弾道ミサイルとみられる飛翔体を発射した。北朝鮮は「人工衛星」と主張しているが、搭載するのが衛星か弾頭であるかの違いだけで、技術的な違いはない。

 今回の発射は国際社会の自制を求める声を無視して強行された。東アジアの安全保障環境を不安定にする挑発的な行為である。
(略)
 今回の発射についてさまざまな見方があるが、核と米本土を射程に収めたミサイルを手に入れたことをアピールし、米国と対等な立場で核・ミサイル交渉を進めたい狙いがあるのは間違いない。
(略)
 北朝鮮が核とその運搬手段である長距離弾道ミサイルを持ったことは日本にとっても重大な脅威である。

 しかし、だからといって、海上と陸上で大々的に展開したミサイル防衛(MD)システムを強化せよ、ということにはならない。ピストルの弾をピストルの弾で撃ち落とすような、と例えられるMDは技術的にも多くの問題を抱えているからだ。
(略)
 大量破壊兵器とその運搬手段の拡散防止はオバマ米政権の優先度の高い課題である。北朝鮮に発射を思いとどまらせることができなかったのは、冷戦崩壊後の米国の軍備管理・軍縮政策がうまくいかなかったことの証左ではないか。中国やロシアは新たな安保理決議採択には否定的だ。核検証問題で停滞している6カ国協議の早期再開は困難との見方も出ている。

 日米韓は連携を強化し北朝鮮と粘り強く核・ミサイル交渉の道を探ってほしい。北朝鮮が暴発するようなことがあってはならず、そういう意味でも交渉の道を閉ざしてはならない。


産経:北ミサイル発射 断固たる制裁を加えよ 抑止可能な防衛力の整備を23

 北朝鮮が「衛星打ち上げ」を名目に長距離弾道ミサイル発射を強行したのは、世界の平和と安全に対する重大な挑戦である。とりわけ日本列島の上空通過により日本国民に恐怖心を与えた。断じて許してはならない。
(略)
 北は今後も発射を続ける恐れがある。迎撃態勢の検証にとどまらず、自衛隊と米軍の連携に不可欠な集団的自衛権行使を可能とする憲法解釈改定を急ぐべきだ。さらに、自衛権の発動として北のミサイル施設を先制破壊する能力を持つかどうかも含めて国政の場で積極的に論じる必要がある。
(略)
 06年のミサイル発射と核実験に対し、安保理は全会一致で決議1718を採択し、厳しい経済制裁を科した。決議は主要軍事品やぜいたく品の供給、販売、移転を禁じ、核や大量破壊兵器に関与した組織・個人の資産凍結や渡航禁止も定めている。

 その大半が履行されていない背景には6カ国協議の進展が期待された事情もある。その意味で前米政権が米朝協議を迷走させた責任は重い。北は核の検証や核施設無能力化の約束を果たさず、米国はテロ支援国家指定解除などの外交カードをただ取りされた。

 北は今回の発射をオバマ米新政権に対する「カード」として誇示し、優位な立場で米朝協議に引き込む狙いとみられる。北は「安保理で取り上げただけでも6カ国協議は無効となる」としているが、脅しに屈してはならない。
(略)
 大量破壊兵器関連物資やぜいたく品に限っていた輸出の全面禁止や外為法による送金規制強化に加え、朝鮮総連の資産凍結も含めて検討すべきだ。総連側の反発も予想されるが、北のミサイルや核開発を阻止する国家意思を明確に示すにはきわめて有効だ。


中日:ミサイル発射 失うものの方が多い

 北朝鮮は、国際的な自制を求める声を無視して、ついにミサイル発射を強行した。国威発揚などの目的があるのだろうが、得るものよりも失うものの方が多いことを認識すべきだ。

 五日間の発射予告期間の二日目。北朝鮮は人工衛星「光明星2号」が軌道に乗ったと発表した。

 これに対して、日米韓は「挑発的な行為」として「深刻な憂慮」を表明、直ちに国連安保理でこの問題を討議することになった。

 打ち上げに使ったのは長距離弾道ミサイル「テポドン2」改良型とみられ、ミサイル開発に関するすべての活動を禁止した二〇〇六年七月の安保理決議に違反するからだ。
(略)
 日米韓は、既存の制裁の再確認、厳格な実施などを検討しているが、国連として、厳しい意思表示をするよう期待したい。
(略)
 オバマ米政権に対してはミサイル開発能力を誇示して、早期の直接交渉を迫る狙いもある。最大の脅威とみる米国との関係改善はかねて北朝鮮の悲願である。

 しかし、軍事緊張を高めることによる瀬戸際作戦、揺さぶり作戦は、不信感を増すだけだ。

 今回、日本政府は万一を考慮して「破壊措置命令」を発令した。領域内への落下物などはなく、実際には発動されなかったが、情報伝達で失態を演じた。

 発射の前日、二度も発射情報を流したのは、確認を怠るという初歩的ミスが原因だった。

 誤報は、内外のメディアで伝えられ、危機管理体制のお粗末さを露呈する結果を招いた。態勢の点検と立て直しが急務だ。


日経:安保理は北の冒険主義を封じ込めよ

 北朝鮮には言葉による説得は効かないのだろうか。日本、米国、韓国だけでなく、中国やロシアですら自制を求めたにもかかわらず「人工衛星」の打ち上げと称して長距離弾道ミサイル実験を強行した。日本国内への破片の落下はなく、自衛隊による迎撃もなかった。

 4日の誤探知騒動を除けば、政府による警戒活動は、おおむね適切だった。被害情報はないが、北朝鮮の行動は無害ではない。「関心獲得行動」と米メディアは表現するが、これは親の関心を引きたい子どものいたずらではない。周囲に脅威を振りまく冒険主義的行動である。
(略)
 中国、ロシアは安保理が強い措置をとるのに抵抗感があるとされる。両国とも自国の安全が北朝鮮のミサイルで脅かされる結果につながるとは考えないのだろうか。

 安保理が北朝鮮の行動に対する外交包囲網をつくるのに失敗すれば、冒険主義を助長する。安保理に求められるのは、それを封じ込め、あの国に政策転換を迫る行動である。
(略)
 効果的なのは、例えば金正日氏など北朝鮮要人の海外口座に絞った金融制裁である。2年前、北朝鮮が解除にあれだけこだわった事実をみれば、必要性は自明である。


北海道:北朝鮮の孤立を招く強行 「人工衛星」の発射

 中止を求める国際社会の働きかけを振り切って、北朝鮮が「人工衛星」と主張する飛翔(ひしょう)体の発射を予告通りに強行した。

 長距離弾道ミサイルの技術開発と表裏一体であり、北東アジアの平和と安定を脅かす挑発行為だ。

 極めて遺憾である。
(略)
 北朝鮮は、オバマ米政権との有力な交渉カードを得たとして、核や拉致の問題でもさらに強硬姿勢に打って出ようとするだろう。

 いつもながらの「瀬戸際外交」である。北東アジア全体の安定を犠牲にして、自国の利益を追求することなど許されるものではない。
(略)
 政府はきのう、河村建夫官房長官が発射から三十分後には記者会見するなど素早い対応をとった。

 だが初動では混乱も目立った。

 予告期間初日の四日に自衛隊のレーダーが何らかの航跡を探知したのを受け、飛翔体が「発射されたもよう」と誤った情報を地方自治体と報道機関に流した。その前にも一度誤報しており、不手際は重なった。

 誤発表は、担当者が確認を怠るなど基本的なミスが原因だった。

 政府は万一の場合に備えてミサイル防衛(MD)システムを使った破壊措置命令を初めて発令し、迎撃態勢をとっていた。情報伝達の誤りが、ミサイルの誤射につながる危険性もあったのではないか。

 MDによる迎撃準備は北朝鮮の反発を呼び、中国やロシアが冷静な対応を促すなど、結果的に地域の緊張を高めた側面も否めない。

 麻生太郎首相は北朝鮮へのけん制を繰り返し、迎撃論を主導した。

 危機に強いリーダー像を印象づけ、政権の浮揚につなげる。そんな思惑があったとすれば、日本の安全保障にとっても危険なことだ。

 何より抑制的な対応が必要だ。
(略)
 「悪の枢軸」と厳しく非難したブッシュ米政権時代に、北朝鮮は核開発を進めていた。圧力を強めるだけでは問題を悪化させかねない。対話の道を閉ざしてはなるまい。

 唯一の多国間対話の枠組みである六カ国協議の場を生かし、粘り強く解決を目指すことが大事だ。
(略)


北國:北ミサイル発射 日米韓で高い代償払わせたい

 国際社会の非難をあざ笑うかのように、北朝鮮が「人工衛星」と主張する長距離弾道ミサイルを発射した。ミサイルは日本上空を通過し、直接被害を及ぼすことはなかったが、明白な挑発である。衛星か否かにかかわらず「ミサイル関連のすべての活動停止」を定めた国連安保理決議に違反している。世界の平和と安全を損なう暴挙に強く抗議する。
(略)
 北朝鮮は、安保理がミサイルを議題にした場合、核開発の再開を示唆している。ミサイル実験が、米政府に融和路線への転換を促す狙いなのは明らかだ。ミサイル発射から核実験へ至る過程で、米国が融和路線になびいた過去の過ちを繰り返してはならない。日米韓の連携は六カ国協議を再開させるためにも重要である。

 政府はミサイル防衛(MD)システムで迎撃する方針を決め、自衛隊法に基づく破壊措置命令が発令された。落下物への迎撃は行われなかったが、北朝鮮ミサイルに関する多くの情報を入手し、発射の誤報騒ぎも含めてさまざまな教訓を得た。北朝鮮の挑発にひるまず対処できたのは、MDシステムの整備に地道な努力を重ねてきたからこそである。

 ミサイル発射は、国民が安全保障についてじっくり考える機会にもなった。東アジアの平和について、地に足のついた論議が深まることを期待したい。


毎日:北朝鮮ミサイル発射 「ルール破り」は明白だ 安保理で共同歩調探れ

 北朝鮮が「人工衛星」の打ち上げに成功したと発表した。一方、米国の北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は「ミサイルの2段目以降は先端部分も含めて太平洋に着水した」とし、いかなる物体も軌道上に乗っていないと指摘した。

 成否はどうあれ、この「発射」を容認することはできない。名目は人工衛星でも実際には長距離弾道ミサイルの技術が大陸間弾道弾(ICBM)の水準に到達したことを確認し、世界に誇示する狙いだったことは明白だ。「宇宙の平和利用」を隠れみのにした脅迫とも言えよう。
 ◇脅威をばらまく行為

 まず、私たちは日米韓3国政府の一致した見解を改めて支持する。北朝鮮の核実験を受けた国連安全保障理事会の決議1718は「弾道ミサイル計画に関連するすべての活動」の停止を求めている。人工衛星用のロケットも弾道ミサイルと同じ技術を使う以上、北朝鮮の行為はこの決議に違反するとの見解である。

 次に「宇宙ロケット計画が弾道ミサイル計画を隠ぺいするために利用されるべきでない」という合意の存在を指摘したい。02年に採択され04年の国連総会で161カ国の支持を得た「弾道ミサイルの拡散に立ち向かうためのハーグ行動規範」の一節である。法的拘束力はないが、北朝鮮の「発射」が国際的に非難されるべき理由を示している。
(略)
 オバマ米大統領はプラハでの演説で「北朝鮮は再びルール破りをした」と指摘し、ルール違反は「罰せられねばならない」と明言した。韓国大統領府も非難声明を発表した。一方、中国は「冷静、抑制した対応を求める」としている。

 日本政府の要請を受けて国連安保理は緊急会合の招集を決めた。当面の焦点は安保理の対応に移る。
(略)安保理は、北東アジアの平和と安定をかき乱し、挑発的行為を続ける北朝鮮への対処について、一定の道筋を示すべきである。非常任理事国として安保理に参加している日本は米国と連携し、中国やロシアとの溝を埋める努力をすべきだ。中露も安保理としての合意づくりに柔軟に対応してほしい。

 対立構図を際立たせては北朝鮮を利するだけである。


読売:北ミサイル発射 安保理は制裁決議の再確認を

 北朝鮮による弾道ミサイル発射は、国際社会の緊張を高め、平和と安定を損なう無謀で危険な挑発行為だ。

 日本が米国、韓国とともに、北朝鮮を厳しく非難し、直ちに国連安全保障理事会の緊急会合の招集を求めたのは、当然の措置である。
(略)
 安保理での対応は割れている。拒否権を持つ常任理事国は、英国とフランスが「決議違反」で日米と歩調を合わせたが、中国とロシアは同調していない。

 北朝鮮は今回、発射の予告、宇宙条約への加盟、国際民間航空機関(ICAO)への通報など、衛星打ち上げに必要な国際的な義務を一応果たした。

 決議1718には、「衛星打ち上げ」を明確に禁ずる表現がない。中露はそれを根拠に、「決議違反」の主張に与(くみ)していない。

 だが、解釈などをめぐる議論に終始して、安保理の足並みの乱れを露呈すれば、北朝鮮を利するだけである。

 ◆核放棄を強く迫れ◆
(略)
 安保理は、核放棄やミサイル開発の中止を求め北朝鮮に制裁を科した決議1718の厳格な履行を再確認すべきである。

 一方、日本政府は、半年ごとだった独自制裁の期間を1年間に延長して更新する方針だ。輸出の全面禁止など追加措置も検討している。ミサイルの最大の脅威を受けるのは日本であり、制裁を強化するのは当然だ。
(略)
 北朝鮮は、ミサイル発射を「安保理が取り上げるなら、6か国協議はなくなる」などと牽制(けんせい)してきた。協議から離脱するというのであれば、安保理は新たな決議で北朝鮮に圧力をかけ、復帰させなければならない。

 ◆誤報を今後の教訓に◆

 北朝鮮は今後も「衛星打ち上げ」を続けるとしている。

 北朝鮮のミサイルの脅威に備えるには、ミサイル防衛(MD)システムの一層の充実が欠かせない。さまざまな訓練を重ねて迎撃の精度を高め、システムの実効性を向上させることが重要だ。
(略)
 残念だったのは、4日に2回も「発射」を誤報したことだ。

 空自のレーダーの誤探知や、防衛省内の情報伝達の人為ミスなどが原因だ。政府の危機管理能力に疑問符がつきかねない。

 北朝鮮のミサイルは10分以内に日本に到達する。国民の安全を最大限確保し、不安を軽減するためには、情報提供において「迅速さ」と「正確さ」の両方を追求することが求められる。

 政府は、4日の失敗を教訓として、情報内容の二重チェックや国民への伝達方法の改善について、たゆまぬ努力をすべきだ。


秋田魁「制裁延長などは有効だろう。国連はさておき日米韓でまとまりたい」
朝日「国連安保理が強く動いて欲しい。あと米朝交渉と6カ国協議」
岩手「MD強化は軍拡競争になりそうだ。国際社会がまとまって北朝鮮の核を無能力化させたい」
沖縄「MDを強化するとか危険だから、北朝鮮に譲歩しましょう」
産経「ミサイル撃つ前に攻撃してー」
中日「国連が厳しい意思表示をしてくれるといいなぁ」
日経「海外口座に絞った金融制裁を加えちまえ」
北海道「MDのおかげで話が進まない部分がある。6カ国協議で粘り強く交渉すべき」
北國「日米韓の3カ国はまとまろう。あと、MDを含めた国防も考えたい」
毎日「国連安保理を北朝鮮非難でまとめたい」
読売「国連安保理が圧力をかけて北朝鮮を6カ国協議に引きずりだし、日本はMDを強化しよう」

 実際問題。
 北朝鮮はクリントン政権のアメリカの軽水炉に乗じて核開発して、韓国の太陽政策に乗じて核開発して、ブッシュが悪の枢軸国として制裁してる中、核開発して、日本が経済制裁加えたんで核開発してるような気がするんで、日本がMD強化してもしなくても核開発してる気がする。
 なので、結局ミサイルを作ってくる以上は、こっちもMDを強化するしかないっつー状況に追い込まれているという。

 それを止めるのであれば、別の弾丸を用意する必要があるので、日経の言う海外口座の制裁で圧力かけながらってカンジになるんでしょうかねぇ。
 所詮、交渉なんてのは「こっちの方が得する」「そっち行くと損する」を材料に話し合うことだしね。

2009/04/06(月) 「北朝鮮ミサイルの社説。そのいち」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 311コ

 北朝鮮の「人工衛星」が、墜落しましたけど。4月4日は誤報が飛び交ってえらいことになっていました。
 「なにぶん初めてなので」というと、自衛隊を動かさなかったいつぞやの総理大臣のコメントみたいになってしまうのでアレですが、それでも「初めてだから動くのに慎重」なのと「初めてだから動きまくって失敗」とどっちがいいのかってのはケースバイケースなのでなんとも言えません。
 今回は、動いた方が良かったのかも知れないし、私みたいに、誤報が出てからすっかり頭からミサイルが吹っ飛んで、気がついたら5日にミサイルが飛んでました。あーそーですか。になっちゃうのも、やっぱり問題だと思うわけで。
 ……そんな人は私くらいなのかも知れませんが。

 何はともあれ社説が3つばかり並んでいます。

秋田魁:ミサイル発射誤報 不手際では済まされぬ

 緊迫した1日だった。そんな中で起きた誤報は、何ともお粗末としか言いようがない。とりわけ本県では、1度ならず2度も起きてしまった。

 北朝鮮が「人工衛星」と主張している長距離弾道ミサイル「テポドン2号」は結局、通告期日初日の4日に発射されなかった。しかし日本国内の誤報が住民の不安感をあおる形になるとは残念でならない。
(略)
 2度目の誤報は、かなり深刻といえる。午後0時16分に政府が「北朝鮮から飛翔(ひしょう)体が発射されたもよう」と発表し、5分後に「誤探知だった」と訂正する失態を演じた。しかも、この日本政府の誤報が世界を駆け巡ったのである。

 なぜ、こんなことが起きたのか。千葉にある航空自衛隊弾道ミサイル監視用レーダーが「何らかの航跡」を日本海で探知。これに「米軍の早期警戒衛星が発射を探知」という誤情報が重なってしまった。レーダーが実際に何を探知したのかは、判明していない。
(略)
 万全な態勢で臨んだはずの政府の危機管理体制に疑問符が付いた。誤報の詳しい原因を早急に調査し、態勢を再点検しなければならない。

 それにしても、いつまで北朝鮮に振り回されなければならないのか。朝鮮中央通信が午前10時ごろ、「間もなく打ち上げる」と発表したことで一気に緊張感が高まったことも、誤報を引き起こした背景にあるだろう。

 北朝鮮がいくら「人工衛星」と主張しても、その理屈が通るはずもないのは明らかである。国民の多くが飢えに苦しんでいる時にこんな行動に出るとは、度し難い国である。


産経:ミサイル誤認 萎縮せず情報収集万全に

(略)
 緊急情報ネットワークシステムを通じて誤った情報が各自治体にも届いた。国の安全保障に関する情報が錯綜(さくそう)したことは極めて残念である。浜田靖一防衛相らが陳謝したのは当然だ。

 繰り返されてはならないことである。しかし、批判するのはたやすい。政府や防衛省・自衛隊の担当者らが萎縮(いしゅく)して、今後の情報収集や伝達に支障が出るのでは本末転倒だ。政府関係者は正確かつ迅速なミサイル防衛(MD)の運用にあたってもらいたい。
(略)
 米国の早期警戒衛星も百パーセントではないとされる。日本が引き続き、独自に発射情報の収集に努めるのも当然のことだ。

 与野党双方が誤情報の発表を厳しく批判しているのに対し、橋下徹大阪府知事は「敏感に情報収集する方が危機管理としてはいい」と述べたという。北の違法な行動から国民の生命・財産を守るオペレーションを支援するのが、政治の役割であろう。


毎日:ミサイル誤情報 「勘違い」ではすまない

(略)
 「発射」を国民に速報するのは政府の当然の責任だが、危機管理上の誤情報は深刻と言わざるを得ない。政府は、自衛隊内の情報伝達で「勘違い」があったと説明している。詳しい検証が必要だが、お粗末というだけですますわけにはいかない。単純な人為ミスで安全保障面の重大な事態を引き起こしかねない仕組みに問題があったのではないか。
(略)担当者が北朝鮮の基地を静止軌道で注視している米軍の早期警戒衛星からも発射情報がもたらされたと勘違いしただけでなく、司令部がそれをチェックしないまま速報ルートに乗せてしまったことである。安全保障が個人の勘違いで左右される危うい構図の上に成り立っていたことになる。自衛隊内の態勢に問題があったのは間違いない。

 こうした情報伝達の基本的ミスが起こるようでは、北朝鮮が発射した時、必要もないのに迎撃することはないのか、日本に落下する場合にミサイル防衛(MD)がきちんと機能するのか、といった疑念もわいてくる。迎撃システムは自衛隊内の正確な情報伝達を前提に成り立っているからだ。

 一方、これとは別に、ミサイルが頭上を飛ぶとみられる秋田県で、午前11時過ぎに「発射」の誤情報が県から全市町村に電子メールで一斉に伝達される騒動もあった。県は現地の自衛隊員から口頭で情報が伝えられたと説明し、防衛省もコンピューターの不具合によるものと認めた。こういう形で情報が飛び交うようでは、国民は戸惑うばかりだ。


 まぁ、3社とも「しっかりしろ防衛省」的な内容ですが、中身が微妙に違ってて「次はしっかりしろよ」的な秋田魁・産経と、ただただ非難してるだけの毎日という雰囲気です。
 とはいえ、非難しようが何しようが、こうなった時に、一番頼りになるというか頼りにするしかないのが自衛隊なので、今回みたいなゴタゴタが次回もあったら、本気で困るというのも事実なわけで、次はしっかりしてください。としか言うことは無いんだよね。
 気象庁の予報のほうが当たるぜ。とかいうオチはなしにしてほしいですし。いや、ほんとに。

2009/04/01(水) 「一方、その頃朝日は」
日々でなくつらつら:笑ったもの -トラックバックないよ-コメント 232コ

朝日:朝日襲撃事件―「虚言」報じた新潮の責任

 未解決の殺人事件で、「真犯人」がメディアに名乗り出てきた。その証言を報道するにあたっては当然、真偽を詳しく吟味するのがメディアの責任だ。だが、週刊新潮にとってはそうではないらしい。

 87年5月3日、憲法記念日に記者2人が殺傷された朝日新聞阪神支局襲撃事件をめぐり、週刊新潮は実行犯を自称する島村征憲氏の手記を1月から4回にわたって掲載した。

 ――在日米国大使館職員から襲撃を頼まれ、多額の現金と散弾銃を渡された。その銃で阪神支局を襲って2人を殺傷し、名古屋本社寮襲撃や静岡支局爆破未遂事件も自分がやった。

 「犯行の指示役」とされたのは米国大使館を昨年退職した男性だ。島村証言が真実ならば事件の核心を握るキーパーソンである。

 ところが、元職員は新潮社に「手記はまったくの虚偽」と抗議し、訂正と謝罪を求めた。これに対し、新潮社は先月、現金を支払うことで和解した。金銭で解決を図ったのは、誤報を認めたと考えざるを得ない。

 だが、新潮社は和解内容を明らかにせず、取材の経緯も説明しようとしない。報道に携わる出版社の責任を意識しているとは言えない。
(略)
 今回の週刊新潮の報道は、メディアの信用を著しく傷つけた。新潮社は、その責任を明確にすべきである。


ITmedia:朝日新聞編集局員が2chで荒らし 差別表現投稿で「厳正処分」

朝日新聞社編集局の社員が社内のPCから「2ちゃんねる」に不適切な内容の書き込みをしていたとして、同社はこの社員を厳正に処分すると発表した。
(略)
 同社によると、この社員は編集局の校閲センター員(49)。2月~3月にかけ、朝日新聞社内のIPアドレスから、部落差別や精神疾患への差別を助長する内容の書き込みを2chに複数回にわたって投稿していた。無意味な文字列の連続投稿もあったため、2chの運営サイドは「荒らし行為」として、朝日新聞社のIPからの投稿を規制していた。
(略)


 盛大なエイプリルフールな社説をぶちかましていた。

私たちは信じている、言葉のチカラを。

374 名前:名無し野電車区[sage] 投稿日:2009/02/25(水) 22:41:17 ID:53/Kvvqc0
失語症が治ったのか?
それとも鬱病から躁病になったのか?
東急的指導? 持ち家もない貧民のくせに。


 「ジャーナリスト宣言」は、メディア環境が激変するこれからの厳しい時代を生き抜いていくために、社員の一人ひとりが、真実と正義に根ざす「ジャーナリズム」の原点に立った行動をしていかなければならないという、新聞人としての決意表明です。

515 名前:名無し野電車区[sage] 投稿日:2009/03/07(土) 01:03:04 ID:CKqwz/480
おい日暮里支部長、江北駅の水たまりの件はどうなったんだ?
サボってるんなら日暮里支部長はクビだ。


 この姿勢を広く読者に伝えようと『ジャーナリスト宣言。』宣伝キャンペーンを06年1月25日の創刊記念日から立ち上げ、テレビ・ラジオCMや交通広告などで展開しました。

537 名前:名無し野電車区[] 投稿日:2009/03/08(日) 15:14:58 ID:LlbFc7WbO
>>536
また精神病が酷くなったのかwww
松沢病院はいいぞw


 3月末までの第一弾は、戦争や暴動、テロ、環境破壊、自然災害など日本だけでなく世界中の悲劇や事件を取り上げ、「言葉」の前に立ちふさがる大きな事象に対しても、朝日新聞は言葉のチカラを信じて報道していくことを宣言しました。

284 名前:名無し野電車区[] 投稿日:2009/02/20(金) 22:07:57 ID:ccgwfsyN0
失語症躁鬱ニート部落民は、すでにみんなに論破され尽くされている敗者だからね。


 キャンペーンでうたった「それでも私たちは信じている、言葉のチカラを」のキャッチフレーズは視聴者に大きな反響と強い印象を与え、たくさんの読者から期待や励ましの声が寄せられています。

286 名前:名無し野電車区[sage] 投稿日:2009/02/21(土) 01:32:07 ID:84Tcb1Ln0
失語症躁鬱ニート部落民はとっとと首つって氏ねよ。

 また広告業界でも記憶に残る作品として高い評価をいただき、第59回広告電通賞の年間特別賞など多くの賞を受賞しました。

 引き続き06年5月から展開した第二弾では、第一弾と同じく「言葉のチカラ」をテーマにしていますが「言葉には人を救ったり、勇気を与えたりするポジティブな力もある。だから朝日新聞は言葉のチカラを信じている」と、読者に朝日新聞社の決意を再び伝えています。


2009/04/01(水) 「千葉県知事選挙で民主党候補が負けたことについて社説」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 151コ

 千葉県知事選挙で森田健作が勝利したことで、民主党推薦の候補が負けました。
 それを受けて、産経と読売が社説書いたーと書いたんですが、他のトコも書いていたので並べることにします。

産経:千葉知事選敗北 小沢体制刷新への契機に

(略)
 小沢一郎代表の公設第1秘書が逮捕、起訴された西松建設の違法献金事件が、知事選と時期的に重なった。選挙中に小沢氏が最前線で指揮を執ることはなく、街頭演説にも立たなかった。代表続投が多くの有権者に容認されていないと自覚していたからだろう。

 この結果が衆院選にどの程度影響するか。もっとも気にしているのも、小沢氏自身のはずだ。

 衆院選に勝って政権交代を目指す。秘書逮捕後に小沢氏が述べた進退についての「ものさし」をあてはめれば、敗北を重要な契機ととらえるべきではないか。
(略)
 知事選で自民党が自主投票を決めたため、「自民対民主」の対決の構図はあてはまらなかった。しかし、民主党は知事選での勝利を「政権交代への第一歩」にしたいと考えていた。

 推薦候補は、現職の堂本暁子知事から後継者と位置付けられ、5人の候補の中では唯一、大政党の推薦を得る形となった。そうした条件は生かされず、知名度で勝る森田健作氏の圧勝を許した。
(略)
 党内では、小沢氏の代表辞任を公然と求める動きは一部で、小沢氏の自主的判断を見守る空気が広がっている。しかし、どの時期の代表交代が衆院選に効果的かといった計算高い議論は、国民の厳しい視線に向き合うものでない。
(略)


日経:小沢代表は厳しい世論を直視せよ

(略)
 小沢氏は秘書の起訴を受けた記者会見で「代表を続けることがプラスかマイナスかは私に判断することはできない。国民のみなさんの受け取り方次第だ」と述べていた。その答えはすでに明らかだろう。小沢氏は厳しい世論を直視して、政治的なけじめをつける時が近づいているのではないか。
(略)
 29日に投開票された千葉県知事選では、民主推薦の吉田平氏が無所属新人の森田健作氏に大差で敗れた。俳優で元衆院議員でもある森田氏の知名度が高かったことなど、吉田氏の敗因はほかにも挙げられるが、民主党の鳩山由紀夫幹事長は「代表の秘書の問題があっただけにつらい選挙になったことは否めない」と述べ、小沢氏の問題が影響したことを認めている。

 共同通信社の出口調査では、森田氏は無党派層から42%の支持を集め、吉田氏は31%にとどまった。組織力が弱い民主党にとって、都市部を中心とする無党派層の離反は深刻な事態である。
(略)


北海道:千葉県知事選 小沢民主の手痛い敗北

(略)
 西松建設の巨額献金事件で秘書が起訴された小沢一郎代表が続投を表明した後、初の知事選である。それだけに、有権者がどんな審判を下すのか全国的に注目されていた。

 結果は、各種世論調査で示された民主党への逆風が形となって表れたと言うべきだ。

 自民党は今回自主投票を決め、森田氏を含む三候補に支援が割れた。民主党や連合などの後ろ盾を得た吉田氏に勝機はあったはずだ。
(略)
 だが風は吉田氏に吹かず、二度目の挑戦で、俳優としても知名度の高い森田氏に向かった。

 世論調査では西松事件の影響で無党派層の「小沢氏離れ」「民主党離れ」が顕著だ。無党派層が多い「千葉都民」は、政治とカネの問題により敏感だったのではなかろうか。

 小沢氏は投票日前日にようやく応援に入ったが、結局街頭には一度も立たなかった。疑惑が重しとなり、二〇〇六年の代表就任直後に、衆院千葉7区補欠選挙を逆転勝利に導いた「剛腕」を発揮できなかった。
(略)
 鳩山由紀夫幹事長は「直接的に責任問題が生じることはない」と予防線を張るが、党内で辞任を求める声が強まることは避けられまい。
(略)
 民主党は「地方の声」を正面から受け止め、衆院選を戦う態勢を早急に整えることが必要だ。


毎日:千葉・民主大敗 早く不信をぬぐい去れ

 千葉県知事選は元衆院議員の森田健作氏が圧勝して初当選した。知名度の高さから元々、森田氏が優位といわれていた選挙ではある。だが、民主党など野党4党推薦候補が予想以上の大敗を喫したのは、小沢一郎代表の公設秘書が起訴された政治資金規正法違反事件と、小沢氏の続投表明など、その後の対応が影響したためとみて間違いなかろう。
(略)
 小沢氏は事件に対し、違法性はないと強調する一方、次期衆院選での政権交代を最大目標に掲げ、自らの進退は「代表を続けることがプラスかマイナスか。国民のみなさんの受け取り方次第だ」と語った。

 ならば、今度の大敗や世論調査で既に続投がプラスになっていないのは明らかではないか。続投の理由自体に無理が生じ始めている。それとも今度は「続投は党がみんなで決めた」というのだろうか。
(略)
 もちろん、千葉県知事選の結果から麻生太郎首相や自民党への支持が持ち直したと見るのは早計だ。自民党県議の半数以上が森田氏を支援したというが、森田氏は今回、自民党をはじめ意識的に政党色を消し去ったことが大きな勝因だったとみられる。大量得票は政党全体への不信感の裏返しといってもいいのだ。
(略)


読売:千葉県知事選 民主党への風向きが変わった

 最近の地方選挙で顕著だった民主党への“追い風”が、まるで吹かなかったようだ。
(略)
 麻生政権の支持率が急落して以降、民主党は地方選挙で順風に恵まれた戦いを続けてきた。

 1月の山形県知事選は、民主党が支援した候補が現職を下した。3月1日の山口県柳井市長選とそれに伴う県議補選のいずれも、民主党が支援した候補が勝利した。岸信介、佐藤栄作両元首相以来の保守の強い地盤だけに、自民党に大きな衝撃を与えた。

 今回の千葉県知事選での民主党の敗北は、果たして一過性のものなのかどうか。
(略)
 西松建設の違法献金事件が自民党議員側に波及する懸念も消えない。何より麻生内閣の支持率は、依然として低水準のままだ。今回の結果だけをみて、潮目が変わったとみるのは早計だろう。

 今秋までに行われる総選挙に向けて、自民党も民主党も、態勢の立て直しが迫られる。


 とまぁ、そんなワケで。
 産経・日経・北海道が「小沢もう辞めろ」色を強めた社説。
 毎日・読売が「小沢もう辞めろ」と言いつつ「自民党がコレで有利になったわけじゃないんだからねっ!」となんだかツンデレ風味な社説になっています。

 個人的には、4年間動き回った男(と、その家族と後援者)の勝利だと思っています。
 麻生太郎もぶら下がりで「(選挙区内を4年間)歩いた結果」と言っていたんで、民主党の敵失で自民党に風が……とは思ってないみたいです。

 まぁ、そんなワケで、当分選挙は来ないでしょうし、普通に任期満了まで引っ張るんだろうなーと思います。もっとも、民主党が代表選挙に動いたらそれを見計らって解散をぶちかますってコトはするかも知れませんがね。

2009/04/01(水) 「エイプリルフールですから」
日々でなくつらつら:MoE -トラックバックないよ-コメント 101コ

Master f Epic:09-03-31 ダイアロス縦断間違い探し2009開催のお知らせ

いつも『 Master of Epic 』をご利用いただきありがとうございます。

明日4月1日はエイプリフールです。
それを記念して「 ダイアロス縦断間違い探し 」イベントを開催いたします。

◆開催期間
4月1日0時0分~4月1日23時59分まで

◆内容
開催期間中、ゲーム内に8つの間違い(普段とは違うところ)が登場いたします。
全ての間違いを発見した方は件名「 ダイアロス縦断間違い探し2009 」として、
以下をすべて記載して< event@gonzorosso.jp >までメールをお送りください。


 雨の中、22時前帰ってきて、これから晩御飯を食べ、風呂に入らないと寒くてしょうがない私に何ができるというのだろうか。

 ちなみに、22時前に帰ってきたのは、純粋にオーバーヒートして、仕事に関してのみ頭が全く回らなくなったからであります。

 人はそれを、ぐーたらという。

2009/04/01(水) 「前職場」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 65コ

 盛大に道に迷う。
 1時間くらい押しで到着して、今先程超必要最低限の処理が終わった。
 続きは明日だな、これは。

 辛いから帰りゅ。

2009/04/01(水) 「休憩」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 84コ

つーわけで、諸々の会議とかも終わったでな。
しかし、私だけPCが配備されてない罠。
おーけー、この時代PCなしじゃ遊ぶこと仕事はできないぜー。
っつーワケで暇でした。
 電話も無いので取ることもなく、やれることやっても、基本暇でした。眠い。

ま、気を取り直して次は前の職場に行くだよ。

2009/04/01(水) 「と、ゆーわけで」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 77コ

 今日はエイプリルフールですな。
 毎年毎年、それどこじゃないので全く楽しめないのですがね。こっちは。

 というわけで職場が今日から変わったのであります。
 今度の職場は前より遠いけど、近くに遊ぶトコがあるだけマシだと思うこの頃です。

 当面は残務処理をしまくるので、前の職場に寄って帰る生活になるし、4月5月は正直、それどこではないんだろうなぁ。あははははははは。

 まぁ、そんな感じ。
 とりあえず、前のトコで早速ポカがあったので、後で説教っつーか愚痴られに行ってきますよ。あはははははははははははははは。

2009/04/01(水) 「まことにかってながら」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 89コ

 ほんじつのこうしんは、げんどーきがたぼうのため、おやすみさせていただきます。
 どくしゃのみなさまには、ごめいわく、ごしんぱいをおかけいたしますが、わたしはげんきです。

トラックバック
/

前に書いた記事
04/22のツイートまとめ(2017/04/23)/04/21のツイートまとめ(2017/04/22)/04/20のツイートまとめ(2017/04/21)/04/19のツイートまとめ(2017/04/20)/04/18のツイートまとめ(2017/04/19)/04/17のツイートまとめ(2017/04/18)/04/16のツイートまとめ(2017/04/17)/04/15のツイートまとめ(2017/04/16)/04/14のツイートまとめ(2017/04/15)/04/13のツイートまとめ(2017/04/14)/

もらったコメント
mac concealer uk wholesale,04/23,/ anastasia cosmetics wholesale,04/23,/ KevinTub,04/23,/ mac mascara uk wholesale,04/23,/ KevinTub,04/23,/ KevinTub,04/23,/ mac concealer uk wholesale,04/23,/ KevinTub,04/23,/ mac bb cream wholesale,04/23,/ KevinTub,04/23,/

もらったトラックバック
げんさんち。:「オバマ大統領の広島訪問についての社説・韓国編」(05/31)

カテゴリ
Welcome to the Gloval Village! (20)  P-TALK 2012 (12)  P-TALK 2011 (12)  P-TALK 2010 (11)  P-TALK 2009 (12)  P-TALK 2008 (12)  P-TALK 2007 (20)  P-TALK 2006 (19)  P-TALK 2005 (24)  P-TALK 2004 (0)  P-TALK 2003 (0)  P-TALK 2002 (5)  P-TALK 2001 (21)  P-TALK 2000 (22)  P-TALK 1999 (18)  P-TALK 1998 (10)  日々でなくつらつら (2858)  日々でなくつらつら:ラクガキ (3)  日々でなくつらつら:笑ったもの (66)  日々でなくつらつら:ニュース (319)  日々でなくつらつら:記録しとくもの (57)  日々でなくつらつら:プロレス格闘技 (42)  日々でなくつらつら:スポーツ (69)  日々でなくつらつら:えっちぃの (6)  日々でなくつらつら:萌え! (23)  日々でなくつらつら:MoE (144)  日々でなくつらつら:トリックスター (68)  日々でなくつらつら:QMA (28)  日々でなくつらつら:ゲームの話 (29)  日々でなくつらつら:コンピューター関係 (11)  日々でなくつらつら:りなざうの (5)  日々でなくつらつら:だぶぜろさんの (24)  日々でなくつらつら:もばいる関係 (7)  日々でなくつらつら:本日のspam (17)  日々でなくつらつら:カラオケ (1)  日々でなくつらつら:なんか催し事 (3)  日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ (232)  日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ (222)  げんさんち。Off* (4)  お勉強 (4)  悪戦苦闘の歴史 (8)  ニコつべ (0)  ニコつべ:MoE自作 (4)  ニコつべ:MoE MAD (0)  ニコつべ:MoE プレイ (0)  ニコつべ:無双MAD (2)  ニコつべ:無双プレイ (0)  ニコつべ:BASARA MAD (0)  ニコつべ:歌ってみた (1)  ニコつべ:政治 (4)  ニコつべ:政治MAD (3)  ニコつべ:VOCALOID・UTAU (4)  ニコつべ:笑ったの (2)  ニコつべ:ゲーム (1)  ニコつべ:ゲームMAD (2)  ニコつべ:アニメMAD (1)  ニコつべ:MusicMAD (4)  P-TALK 2013 (12)  P-TALK 2014 (12)  P-TALK 2015 (12)  P-TALK 2016 (12)  P-TALK 2017 (3) 

月別一覧
2017/04(23),2017/03(32),2017/02(29),2017/01(32),2016/12(31),2016/11(31),2016/10(32),2016/09(31),2016/08(34),2016/07(33),2016/06(33),2016/05(35),2016/04(31),2016/03(31),2016/02(30),2016/01(32),2015/12(32),2015/11(31),2015/10(32),2015/09(32),2015/08(32),2015/07(32),2015/06(30),2015/05(33),2015/04(31),2015/03(32),2015/02(29),2015/01(32),2014/12(33),2014/11(33),2014/10(32),2014/09(22),2014/08(35),2014/07(32),2014/06(31),2014/05(33),2014/04(30),2014/03(32),2014/02(29),2014/01(31),2013/12(32),2013/11(31),2013/10(32),2013/09(31),2013/08(32),2013/07(33),2013/06(27),2013/05(1),2013/04(2),2013/03(26),2013/02(30),2013/01(32),2012/12(32),2012/11(32),2012/10(36),2012/09(33),2012/08(33),2012/07(32),2012/06(31),2012/05(31),2012/04(33),2012/03(39),2012/02(32),2012/01(33),2011/12(35),2011/11(31),2011/10(40),2011/09(36),2011/08(35),2011/07(32),2011/06(33),2011/05(34),2011/04(33),2011/03(47),2011/02(48),2011/01(40),2010/12(32),2010/11(32),2010/10(39),2010/09(49),2010/08(46),2010/07(46),2010/06(83),2010/05(78),2010/04(69),2010/03(50),2010/02(39),2010/01(15),2009/12(13),2009/11(21),2009/10(27),2009/09(15),2009/08(31),2009/07(38),2009/06(28),2009/05(28),2009/04(16),2009/03(44),2009/02(36),2009/01(16),2008/12(20),2008/11(13),2008/10(12),2008/09(17),2008/08(13),2008/07(9),2008/06(15),2008/05(11),2008/04(24),2008/03(15),2008/02(22),2008/01(12),2007/12(12),2007/11(11),2007/10(12),2007/09(20),2007/08(18),2007/07(15),2007/06(20),2007/05(16),2007/04(20),2007/03(19),2007/02(19),2007/01(18),2006/12(28),2006/11(29),2006/10(40),2006/09(34),2006/08(27),2006/07(29),2006/06(22),2006/05(19),2006/04(23),2006/03(24),2006/02(41),2006/01(43),2005/12(40),2005/11(52),2005/10(46),2005/09(36),2005/08(51),2005/07(30),2005/06(45),2005/05(25),2005/04(4),2005/03(1),2005/02(2),2005/01(1),2004/12(1),2004/11(1),2004/10(1),2004/09(1),2004/08(1),2004/07(1),2004/06(1),2004/05(1),2004/04(1),2004/03(1),2004/02(1),2004/01(1),2003/12(12),2003/11(1),2003/10(1),2003/09(1),2003/08(1),2003/07(1),2003/06(1),2003/05(1),2003/04(1),2003/03(1),2003/02(1),2003/01(1),2002/12(1),2002/11(1),2002/10(1),2002/09(1),2002/08(1),2002/07(1),2002/06(1),2002/05(1),2002/04(1),2002/03(2),2002/02(3),2002/01(3),2001/12(3),2001/11(3),2001/10(3),2001/09(2),2001/08(5),2001/07(3),2001/06(2),2001/05(4),2001/04(3),2001/03(3),2001/02(2),2001/01(3),2000/12(3),2000/11(3),2000/10(3),2000/09(3),2000/08(3),2000/07(3),2000/06(2),2000/05(4),2000/04(3),2000/03(2),2000/02(3),2000/01(4),1999/12(3),1999/11(3),1999/10(2),1999/09(2),1999/08(2),1999/07(2),1999/06(3),1999/05(2),1999/04(3),1999/03(3),1999/02(3),1999/01(3),1998/12(4),1998/11(3),1998/10(3),1998/09(5),1998/08(3),1975/03(2),1970/06(2),1970/01(1),

書いたバカ:幻導機

RSS
ADMIN

FC2Ad



copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved