Hit.
げんさんち。
戻れないなら迷走するんだ。

お品書き・・・ 落ちる雫の音-LOG-歩行は今快適か?-FAQ-ロケット乗り場-LINK-

ちと参加してみてる・・・ twitter/gendohkislashdot.jp/~gendohkimixi/mixi日記読むだけ用pixiv/幻導機

姉妹サイト・・・ ボクボク(同人活動報告) ・Twitter/sanakaoru -眞馨(眞馨の更新されるといいですね小説サイト) -Scrap Kingdom(更新されない小説サイト) ・Leader's Rand(PC-EngineFANファンサイト)

2006/01/31(火) 「カテゴリも作っちゃった」
日々でなくつらつら:だぶぜろさんの -トラックバックないよ-コメント 103コ

20060131-2.jpg
 先日、W-ZERO3買ってました。ポイントぶつけて2万円。
 そんなわけで今年はもう派手な買い物出来ません。をぅゐゑ。

 実は前回の写真はW-ZERO3で撮ったものです。カメラって意味では京ぽんより全然良いですな。
 ↓一応比較。
20060131.jpg20051222.jpg

 まぁ、もう、早速イライラしちゃったりしてるんですがね。
 そのへんについてはまた今度。


 あ、最初の写真の3台はW-ZERO3とSL-C760とVisor Plutinumです。
 何を血迷ってるのか、この3台を普段持ち歩いてます。
 電話とオモチャとPDAとして。場合によってはこれにゲーム機のNintendoDSが加わるかも知れません。をぅゐゑ。
スポンサーサイト

2006/01/31(火) 「人生二度目」
日々でなくつらつら:QMA -トラックバックないよ-コメント 187コ

20060131.jpg

○×で100点。
でも、QMA3になって満点の条件がちょっとぬるくなった。
そしてこの後決勝に行けずに終わったりするのもいつもの話。

ユニコーン組入ってから優勝してないなぁ、そう言えば。
あ、ペガサス組は問答無用で叩き落とされました。あはは。

2006/01/31(火) 「最近、よくCMしてるんで」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 97コ

お~アミバはケミストリ~♪
研究一筋ケミストリ~♪

「ん!? まちがったかな………………………」

アミバです♪


シリーズ化も簡単ですね。
(参考 アイカ工業:テレビCFアミバ様復活委員会:■アミバ様語録完全版■

2006/01/30(月) 「なんというかなニュース」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 197コ

朝日:「ホリエモンと兄弟なの?」武部幹事長が孫に問われる

(前略)
ライブドアの堀江貴文前社長を昨年の総選挙で応援し、演説で「我が弟、息子だ」と持ち上げた場面が最近、テレビで繰り返し流されているためらしい。
(後略)

 スポーツ新聞でネタとして扱うようなニュースだと思うんだけどなぁ。これ。

2006/01/30(月) 「知ってて、わざとすっとぼけ倒す所があるからね、あの人」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 87コ

産経:小泉首相、女系天皇反対に反論

 小泉純一郎首相は27日夕、女系天皇を容認する皇室典範改正案への反対論について「女系天皇を認めないということは、仮に愛子さまが天皇になられた場合、そのお子さまが男でも認めないということだ。それを分かって反対しているのか」と反論した。

 まさにそのことが問題だから反対しているんだけどね~。

 まぁ、タイトルの通りなんだけどね。
 私の中では、国内の事になるとグダグダという印象が相変わらず強いです。
 外国相手と自民党内相手ならそうでもないんですがね。

2006/01/27(金) 「中国のタカラ?」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 376コ

人民網:中国最先端のロボット、重慶でお目見え

中国科学院による最先端ロボット全国巡回展が、重慶市の三峡博物館からスタートした。
(略)
中国科学院の過去数十年にわたる研究の成果がまとめて披露された。(編集CS)

写真(上):ロボット力士を操縦する見学者
(後略)

 そのロボット力士の写真
 タカラで売ってる1万6千円のおもちゃ
 んんーーー?

2006/01/26(木) 「ボビー・オロゴン」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 127コ

サンスポ:ボビーまさかの場外乱闘!ムネオ氏元秘書ムルアカら殴り連行
ZAKZAK:ボビー大暴れ…社長に殴りかかり、ムルアカ制止無視
スポニチ:ボビー 金銭トラブルで大暴走!
デイリー:逆ギレ?ボビー 暴行騒動
トーチュウ:ボビー、大暴れ 警察沙汰
ニッカン:ボビー警察連行、ムルアカ氏殴った!
報知:ボビー、場外乱闘 所属事務所訪れ「金よこせ!」
毎日:ボビー:金銭トラブルで大暴走!
毎日:ボビー:テレビ各局、対応に追われる
毎日:ボビー:年齢詐称も発覚!7歳サバ読んでた…
読売:曙に勝ったボビー・オロゴン、事務所で暴れる

 けっこうな新聞で取り上げておりました。
 詳しい経緯は後で出てくるんでしょうが、

 ってことみたいです。年齢詐称(というかサバ読んでた)のもバレちゃいましたが。
 とりあえず、警察まで呼んじゃうってことは、それなりの大立ち回りがあったんだろうなぁ。誰がどうしたってんでなくてね。

 ムルアカも一時は話題になったことだし、K-1のリングで決着つければ良いんじゃね?(おい)

2006/01/26(木) 「ホリエモンの余波ってどんだけあるんだか」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 132コ

ZAKZAK:武部、袋叩きに…ホリエモン政局なるか

 先の総選挙で堀江貴文容疑者を応援した自民党の武部勤幹事長が、四面楚歌(そか)の状況に置かれている。
(略)
 「カネですべてが片付くという人物を応援したのはいかがか。判断は誤っていたと率直に認めた方がいいのではないか」

 加藤氏は24日の自民党総務会で、このように苦言を呈した。

 これに対して武部氏は「反省すべきは反省しなければならない。今後、戒めていくのでご理解を頂きたい」と神妙に応じた。しかし、
(略)
「(加藤)先生は一番、政治とカネの問題では苦労したんじゃないですか」と捨てぜりふを吐き捨てたのだ。
(略)
「これは墓穴を掘ったようなもの」と指摘するのは自民党有力筋の1人。

 「加藤氏は平成14年4月、秘書の不祥事の責任をとって議員辞職した。ならば武部氏はどう責任を取るのか、という話になりかねない。
(略)
謝罪に徹していれば、武部批判はいずれ沈静化したのに…」

 武部氏は24日午前の会見でも、「なぜ(民主党の)岡田克也氏が堀江容疑者にアプローチしたことは問われないのか」と発言、批判の矛先をかわそうとしたことも失敗だった。

 これを聞いた岡田氏は24日午後、「武部氏の指摘は事実と異なる」として、発言撤回と謝罪を求める抗議文を武部氏の事務所に渡したのだ。
(略)
 一方、小泉純一郎首相は24日夜、「人物調査はなかなか難しい。それを不明といわれれば(批判は)甘んじて受ける」と首相官邸で述べ、ようやく自民党総裁として一定の責任があることを認めた。

 しかし、すぐに「メディアがあれだけ時代の寵児みたいに取り上げたのはどうなのか」と、苦しい言い訳。

 永田町では「堀江容疑者同様に小泉首相のメッキもはがれ始めた」(民主党中堅)との声が次第に大きくなってきた。

 ぶっちゃけた話、ホリエモンを自民党が支持したかどうかなんて、あんまり気にしてないんだよね。
 大体、支持した人が犯罪者でした。さぁ責任取れって言うなら民主党も社民党もグダグダになっちゃうでしょうが。辻元清美とかなんだかんだで忘れてないですよ、みんな。
追記:あの時の党首は辞任したのをすっかり忘れてた。

 そういえば、こんな記事がありましただ。
タイゾーの三日坊主(杉村太蔵 ブログ):2006年01月24日 22:37

続々と入ってくる情報によると、どうやら民主党さんをはじめ野党の方々は本気で今回のライブドア事件の責任問題で政府・与党を徹底的に追及する姿勢のようです。
この大事な通常国会を本気でライブドア国会にする気なんでしょうかね。どうも、僕が民主党さんを食えない理由の一つに、おっしゃっていることや争点とするポイントがこの国の未来のためにどうしても必要なものとはとうてい考えられない。(略)
その責任の所在を明確にしたところで、この国の20年後、30年後は何も変わらないわけですよ。
(略)
とにかく時間がないわけです。この限られた時間内で内容ある審議、それすなわち将来のためになる議論が活発に行われるためには、どうしたって民主党さんに正確な論点の着眼に気づいてもらわないと困るわけです。
(略)
国会が始まって、各党の代表質問が終わり、いよいよ本格的な論戦に入るわけですが、今一度、民主党さんにはこの国の将来を見据えて大局的な視野に立って、大いに盛り上がっていきたいと思います。

杉村太蔵

 小泉政権のメッキがはがれたはがれたと言われて4年も5年も経ちました。
 その間にすっかり民主党はメッキすらないと思われてる気がする今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

2006/01/25(水) 「どうにかこうにか」
日々でなくつらつら:QMA -トラックバックないよ-コメント 100コ

 おかげさまで上級10級になりました。
 先日、予選2回戦でアニメ&ゲーム四文字で華々しく0点を取った私。
 エルフ組にずっといたんですが、めでたくホビット組に陥落。ただ、腐ってますが元賢者。ホビット組ではサクッと決勝進出を連続で決めてエルフ組に戻って参りました。

 ひょっとしたら連続表彰台が組変更のフラグかもしんない。

 そう思いつつ、エルフ組で頑張ってみるもののエルフ組のまんま。そうこうしてるウチに上級10級になったのであります。上級しょっぱなの対戦は問題に恵まれてた事もあって、がっつりとSランクの成績で優勝。
 そしたらですよ。組が上がったんですよ。ペガサス組に。

  1. フェアリー組
  2. ホビット組
  3. エルフ組   ←ここにいた。
  4. ユニコーン組
  5. ペガサス組  ←今ここ
  6. ケルベロス組
  7. ???組
  8. ……

 ……あれ?
 ひょっとして上級にならんとエルフ組より上に行けないですか。
 っていうか、あのエルフ組で優勝しても、ちみっとしか入らなかった経験値はアレで仕様ですか。そですか。

 まぁ、そんなこんなで。
 ユニコーンに行くぞと息巻いて、思わずペガサスまで行っちゃいました。多分、けちょんけちょんにのされてくるんでしょうが、とりあえず次回はペガサス組でのチャレンジです。
 うん、まぁ、頑張る。

 あ、あと一問多答を何度クリアしても順番当てが出なかったんですが、上級になった途端にいきなり出ました。今回、なかなか階級が上がっていかないから、出しやすくなったと言うべきか、それはそれで面倒になったというべきか。ううう。

2006/01/24(火) 「ホリエモン逮捕で社説を並べてみる」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 149コ

朝日:堀江社長逮捕 人の心はお金で買えぬ

 時価総額1兆円を誇る企業集団を率いた「改革の旗手」は、単なるバブルの手品師だったのだろうか。

 ライブドアの堀江貴文社長が東京地検特捜部に逮捕された。六本木ヒルズから拘置所へ、その変転の激しさに衝撃を受けた人も多いだろう。

 逮捕容疑は、関連会社による出版社買収計画や業績に関して、偽りの情報を公表したというものだ。

 これが事実なら、多くの人たちが抱いた「改革」への期待や希望をもてあそんだことにもなる。堀江社長の責任は犯した罪以上に深刻だ。

 堀江流の手法には、法律の抜け道を駆使して株式を取得したり、頻繁な株式分割で値上がりをはかったりするような、きわどさが常について回った。彼自身はそれを「法の抜け穴」だとか「脱法だとしても合法な行為」と主張してきた。

 だが、今回問われたのは、明らかな違法行為である。妙手や頭脳プレーという言葉で許される範囲をはるかに超えた、投資家への重大な裏切りである。

 堀江社長は「ライブドアを時価総額世界一の企業にする」と豪語してきた。しかし、時価総額の基本はあくまでも事業からの収益である。株価の上昇にばかり目を奪われた経営では、赤字決算などを隠す誘惑にとらわれがちだ。破綻(はたん)した米国のエンロンやワールドコムでも不正経理が転落の入り口だった。

 「投資家がもっとも大切だ」といってきた堀江社長が、どうして投資家をだます行為に手を染めたのか。その動機をだれもが知りたいと思っている。

 「人の心はお金で買える」。堀江社長の物言いや大胆な振る舞いは、反発を招きながらも古い常識を見つめ直すきっかけを与えた。

 まずはプロ球団買収に名乗りを上げ、注目を集めた。勢いを失った球界が、縮小均衡で生き延びようというときに「待った」をかけたのは彼だった。

 ニッポン放送株を巡る攻防では、ラジオ会社がテレビ最大手を支配するいびつな資本構造に切り込んだ。

 リスクを取る人をさげすむ社会に戻すべきではない、既成社会の陳腐さから目を背けるな。こうした彼の言動は、予想された以上の影響力を持った。

 一方で、その知名度に便乗するような動きもあった。自民党は、総選挙で亀井静香氏の対立候補として支援し、竹中総務相や武部幹事長が強力に後押しした。応援にも駆けつけている。

 今になって武部幹事長は「公認したり推薦したりしたわけではない。個人的な応援だった」などと弁明しているが、まったく納得できない。もう一度、ことの経緯や反省点について、きちんと説明する義務があるだろう。

 今回の逮捕で崩れたのは、株価や政界の思惑だけではない。彼が呼び起こした期待感も、金の魔力で実力以上に膨らんではいなかっただろうか。犯罪の捜査にとどまらず、検証すべき点は多い。


産経:【主張】ライブドア事件 堀江流を終わらせよう 「時代の寵児」メッキ剥げた

 「時代の寵児(ちょうじ)」のあっけない幕切れがやってきた。ライブドアの堀江貴文社長らが東京地検特捜部に逮捕されたのである。

 容疑は風説の流布、偽計取引などの証券取引法違反だ。粉飾決算疑惑も取りざたされている。堀江容疑者は「企業は株主のもの」「株主にとっての企業価値を高めることこそが経営」という株主価値至上主義経営のシンボルになっていた。それが今、株価をつり上げるため、株主をだましていたとされているのだ。

≪「挑戦者」と錯覚≫

 ライブドア本社などに地検の捜索が入って以来、同社関連株は急落している。上場廃止の可能性も高まり、企業価値は、これ以上ないというほど低下した。容疑が事実ならば株主への二重の裏切り行為といえる。堀江容疑者はどう責任をとるつもりだろうか。

 それにしても、ライブドアと堀江容疑者は、現在の日本社会が抱えるさまざまな問題をあぶりだした。世間の「堀江流」に対する異様なまでの共感は一体何だったのだろう。

 堀江容疑者の「新聞とかテレビを殺していく」「法律で禁止されていなければ何をしてもいい」「人の心も金で買える」といった言動に眉(まゆ)をひそめる人もいた。しかし、こうした発言を時代への挑戦と持ち上げる声の方が圧倒的に大きかった。

 プロ野球、放送業界、政界といずれも世間から「変革が必要」とみられている世界への進出をぶちあげるさまを見て、旧体制の破壊者と錯覚したのだろうか。

 ニッポン放送の経営権をめぐるフジテレビとの激しい攻防では、ライブドアはフジテレビが株式公開買い付け(TOB)を表明したあと、時間外取引で大量に買い付けた。

 市場外での経営権の移動を伴うような株式取得は証取法で禁じられている。本来ならTOBにすべきだ、との批判はあったが、時間外は「立会外」ではあっても「市場外」とはいえない。そうしたこともあって、東京高裁などは違法ではないと判断した。

 常識外れの自社株分割を繰り返し、株価高を演出したのも違法ではない。このように次々とルールの抜け穴を突いて行く手法を、まるでテレビゲームで裏技をあやつる達人をみるかのように、人々は喝采(かっさい)した。

 堀江流に拍手を送ったのは、若い世代ばかりではない。テレビを中心に少なからぬマスコミもヒーロー扱いした。辛口が売り物のニュースキャスター、宮沢喜一元首相や塩川正十郎元財務相、故後藤田正晴元官房長官など経験豊かな政治家OBも歓迎した。

 昨年の衆院選では、堀江容疑者と自民党本部で会談した小泉純一郎首相までもが「エールを送りたい」と述べ、無所属出馬にもかかわらず、武部勤幹事長や竹中平蔵郵政民営化担当相が応援にかけつけ、持ち上げた。

 堀江容疑者の一見型破りにみえる言動が、長い不況で閉塞(へいそく)感に覆われていた日本社会に風穴をあけるように見えたのかもしれない。

≪どこが「勝ち組」か≫

 「勝ち組」「負け組」という粗雑な考え方が横行する風潮も堀江流を助長していた。

 企業活動は複雑だ。人生も苦しみ悩むからこそ味わい深い。スポーツやゲームなど勝負事ならばともかく、企業活動や人の生き方まで、「勝ち組」「負け組」とあっさり切って良しとする単純すぎる感覚は、自著のタイトルで「稼ぐが勝ち」と言い放った堀江容疑者と通じている。

 ある種の後ろめたさを伴ってしかるべき「万事お金」という拝金思想を、恥ずかしげもなく大声で唱える。聞く側も深く考えもせずに「これこそが資本主義」と受け入れてしまう。そんな危うい日本社会を映していないか。

 ライブドアの経営実態の本格解明はこれからだ。逮捕はされても起訴されるかどうかはわからない。起訴されたとしても、裁判所がどう判断するかはまだ予想できない。

 しかし、時価総額を上げることに腐心し、そのためにルールすれすれの行為を繰り返していた点は否定しようもない。ルールや制度の不備を突くやり方を自慢げに語る。そんな堀江流をほめそやすのは、もう幕にしたい。


東京:堀江社長逮捕 失った信用は買えない

 しょせんマジックはマジックにすぎない。ライブドア社長らが証券取引法違反の疑いで逮捕され、悪質な経営手法の化けの皮がはがれた。欺かれた投資家たちの怒りは収まるまい。

 「日本の投資家はもっと勉強しなければならない。このままではずる賢い人たちにだまされる」

 そう公言していた社長の堀江貴文容疑者自身が「ずる賢い人」だったのだから、欺かれた投資家ばかりか、一般の人々もあぜんとしたことだろう。“ホリエモン”に新しいヒーロー像、「勝ち組」の経営者像を思い描いていた人々は、大いに失望したに違いない。

 ひと皮むけば、ライブドアの経営の本質は、まるで中が空っぽの虚業だったといえる。現金がなくてもM&A(企業の合併・買収)はできる…。同社の歴史はそんな企業戦略の上に成り立っていたからだ。

 ポイントは時価総額という概念だ。株価と発行済み株数を掛け算した数字で、それが大きいほど企業価値が高まるという考え方である。ライブドアの時価総額は一時、約八千億円にも上っていたほどだ。

 株式分割と株式交換という二つの手法が「てこ」の役割を果たした。株式分割で高騰した株を買収相手の株と交換する形で、数々の企業買収を繰り返し、時価総額を膨らませていったのである。

 同社は二〇〇一年以降、四回の株式分割を行い、一株を実に三万株に増やしたという異例さが、それを裏付けている。業績より、まず株価ありきという経営思想は、まさに本末転倒というべきだろう。

 その手法自体に違法性はないが、同社は投資事業組合と呼ばれる“隠れみの”を介在させる独自の方法を用いて、利益を上げていた。同組合は法人格がないうえ、内部情報が公開されにくい。

 投資事業組合の企業買収に絡めて、虚偽発表や大型の株式分割で高騰した関連会社株を売却する。そして、巨額な利益を同組合からライブドア本体に還流させ、同社の業績や決算が良くなったように見せかけた。いわば詐術だった。

 上場企業にこんな悪質な経営をされては、一般投資家はたまったものではない。経営に詐術は許されない。東京ばかりか、ロンドンやニューヨークの市場まで混乱させた責任は、あまりにも大きいと言わねばならない。

 堀江容疑者の著書には「人間を動かすのは金。人の心はお金で買える」という慢心の言葉がある。拝金主義もここまで来たかという思いがする。失った信用は、もう買えない。


日経:堀江社長逮捕が突きつけた課題(1/24)

 グループ企業を舞台にした証券取引法違反事件で市場を揺るがしたライブドアの堀江貴文社長ら幹部4人が東京地検に逮捕された。家宅捜索着手から1週間という急な展開だ。

 「大きな売却益を得る目的で、『風説を流布し偽計を用いて』ライブドアの子会社の株価をつり上げた」証取法違反の疑いをかけられている。子会社がライブドアの支配する投資組合を介し出版社を買収した案件で、事実と違う経緯を発表し、子会社の決算で赤字を黒字と偽り、子会社の株を大幅分割したりしたのが「偽計」「風説」に当たるという。

欠けていた規範意識

 家宅捜索の容疑と同じだが、強制捜査に着手した後、ライブドアグループには別の多くの疑惑が浮上。M&A(企業の合併・買収)による成長で世間の耳目を集めた企業行動は「既存の法令や制度の不備を突き、抜け穴を利用する」だけでなく、そもそも規範意識がライブドア経営陣に欠けていた故の乱暴な行動だったとの感が深くなっている。

 逮捕容疑と同様の証取法違反の疑いがある企業買収は計6件に及び、ライブドア本体の粉飾決算の疑いも出ている。粉飾の基にあるのは、企業買収の際に株式交換用に新規発行した株を売却して得られた現金を還流させた資金とみられ、買収六件で計80億円に上るもようだ。

 こうした企業買収のやり方や、それに伴ってライブドアが資金を得る仕組みは、逮捕された最高財務責任者の宮内亮治取締役が立案、主導したとされる。堀江社長の取り調べはまず「風説の流布、偽計取引」などに当たる行為を認識していたか、社長自身の関与があったとすればどのような役割を果たしていたのか、などが中心になる。検察には、逮捕容疑以外に違法行為がないのかを含め、徹底した捜査を望みたい。

 学生ベンチャー企業から出発したライブドアがなぜ脱線したのか。堀江社長らが違法すれすれの経営からルール無視に暴走した経緯を解明しなければならない。

 ベンチャー企業は特異な技術やノウハウをてこに急成長し、株式公開によって資金力を一気につけて飛躍をはかるのが一般的である。堀江社長は創業当初ホームページの制作を請け負う仕事をしており、抜きんでた事業を手がけていたわけではない。現在も50社近いグループを率いているが、何が核になって利益を上げているのかわかりにくい。

 創業約10年で注目を浴びる存在になれたのは投資家の期待を常に集める演出に力を入れてきたからだ。その味を覚えたきっかけの一つが、先駆けとなって実施した1対100の株式の大幅分割である。投資家の手に増やした株式が実際に渡るまでに、株価が高騰するマジックを知った。

 この株式分割によって発行済み株式数を1万倍に増やして、時価総額を膨らませ、これをバネにM&Aに拍車をかけた。ニッポン放送の買収合戦は、その頂点といえた。フジテレビジョンと和解することで、フジ側から第三者割当増資などで1470億円の現金を手に入れた。

 事業によって付加価値を生んで企業価値を高めるのではなく、専らマネーゲームで投資家の期待をそそり時価総額を高めて企業価値を見かけ上膨らませた。こうした手っ取り早い方法に慣れた結果、ルール無視の体質が強まっていったのだろう。

 インターネット関連のIT企業はみな似たようなものだという見方をするのは誤りである。ネットを利用して独特の事業モデルを開発して、多くの投資を呼び込んで成長をはかるのは正当な経営戦略である。

「市場の番人」早急に

 容疑が事実とすれば、堀江社長らは投資家を欺いたのである。いわゆるライブドア・ショックを引き起こし、投資家を動揺させ、証券市場への信頼まで揺るがすに至った。

 今回の事件では、内偵に時間をかける経済事件の捜査の通例と異なり、容疑者周辺の関係者からの事情聴取は、家宅捜索前にはしていなかったとされる。わずかな間に、捜査対象企業の幹部の一斉逮捕に踏み切ることができたのは、違法行為の隠ぺいがそれほど厳重に凝らされておらず、捜索で押収した資料だけで容疑がかなり固められたからだろう。

 違法行為が繰り返された疑いが濃い企業買収で、ライブドアグループは、証券市場の番人役である証券取引等監視委員会や金融庁が当時すでに問題視した大幅株式分割を重ねている。監視委や金融庁が、この時に機敏かつ深く、ライブドア側の行動を調査していれば、逮捕容疑になった事実をつかみ得た可能性が強い。そうすれば、この1週間の市場の混乱もなくてすんだはずだ。

 市場の番人にふさわしい権限と陣容を持つ「日本版SEC(米証券取引委員会)」の必要性は緊急である。早急に監視委を抜本的に改組し機能を強化すべきである。


毎日:堀江社長逮捕 「すべてはカネ」が足をすくった

 ライブドアをめぐる証券取引法違反事件で東京地検特捜部は社長の堀江貴文容疑者を逮捕した。特捜部は16日にライブドアの家宅捜索に踏み切ったが、事件は1週間で最高経営責任者の逮捕という重要な局面を迎えた。

 家宅捜索の後、ライブドアショックが日本を襲っている。株価が急落したうえ、ろうばい売りの殺到で東京証券取引所が売買を中断するという異例の事態も引き起こした。

 特に、ライブドアが株式を上場している東証マザーズなど新興企業向け株式市場は暴落に近い状態で、大きな打撃を受けている。

 IT(情報技術)系勝ち組企業を代表する存在だった堀江社長は、プロ野球参入表明やニッポン放送株の大量取得で注目を浴びた。さらに、テレビ番組に出演し、タレントとしての知名度を自らの事業のPRにも利用してきた。

 しかし、証取法違反での摘発後、M&A(企業の合併・買収)で急成長してきたライブドアの暗部が次々に明らかになっている。

 特捜部は堀江社長の側近ですでに事情聴取を行った投資・金融担当取締役の宮内亮治容疑者ら3人も同時に逮捕した。

 企業買収をめぐってウソの情報を開示したり、株式交換目的で発行した株式の売却収入を利益に付け替える粉飾決算など、疑惑解明のための捜査が続けられている。

 堀江社長はネット上で公開している“社長日記”で「身に覚えがない」と疑惑を否定している。しかし、特捜部は堀江社長自身がこうした違法行為に関与していたとして逮捕した。

 ライブドアとライブドアマーケティングの株価は連日ストップ安が続いている。東証は、堀江社長が証取法違反で逮捕された場合には上場廃止もありうることを表明している。

 ウソの情報開示や粉飾決算は、株式分割と同様に、高株価を演出することが目的だったという。株式投資の成功者として象徴的な堀江社長の蓄財が、実は市場操縦の結果ということになる。

 貯蓄から投資へと政府は誘導しているが、市場への不信とその影響は長期に及ぶ。監視体制の強化など金融犯罪への抜本的な対策が必要だ。

 影響は経済だけにとどまらない。昨夏の総選挙に刺客として立候補した堀江社長を応援した自民党幹部の責任を問う声は一段と強くなるだろう。

 下流社会や、勝ち組という言葉が流行し、派遣やパート労働が増え、ニートが深刻な問題になっている。

 その一方で、都心の地価や株価が急騰しミニバブルと呼ばれている。勝ち組を目指して株式による利殖をめざす若者も増えている。

 こうした環境の変化は日本人の勤労意識にも変化を与えているが、ライブドアショックは、株価だけでなく、堀江社長が強調してきたカネがすべてという考え方にも冷水を浴びせた。

 浮利を追わず。堀江社長の逮捕を機に、改めて考えてみたい。


読売:[堀江社長逮捕]「あっけなくはがれた“虚業”の仮面」

 新ビジネスの旗手ともてはやされた起業家のあっけない転落だ。ライブドアの堀江貴文社長と3役員が証券取引法違反の疑いで東京地検に逮捕された。

 子会社による企業買収を巡り、実際には系列投資組合が現金で買収したのに、株式交換で買収するようにみせかけ、投資組合に子会社の新株を交付、売却益をグループに還流した疑いだ。

 子会社が実際には赤字なのに黒字と偽り、さらにこの子会社の株式分割も実施して、株価上昇を演出した、とも地検は指摘している。

 ライブドアは、企業の合併・買収(M&A)、投資組合、株式分割など新しい投資手法で、一時は株式時価総額が約1兆円に及ぶ企業グループになった。そうした錬金術のどこに違法性があったのか。全容の解明を望みたい。

 堀江容疑者には、もともと塀の上を歩くような危うさがあった。株式分割は、投資単位を小口化して、株式を買いやすくするために規制を緩和したもので、ライブドアが行った100分割のような超細分化は想定していなかった。

 ニッポン放送株を大量に購入した時間外取引も、本来は企業間の大口売買を円滑に進めるために設けられた制度で、経営権の移動を伴う取引は、株式公開買い付け(TOB)が本筋とされていた。

 堀江容疑者は、「法が禁じていなければ何でもできる」と法が前提とする暗黙のルールを公然と踏みにじってきた。

 地検が今回、逮捕に踏み切ったのは、法の内側と主張する取引に、法に触れる部分があったと判断したからである。

 それにしても、証取法を所管する金融庁と証券取引等監視委員会、株式市場を運営する東京証券取引所は、何をしていたのだろう。ライブドアのルール違反に対して後追いに終始し、一連の取引について容疑の端緒もつかめなかった。

 与謝野金融相は、監視委の増員など対応策を示している。しかし、金融庁などが市場の監視役という立場を自覚しない限り、拡充の効果はないだろう。

 テレビに出演し、派手な言動を繰り広げた堀江容疑者は、バブル崩壊後の閉塞(へいそく)感を打破する指導者、と期待を集めた。だが、インターネット企業とされるライブドア・グループのネット関連売上高は全体の20%もない。実態は買収した企業の金融部門に大きく依存している。

 グループの時価総額は4000億円弱まで目減りした。ほとんどが個人とされる株主は、ストップ安で売るに売れない状況が続いている。ライブドアの暴落を契機とする売りの殺到は、東証のシステムをマヒさせた。高すぎる授業料だ。


 今回ははしょれる場所がほとんど無いから、全部全文引用してます。

 今回のこれ。ツッコミ先が結構分かれると思ったんです。

 思いつくだけでこんな感じ。じゃぁってんで見てみると、

 こんな感じでしょうかね。毎日は一応市場の事にも触れてはいるけども。
 今回一番余裕が無さげに見えるのが産経。まぁ、ホリエモンには一回殺されかかったから、穏やかに書けないってのもあるんでしょう。
 テレビの方は直接やりあったフジ、楽天と一悶着あったTBS、ご近所さんかつソフトバンクと一悶着になりかけたテレビ朝日がかなりよってたかってブッ叩いてるような印象があります。嬉々としてというと言い過ぎじゃろか?

 そんな中で一番冷静だったのはやっぱり日経&テレビ東京ですかね。
 大体、日経ってのは「市場と金の動きしか見てねぇ!」みたいな所があるから、こういう事になると比較的ノリノリな社説を書きますな。

 それにしても。
 ホリエモンという人がなんでまた支持されたかってことに対しては「旧体制の破壊者だから」みたいな社説が出てたりするんだけど、別に古くったって悪いと思ってるもんでなければ破壊しようとしても支持されないと思うんだけど、どんなもんでしょね?
 例えば、フジサンケイグループの乗っ取りの件があって、既存マスコミの破壊者みたいなイメージをマスコミ各社は持ってると思うんだけど、その“既存マスコミの破壊者”の部分がウケちゃった事に対して、マスコミはちょっと危機感を持った方が良いんじゃないかなぁ。

 多分に大バレした(と結構な人数が思ってる)のは日韓W杯の時なんだろうけど、国民が知りたい事とマスコミが伝えたい事が離れて来てて、「新聞とか読むんだったら、直接本人が書いたWebSite見れば良いや」的な雰囲気ができあがりつつあるんじゃないかと思います。
 で、そのことに危機感を持つのは構わないんだけど、「国民がバカになった」って感じに思ってるんだったら、いよいよもってマスコミ離れしちゃうんじゃなかろうか。
 ぶっちゃけた話、ぐぐって見つけたサイトを拾い読みしてた方が新聞読むより情報量が多くて、それが正しいのか正しくないのか解らないけど、なんとなく理解した気になれる(笑)。でも、新聞ではあんまりそうはならない。これってのは凄い大問題でしょう。極論で言えば「我々の知る権利がマスコミによって侵害されてる」感を抱けちゃうわけで。
 具体的にどうすれば良いってのは言えないけれど。例えば新聞各社のWebSiteでそれぞれはてなダイアリーキーワードみたいな辞書を持つとかしてくれないかなぁ、なんて思ったりします。それが金になるかどうかは解りませんがね。

 何はともあれホリエモンに関しては色々調べてるみたいなんで、色々出てくるんでしょう。私としてはグレーゾーンを的確についていたという印象が強いので、ひょっとしたら限りなく黒なグレーだけなのかも知れないけれど。それでもまぁ、なんかしらの決着ってのが裁判で確定するんでしょう。
 それまでは、とりあえず傍観者でいようかな、と。


 それはそうとして。
 民主党が「先の選挙でホリエモンを公認っぽい雰囲気を見せて、票寄せパンダにした自民党は責任を取れ!」みたいな事を言ってますが。
 それ言うなら、弁護士法で違反やらかした元民主党の議員が無所属になっても未だに議員やるって言ってる事に対して執行部が責任取ってなんかしないとダメでしょう。除籍したからおしまい。じゃ、納得してくれないですぜ。
 まぁ、だからってなんかやったら支持が増えるかと言うと、あんまりそうはならない気がするけどねー。

2006/01/24(火) 「とりあえず完成」
日々でなくつらつら:トリックスター -トラックバックないよ-コメント 73コ

 赤い数珠玉を手に入れ、クラフトスクエアシールドも10万で売ってたから購入。
 これでHP極龍用のHP盾が造れるのであります。赤い数珠玉を1回合成する毎に約400~1000(ホントはもっと中途半端な数字)のHPが付加されるので、2回合成できるクラフトスクエアシールドなら、約800~2000のHP付加になる。
 とりあえず、1000オーバーになれば良い感じなのでバキっとつけて持たせてやるのです。



──HP+880。



 う……
 うぅ……
 うぅぁぁぁあああああああああああっ!!!!!!

 再度学園に突入し、何度か死にかけながら赤い数珠玉10個入手。クラフトスクエアシールドはまだ10万で売られていたのでバキッと購入して今度こそ。
 ……で、まだ900とかだと面白いんだろうけど、そうなってはこっちが困る。ちゃんと1300超ついたので無事に装備したのであります。
 これでHP極龍のHPは無事に6300超になりました。


──と、言うわけで。


 PvPエリアに突入。前回、シルクハット(Lv150)の魔法使いのシャワーオブアローに吹き飛ばされたリベンジを果たすのであります。まぁ、リベンジって言った所でLv70上の相手を倒せるわけじゃないんですが。

 ちょうどその時、無差別攻撃するシルクハットの羊が突入。標的を私に据えてきたのでリカバリーの準備(笑)。繰り出されるシャワーオブアロー。2000弱残して耐えきる私。リカバリー2回でほぼ全快。
 躍起になって攻撃する羊さんでしたが、なかなか死なないので諦めて別の人を攻撃しはじめました。勝利。
 なーんて浮かれてたら、狐さんの設置した地雷に吹き飛ばされたわけですが。クリティカルで6700のダメージって一体。
 
 そんなこんなでPvPエリアでボヘボヘとしてたのですが。件の羊さんが何度も何度も何度も何度も無差別攻撃してくるんで、いつしか場の雰囲気はテロリスト羊vsそこにいる人間全員みたいなノリに。
 そんななんで、こっちも何度も殴られてるし、たまにはこっちからも攻撃してみようとフェアーウィンドかけてライトアロー一発。



ダメージ400。




 ま、ほら。回復キャラだからね、こいつ。
 とりあえず、次の目標は6800超。シルクハット狐さんの地雷に勝てるように頑張りたいです。

 あ、そうそう。メインの龍はあと5%でLv115です。
 最近、こっち全然やる気ナシ。あはははは。






2006/01/23(月) 「土日雪だったから」
日々でなくつらつら:トリックスター -トラックバックないよ-コメント 180コ

 正確には土曜に降って日曜も雪が残ってたから、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとトリスタやってました。
 HP極回復龍はLv82になりました。盾をLv80用のにしたけど、HPがついてない&つけられない盾なのでHPは少し減少傾向。それでも5000ちょっとあるけどね。

 そんななんでメインを立ち上げてLv80用のHP盾を造るべく、歓迎学園に行って来たのであります。ここのキョンシーを倒して手に入れる赤い数珠玉が盾にHPを付加できる。
 とりあえず、何度か死にそうになりながら赤い数珠玉を必要な5個×2回分の10個手に入れて、次は盾を掘るのだと学園3階に。
 ここでクラフトスクエアシールドってヤツを掘り出せば良いのです。


――無理でした。そして死んだ。


 ま、また次の機会に……。
 メインはそんなこんなであと少しでLv115。Lv120までまだまだ遠い。

2006/01/20(金) 「メインなんて触ってもないし」
日々でなくつらつら:トリックスター -トラックバックないよ-コメント 308コ

 そんなこんなでHP極龍を育ててるこの頃です。
 モンクエをちまちまちまちまやりつつ、クエストを消化しつつLv75。今やっているアポシスを10回ばかしやったら電気マイマイのモンスタークエスト25回が待っています。
 それが終わる頃にはLv80になってるだろうから、Lv80のマダムモンシュクエストをやりつつ、TMのモンスタークエストのダンサーミシェルを5回。Lv81になったら、それはそれでモンクエがあるのでそれ。

……と、実はLv71からLv90くらいまでクエストが充実しているのです。

 そしてLv90~Lv120くらいまでが超中だるみ。
 私は幸い、イベントがやってきてたまったまレベルアップが出来たのだけど、そうでなければ今頃Lv100にようやっと届くか届かないかくらいで「飽きたー」なんて言ってたことでしょう。現にLv114で飽きてるし。

──ただ、120になれば多少また増えるのよね。その6レベルが面倒なのだけど。

 まぁ、何はともあれ。
 Lv90にするまでは頑張ろうかな、と思っております。メインはLv120まで行って、それなりにモンスタークエストを潰したらボスの所にでも遊びに行こうかな。テンタライオンの実物が見てみたいし。
 そのLv120まで何してようか悩むんだけど。ヤムキング倒して回し車拾うの飽きたしなぁ。全くやれやれだ。

2006/01/20(金) 「一問多答が……」
日々でなくつらつら:QMA -トラックバックないよ-コメント 133コ

 平気で0点を取る一問多答に苦戦しているこの頃です。
 まぁ、順番と同じで完璧に記憶勝負なので覚えるしか無いですやね。あぁ、やだやだ。

 とりあえずエルフ組でも優勝が何度か出来るようになったんで、繰り返していけばユニコーンも視野に見えてくるのかな。自分のレベルアップというよりは強かった人が先にユニコーンに行ってるだけなんで、ボチボチやっていきますよ。金もそんな無いしね。

 そういえばTVチャンピオンのクイズ作家王選手権を見たんだけど、答えられたのは半々。まぁ、ただのクイズ好きだとこんなもんだぁね。
 趣味クイズなんて人の知識量は半端じゃないですよ、えぇ。

2006/01/19(木) 「悪いんだけど、態度とか言動が典型的な悪役なんだよね。それも下っ端の」
日々でなくつらつら:スポーツ -トラックバックないよ-コメント 83コ

東亜日報:06年「第1号ゴール」は私の足先から出る

18日午後11時30分(韓国時間)、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイのアル・シャバブ・スタジアムで行われる韓国対UAEサッカー代表チームの評価戦。
(略)
UAEは国際サッカー連盟(FIFA)世界ランキング第85位で、韓国(29位)に比べて相当低く、歴代戦績でも韓国が7勝1敗5引分けと圧倒的な優勢をみせてきた。UAEはサウジアラビアで試合をする予定のギリシア(第16位)や香港で対決するクロアチア(第20位)、米国でのメキシコ(第5位)に比べれば、遥かに劣る弱小チーム。
(略)
ディック・アドフォカト監督も、簡単な勝利で選手たちに自尊心を持たせるため、UAEを初戦の相手に決めた。しかし、アドフォカト監督は「UAEは弱体ではあるが、UAEは現在プロサッカーシーズンなので選手たちが実戦感覚維持している反面、韓国はプロリーグが終わってから休息期を持ったため、気をつけなければならない」と選手たちに活を入れた。

アゴフォカト監督は、UAE戦で二つの点に重点を置いている。まずは、選手たちのコンディション点検。第二は、韓国より劣るチームを相手に、多様な戦術変化を試み、選手たちがどう対応するかを見てみる計画だ。
(後略)

 で、これ。↓

朝鮮日報:サッカー韓国代表、UAEに0-1負け
 敗者の弁はこちら。↓

朝鮮日報:【UAE戦】アドフォカート監督「内容には満足」

 相手(UAE)はシーズン中盤でコンディションがベストの状態だったが、韓国はシーズンが終わってから2週間休み、2日間だけ練習して試合に臨んだ。それを考えれば、これぐらいでも満足だ。
(略)

 なんていうかさ。
 FIFAランクってのにこだわり過ぎなんだよね。
 あんなのアテになんないんだって。

2006/01/19(木) 「モンクエめんどくさい」
日々でなくつらつら:トリックスター -トラックバックないよ-コメント 119コ

 そりゃ、短期間で150回もやってりゃね。飽きますよ。
 というわけで燃え尽き気味でテキトーにモンクエしてたりする今日この頃です。他にする事無いし。
 いや、まぁ、掘ってりゃいいんだろうけどさ。確かにドリルはなんだか知らないけど、所持力極の狐が100本くらい持ってるし。

 メインの龍がなんとなく飽きたので最近はHP極の回復龍を育ててるんですが、火力が無い育て方をしているおかげさまで全然経験値が増えません(笑)。
 そして、パーティープレイすることが無いので無駄にLv10まで育てたレイオブライトの使い道がありません。マスターにしちゃう予定ですが、はてさてどーしたものやら。

 その後はダークミストかマジックシールドブランクカードを育てる方向なのかなーなんて思いますが、全体回復魔法がいつになったら出てくれるのか極めて謎なので困っております。
 あ、エマージェンシーはLv1を取ったけど、200しか回復しない上に回転がポーション or 自分にリカバリーよりも遙かに遅いので全然役に立ちません。
 あれでポーション並に回復回転力があれば、育てても良かったんだけどなぁ……。

 そう言えば、このHP極龍でPKエリアに遊びに行ったりするんですけども、大体同レベル帯の方々から何度かタイマン勝負を挑まれているのですが、今のところ全勝しております。凄いですね。そして勝因も凄い。相手がポーション切れて終了っていう超持久戦。ちゃんと言うと泥仕合ですからなー。
 ぶっちゃけた話、同じくらいのレベルの人相手だったら、負けるとはそうそう思わないもの。勝てるって気にもなれないのが不思議だけど(笑)。
 
 まぁ、とりあえず。そんな重戦車なんですが、Lv80だか90だかくらいまではレベルアップさせられそうなのでそうします。またボス戦かなんかに遊びに行きたいな。一緒に行く人がいないんだけどね。とほほほほ。

2006/01/18(水) 「ヒューザー小嶋社長の証人喚問後の社説」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 72コ

朝日:小嶋証人喚問 かえって疑惑が深まった

(前略)
 マンションなどの耐震強度が偽装された問題をめぐり、建築主ヒューザーの小嶋進社長は国会の証人喚問で、肝心なところになると黙り込んで、ことごとく証言を拒否した。かえって疑惑が深まるばかりだというしかない。
(略)
 小嶋社長は入居者にどんな補償策を考えているのか。耐震偽装を知りながら販売したのか。姉歯秀次元建築士の構造計算のごまかしに、会社としてかかわっていたのではないか。こうしたことが国会の証言で注目されていた。
(略)
 耐震偽装を知りながらマンションの販売契約や引き渡しをしたのではないか。そんな疑惑が浮上している。姉歯元建築士による構造計算のごまかしを検査会社から知らされたあとも、ヒューザーは一部の契約や引き渡しをしたからだ。

 この核心に質問が浴びせられたが、小嶋社長は「刑事訴追の恐れがある」と述べ、証言の拒否をくり返した。

 訴追の恐れがあることを理由に証言を拒むことは法で認められている。しかし、冒頭で「取引に違法性はない」と見えを切ったのならば、証言を拒否する理由はないのではないか。こんな証言拒否を見ると、偽装を知りながらマンションを売ったのではないかとますます思わざるをえなかった。

 政治家への働きかけについては、いくつかの事実が明らかになった。
(略)
 これまでわかっていた衆院議員の伊藤公介・元国土庁長官のほかに、安倍官房長官の秘書にも相談したという。

 伊藤元長官については、献金をし、所属する森派のパーティー券購入を取りまとめたことを小嶋社長も認めた。伊藤元長官の三男が経営する会社が、ヒューザーのマンションの管理業務を請け負い、公設秘書がその役員に就いている。

 伊藤氏は知っていることを進んで語るべきだ。国会は参考人として呼んで話を聞いてみてはどうか。

 真相解明は再発防止の前提である。

産経:【主張】「偽装」証人喚問 更なる真相解明が必要だ

 多くの偽装マンションを販売したヒューザーの小嶋進社長に対する証人喚問が衆院国土交通委員会で行われた。しかし、刑事訴追を受ける恐れがあるとの理由で証言拒否を連発したため、偽装に至った経緯は闇のまま残った。

 今回の喚問では、小嶋社長が偽装の事実をいつ知り、偽装の重大性をどの程度認識しながら、その物件を販売したかが最大の焦点だった。昨年十月二十七日に、小嶋社長が偽装の公表を遅らせるよう指定確認検査機関のイーホームズに要請したとされるからだ。
(略)
 ヒューザー側が偽装を認識しながら販売したとすれば、宅地建物取引業法で義務付けられている「重要事項の告知」に違反している。さらに、詐欺罪に抵触する可能性もある。

 このため、小嶋社長は「(販売に)違法性の認識はなかった」としながらも、核心部分については証言を拒否した。質問するほうも、証言拒否の法的根拠をきちんと求めないなど、追及に甘さがあったことは否めない。

 小嶋社長と政治家の関係も喚問の焦点だった。すでに、自民党の伊藤公介元国土庁長官や、パーティー券を購入した自民党森派との関係の深さが明らかになっている。

 小嶋社長はこれらに加え、安倍晋三官房長官の政策秘書に善後策を相談した、と証言した。安倍長官は秘書との面会の事実は認めたが、国交省などへの働きかけは否定した。政治家の関与に関する幅広い究明が必要だ。
(略)
偽装にかかわった関係者にはきちんと責任を取ってもらう必要がある。国会、捜査当局によるさらなる解明を待ちたい。

東京:耐震偽装喚問 政治家との関係ただせ

 耐震強度偽装事件をめぐる国会の証人喚問で建築主・ヒューザーの小嶋進社長は政治家との関係をほのめかしたが、証言拒否を繰り返した。真相解明を求める国民の間にはいらだちと不満が残った。
(略)
国会で新事実が明らかになると期待する声もあった。だが、同氏は固く口を閉ざした。

 最大の焦点は、小嶋社長が偽装を知りながらマンションを販売していたかどうかだった。昨年十一月の参考人質疑で指定確認機関のイーホームズの藤田東吾社長は「十月二十五日に姉歯秀次建築士(当時)が構造計算書の偽造を認めた。その場にはヒューザー社幹部も出席していた」と語っている。姉歯元建築士も先月の証人喚問で同じことを語った。

 これに対して小嶋氏は当日に担当者が出席していたこと、その後もマンションなどの売買契約や引き渡しをしていた事実を認めながら、「宅地建物取引業法違反など違法性があったとの認識はない」と述べた。偽装がわかった段階で販売を止めるのは経営者として最低のモラルだ。

 さらに偽装発覚前後、同社や設計事務所などを交えた協議の内容や国土交通省、伊藤公介元国土庁長官らとの会談について質問されると、とたんに「刑事訴追される恐れがあるので証言を控えさせていただく」と繰り返した。たまりかねた委員長が何度も注意したが、追及の仕方も厳しさに欠けていた。

 別の政治家との関係では、マンション住民への説明会の場で安倍晋三官房長官らの名をあげて対応策を働きかけている、と語ったことが取り上げられた。安倍官房長官には「直接ではないが政策秘書を通じてお願いした」と証言した。安倍氏はただちに小嶋氏との関係を否定した。

 だが小嶋氏は長年、自民党森派などへ献金をしていた。伊藤元長官とは元長官の家族が役員を務めるビル管理会社に業務を発注するなど密接な関係がある。小嶋氏は「一民間企業が解決できない問題が起こったときに(政治家に)相談している」と語っている。今回の偽装事件と政治家とのかかわりについても、国会はさらに究明すべきではないか。
(略)

日経:耐震偽装で国会の仕事はこれからだ

(前略)
 耐震強度を偽装したマンションの多くを販売したヒューザーは、設計図の構造計算書が偽造されていると指摘を受けた後にも、問題のあるマンションを引き渡したり販売契約を結んだりしていた。こうした行動について冒頭に委員長が質問すると、小嶋社長は「違法性の認識はなかった」と答えておきながら、質疑では、委員が詳しい経緯を聞くと一転して「刑事訴追の恐れがあるので……」を連発した。

 証言を控えなかったケースでも、質問の趣旨を外して答えたり、つい2カ月前の自分の発言を「記憶が定かでない」とはぐらかしたりで、誠実さはなかった。
(略)
 関連する質問の多くに答えを「控えた」せいもあって、政治家との関係は、何か後ろめたいものがあるのか、との疑惑がむしろ深まった。特に、偽装が公表される前に小嶋社長を国土交通省の担当課長に引き合わせた伊藤公介元国土庁長官は、親族の経営する不動産会社が、ヒューザーが分譲したマンションの点検業務を請け負っていた事実が新たに分かっている。伊藤氏は、野党側が要求するしないにかかわらず、小嶋社長が証言を控えた部分を含め、自ら国会の場で説明すべきだ。

 耐震偽装事件は警視庁などが強制捜査に取りかかり、近く関係者の事情聴取が始まるとみられる。刑事責任を追及するなかで事件の全体像の解明が進むと期待されるが、国会は国会で真相解明に向け、すべきことがある。政治や行政に落ち度はなかったのか、それぞれが負うべき責任を突き詰め、さらに再発防止の法・制度改正もしなければならない。委員が質問で述べた通り「真相究明なくして対策なし」である。

毎日:小嶋社長喚問 一体何しに国会に来たのか

(前略)
小嶋社長は大半の質問に対し、証言を拒否し、質疑が再三ストップする異例の事態となった。真相解明などそっちのけで、ひたすら自らの刑事訴追を逃れようとする--。その姿勢は改めて無責任ぶりをさらけ出すものだった。
(略)
 今回の喚問のポイントは、(1)姉歯秀次・元1級建築士の耐震データ偽造を認識していたのかどうか(2)昨年10月、偽造が判明した後もマンションの売買契約を結んだのは、重要事項を説明するよう義務づけた宅地建物取引業法違反に当たらないか--などだった。
(略)
 しかし、小嶋社長はこの日、偽造判明後も売買契約を結んだ件について「違法性があったという認識はない」とも証言した。野党側が指摘したように、違法性がないと思うのであれば堂々と証言すればよかった。しかも、およそ事件に関係がないと思われる点まで証言を拒んだのは、明らかに「拒否権」の乱用である。証人喚問の仕組み自体が問われる事態だ。
(略)
 こうした中でも、新たに明らかになった点もある。

 民主党によると、小嶋社長は偽造判明後、自民党の伊藤公介・元国土庁長官に伴われて国交省幹部と面会しただけでなく、安倍晋三官房長官の秘書らにも相談を持ちかけ、「国の公的貸し付けをお願いしている」などと被害住民にも説明していたという。

 小嶋社長が単に「政治家とのパイプ」を誇示したかっただけなのか。安倍氏は関係省庁への働きかけを全面的に否定しているが、不透明な点がまた一つ加わった。

 元々、自民党は小嶋社長の証人喚問に消極的だった。この日の自民党の質問も、伊藤元国土庁長官の件になると「小嶋社長から伊藤氏に特別な頼み事はなかった」と意識的に答えさせようとしているように見て取れた。国民の多くは「やはり自民党は献金をもらっている業界に甘いのではないか」と見ているのだ。野党側は伊藤氏の証人喚問を要求している。捜査に任せるだけでなく、引き続き国会での解明が必要だ。

読売:[ヒューザー喚問]「耐震偽装の疑惑をさらに深めた」

 刑事訴追の恐れがあるので証言を拒否する――。そう繰り返すだけの姿に、むしろ疑惑は深まったのではないか。
(略)
 ヒューザーは多くの欠陥マンションを販売したが、姉歯秀次・元建築士による構造計算書の偽造を知っていたのか。強度不足と承知で、被害住民と売買契約を結ぶなどしたのか。解明しなければならない、いくつもの疑惑があった。
(略)
 国土交通省が偽装の事実を公表する前の昨年10月、小島社長は建築確認検査機関のイーホームズらと善後策を協議したが、その内容など、大半の質問に沈黙を決め込んだ。質問のたびに、補佐人の弁護士と相談した。

 虚偽の証言をすれば、偽証罪に問われることを恐れたのだろう。捜査当局の刑事責任追及の動きが本格化していることへの、警戒でもあったに違いない。

 一方で、自民党衆院議員の伊藤公介・元国土庁長官ら、政界への激しい工作の一端が浮かび上がった。

 ヒューザーとして、小島社長個人として、伊藤氏に数年前から献金を続けていた。自民党森派の政治団体である清和政策研究会のパーティー券を業界関係者に売りさばく、まとめ役もしていた。

 伊藤氏の口利きで、一緒に国交省を訪れ、国の責任で偽装問題に対処するよう働きかけていた。安倍官房長官の秘書とも接触していたという。

 なぜ何年も前から政界に接近し、耐震偽装事件でも、盛んに裏工作をする必要があったのか。不明朗な動きといわれても仕方がない。伊藤氏も、自ら事実を明らかにすべきだ。
(略)
 偽装事件では、施工主の木村建設など多くの業者の関与も疑われている。最も基本的な安全を無視し、深刻な事態を招いた関係者の責任は極めて重い。

 証人喚問にも限界がある。捜査当局による徹底解明を待つしかない。

 今回、「安倍官房長官の秘書」という単語が出たので、並べてみたのだけど、一番絡ませてたのは「安倍氏は関係省庁への働きかけを全面的に否定しているが、不透明な点がまた一つ加わった。」とした毎日。
 「安倍晋三官房長官の政策秘書に善後策を相談した、と証言した。安倍長官は秘書との面会の事実は認めたが、国交省などへの働きかけは否定した。政治家の関与に関する幅広い究明が必要だ。」の産経も名前が出た以上はちゃんと調べろというスタンス。「安倍官房長官には「直接ではないが政策秘書を通じてお願いした」と証言した。安倍氏はただちに小嶋氏との関係を否定した。(略)だが小嶋氏は長年、自民党森派などへ献金をしていた。(略)今回の偽装事件と政治家とのかかわりについても、国会はさらに究明すべきではないか。」とした東京もそんな感じ。
 意外と朝日は「安倍官房長官の秘書にも相談したという。」と名前を出しただけ。
 読売は逆に「伊藤氏の口利きで、一緒に国交省を訪れ、国の責任で偽装問題に対処するよう働きかけていた。安倍官房長官の秘書とも接触していたという。なぜ何年も前から政界に接近し、耐震偽装事件でも、盛んに裏工作をする必要があったのか。」とヒューザー側に対してのぶつけている形。
 日経は安倍氏の名前は出てきませんでした。
 
 まぁ、何はともあれ。まだまだ時間がかかるでしょうが、きっちり調べてもらいましょう。
 ホントに自民だけ?っつーのも思ったりしますがねー。

2006/01/17(火) 「今日はヒューザー小嶋社長の証人喚問の日です」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 80コ

読売:ヒューザー小島社長、きょう衆院で証人喚問


 マンションなどの耐震強度偽装事件で、衆院国土交通委員会は17日午後、開発会社「ヒューザー」の小島進社長を証人喚問する。
(略)
 小島社長の喚問を強く求めてきた民主党は、20日開会の通常国会の重点課題として、耐震強度偽装事件の解明を掲げている。特に、「事件への政治家の関与を明らかにする」(長妻昭・国交委理事)として、17日の証人喚問で新事実を引き出し、伊藤氏の参考人招致に結びつけたい考えだ。

 質問には、長妻氏と、馬淵澄夫氏が立つ。

 一方、自民党は、前回の喚問後、「質問が生ぬるい」などの苦情が殺到したため、今回は、ベテランの衛藤征士郎・元防衛長官や、関係者から事情聴取してきた党耐震偽装問題対策検討ワーキングチーム座長の早川忠孝氏を質問者に起用する。
(後略)

 森派には痛いのかもしんないけど、真相究明して欲しいなぁ、なんてことも思いつつ。
 ヒューザーが○価大の就職先の欄に入ってたっていう話は無かった話で行っちゃうのだろうなぁ、なんてことも思いつつ。

 それにしてもライブドアだのホリエモンだの、宮崎勤の判決が出るだのってのがぶつかってくる辺りが強かというか何というか。

2006/01/17(火) 「春から色々気を付けましょう」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 76コ

四国新聞:韓国人のビザ免除恒久化へ/3月から日本政府

 政府は16日、今年2月末まで暫定延長されていた韓国からの観光客などへの査証(ビザ)免除措置を、3月1日から恒久化する方向で検討に入った。入国者の不法滞在、刑事事件など犯罪状況に関する昨年12月分のデータが、今月下旬にまとまるのを受け、外務、法務両省、警察庁をはじめとする関係省庁で協議し最終決定する。

 査証免除の恒久化による観光客などの増加で、政府が目標とする両国での「年間500万人交流時代」実現に弾みをつけるとともに、小泉純一郎首相の靖国神社参拝でギクシャクする両国関係改善のきっかけにしたいとの狙いもありそうだ。

 政府はこれまで捜査当局の懸念を踏まえ、昨年3月からの愛知万博開催期間中の入国者による犯罪データなどを基に検討するとしていた。

 短いから全引用。
 やめといた方が良いんでないですかね?
 ギクシャクしてるのは、政権交代すれば結構サクッと修復しそうですし。政権交代しなければそもそも交流する意味無くなるでしょうし。

 それはそうと、今日はヒューザー小嶋社長の証人喚問の日です。

2006/01/17(火) 「こう言ってはなんだけど、この人に対北朝鮮以外の印象が無い」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 83コ

日経:西村議員、辞職しない意向を17日にも表明へ

 んー。
 北朝鮮の拉致問題というのがあるから、確かに辞めて欲しくないと思う人もいるのだとは思うのだけど、残ったら衆議院議員の任期切れた後に議員としての道が残ってるんだろうか?というのはやっぱり思ってしまうなぁ。
 ただ、比例当選の人だから辞職して出直し選挙って手が使えないのも事実なんだよね。

 それはそうと、今日はヒューザー小嶋社長の証人喚問の日です。

2006/01/17(火) 「ライブドアに捜査」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 126コ

日経:ライブドア家宅捜索、関連会社が買収巡り虚偽発表


 ライブドアの関連会社が2004年、企業を現金で買収した後に、株式交換で買収するとの偽った情報を開示し、虚偽の決算を公表していた疑いが強まり、東京地検特捜部は16日、証券取引法違反(偽計取引、風説の流布)の疑いで、六本木ヒルズ(東京・港)内のライブドア本社や堀江貴文社長(33)の自宅など関係先十数カ所を証券取引等監視委員会と合同で家宅捜索した。今後、堀江社長ら幹部の事情聴取と押収資料の分析を進める。
(後略)

日経:ライブドア特集
 経済とか株とかに疎い私でも、「違反スレスレの方法で金儲けやってる」っていうイメージがあったからなぁ(事実はどうだか知らないよ)。
 まぁ、捜査入ったんだから結果待ちということで。

 それはそうと、今日はヒューザー小嶋社長の証人喚問の日です。

2006/01/17(火) 「非常任理事国は駄目でしたが」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 210コ

朝日:韓国、国連総長の後任に潘基文・外交通商相を擁立へ

(前略)
 潘外相は生え抜きの外交官で、70年代後半から国連の代表部書記官や総会議長秘書室長を歴任した。米国や国連に豊富な人脈を持つ。主要国際機構に韓国を代表する「カオ」を送り出したい韓国の大統領府・政府が積極的に後押ししている。

 次期総長の候補としては、タイのスラキアット副首相、スリランカのダナパラ元国連事務次長の名前も挙がっている。韓国政府関係者によると、国連内では長く事務総長を出していないアジアから出すべきだという意見が主流といわれるが、地域にとらわれずに選ぶべきだとの主張もあるという。
(後略)

 ちなみにぐぐるとこん
 結果はどうなるかわからないけど。
 こういう時の韓国はとんでもない勢いを見せつける時があるから、「選ばれねーよ」なーんてタカくくってるとビックリする場合があるかも知れません。
 多分、彼がなったら日本と中国だったら当然中国よりの発言をするだろうから、日本としては全力阻止の方向で行った方が良いだろうね。


 それはそうと、今日はヒューザー小嶋社長の証人喚問の日です。

2006/01/16(月) 「終わった……とりあえず……」
日々でなくつらつら:トリックスター -トラックバックないよ-コメント 70コ

 長い戦いが終わりました。一応。
 目下の悩みはLv56の狐をあと5レベル上げればもう16回出来るが面倒くさい。ということです。
 モンクエ併用しつつ、クエストアイテムを全部駆使すればあるいはとも思いつつ(堀系イベントの度に溜めておいてある)、それをやるのも面倒くさいという状態なのであります。

 9人×8回×2種類=144回。
 特に後半のLv56、Lv41、Lv40、Lv36、Lv35、Lv32のキャラクターはモンスタークエストが同じ。48回×2種類。普通のモンスタークエストは25回で終わります。それでもかなりうんざりするのに、おおよそ倍の回数やって、それが2種類だから更に倍。
 もう、ハッスルファンタフィッシュとアンニュイ紳士エイは正直もう見たくない(苦笑)。

 さてさて、そんなうんざり気味な状態ではありますが、最後にやった特にうんざりの殴り羊はこんな感じ&予定で育てております。

 正直、ステータスの振りがイマイチよろしくない気がしてはいる。
 何はともあれ転職後は風羊になってウィンドエッジを取るか、素直に殴るだけで戦い続けるかで悩んでいます。転職羊のステータス異常魔法が攻撃魔法に効果を追加する類のものばっかりなんで、転職してその手の魔法を使うのであれば、必然的に攻撃魔法を覚えてなくてはならず。
 ……やっぱ殴るだけで生きてみようかしら。ですのらしく。

 HP極回復龍の方はTMポイントが1だけ余ってるという状態です。
 今現在こいつを、ダークミスト・マジックシールドブランクカードのどっちに入れるかで迷っています。ちなみに両方とも取るだけ取ったLv1。
 正直、普段の時はダークミストかけてないんだよね(苦笑)。PT組んだ時に希に使う事があるくらいで。とは言っても魔法防御を上げないと辛いような敵に会うLvでもないのも事実で……まぁ、キープしとこうかな。

 正直な話、メインよりもやりたいキャラだったりするので、非常に楽しいのです回復メインのこの龍。
 ただ、問題はそうなるようなパーティーをここ久しく組んでなかったり、組んでも凄い勢いで終わってしまう。入るのは経験値ボーナス目当てで各々勝手に狩りをする個別パーティーばっかりでね。

 前だったら2ちゃんのスレの集会があったりして、その時に「●●に特攻行くぞー」なーんて話もあったんだけど、今はそれも無いし。
 個別でチャットしながらってのも、それはそれで楽しいんだけど、流石にちょっと飽きてきたかな。そろそろパーティーでないと出来ないもんでも実装してくんないと辛いぞっと。
 まぁ、強いて言えばボス戦があるくらいか。あれも1個、とんでもないレアアイテムを消費しないと行けないヤツがあるんだよなぁ。どうすんだよ、それ。

 まぁ、そんなこんなで。
 また集会でもやんねぇかなぁ。今イベント中だから無理だろうけど。Phantasy Star Universeまであと1ヶ月以上あるんだよぅよぅよぅ。

2006/01/15(日) 「とりあえず、あと一人ー」
日々でなくつらつら:トリックスター -トラックバックないよ-コメント 96コ

 というわけで、殴り羊でモンクエ中でございます。
 この殴り魔。攻撃手段が殴るだけというホントに殴り魔でございます。メインでやってる嘘っことは違うのです。
 とは言っても、魔法使いらしくリカバリーは当然覚えてみたわけですが、流石にそれだけでは今回のモンクエは辛いのであります。
 Lv31で、狩るモンスターがLv40とか、狩るのはLv30でもそれ以外の殴ってくるモンスターがLv40前後とか、そんな理由です。
 Lv31だと攻撃力がいかんせん無い上に、もともと殴り魔は防御力が低いから倒しにくく死にやすい。そんな状態だったのであります。
 とりあえず、これを改善するために装備品を防御メインにして魔法をもう一つ取ることにしました。

 ダークミスト。

 魔力の高さに応じてモンスターの攻撃力を一定秒間減少させる魔法です。一番の魅力は遠距離射程な上に成功しようが失敗しようが、ターゲットが取れる事。殴るだけだったのが、これで多少遠くの敵にもちょっかいが出せる(笑)。
 TMポイントが余りまくってたので一気にLv10まで取得。
 モンクエやってる間にLv33に上がったのもあって、おかげさまで成功すれば、ダメージがほとんどなくなるくらいまでになりました。

 まぁ、だからと言って倒すスピードが上がるわけでは一切無いんだけどね。何はともあれ、あと10回です。ふぁ、ふぁいとぉー……。

2006/01/14(土) 「アジアのタイホー」
日々でなくつらつら:スポーツ -トラックバックないよ-コメント 138コ

:李がロッテ電撃退団!巨人入り熱望

(前略)
ロッテ側は残留を前提に、出来高込みの年俸2億5000万円程度を提示して交渉してきたが、李側は条件面やバレンタイン監督の起用法にも不満を持っており、合意しなかった。
(後略)

読売:ロッテ自由契約の李、巨人・原監督が獲得の意向表明

(前略)
 巨人は新外国人としてジョー・ディロン内野手を米大リーグ、マーリンズから獲得した。しかし、フリーエージェント(FA)で移籍してきた豊田の補償として、江藤が西武へ移籍したため、一塁が手薄になっているうえ、右翼の高橋由も昨年12月に右足首を手術したばかり。原監督は「李は非常に長打力があり、一塁と外野が守れる。江藤の穴はしっかり埋めてくれる選手だと思う」と高く評価した。
(後略)

 高く評価したとしてマルチネスくらいは働くかな。
 一応、昨シーズンの成績が打率.260(408打数)、本塁打30本、打点82だったし。ちなみにクビ切った清原が.212(3221打数)、22本、52点でした。
 まぁ、そんな清原くらいの成績を収めて、それ相応の評価をされて、上手く行けば2年か3年か二軍も含めて使ってくれて、韓国に帰る。
 というのがフツーの予想だと思いますが。

 っていうか、あそこの国の人々は天狗モードになるとあっさり折れるからなぁ。昨シーズン最初の謙虚さがあったんであれば、もうちょっと頑張れるかも知れないけどね。
 今年は、ある意味“ボビーマジック”というのを思い知る1年になるかも知れません。

2006/01/14(土) 「うだうだ」
日々でなくつらつら:トリックスター -トラックバックないよ-コメント 94コ

 トリスタをうだうだやってました。
 今回は兎と狐を16回ずつ。相変わらずハッスル系のモンスターの出率が悪くて面倒くさくてしょうがない。
 何はともあれ終わったのだけど、だんだん面倒くさくなって、
「お前等一列にそこに並べ!そして一撃で死ね!」
 とかなんとか、よくわからん事を思い始めたりするのがモンスタークエストの欠点でしょうか。だってもう、80回はやってる計算だもの。

 今回やった狐は以前書いた所持力極の狐なのですが、めでたくラージポケット(所持力増加スキル)もマスターレベルにしまして、所持力は11,000を超えました。そしてレベルは41。
 ここまで育てる気は毛頭なかったのだけど、それもこれもガチャドリルで感知用ペットが出ちゃったから仕方がない。使わないと損だもの。売れないし、譲渡も出来ないし。面倒くさいったらありゃしない。

 まぁ、いいや。
 次は狸と猫の予定です。火力全然無いから、すっげー辛そうですが。……助っ人使うかな。うん。

2006/01/13(金) 「乱高下中」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 170コ

 ここ数日36℃台から38℃台を推移していた私の体温は、昨日の帰宅時に39℃をついに突破。
「45℃の風呂に入りながら飲む冷えたポカリが美味い」
 などと嘯きながら、最高値(違)の39.4℃を記録した。

 凄いよね。45℃の風呂に入って43℃になると「なんかぬるい」とか思った上に、38℃台なら猛烈にかいていた風呂上がりの汗が39℃台になるとほとんど出ない。
 今回も武器としてサロンパスの温熱用具直貼り、葛根湯ドリンク、ユンケルD、そして最終兵器としてユンケルファンティーを用意。万全の体制で迎え撃ったのであります。
 っていうか、なんとなくの感覚で体温がある程度解るっていうのも、ここ数日の高熱のおかげなんだろうか。

 ただ、年末は吐いたのもあってグロッキーな日々だったのだけど、今回は何故かテンションが高い上に体力が意外と残っている。
 その39℃の段階で信号が点滅してたから走ったりとかしてたし。実際、多少視界がクラクラする時があって節々が多少痛いくらいで元気は元気だったんだよね。

 とりあえず、おかゆを胃に突っ込んで葛根湯とユンケルDとビタミン剤と頭痛薬飲んで、温熱用具直貼りを3枚貼って布団の中に潜り込んだのが22時半。
 汗だくになって1時前に起きたら36.8℃まで落ちてた。汗かければやっぱり体温はサクッと落ちるやね。
 その後、トリックスター+をプレイ中、一旦38℃近くまで上がったものの、水分補給したら36℃台に再び降下。再度37℃を超えた所で再び葛根湯ドリンク、ビタミン剤、頭痛薬、そして最終兵器のユンケルファンティーを投入。
 2,300円パワーを存分に見せつけ、朝起きた段階では36.9℃になったのであります。

 とりあえず、なんとかなったんで心地よく土日を迎える予定でございます。部屋の掃除しないとな。おかげさまでえらいとっちらかりようで。

2006/01/13(金) 「3人終わった」
日々でなくつらつら:トリックスター -トラックバックないよ-コメント 437コ

 8回×2箇所×3人=48回。
 あと、5人くらいやる予定。つまりあと80回。正直しんどい。

 コーラルブルーでのモンスタークエストがハッスル~という特設モンスターを30分で15匹倒すというもの。
 パラダイスでのモンスタークエストがアンニュイ~特設モンスターを30分で15分倒すというものなんだけど、ハッスル~の発生率がアンニュイの半分以下という感じなのであります(体感上)。

 とりあえず、熱が出てたんでとっとと寝て、案の定たっぷり汗かいてえらいテンションで1時に起きてからモンクエ開始。
 先日メインが終わってて、結果として2人終わって午前3時。流石に無理矢理寝たけど、もうちょっとやれそうだったんで、富士・鷹・茄子の装備品は手に入れておいた。まぁ、なんていうかファッション以外の何物でも無いですわな。
 鷹なんて翼広げた鷹が頭に乗ってるから、ホークマンみたいですよ。キン肉マンマリポーサチームの。

 まぁ、何はともあれ。
 やったのは龍・龍・羊で、後は羊と狐と狐と狸と兎をやる予定。
 残った羊は殴り羊なんで実質全部接近攻撃職。うゎーめんどくせー。とか思いつつ。まぁ、頑張るっすよ。熱下がったし。

2006/01/12(木) 「熱出てたというのに」
日々でなくつらつら:トリックスター -トラックバックないよ-コメント 174コ

 トリックスター+はやっておりました。
 もうテンション上がっちゃって上がっちゃって眠れなくてねぇ。

 というわけで。
 30時間にも及ぶ大メンテナンスを行った末に行われた新イベント。
 基本的には、モンスタークエストを16回やって、ランダムで手に入る装備品を交換してくれるNPCとどんどん交換していくという“わらしべ長者”的イベントです。
 正直、どれもこれも見てくれはヘンですが強くありません。ファッションアイテムです。まぁ、気にしない。

 とりあえずメインでモンクエ16回やってきました。
 これで手に入る安眠マスクなる装備品をパラダイスダンジョンにいるポプリに渡してナスビ2006なる武器と交換。
 次にナスビ2006をピラミッドダンジョンのマリエルに渡してフジ2006なる盾に交換。
 更にフジ2006をゴーストブルーダンジョンにいるアンネイに渡してタカ2006なる兜に交換……すれば終わり。
 つまり全種類揃えるには4つは手に入れないと行けないのだね。運良く6個手に入ったから良かったものの、この確率だと運がない人にはよろしく無いんじゃなかろうか。

 とりあえず、手持ちのキャラがあと10匹くらいいるので、育てたいと思うヤツは全部モンスタークエストやろうと思います。時間が許す限りね。このモンクエTM経験値が入るんだけど、結構美味しいんだ。これだからイベント大好き。

──後はメンテがねぇ……。

2006/01/12(木) 「はい、どーもー」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 103コ

 38度出ました。

 朝は37度くらいだから「ま、いっか」なんて職場に行ったんだけど、
 なんかカタカタ震えだしたから、「うん、帰る」とすっぱり午後休暇。
 家に着いたら38度超えてました。

 前回(年末)は深夜に吐いて、そこからスタートだったからどうしようも無かったけど。今回は先手先手で動いたんでユンケル・葛根湯ドリンク等々、多少の武器も購入して迎撃したおかげで38度近辺で戦う事に成功しまして。
 まぁ、なんとかなりました。今回は吐かなかったのが勝因だとは思うけれど。こういう時に吐くと厳しいからね。

 とりあえず、もうちょい頑張る。
 土曜は寝倒したいな。無理だろうけど。

2006/01/11(水) 「中国さんの要望を受けて」
日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ -トラックバックないよ-コメント 79コ

 中国が「マスコミ規制してよぅ」と言ったんで、それを受けてかどうかわかんないけど、新聞社の社説とかをば。

朝日:日中対話 政治家の姿を見たい

(前略)
 協議は4時間以上に及び、中国脅威論やメディア報道のありようにも触れて中身の濃い話し合いが行われた。
(略)
 関係が悪化した現実を認め、まずは互いの懸念や注文を述べ合う。そんな率直な意見が交わされたことを歓迎したい。

 「日本国内では中国脅威論が非常に高まっているが、日本はどう見ているのか」。中国側からは、日本の対中観の基本を問いただすような質問が出された。

 日本側は「日本だけが一方的に悪いという主張は受け入れられない。中国としても反省すべき点があるのではないか」と切り返した。上海の日本総領事館員自殺問題についても「背後に遺憾な行為があった」と抗議した。

 この協議はもともと、東シナ海の天然ガス田の開発を
(略)
実務的な立場から接点を探ろうというのが主要な目的だった。

 にもかかわらず、両国関係の基本にかかわる話し合いに多くの時間が割かれた。本来なら政治家同士が大局的な見地から交わすべき会話だったろう。

 さらに言えば、
(略)
最高指導者、つまり日本の首相と中国の国家主席に確認しあってほしいところなのに、そのパイプが詰まってしまっている。

 協議のなかで、日本のメディアが中国の否定的な面ばかりを報じると中国側が不満を示した。「良い報道がなされるよう中国はメディアを指導している。日本政府も指導すべきだ」と述べたという。

 日本の一部のメディアに、眉をひそめるような感情的な中国攻撃があるのは事実だ。もっと前向きな報道が増えるよう良好な関係にすべきだというなら大賛成だが、政府がメディアを「指導」することは民主国家では許されない。
(略)
 急成長する中国との間では、さまざまな面で摩擦が避けられない。アジアにおける主導権争いも絡んでくる。双方で高まりつつあるナショナリズムとどう折り合いをつけ、両国関係の土台を固めていくかは政治家の仕事だろう。
(略)
一日も早く外相や首脳の対話を実現させてもらいたい。


産経:【主張】日中協議 報道規制はできる相談だ

 東シナ海のガス田開発などをめぐる日中局長級協議で、中国は日本で高まる「中国脅威論」にいらだちを示し、「日本のメディアはなぜ、中国のマイナス面ばかり報道するのか。日本側(政府)も中国のようにメディアを指導してほしい」と報道規制を求めた。

 「中国脅威論」は、民主党の前原誠司代表が昨年暮れに米国と中国を訪問した際、「中国の軍事力増強は現実的脅威だ」などと発言したことをきっかけに表面化し、活発に議論されるようになった。
(略)
 「前原氏のやり方は稚拙に過ぎる」(朝日)、「党内論議を抜きに、外遊先で党代表として発言するのはいささか軽率だ」(毎日)。これに対し、「中国の軍事大国化は地域の安全保障を脅かす要因となっている」(読売)、「日本の国益を優先しようという前原路線を明確にした」(産経)と前原発言を評価する論調もある。
(略)
 中国は日本理解が足りないのではないか。言論の自由が許されていない共産党独裁国家の中国と違って、日本では報道規制はできない相談だ。中国は、自国の価値観を他国に押し付けることがいかに非現実的かを分かっていないわけではないだろうに。

 肝心のガス田問題で、
(略)
中国はガス田と結ぶパイプラインを建設し、民間機を装った中国軍機に偵察飛行させるなどして、自国だけで開発を進めている。
(略)
中国の既成事実化を許さないために、日本は試掘の準備をさらに急ぐべきだ。


東京:中国は『脅威』なのか

 中国脅威論が出ています。相手の脅威を言い立てるだけでは、関係改善はできません。中国の現状を正しく見据えて、健全な関係を築く努力が必要です。

 昨年の日中関係は国交回復以来最悪でした。中国も「厳冬期」(国営通信新華社)と評していますが、北京、上海の反日デモや東シナ海のガス田問題など中国の対日強硬姿勢も目立ちました。

 そんな中国をにらんで与野党の有力者からも中国脅威論が出てきました。背景には中国の経済的、軍事的な台頭があります。でも、脅威論には中国に対する誤解や認識不足からのも少なくありません。
(略)
 日中比較すれば、日本の軍事力は中国を圧倒しているのです。それでも中国脅威論を言うのは、自衛隊の戦力向上が狙いではないか、とさえ中国はみています。

 もちろん中国の軍備拡張が今後も続けば、いずれ軍事バランスが逆転する日が来るでしょうが、今の段階では「脅威」ではなく、「懸念」というべきでしょう。

 経済の脅威論もありますが、中国の経済成長が日本経済の活況の一因になっているのは事実です。「中国の経済成長は脅威でなく日本の産業の高度化を図る好機」と小泉純一郎首相が言うように脅威どころか、むしろ歓迎すべきことです。
(略)
 しかし中国は日本とは政治体制だけでなく、文化的にも社会的にも違う国です。
(略)
 昨年の反日デモで、日本大使館への投石を黙認する警官の姿がテレビに映り、日本の反感を増幅し、脅威論の一因になりましたが、これには中国独特の事情もあります。

 違法デモはもちろん捕まえますが、デモ隊の数が警官隊を大幅に上回ると、多勢に無勢で、取り締まり不能になり、早く通過させ、解散させる方法をとることが多いのです。
(略)
 東シナ海のガス田開発も、中国側は十年以上前に共同開発を持ちかけたのに、日本が返事しなかったため、待ちきれずに単独開発に踏み切ったのだとも言います。日本政府の怠慢が今日の事態を招いたということにもなります。

 中国には中国の論理なり、言い分があります。日本と必ずしも同じではありません。「日中友好」の美名も「同文同種」の幻想も捨てて、中国は外国なのだということをあらためて認識しておくべきです。

 だからと言って、中国が一方的にガス田開発に着手するのは国際ルール違反です。投石して謝罪もしないのは子供のケンカでしかありません。

 靖国問題の一事で日中関係を全面ストップし、日本の要人との会談もすべて拒否するというのも国際化の時代にそぐわない態度ではないでしょうか。
(略)
 それでも中国も努力しています。軍事関連の白書をここ十年来、毎年のように発表。昨年末、初めての「中国の平和的発展の道」白書を発表し、そこではこう脅威論を打ち消しています。
(略)
 それだけに日本は国際法、国際ルールで中国に対処し、言うべきことはキチンと言うべきです。それは一足先に近代化した日本の責務であり、日中がふつうの国の健全な関係を築く道でもあります。


他は今現在、特になかったんで。おしまい。

 報道規制云々が10日のニュースで、東京は10日の社説。
 だから、そのことについては触れられないんだけども、なんか狙い澄ましたようなタイミングで狙い澄ましたような内容になっちゃったのがなんとも。
 まぁ、こーゆーコトとかしてるからだろね。基本的に中国寄りなんでせぅ。

 あと、産経のタイトルは思いっきり間違えたんだろうね。
 「受け入れられ」のつもりで「受け入れられ」って打って出しちゃったと。
 一番やっちゃいけない所を(笑)。

 朝日はまぁ中国の報道規制には反対しつつ、日本の態度を非難しつつで朝日らしいカンジでまとめたってとこだろね。

2006/01/11(水) 「ウチにも来たー☆」
日々でなくつらつら:本日のspam -トラックバックないよ-コメント 93コ

--------------------

Subject: 採取のお願いです
From: Miyako Akiyama
X-Mailer: Becky! ver. 2.22.02

某国立大医学部ニ年の秋山都子と申します。
あなたにお願いがあってメールしました。私は今、
「精嚢分泌液に内服されるセリンプロテアーゼ(主にPSA[Prostate-specific antigen])
の空気接触に伴う状態変化について」
という課題についてレポートを書かされているのですが、
書物だけで調べてもなかなか進めることができないでいます。
私はこれまで20年間男性経験が一度も無かったため、
精嚢分泌液、つまり精液に関する実地的な知識に乏しいのです。
(地元の高校に居る間は父が厳しく、男性と交際する機会がありませんでした)

それに伴いまして是非一度、成人男性の本物の精液を採取し、
この目で確かめた上でレポートの参考にしたいのです。
もしも差し障り無ければ、あなたの精液を採取させてもらえないでしょうか。
決して肉欲的な意味でのお願いではありませんので
採取方法は主に手や口を使うのみとさせて頂きますがご了承くださいませ。
(とはいえあなたが私に対して女性的な魅力を感じて頂けなかった場合、
採取行為が不快に感じられてしまう恐れもございますので、
ご希望に応じて予め私の顔写真などを送付させて頂くことは可能です。
ちなみに私の身長は157cm、体重は44kgです)

場所はどこかホテルの一室を取ろうと考えております。
交通費、ホテル代、お礼としてのお食事代程度しかこちらでは負担できませんが、
(何分学生の身分なので申し訳ありません)
ご都合を付けて頂けないでしょうか。
お返事を頂ければ、今後のスケジュールなどを追ってご連絡差し上げます。
それではどうかご検討くださいませ。

                                  秋山都子

--------------------
 巷でじわじわと増えてるらしいメールだす。
 私はこれまで20年間男性経験が一度も無かったけど採取方法は主に手や口を使うのみと具体的にある上に、それで採取出来る自信はあるんだねぇ~。

2006/01/11(水) 「おはようございます」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 157コ

 トリスタ+は未だメンテナンス中……っていうか、諦めて寝たんじゃないかと思ったりするわけですが(笑)。
 体調もそれなりに微熱といういつもの状態でございます。寝る前に癪もあったしなぁ。ボロボロです、はい。

 まぁ、頑張るですよ。
 土日は休めるし有給も無いし。

2006/01/11(水) 「とりすた+は」
日々でなくつらつら:トリックスター -トラックバックないよ-コメント 99コ

 学習能力が無いらしくて今回のメンテナンスでイベントとペットを実装しようとしてネットワーク障害勃発。
 17時には終わる予定だったメンテナンスは予定時刻から9時間経った今でも終わらず入る事が出来ません。
 せめてイベントの概要だけでも見せろとか思ってきますが気にしない。というか普通に事が進むなんて過度な期待はしていない(笑)。

 まぁ、そんななんでフラストレーションがプレイヤー達に蓄積されておりまして、こーゆー宣伝系blogとかで爆発しちゃったりしておりますが、まぁこの程度で終わってる辺り、プレイヤー達は概ね温厚……ではなく、私同様にある種の諦めを持っているからだと思われます。
 しっかりしてくれぃ。多少は金払ってんじゃい。

 まぁ、とりあえずイベントの1日延長が決定したようです。これが、二日になるか三日になるのかは解らないけどね。

 まぁ、いいや。明日になればなんか進んでるでしょう。夜逃げしないことを祈るばかりですよ。えぇ。

2006/01/10(火) 「中国さんのやり方」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 73コ

日経:中国、日本政府に報道規制要請・日中関係改善に向け

 中国外務省の崔天凱アジア局長は9日の日中局長級協議で「日本のマスコミは中国のマイナス面ばかりなぜ書くのか。日本政府ももっとマスコミを指導すべきだ」
(略)
「中国政府もメディアを指導する」と述べた。日本側は「日本は中国とは違う。そんなことは無理だ」と説明したという。

 一応憲法に言論の自由を謳ってるからね。自主規制は知らないけど。
 というわけで、ヲチャな方々はこれを受けての社説ないしコメントを手ぐすね引いて待っているご様子です。はてさてふむー。

2006/01/10(火) 「正直難しい話なんだよね」
日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ -トラックバックないよ-コメント 179コ

産経:寛仁親王殿下「短期間で結論、拙速」 女系天皇容認改めて批判

 「皇室典範に関する有識者会議」が女性・女系天皇を容認したことに関連し、寛仁親王殿下が10日発売の月刊「文芸春秋」2月号で、現在の男系維持のために旧皇族の復帰など「さまざまな選択肢があることを認識し、今すぐ決める必要はない」と発言し、同会議の結論を拙速と批判されていることが8日、分かった。同会議の議論では皇族からの意見を求めておらず、今回のご発言は、次期国会での典範改正審議に微妙な影響を与える可能性もある。
(略)
 【寛仁さま ご発言要旨】

 天皇さまというご存在は、神代の神武天皇から125代、万世一系で続いてきた日本最古のファミリーであり、神道の祭官長とでも言うべき伝統、さらに和歌などの文化的なものなど、さまざまなものが天皇さまを通じて継承されてきました。世界に類を見ない日本固有の伝統、それがまさに天皇の存在です。
(略)
 (有識者)会議の構成に私が口を挟むわけにはいきませんが、わずか17回、三十数時間の会議でこれほどの歴史と伝統を大改革してしまうことが果たして認められるのでしょうか、あまりに拙速に過ぎませんかと強く申し上げたい。

 たとえばかつて10代八方の女帝がいらした。これが女帝論議に火をつけていますが、そのほとんどは皇女、つまりお父様が天皇でいらした男系の女子です。また、もともと皇后でいらして天皇が亡くなられたために即位された方も多い。御家系で適齢期の方が即位されるまでのピンチヒッターとしての即位で、独身で即位された方は終生、結婚なさいませんでした。

 今認められようとしている女系天皇は、全く意味が違う。
(略)
 畏れ多いたとえですが、愛子さまが男性と結婚されて、お子様が生まれれば、その方が次の天皇さまになられる。こうしたことを繰り返せば、100年も経たないうちに天皇家の家系というものは一般の家と変わらなくなってしまいます。

 そのとき国民の多くが天皇というものを尊崇の念でみてくれるのでしょうか。日本の歴史に根ざしているこの天皇制度が崩れたら、日本は四分五裂してしまうかもしれない。この女系天皇容認という方向は、日本という国の終わりの始まりではないかと私は深く心配するのです。
(略)
 私が国民にお願いしたいのは愛子さまが即位されるにしても、少なくとも30年から40年先であり、その間にこれまで皇統を維持するために先人がどんな方策を取ってきたかという事実をよく考え、さまざまな選択肢があると認識し、物事を決めて欲しいということです。
(後略)

 個人的には女系には反対よりです。
 というか男系で来たものをいきなり変えようっていうことに反対と言った方が良いんでしょうが。
 仮に女系でずーーーーーーーっと来てて男系にしましょうって話だったらやっぱり反対してます。
 土俵に女性を上げないとか歌舞伎は女は入れないとか宝塚の舞台に男は上げられないとか、そのへんに近いですね。

 ところで有識者会議についてはDoronpaの独り言さんから引っ張ってきますが、

岩男壽美子 武蔵工業大学教授、慶應義塾大学名誉教授
緒方貞子  国際協力機構理事長
奥田碩   日本経済団体連合会会長
久保正彰  東京大学名誉教授
佐々木毅  前東京大学総長
笹山晴生  東京大学名誉教授
佐藤幸治  近畿大学法科大学院長、京都大学名誉教授
園部逸夫  元最高裁判所判事
古川貞二郎 前内閣官房副長官
吉川弘之  産業技術総合研究所理事長、元東京大学総長

 となっていて、歴史的経緯は基本的に無視して、政治的にどうしましょっていう会議だったみたいです。

 で、それに対して殿下が「おいおい、ちょっと待て」と言ったっていう話なんですが、「政治介入!」なんて反対論が出てくるんじゃないかなぁ、なんて思ったりします。
 当の本人にしてみれば「家の事」なんですがね。皇族って色々と縛りが強いんだなぁ。まぁ、しょうがない事なんだろうけども。

2006/01/10(火) 「ちえみ」
日々でなくつらつら:QMA -トラックバックないよ-コメント 254コ

 先日やったQMA3の話でも一つ。
 今現在、エルフ組・中級魔術師6級というステータスなんですが。
 ここのところ頭が色々すっぽ抜けてるおかげで、クイズに全く答えられてません。
 先日は予選1回戦落ちまでやらかした。

 まぁ、それはそれとして解けなかった問題。


Q.「スチュワーデス物語」の主役を演じたのは○○○○。ひらがなで答えなさい。


 何故か一発で出てこない。
 「ドジでノロマなカメです」が出ちゃってそこから思考停止。それでも必死に思い出して、最初の一文字だけは思い出せたのであります。

 えーっと、なんだっけ。
 そうだ、なんとかだ。
 で、なんだっけ。なんだっけ。
 堀……堀……堀…………、

 堀江由衣

 ほっちゃーん、ほっちゃーん、
 ホアーッ、ホアーーッ、
 アーーーーーーーーッ

 時間切れ。



 そんななんで、加藤みどりも出てこなかった今日この頃です。もうダメ、こいつ。

2006/01/10(火) 「いやはや」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 118コ

 すっかり日が空きましたが、なんのことはありません。
 実家に帰ってぐーたらしてました。

 で、何か面白い話でもあったのか?
 と言われると特に無く。
 淡々と過ごしてしまった挙げ句に風邪をこじらせ。

 まぁ、なんて言うんですか。
 病院からもらった風邪薬はちゃんと飲まないとね。うん。

 すっかり忘れて全然飲んでないよ。のはは。

2006/01/05(木) 「自衛隊の静かな戦い」
日々でなくつらつら:ニュース -トラックバックないよ-コメント 88コ

読売:自衛隊HPアクセス、陸海空が“熱い頭脳戦”

 陸海空の3自衛隊が、ホームページ(HP)のアクセス(閲覧)件数を巡ってライバル争いを繰り広げている。

 もともと人気が高く、頭一つ抜けていたのは空自。だが、2005年は、海自が小差ながら逆転。一方で、04年は海自と肩を並べていた陸自が取り残され、「イラクなどでの活動を知ってほしいのだが、なぜ件数が伸びないのか」と真顔で悩む陸自幹部もいる。
(略)
 空自は、業務柄、コンピューターに熟達した隊員も多く、デザインから更新まで空幕広報室の隊員が担当。パズルなどができる子供向けのコーナーも設けている。
(略)
「海自に抜かれたのは悔しい。もっと力を入れたい」とライバル意識をみせる。
(略)
 海自は04年、外部の業者と契約し、デザインや内容を一新。
(略)
「きっかけは、『今どき、HPが悪い企業はダメな企業なんだぞ』とOBから厳しく指摘されたから」と苦笑いする海幕広報室だが、閲覧件数急増には喜びを隠さない。

 陸自は、広報室と通信関係部隊の隊員が担当。05年7月にはレイアウトを替えたが、海・空に比べるとやや硬め。専従担当者がいないため、更新もままならない状況だ。
(後略)

陸上自衛隊
海上自衛隊
航空自衛隊
Google:自衛隊 の検索結果 約 1,820,000 件

 やっぱりね、こういうのは萌えるか燃えるかどっちかなんですよ。
 萌え路線な自衛隊となると、東部方面隊のフェアレディーってコーナーがあったりするんですが、広報誌あずまバックナンバーの女性自衛官の顔が怖い上に陸上自衛隊公式からそこまで行くのが大変なのが問題。

 となると燃え路線。
 格好良さで売るしか無い。
 でも、軍隊って雰囲気に反対する人がそれなりに結構いそうだから、国際救助隊的な格好良さで押すってのが良いだろうね。

航空自衛隊:よみがえる空

STORY
新人ヘリパイロットの三等空尉・内田一宏が本当になりたかったのは、成層圏を音速で飛ぶ花形のファイターパイロット。しかし現実は厳しく、配属されたのは縁の下の力持ちであるレスキュ-部隊。
(後略)

 おのれ航空自衛隊。

2006/01/05(木) 「トリスタ+」
日々でなくつらつら:トリックスター -トラックバックないよ-コメント 132コ

 HP極回復龍。めでたくLv71になってHPが5000を突破しました。
 まぁ、900くらいは合成した盾のおかげですが。

 火力は意外となんとかなってる状況です。
 やっぱり+になって装備品が軒並み強くなったのも大きいんでしょうが、フェアーウィンドが切れると途端にグダグダになるんで、多分にフェアーウィンド様々です。
 当たり前ですが、なんとかなってるだけで非常にまったりした狩りなんだけどね。一撃でたくさんの敵を粉砕とかそういう戦い方は一切拒否した成長をさせちゃったし。

 TM経験値の入るモンスタークエストをやってTMポイントも多少手に入ったんで、じゃぁスキルでも覚えるかとエマージェンシーなるスキルカードを買ったら「TMレベルが足りません」とあっけなく言われる。
 3レベル足らないって、そこまで上げるの面倒くさい。
 しょうがないのでヤケになってレイオブライトをLv8からLv10にして終了。

 ついでにPKエリアにも遊びに行ってみた。
 プレイヤーキャラクター同士で血で血を洗う戦いが出来るんだけど、シャワーオブアローを喰らうとほとんどのキャラクターが即死という素敵な理由のおかげで、あんまり寄りつく人がいないという場所でもあります。
 HP5000になったし、一発じゃ死なないだろと思ったんだけど。あっけなくLv150台な人のシャワーで即死。6000~7000くらい無いとダメくさいです。HP極な私でも10レベルくらい足らない。
 まだ、当分行けないやね。

 メインはそんなこんなで基本的に放置中です。今Lv111。Lv120になれば装備とか色々変わるんだけどね。モンクエしてるんだけど、障害物が多い上に狩ってる人が多くて正直めんどい。どうしたものやら。

2006/01/04(水) 「今日もお休み」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 119コ

 土曜出勤が決まったので「代休が欲しいぞコノヤロウ」と言ったら、「取れコノヤロウ」と言われたので今日までお休みの幻導機です。
 幸か不幸か昨日寝違えてしまい、今もまだ首が痛くて痛くて仕方がありません。明日までにはそれなりに痛みを取っておかないとな。

 いや、まぁ、実家に帰ってぐだぐだして帰ってきてゲームして飯食って寝てます。
 あと、どうでしょうの最新作を手に入れたっぽいのでこれから見ます。楽しみ楽しみ。

2006/01/02(月) 「あけましたね」
日々でなくつらつら -トラックバックないよ-コメント 154コ

 はい、そんなこんなでロクに巡回もせんとまったり過ごしております。
 もう、なんていうか自分の所で精一杯だった辺り、ボロボロな年末を思い浮かべるわけでありますが。

 初詣は元旦外してとか思ってたんだけど、今日雨なのよね。なんかどんよりしてるんで、また明日。

 何はともあれ。
 今年もよろしく。

2006/01/01(日) P-TALK No.219
P-TALK 2006 -トラックバックないよ-コメント 86コ

佐奈香「 皆様、新年あけまして 」
幻導機「 おめでとうございます 」
佐奈香「 おめでとうございます 」
幻導機「 今年もよろしくお願いいたします 」
佐奈香「 お願いいたします 」
幻導機「 幻導機でございます 」
佐奈香「 佐奈香でございます 」
幻導機「 今回も紅白は良かったね 」
佐奈香「 また、ご覧になられまして? 」
幻導機「 なられまして。まさか和田アキ子がカミングアウトするとは思わなくて 」
佐奈香「 白組で出たんだったっけ? 」
幻導機「 そう。去年っていうのは、構造計算書偽装問題なんてのもありましたけど、 NHKもNHKで朝日新聞に言った方も言われた方も身に覚えのない番組改編に係る政治介入問題なんてのをスッパ抜かれたりして、 NHKの体質改善なんてのもテーマだったんじゃないかと思うんですよ 」
佐奈香「 それと何の関係が? 」
幻導機嘘は放送しない
佐奈香「 こらこらこら、一応女だって(^-^; 」
幻導機「 あら、またじゃぁ虚偽の放送を 」
佐奈香「 虚偽言うな(^-^; 」
幻導機「 あらあらあら 」
佐奈香「 大体、それ言ったら紅組にゴリエ出てたじゃないのよ(^-^; 」
幻導機「 あれも凄かったね。普段のゴリエの声じゃないからね。これはいわば口パク疑惑だからね 」
佐奈香「 もともとほとんど歌ってないから 」
幻導機「 もう、凄かったですから小林幸子vs美川憲一も。昨年小林幸子が東映のスタッフ使って飛びましたから 」
佐奈香「 使ってません 」
幻導機「 今年は美川憲一が大映のスタッフ使って空飛びましたから 」
佐奈香「 使ってません 」
幻導機「 いわば、ゴジラ対ガメラの代理戦争が 」
佐奈香「 ゴジラは東宝 」
幻導機「 …… 」
佐奈香「 ………… 」
幻導機皆様、新年あけましておめでとうございます
佐奈香「 素で間違えたね 」
幻導機「 はい 」


P-TALK No.219

幻導機「 そんなこんなで2006年 」
佐奈香「 はい 」
幻導機「 去年冬コミ行けなかったんで、今年も夏はサークル参加無いし、 申し込みも止まったから救済措置も当分来ないしで、 今年も同人活動的には何もしないという凄い状態でお送りいたします 」
佐奈香「 いいの?(^-^; 」
幻導機「 いいのもひったくれも出来ないもん。他のイベント出る予定も余裕も無いもん。 ただ 」
佐奈香「 はい 」
幻導機「 今年はちょっと動きたいのは事実なんで、なんかはします 」
佐奈香「 する 」
幻導機「 します。やります。正直、仕事がだんだん厳しくなってるけども、 それはそれとしてなんとかします。約束はしません
佐奈香しろ
幻導機「 まぁ、うん、頑張る 」


P-TALK No.219

佐奈香「 さて、短いですが新年のあいさつということで、今回はこのへんで 」
幻導機「 次回は来年2月かと思いますが 」
佐奈香「 来月だ、来月(^-^; 」
幻導機「 また、お会いしましょう 」
佐奈香「 それでは(^-^)/ 」

トラックバック
/

前に書いた記事
05/22のツイートまとめ(2017/05/23)/05/21のツイートまとめ(2017/05/22)/05/20のツイートまとめ(2017/05/21)/05/19のツイートまとめ(2017/05/20)/05/18のツイートまとめ(2017/05/19)/05/17のツイートまとめ(2017/05/18)/05/16のツイートまとめ(2017/05/17)/05/15のツイートまとめ(2017/05/16)/05/14のツイートまとめ(2017/05/15)/05/13のツイートまとめ(2017/05/14)/

もらったコメント
人気のお財布ブランド,05/19,/ annonce femme marocaine france,05/17,/ Chelsea Wallace,05/17,/ Danielle,05/16,/ homepage,05/12,/ ansiedade augusto Cury,05/10,/ Woodworking Projects at CutTheWood,05/09,/ brandcoded.com,05/08,/ Larrytosef,05/06,/ Larrytosef,05/06,/

もらったトラックバック
げんさんち。:「オバマ大統領の広島訪問についての社説・韓国編」(05/31)

カテゴリ
Welcome to the Gloval Village! (20)  P-TALK 2012 (12)  P-TALK 2011 (12)  P-TALK 2010 (11)  P-TALK 2009 (12)  P-TALK 2008 (12)  P-TALK 2007 (20)  P-TALK 2006 (19)  P-TALK 2005 (24)  P-TALK 2004 (0)  P-TALK 2003 (0)  P-TALK 2002 (5)  P-TALK 2001 (21)  P-TALK 2000 (22)  P-TALK 1999 (18)  P-TALK 1998 (10)  日々でなくつらつら (2888)  日々でなくつらつら:ラクガキ (3)  日々でなくつらつら:笑ったもの (66)  日々でなくつらつら:ニュース (319)  日々でなくつらつら:記録しとくもの (57)  日々でなくつらつら:プロレス格闘技 (42)  日々でなくつらつら:スポーツ (69)  日々でなくつらつら:えっちぃの (6)  日々でなくつらつら:萌え! (23)  日々でなくつらつら:MoE (144)  日々でなくつらつら:トリックスター (68)  日々でなくつらつら:QMA (28)  日々でなくつらつら:ゲームの話 (29)  日々でなくつらつら:コンピューター関係 (11)  日々でなくつらつら:りなざうの (5)  日々でなくつらつら:だぶぜろさんの (24)  日々でなくつらつら:もばいる関係 (7)  日々でなくつらつら:本日のspam (17)  日々でなくつらつら:カラオケ (1)  日々でなくつらつら:なんか催し事 (3)  日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ (232)  日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ (222)  げんさんち。Off* (4)  お勉強 (4)  悪戦苦闘の歴史 (8)  ニコつべ (0)  ニコつべ:MoE自作 (4)  ニコつべ:MoE MAD (0)  ニコつべ:MoE プレイ (0)  ニコつべ:無双MAD (2)  ニコつべ:無双プレイ (0)  ニコつべ:BASARA MAD (0)  ニコつべ:歌ってみた (1)  ニコつべ:政治 (4)  ニコつべ:政治MAD (3)  ニコつべ:VOCALOID・UTAU (4)  ニコつべ:笑ったの (2)  ニコつべ:ゲーム (1)  ニコつべ:ゲームMAD (2)  ニコつべ:アニメMAD (1)  ニコつべ:MusicMAD (4)  P-TALK 2013 (12)  P-TALK 2014 (12)  P-TALK 2015 (12)  P-TALK 2016 (12)  P-TALK 2017 (4) 

月別一覧
2017/05(23),2017/04(31),2017/03(32),2017/02(29),2017/01(32),2016/12(31),2016/11(31),2016/10(32),2016/09(31),2016/08(34),2016/07(33),2016/06(33),2016/05(35),2016/04(31),2016/03(31),2016/02(30),2016/01(32),2015/12(32),2015/11(31),2015/10(32),2015/09(32),2015/08(32),2015/07(32),2015/06(30),2015/05(33),2015/04(31),2015/03(32),2015/02(29),2015/01(32),2014/12(33),2014/11(33),2014/10(32),2014/09(22),2014/08(35),2014/07(32),2014/06(31),2014/05(33),2014/04(30),2014/03(32),2014/02(29),2014/01(31),2013/12(32),2013/11(31),2013/10(32),2013/09(31),2013/08(32),2013/07(33),2013/06(27),2013/05(1),2013/04(2),2013/03(26),2013/02(30),2013/01(32),2012/12(32),2012/11(32),2012/10(36),2012/09(33),2012/08(33),2012/07(32),2012/06(31),2012/05(31),2012/04(33),2012/03(39),2012/02(32),2012/01(33),2011/12(35),2011/11(31),2011/10(40),2011/09(36),2011/08(35),2011/07(32),2011/06(33),2011/05(34),2011/04(33),2011/03(47),2011/02(48),2011/01(40),2010/12(32),2010/11(32),2010/10(39),2010/09(49),2010/08(46),2010/07(46),2010/06(83),2010/05(78),2010/04(69),2010/03(50),2010/02(39),2010/01(15),2009/12(13),2009/11(21),2009/10(27),2009/09(15),2009/08(31),2009/07(38),2009/06(28),2009/05(28),2009/04(16),2009/03(44),2009/02(36),2009/01(16),2008/12(20),2008/11(13),2008/10(12),2008/09(17),2008/08(13),2008/07(9),2008/06(15),2008/05(11),2008/04(24),2008/03(15),2008/02(22),2008/01(12),2007/12(12),2007/11(11),2007/10(12),2007/09(20),2007/08(18),2007/07(15),2007/06(20),2007/05(16),2007/04(20),2007/03(19),2007/02(19),2007/01(18),2006/12(28),2006/11(29),2006/10(40),2006/09(34),2006/08(27),2006/07(29),2006/06(22),2006/05(19),2006/04(23),2006/03(24),2006/02(41),2006/01(43),2005/12(40),2005/11(52),2005/10(46),2005/09(36),2005/08(51),2005/07(30),2005/06(45),2005/05(25),2005/04(4),2005/03(1),2005/02(2),2005/01(1),2004/12(1),2004/11(1),2004/10(1),2004/09(1),2004/08(1),2004/07(1),2004/06(1),2004/05(1),2004/04(1),2004/03(1),2004/02(1),2004/01(1),2003/12(12),2003/11(1),2003/10(1),2003/09(1),2003/08(1),2003/07(1),2003/06(1),2003/05(1),2003/04(1),2003/03(1),2003/02(1),2003/01(1),2002/12(1),2002/11(1),2002/10(1),2002/09(1),2002/08(1),2002/07(1),2002/06(1),2002/05(1),2002/04(1),2002/03(2),2002/02(3),2002/01(3),2001/12(3),2001/11(3),2001/10(3),2001/09(2),2001/08(5),2001/07(3),2001/06(2),2001/05(4),2001/04(3),2001/03(3),2001/02(2),2001/01(3),2000/12(3),2000/11(3),2000/10(3),2000/09(3),2000/08(3),2000/07(3),2000/06(2),2000/05(4),2000/04(3),2000/03(2),2000/02(3),2000/01(4),1999/12(3),1999/11(3),1999/10(2),1999/09(2),1999/08(2),1999/07(2),1999/06(3),1999/05(2),1999/04(3),1999/03(3),1999/02(3),1999/01(3),1998/12(4),1998/11(3),1998/10(3),1998/09(5),1998/08(3),1975/03(2),1970/06(2),1970/01(1),

書いたバカ:幻導機

RSS
ADMIN

FC2Ad



copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved