FC2ブログ
Hit.
げんさんち。
再びタブレットに戻る

お品書き・・・ 落ちる雫の音-LOG-歩行は今快適か?-FAQ-ロケット乗り場-LINK-

ちと参加してみてる・・・ twitter/gendohkislashdot.jp/~gendohkimixi/mixi日記読むだけ用pixiv/幻導機

姉妹サイト・・・ ボクボク(同人活動報告) ・Twitter/sanakaoru -眞馨(眞馨の更新されるといいですね小説サイト) -Scrap Kingdom(更新されない小説サイト) ・Leader's Rand(PC-EngineFANファンサイト)

2018/12/24(月) P-TALK No.389
P-TALK 2018 -トラックバック 0コ-コメント 0コ

「タブレットPC買っちゃった♪」
「えー」
「いや、5万円くらいで見積もってた欲しかったタブレットが3万になってたから勢いで買っちゃった♪」
「ま、それなら買っちゃうよね」
「買っちゃうんです。でも、まぁ困ったことが一つ」
「何?」
「英語キーボードだった」
「あら」
「いやまぁ、慣れちゃえばどうとでもなるし、日本語を入れる分には、案外どうとでもなるんだけど、問題はEnterキーとかBackSpaceとか記号とかでな」
「微妙に場所違うもんね」
「なんだよ。で、家のPCの他のは日本語キーボードだし、職場も日本語キーボードだしでな」
「わーぁ」
「というわけで、今、久しぶりの英語キーボード慣れ作業をしているわけだよ」
「ま、頑張ってね」




「皆様こんばんわ、幻導機です」
「眞馨です、こんばんは」
「2018年最後のP-TALKです」
「平成最後……」
「は、来年の4月を予定しているよ。ファッキン忙しそうなので出来るかどうかわかんないけどな」
「なんで、元号とかすぐ発表しないかねー」
「まぁ、なんやかんや理由つけてるけど、天皇に政治に介入してもらいたくないってのが実際のトコなんじゃないかな。介入しちゃうと憲法に違反してるって批判されかねないからな」
「えー」
「とは言っても、今年中に発表してもらった方が印刷業界とかはぜーんぜん楽だったと思うんだが。まぁ、次の元号は役所以外はあんまり使わないようになるかもしれんわな」
「何使うの?」
「皇紀」
「使わないでしょ」
「まぁ、西暦使っちゃうんじゃないかな。今でも『元号は宗教的意味合いもあるから西暦がいいです!』っていうよくわかんない主張する人もいるし」
「あれ、西暦ってキリストの……」
「まぁ、実際いるんだから仕方がない」




「そういえば、英語キーボードを久しぶりって言ってたけど、あんたそんな英語通ぶった人でもないのに、なんで使ったことあるの?」
「あー、むかーし昔VisorっていうPalm系のPDAがあってな」
「……そういえば、使ってたね、そんなの」
「便利だったんだよぉ。でまぁ、それの魅力な点として折りたたみキーボードが売られてたってのがあってな」
「あー、なんかわかった」
「で、まぁ、アメリカのものだったから、キーボードも英語キーボードだった。というわけだ。それ以来の英語キーボードだよ。かろうじて今世紀だけど、久しぶりすぎで、全然慣れないだよ」
「何年ぶりなの?」
「16年?」
「今世紀始まったばっかりね」
「いや、ホント。俺さぁ、日本語のEnterキーの上の方を叩く癖がもともとあって、英語キーボードだとそこはEnterキーじゃなくて、バックスラッシュなんだよな。だから、ちょいちょい文章終わりに『¥』が出るっつー」
「早く慣れてね」
「あい」
「それで、新しいタブレットってことは、スペックは上がったってことでいいの?」
「もちろん、具体的にはASUS TranceBook T90chiからASUS TransBook Mini T103HAFになったんだけど、CPUはAtom Z3775からAtom x-5 Z8350で、まぁ、大体倍くらい早くなったんじゃないかな」
「……i3とかじゃないの?」
「5万円台のタブレットにそんなもん期待するなよ」
「ま、それもそっか」
「でもまぁ、メモリも2GBから4GBになったし、ペンもついてくるしで、やっすいSurface感が漂う気もするけど、良いハードだと思うぞ、これは」
「でも英語キーボードと」
「うむ。道理で2万も安く売ってたんだな、と納得する次第であるよ」




「それにしても、今年ももう終わるんだね」
「終わっちゃうな。なんか色々あったと思うんだが、いざ振り返るとなると、よく思い出せないという感じではあるんだが」
「それ、ボケてるだけなんじゃないかな」
「……かもなー」
「TALKで取り上げた話題だと、1月にドラゴンクエストⅢを開始して投げてるけど」
「あー、あれから全然触ってもないや」
「えー」
「多分、3つ目くらいの街でレベルアップしてたらなんとなくドロップアウトしたんだっけか。RPG向かない生活になってるんだろな、もう」
「FGOはやるくせに」
「エンカウントまで移動の操作しなくて良いからな」
「1月は小室哲哉が引退した月だねー」
「あー、奥さんの介護で疲れた顔して会見したやつか」
「あと、芸能関係だとウーマンラッシュアワーの村本がなんか目覚めました」
「居たね、そんな人。政治ネタでお笑いやるのかと思ったけど、よくわかんない方向に行ったから、炎上芸人的に生き残れなければ相方もろとも消えそう」
「なんて、ひどい言い草」
「だって、支持者ですら評価が『面白い』じゃない芸人ってどうよ?」
「勝ち負けで言えば負け?」
「ま、そゆこと」
「2月は平昌冬季オリンピックだねー」
「結構日本がメダル取れてよかったな、というそんなだった気がする」
「あと、あんたがインフルエンザで倒れてる」
「あー、あったあった。久しぶりで倒れたねー。大変だったよ」
「3月はパラリンピックがありました」
「ぶっちゃけほとんど見れなくて覚えてないです」
「ひどい」
「将棋の順位戦でA級が6人が6勝4敗で並んでプレーオフになった、というのが自分の中では大きいニュースかなぁ」
「あんなことってあるもんなの?」
「初だったらしいぞ?一悶着あって、A級が11人になってスタートしたことと、混戦になったことと、色々混ざった末のもんだろうな」
「なるほどねー。あ、あとジョージアのスキー場でリフトが大暴走したってのが」
「あれ、映像怖すぎたな。乗ってた人がギリギリで飛び降りてたりとか」
「すごい絵だったよね」
「4月はやっぱりTOKIOの山口メンバーになるか」
「未成年に手を出そうとしたってのは、やっぱり大きいニュースだったねー」
「日本だとアレでMeToo運動が下火になっていったという、よくわかんない波及効果があったけどな」
「えー」
「ガチMeToo案件だったから炎上必至だったはずなのだが、あんまり口出せなかったから、なんとなく下火になったというか、それ以下の案件は扱いづらくなったというか」
「なんだかなー」
「ま、人間ってそういうもんだから」
「サッカーの日本代表のハリルホジッチ監督がクビになったのもこの時期だねー」
「あー、結果的にはベスト16行ったから、なんか有耶無耶になったやつか。当分は難儀するんだろうなぁ、日本代表」
「5月6月はワールドカップで、7月は台風とかの水害があったのよねー」
「仕事行く途中にある小さい川がまだ護岸工事とかしてなくてさー、なんかごっそり削られてたのだけは覚えてる」
「怖っ」
「で、まぁ、実はまだちゃんと直されてないで立ち入り禁止のまんまという。そこの市の予算が無いのかもしれないな。確か去年の台風でもえらい目に遭ってたから」
「自然災害の被害がすごいよね」
「予算増やそうとしてるらしいけど、工事できる業者が失われた20年で少なくなって、対応しきれないとも言われているな」
「それじゃぁ、厳しいのがまだまだ続くってことなのね」
「だな。まぁ、こればかりは景気よくしてもらうトコから始めてもらわないとだからなぁ……」
「8月は暑い暑いで終わって、9月はクッパ姫が盛り上がったみたい」
「ネットの狭い範囲でだけどな。もとは東南アジアのどっかの人だったっけか。それがわーって話題になって日本でも絵が乱立したっていう。バニーガール大淀もそうだけど、なんかよくわからんものが理由もよくわからんまんま流行るってのが増えたよな」
「んー、前からな気がする」
「9月に北海道の地震があったんだっけか」
「停電しちゃったやつ?」
「そう。原発止めてから火力頼りだったのが結果的に夜中のブラックアウトになってやつ

「あれって原発動かしてたら防げたと思う?」
「さぁてね。専門家じゃないのでなんとも。動いてたって結局駄目だったって試算してる人もいたし、足りてた筈だという人もいるし。まぁ、北海道が電力をどう賄うのかって話がこれで進むといいんだがね」
「無理な気がするー」
「無慈悲な感想だな」
「でも、一度始めちゃったものはなかなか止められないからねー。原発反対も多分止められないの」
「10月はハロウィンで渋谷が大変だったってのが大きいニュースになるんかな?」
「あれ、渋谷もなんか考えないと駄目なのかな?」
「駄目だろうけど、そもそもとして勝手に渋谷に集まってくるだけで、渋谷側は集まろうとか一言も言ってないってのが、あのハロウィン騒ぎの問題点だからなぁ」
「そなの?!」
「そうだよ。別に渋谷でそんなのやるよーってやってる訳でもない。勝手に人が集まって来るんだ、あれ」
「なんて、ハタ迷惑な……」
「だから、今年は色々やってはみたんだけど、軽トラがひっくり返ってたな。来年ももっと対策を練らないと駄目だってことなんだろう」
「11月はカルロス・ゴーン逮捕が何よりも」
「日本とフランスの諸々が出てるみたいだから、まぁ、今もって様子見」
「12月ーは、今のところは振り返るような事件事故は無いのかな?」
「かな、まぁ、今年一年をざっくり振り返るのはこんなもんか」
「それなりに色々あったでしょ?」
「あったけどな。訃報も色々ありすぎたけど、あえて抜いてこれだからなぁ」
「今年も色々あったのよ」
「だなぁ。来年は良いニュースが多ければいいんだが」
「まぁ、そのへんは日頃の行い次第なんじゃない?」
「ひでぇ」




「と、言ったところで今年のP-TALKはこのへんで」
「来年が皆様にとって良い年になりますように」
「では、また来年もよろしくお願いします」
「でゎでゎだ」

スポンサーサイト




2018/11/30(金) P-TALK No.388
P-TALK 2018 -トラックバック 0コ-コメント 0コ

「Chromeが重いです」
「Edgeにしないとー」
「いや、ホントに。真面目に移行しちゃろうかな。いろいろ便利なんだけどな、Chrome」
「って言っても、メインはChrome使うのは変わらないんでしょ?」
「まーな。Androidのスマホだしな。Edgeにするのはあくまでもサブの方なんだけども」
「そんなに重いと」
「今だとAtom Z3775とかもうダメなんじゃなぁ」
「もう新しいの買わないと」
「ダメかぁ。Atom x-5ナントカでないとダメかぁ」
「もっといいものを買わないとダメなのではー」
「いやまぁ、そうなんだろうけど。ちょい上のPCだとあんまり持ち歩きやすいのが売ってなくてな」
「Surface?」
「に、なるのかもだけど、メインスペックなPCだよな。ほしいのサブなんだけど」
「お値段も相応に」
「だからね。持ち歩くのは5万円くらいまでにしたい。できればSwitch程度が良いんだけど」
「無理言わない」
「だよね」




「皆様こんばんは、眞馨です」
「幻導機です、こんばんわ」
「というわけで、ハードの愚痴から始まるP-TALKですけども」
「メインスペックも正直買い替えたいんだけどな」
「じゃぁ、まとめてSurface」
「やだー、別個がいいのー」
「ダダこねない」
「でも、ペンいいよな」
「私にはそのへんがサッパリなんだけど」
「キーボード至上主義め」
「そーゆーワケじゃないけど、基本的に文字打つことしか考えてないしー」
「ペンいいんだよ。感圧式のときから便利だーって感じ」
「普通、筆圧感知が何段階とかあるんじゃないの?」
「あるんだろうけど。俺、基本的に筆圧が高すぎてあんまり何段階とか意味がなくてなー。256段階も使わないから別にそれ以上だったら別になんでもいいや」
「2段階でも良いと」
「まぁ、それならそれでって感じなんだわ」
「はー」
「というか、この時期、指先乾くから画面が反応してくんないこと多くてなぁ。ペンが使えるならホント大歓迎なんだよ。ホントに」
「それが理由か」
「ホントに反応しないんだよ、マジで」




「Switchも買いたいなーと思うけど、今のところやりたいゲームが無双OROCHI3くらいしか無いんだよな」
「そこは、ポケモンのLet's goイーブイとかじゃないの?」
「ポケモンGOで同じトコしか行かないから、やる気ごとなくなった俺が、そんなもんやるワケないだろ」
「ほら、必ずしもポケGOやる必要も無いワケだしー……」
「まぁなー。でもまぁ、もともとあんまりポケモンが好きってほどでもなくてな」
「えー」
「緑やって、ずーっと触ってなくて、試しにXやってみたけど、なんか疲れてチャンピオンになるので精一杯だった」
「へー」
「まぁ、もともとRPGはクリアしたらそれで満足な事が多くてな。無双も真田丸がRPG風味なもんだから、すごい詰まってる」
「えー」
「序盤の序盤でやる気無くしたともゆー」
「えー」
「いやまぁ、クリアしたいけどね。でも、思えば無双Chronicleもクリアしたりしなかったりだしなぁ……」




「で、この調子だとSwitch買って何するのよ?」
「下手するとニコニコとYouTube見てるんじゃないかなぁ」
「おーい」
「YouTubeは厳密にいうとまだ見れないらしいけど、俺が買う頃には見れるようになってるかなーって」
「それ、素直にスマホでいいんじゃないの?」
「だろー?だから、サブのPCほしいなーって」
「話が最初に戻るのね」
「戻るの。去年はそれでAndroidのタブレットを買ったんだけど」
「はいはい」
「すごい勢いで壊れたので、もうN○Cのタブレットなんか買ってやんない」
「……」
「中身Len○v○のっぽいし、それなら直で買えばいいよね的な」
「そーねー……」
「まぁ、そんなこんなで今はなんやかんやの末に別のタブレットなワケだけど。今の所はそれでなんとかなってるんで、次はサブPCが欲しいなぁと」
「そういう流れになるよね」
「なるんです。で、スマホとかタブレットとかいじってたら、もう画面いじらない操作に戻るの嫌だってなったんで、そういうのができれば欲しいのだ」
「ま、そーゆー気持ちはわかる」
「で、どうせならペン付きがいいなぁってなったんだけど、まぁ、そのへんは予算と相談だわな」
「はい」
「でも、正直今のPCでスペック落ちになるんだなぁ……」
「もう、そのへんのタブレットの寿命は2年か3年じゃない」
「そうなんだよなぁ。無常を感じる」
「まぁ、仕方がないよね」




「結局、タブレットPCが欲しいとわめくだけで今回は終わってしまった」
「いつも、大体そんな感じだと思う」
「もう気がつけば1年もあと1ヶ月しかないんだもんな」
「あっという間だよね」
「まぁ、今年もインフルエンザとかいろいろならないように気をつけたいと思う次第であるよ」
「皆様もお体にはお気をつけください。では、今回はこの辺で」
「でゎでゎだ」

2018/10/31(水) P-TALK No.387
P-TALK 2018 -トラックバック 0コ-コメント 0コ

「10月終わりますよ」
「終わるなぁ」
「巷ではハロウィンですよ」
「渋谷なんかは、もう厳戒体制だとかどうとか」
「下手なデモより厳戒体制かも」
「まぁ、集まる人の数が違うもんな」
「というわけで、トリック オア トリート」
「飴ちゃん欲しいの?」
「なんかちがう」






「皆様こんばんわ、幻導機です」
「眞馨です、こんばんは」
「今月もテンション低めでお送りするP-TALKです」
「低いの?」
「低い」
「低い」
「というか、高い時期が無い」
「えー」
「まぁ、もう、色々な事を忘れる程度には頭がちゃんと回ってないからなぁ」
「それもどうなんだろ」
「知ってるか?」
「何が?」
「先々月の8月なんだがな」
「うん」
「よくよく思い返したら、『げんさんち。』の20周年だ」
「あ。」






「とまぁ、そんな事もすっかり忘れるくらいなんでな。ここ10年くらい記憶があやふやでなぁ」
「老け込みすぎ」
「ほんとだよ。正確にはそれなりに何かあったとか、思い出したり、ヒントがあれば出てくる程度にはまだ覚えてるけどな。それが何年前か?ってのが、さっぱりだ」
「あー」
「ここ10年くらい、テレビとかのプッシュ情報に触れなくなってきて、プル情報として過去のを引っ張り出してくるってことが増えてきてるから、余計に時系列があやふやでな」
「それは『過去をほじくり返してる』ってだけなのではー……」
「そうともいう。お陰様で情報の更新がされてるのかされてないのかすら、あやふやになってる」
「あらー」
「まぁ、下手な事も言えなくなったわけで、もう私なんぞは老害に入るんだろな」
「……そーね」
「うわぁ、同意されたぁ」






「5月過ぎてから『平成最後の~』って付くようになったけど、あと半年くらいで平成終わるんだよねー」
「予定ではな。まぁ、これで一悶着あっても困るから、ホントはとっとと新元号も発表して、つつがなく移行して欲しいんだがな」
「なんで元号のはかを一ヶ月前とかにしちゃったんだろ?」
「んー、なんか色々理由付けてたけど、ぶっちゃけた話、慣例的に死ぬまで天皇やれってなってたのを、今回の天皇は譲位したいって話じゃないか」
「だねー」
「だから、それで政治家がわっと動いてしまうとだな。『国の政治に天皇が口出しした』って取られかねないんだな」
「自分の事な気がするんだけど」
「でもないぞ?自分の……正確には自分の次の次の跡継ぎを誰にするかすらままなんねぇんだし」
「あー」
「だからまぁ、譲位までは許しましょうと。でも、『譲位する』とは言わせないってんで『生前退位』と『新天皇即位』なんさ。どー見ても譲位だけど」
「言葉遊び」
「って批判されるのは承知の上だろうけどな。あの世界『建前』ってのが結構大事なんさ。……で、元号もおそらく、その辺の混乱を考えれば……となるんだが、それはそれで今の天皇も折り込み済みで例の『おことば』だろうから」
「政府は下手にすぐ言えないって?」
「まぁ、違うって言われる気がするけどな」
「そーね」






「と、言ったところで今回はこのへんで」
「そろそろ1年も終わりに近づきますけど、皆様病気にはお気をつけください」
「それでは、また来月お会いしましょう」
「それではっ」

2018/09/30(日) P-TALK No.386
P-TALK 2018 -トラックバック 0コ-コメント 0コ

「今月は自民党の総裁選挙があったのね」
「うむ。安倍晋三が3選を果たしたんで、来年の参院選まで何もなきゃ基本的には最長任期の総理大臣になるんじゃないかな」
「すごいねー」
「凄いなぁ。ある意味歴史の生き証人だ。まぁ、続けばだけどな」
「良いこと……なのかな?」
「さぁてな。一般的には経済政策がそのままだろうから、景気はまた消費税を考えずに上げるとかいうアホなことをしない限りは、一応上向きなんじゃないかなぁ」
「考えもなしにって」
「前回の5%から8%に上げた時、随分遠回りをさせられたなぁって思うよ」
「それをもう一回やられたら困ると」
「困る。簡単に言えば、どこもかしこも予算逼迫するからなぁ。その分補填してくれるっていうなら話は別だけど、税金上げるから税金で補填するとか意味不明だしな」
「上げなきゃいいね」
「デフレの時にわざわざ上げなくていいんだよ」




「皆様こんばんは、眞馨です」
「幻導機ですこんばんわ」
「今月もなんとなく終わりに始まるP-TALKです」
「自民党総裁選でなんとなく影に隠れて終わった国民民主党代表選があったったんだよ」
「あら」
「あったんだよ。まぁ、普通に玉木雄一郎が勝ったんだけど、なんつーかまぁ、凄く地味にニュースになったものの、総裁選が総裁選で総裁選のみたいな報道に紛れて、すーっと終わってしまった気がする」
「可愛そうに」
「せっかくの盛り上げポイントなんだから、メディアもちゃんと追いかけて盛り上げてやればいいのにな。自民党総裁以外だとニュースにならねぇだろって割とほったらかされてる気がする」
「わざわざ無投票にしなかったのにね」
「全くだ。話を聞いてくれって機会を必死に作ってもマスメディアがまともにおっかけてくれないんじゃ、一定の年齢層にはぜーんぜん聞かれないで終わるだろうしな。ネットメディアって良くも悪くも『見たい人しか見ない』もんだし」
「あんたは見たの?」
「正直、YouTubeの類いは見てねぇっす」
「ダメじゃん」
「Twitterで政党公式アカウントフォローするので精一杯でござるよ」
「どうせ、それでもロクに見てないクセに」
「だーぁって」




「結局のトコ、経済政策にしか今は興味が無いワケだがー」
「はい」
「自民党の反対を行く各野党さんは、基本的には『三本の矢』路線の逆をやるというので、聞く理由が無いのだ」
「無いって」
「だって、『失われた20年』の後半10年の失敗の歴史を繰り返すって言ってるだけだぞ、あれ。失敗してきたものを続けるって時点で、聞く理由なんか何も無いんだよ」
「ひょっとしたらうまくやれるかもー」
「って期待を受けて、盛大に失敗した政権をかれこれ9年前に見た」
「……あれ、もう9年前なんだね」
「9年前なんだよ。政権交代」
「もう、忘れてる人もいそーなー……」
「でもないから、今の野党のヘナチョコ支持率だし、マスメディアがヤケになって『安倍一強』と表現してる状況だな。とは言え、安倍晋三が仮にこの後3年やると、『政権交代』から12年。そこから数年すると、また自民党にお灸を据えようって話になるんだろうな」
「そのパターンはダメなヤツなんじゃ……」
「ダメなヤツだよ。でも、多分やるんだよ。歴史は繰り返すからな」
「イーヤー」
「まぁ、これも民主主義、なのだな」




「と、言ったところで今回はこのへんで」
「沖縄の県知事がもうじき決まるけど、まぁ、それも国政にそれなりに影響あるんだろなと思う。まぁ、県民じゃないので、誰を選んでも『さいですか』しか言うこともできないんだけど」
「それはそれー、これはこれー」
「だな。まぁ、これがアップされる頃くらいに決まるから、それはその時にということで」
「では、また来月お会いしましょう」
「でゎでゎ」

2018/08/31(金) P-TALK No.385
P-TALK 2018 -トラックバック 0コ-コメント 0コ

「8月だって5月病!」
「無いわ!」




「皆様こんばんわ、幻導機です」
「眞馨です、こんばんは」
「今月もほそぼそと始まるP-TALKですよ」
「猛暑日になるとホント辛いね」
「辛いな。台風来たらスッキリしたけど。幸せは長く続かないっつーか」
「割とあっさり猛暑日復活したよね」
「したな。通勤だけで死にそうだよ」
「こんな中オリンピックやるとなったら死ぬよね」
「まぁ、基本的には早朝から午前中、後はナイターになるから、真昼の灼熱地獄にやらされるってのは、なかなか無いか、よほどなマイナースポーツかのどっちかじゃないかと思う」
「十把一絡げにマイナー呼ばわりするのってどーかと思う」
「まぁ、そうなんだけど。ただまぁ、今年を凌駕する暑さってのはここ数年であるとは思えないから、いっそのこと今のうちに暑さ対策は何がいいのか、どうすればいいのかってのをアレコレ試すしかないんだろな」
「森喜朗が言ってた『ピンチはチャンス』みたいな?」
「そう、それ」
「で、打ち水」
「打ち水もあるな。あれもなんだかんだで15年くらい、やり方考えてやってるんだけど、いかんせんネットじゃ都知事の不人気さで付け焼き刃な知恵だと思われててアレ」
「でも他にないの?」
「1年2年でやれることって、舗装くらいっきゃないし、それは今マラソンコースでやってるトコだから。後は緑化。つまりは植樹してくしかないんだけど、街路樹にしても敷地にしても2年そこらで増やすとなると無理矢理に人の土地に植えさせるみたいな事でもしないと多分ダメ」
「ダメじゃん」
「ダメじゃんって言われてもそれもそれで15年かけてやってはいたんだぞ。屋上緑化だって進めてたし。その蓄積もあって、TOKIOは新宿でDASHの企画やってるんだしさ」
「蓄積ぃ?」
「屋上緑化するもんだって空気を作っておくってのも大事なんだよ。23区は既存の建物でもなるたけやろうって事になってるしね」
「へー」
「ただまぁ、そうやってもやっても暑い時はクソ暑い。っていう身も蓋もない結果だったのが、この夏の結果なんだけどな」
「ダメじゃない」
「いや、ホント、地球規模の自然の力だと人間のアレコレじゃ勝てない」




「ま、結局、『こんなクソ暑い日本でオリンピックなんて無理』みたいな声が上がっても、高校野球はなんだかんだでやってたし、そもそも会社も役所も猛暑日関係なしに仕事して回っていたから、どうであれやるんじゃないかな」
「何そのいやーな感じの感想」
「っていうか、このクソ暑さでオリンピックできません、とか言うんだったら、国内のイベントなんか全部出来やしないんだから、そんな理由でやめちまうなら、夏のイベント関連はぜーんぶナシにして、一億火の玉で黙々と働いて熱中症でバッタンバッタン倒れようって言えばいいんだよ」
「また、そーゆー極端に走るー」
「あと、オリンピックにかこつけてサマータイムやるとか言ってるけど、どうせ始業が二時間早くなった分働く時間が延びるだけだから、議員立法に加わる議員は、安心して過労か熱中症で倒れろって国民に訴えればいいんだよ」
「あの労働時間は決められて……」
「どうせ『冬時間ならまだ3時だ!』とか言うから、ほぼほぼ言うから。なんなら時計も用意するから」
「偏見にも程が……」
「ちゃんとするトコはちゃんとするだろうさ。でも、ちゃんとしない方がどうせ多いだろ?って話」
「言いたいことはわかるけどー、偏見にまみれすぎー」
「まぁな。でも、本気で導入したら多分そうなる。どうせ、そうなる」





「まぁ、暑いのでね。やる気も変な方に向かっちゃってダメだな」
「この夏、どこか行ったの?」
「あぁ、あれ行ったよ。東京スカイツリー」
「おー」
「の下のソラマチ」
「ソラマチ?」
「うん」
「ツリーは」
「高かったよ」
「いやいや、登ったりは」
「前に一回登ったから別にいい」
「何しにソラマチに」
「まぁ、深い意味はなかったな」
「えー」
「スカイが俺にもっと輝けと」
「囁かない」
「まぁ、結局ポケモンセンターがあったんで、ガチャやってメタモンのメモ立てを手に入れて帰ってきた」
「……ホントになんでソラマチ行ったのよ」
「スカイが俺に」
「囁かない」




「と、言ったところで今回はこの辺で」
「台風が近づいたり、川が決壊したりと水が猛威を振るっていますが、皆様、体調や天気にお気をつけください」
「水没だけは勘弁願いたいなぁ」
「無いって言い切れないのが、また怖いトコよね」
「んだ。でもまぁ、、とりあえず気をつけて、無事に10月を迎えましょう」
「それでは、また来月お会いしましょう」
「でゎでゎ」

2018/07/29(日) P-TALK No.384
P-TALK 2018 -トラックバック 0コ-コメント 0コ

「7月だって5月病!」
「力を込めてそういう事言わない」
「いやまぁ、気がついたらこんな時期だったんで、つい」
「もう8月になるんだけど」
「暦の上では……」
「皐月じゃない」




「皆様こんばんわ、幻導機です」
「眞馨です、こんばんは」
「そんなこんなで、世間では子供は夏休みですか」
「もう夏休みなんてあってないような感じだけどね」
「まぁ、無いな。盆休みみたいなもんもウチにはないし」
「山の日は土曜日だしね」
「連休ほしいなー」
「いずれ、山の日もハッピーマンデーになると思う」
「来年は来年でゴールデンウィークがえらい長くなるみたいだけどな」
「締切がすごいことになるんでしょ?」
「言わないでー」




「それにしても、西日本の豪雨はすごいことになっちゃったね」
「だなぁ。ここ10年くらい西日本のどっかしらで豪雨で災害になってた感じではあるけど、今回は全部に来たって感じだもんなぁ」
「その前だと広島市だっけ?」
「こっちでも大きくニュースになったのは確かそうだな。それ以外でも山口とかもなってた気がする。うろ覚えだからなんだけどな」
「あれは、どうすればいいんだろうね?」
「いや、もう、土木工事が基本だろ。できるなら、埼玉にある『地下神殿』みたいな避水池というか放水路を地下に作れればいいんだけど。こればっかりは土地とかの事情があるから、出来る地域と出来ない地域があるだろうしななぁ」
「泥水でいっぱいの避水池って悲惨な気がする」
「というわけで、まずは護岸工事からになるだろうな。川が広くなるから道が狭くなるとか、家引っ越さないといけないとか色々あるんだよ、多分」
「難しいねー」
「身近な政治の類って案外そんなもん」
「台風も大丈夫だったのかな?」
「だといいけどな。正直、ニュース見てないからわかんない」
「おーい」
「NHKの速報アプリとかで通知が来ればまぁ」
「じゃぁ、今のところは来てないと」
「スマホ見てないのでわかんない」
「おーい」




「そう言えば、政剣マニフェスティアをついにクリアしたんだよ」
「お疲れ様ー」
「でも10日後に新章が始まるんであるんである」
「ギリギリ?」
「ギリギリクリアした」
「じゃぁ、また一段落したっていうよりは」
「明日もがんばりましょう、みたいな感じになってるな。まぁ、当分はレベルアップばっかりだろうけど」
「あんた、基本的に毎日経験値稼ぎしかしてないんじゃない?」
「まぁ、そうなんだけどな」
「艦これとか演習しかしてないんでしょ?」
「あと遠征。たまーに一応、任務のために攻略したりするけど」
「なんというまったりプレイ」
「そのくらいでいいんだよ。それでも忙しいなーって思ってるくらいだし」
「気合が足らない」
「いや、無い」
「否定の方向先がおかしい」
「まぁ、もう、色々とトシでのぉ、ゲホゲホ」
「……おかゆかなんか作ればいいの?」
「今どき、そんなことやる時代劇もやってない気がする」




「と、言ったところで今回はこのへんで」
「殺意満点の猛暑日が続きましたけど、皆様も熱中症にはお気をつけてください」
「それでは、またお会いしましょう」
「でゎでゎ」

2018/06/30(土) P-TALK No.383
P-TALK 2018 -トラックバック 0コ-コメント 0コ

「6月も5月病でございます」
「あれから、そんなに日が経ってないからね」
「このプライベートで、話が出来る面白い話が特にないってのが一番厄介でな」
「まぁねー」
「仕事場の話も出来る話があればいいんだけど、今いるトコ、なかなか出来ない話ばっかりでな!」
「それ辛いねー」
「もうね!身内にもね!職場の面々でもね!話せないのとかね!なかなか難しいんですよ!この現代社会!」
「自分の周りの事を社会問題的に言おうとするー」
「いや、だって。プライバシーの保護とかぁ? 仕事の話したばっかりに全世界に拡散されて住所氏名特定とかぁ? 割と社会問題も絡むじゃないですかーぁ」
「……まーね」
「多少のオブラートに包みつつ、ぶちまけられるといいんですけどな!」
「で、特定秘密保護法違反で逮捕されちゃうってヤツー?」
「いや、俺、国家公務員じゃないし」




「皆様こんばんは、眞馨です」
「幻導機です、こんばんわー」
「そんなこんなで始まる、P-TALKです」
「世間では、国家公務員の守秘義務強化になってる特定秘密保護法が始まると表現の自由が脅かされるって意見の集まりに賛同してた人が、国の機関から補助金もらって映画撮って、カンヌ国際映画祭でパルムドールを獲得しちゃっても、公権力とくっつくのは映画人としてよくないので祝福は受けないとかいう愉快な監督がいたらしいですけど、正直映画はそんなに見るわけじゃないので、愉快な人だなぁで終わってる今日この頃です」
「あんた、ほんとに映画見ないもんね」
「映画館行くのが基本的に面倒くさいよね」
「もう、その時点で映画見るっていう人の感覚と正反対だもんね」
「うん。ガルパンの劇場版は1回だけ時間があったから行ったけど、最終章は家で見た。dアニメ万歳」
「NetflixとかAmazon Primeとかhuluとかに入った方がいいんじゃない?」
「いいかもな。でも、それで何見るのか?っていうと正直、何を見るんだろう?ってくらいには見たいものが思い浮かばない」
「イギリスの3人組が車でタイムアタックしたりボロクソに評価したりぶっ壊したり」
「BBC追い出された3人か、アマゾンだっけ」
「まぁ、そういうのを」
「見たら面白いのかも知れないけどなー」
「完璧にやる気ない顔して言わない(苦笑)」




「そう言えば、モリカケ問題ってどうなったの?」
「んー、財務省の下部組織が森友学園の方で公文書改ざんをやらかしたのが発覚して、財務省の信頼問題に移ってる。で、与党と野党で同床異夢状態だから、なんかワヤクチャになってる感じ」
「なんだかなー」
「与党側は『財務省の信頼問題』として財務省っていう組織に大鉈をふるいたいって感じじゃないかなぁ。それで、大変けしからんって態度で動いてる」
「与党は支持率調査がよっぽど落ちないと倒閣に動かないもんね」
「うん。で、野党は最初に安倍晋三が『私や妻がこの値下げに関わってたら、総理も辞めると、議員もやめる』みたいな事を言ったもんだから、連想ゲーム的にでも安倍晋三と森友学園が繋がれば退陣させられる!とか思って、どうにかこうにか繋げようって頑張ってるらしくて」
「……何それ」
「頑張ってる、っていうか、どうもこの1年それだけ頑張ってたみたいで、アイツを証人喚問だーとかやってたのって、そういう事だったっぽい」
「えー」
「通りで証人喚問してるのに、新証拠突きつけてドヤ顔とかせんなーと。特に新ネタもなしに突っ込んで『疑惑は深まった』オチ終わりを繰り返してたなぁと」
「で、1年続いちゃったと」
「1年も続けちゃったと。そりゃ、野党の支持率上がらんわ」
「だよねー。証人喚問までやるんだから、てっきり名探偵よろしく、証拠突きつけて、バーン!ってやると思うもんねー」
「でも、そんなん持ってないから、グダグダに終わったと。で、どうも『籠池』と『安倍晋三』をなんでも良いから関係つければ、『やめます』発言とくくりつけて辞めろ辞めろ言う予定だったっぽくて」
「で、普通に逃げられたと」
「『疑惑は深まった』。to be continued.→」
「ジョジョにしようとしない」
「でもまぁ、そんなことだったみたい。で、そんな中発覚した財務省の公文書改ざんなので、これでどうにかこうにか財務大臣のクビを取ろうってのが今の野党の目下の目標っぽい」
「麻生さんだっけ。辞めるかな?」
「支持率次第だろうなー。あと地方選挙か。あんまりにも敗北が進んで、それが財務大臣が辞任しないからだーって判断すれば、与党内で辞めろ辞めろの大合唱になるんじゃね?」
「はー」
「現状で次の財務大臣を選ぶとなると、財務官僚に"やさしい"人物か、財務省をカタストロフする人物かの二択で後者が濃厚だろうから、財務省的にもあんまりあの親分に辞めてほしくないかも知れない」
「国民とかには『そんなの知らんがな』な気がする」
「まぁ、そりゃそうだ」
「それに財務大臣が辞めたからって話がそれで終わるとも思えないしねー」
「だろうなぁ。野党やマスメディアは財務大臣のクビ取ったら『獲ったどー!』って一旦喜んで、財務省そのものには手を付けないで、総理辞めろに移っちゃう可能性が極めて高いだろうしな」
「手を付けない」
「表向きは『この総理大臣の下でこの改ざんが起きたんだから、総理を変えるべきだ』とかなんとか。ぶっちゃけた話、国政選挙に勝ち続けの総理というか与党総裁だから、来年の参院選までに変わってくれないと、勝てる気もしないかもしれんな」
「変わったら勝てると?」
「可能性は増すんじゃん?ぶっちゃけた話、今現在、あんなのですら、一番景気回復に熱心で、かつ、まだ離れてるけど一番正解に近い政策を選んでる政治家・総理大臣なんだから」
「『あんなのですら』」
「次の総理は継続・発展とかしない限り、基本的には景気の腰折るし、そしたら支持率はあっさり落ちるし、下手すれば今辞めさせられると来年の参院選は安倍晋三の次の次の総理かも知らんから」
「うわぁお」
「まぁ、そのくらい景気よくすることに力入れてくれれば、政権は安泰になりがちだってことなんだけどなー。野党は基本的に景気なんかそっちのけで政府の予算を黒字化したいって感じだし。それも無自覚にそう思ってるし」
「無自覚にって」
「それをすれば景気がよくなるって信じてるんじゃないかなぁ。それやって10年間ウダウダウダウダウダウダウダウダとした挙げ句に徐々に落ちてってたにも関わらずさ。野党もそうだし、マスメディアもそうだし、国民の半分以上もきっと信じてる。ウダウダと景気を落としていったやり方で回復するもんだと強く信じてるんだ。多分」




「まぁ、とりあえずは次の選挙ですよ。次。国政選挙としては解散が無きゃ来年の参院選がそれになる。そこで与党が過半数を維持できるか、転落してねじれ国会を呼ぶかが勝負の分かれ目で。現政権に少しでもブレーキかけたいなら、ねじれ国会状態を作るってのが重要でしょうよ。逆にブレーキなんぞいらん!っていうなら、ねじれさせずに勝たせるってことだな」
「低い投票率で普通に与党勝利で終わったりしてー」
「それが嫌なら投票行って野党に入れなーってトコかね。何はともあれ、投票して1票でも重ねて勝たせるってのをしないと、どうにもなりませんわ」
「投票率増えるといいねー」
「増えて、それが持続するのがホントは一番いいんだけどね」




「と、行ったところで、今月はこのへんで」
「そろそろ世間は梅雨入りだったり梅雨明けだったりで暑い日と寒い日が続きますので、皆様お体にはお気をつけください」
「では、私達も来月に向けて少しでも頑張っていきましょー」
「えー」
「えーじゃない」
「あい、がんばります」
「それではっ」

2018/05/31(木) P-TALK No.382
P-TALK 2018 -トラックバック 0コ-コメント 0コ

「5月病のまま6月を迎える所存です」
「自己申告しない」
「土日は寝落ちしてますんで」
「体力無いなぁ」
「そろそろ全身マッサージなんぞをされたいくらいなのだが、行くことも出来ずにウダウダウダウダと」
「マッサージチェアーで」
「んー。マッサージチェアーとやっぱりマッサージは別個だからなぁ」
「そうなの?」
「やっぱりなんだかんだでマッサージチェアーは座ってるからな。それに機械の都合上、押せない場所だってあるし。でもって、そこをやってくれって思う事も結構あるしで」
「難儀な」
「そんな感じでダラダラと行くのが遅れてって、久しぶりに行くと、マッサージの人に『うわぁ』とか言われたりするんだよな」
「うわぁって何よ?」
「固すぎるらしい」
「マッサージ師にそう言われるほど凝ってるってどうなのよ……」




「というわけで皆様こんばんわ、幻導機です」
「眞馨です、こんばんは」
「いつものようにP-TALKです」
「何かありました?」
「ゴールデンウィークに」
「ずいぶん最初の話だね」
「だな」
「で?ゴールデンウィークは何したの?」
「公園行きまして」
「はい」
「日向ぼっこして」
「はいはい」
「気がついたら夕方でクソ寒かったです」
「昼寝?」
「昼寝」
「……何してんのよ」
「いやだから昼寝」
「なにのために公園に……」
「昼寝」
「いやいやいやいやいや」




「だーって、昼寝しかしてないんだもの」
「『何かしたの?』って質問に『昼寝』って答える人がどこにいるのよ」
「ここにいるんだよ」
「屁理屈をこねない!」
「ほかは普通に体調悪くて寝てたりとか」
「寝てばっかりなの?」
「休日は早く起きてどこか行こうかなーとか思ったら寝落ちしてたとか」
「寝てばっかりじゃない」
「寝てたんですよ」
「ヒドすぎる」
「だから、6月も5月病で行くという話を……」
「なんとかしなさいよ」
「いやー、なんかさー、ゲームとかやってても寝るわけですよ」
「寝るんだ」
「寝てたいですなー。存分に寝てたいですなー。温泉行って入って寝るってだけの生活を一週間くらいやりたい」
「なんという悠々自適生活」
「でも、あっさり終わるんだろうなーと思うと、ちょっと寂しい」
「まぁ、半分以上寝てるんじゃすぐ終わるだろうね……」
「やっぱり二週間」
「寝てるんじゃあんまり変わらないと思う」




「まぁ、面白い話がホントに無くなってきていかんね」
「なんか無いんですか」
「インターネット上に職場のグチを盛大に残すのって正直どうなの?っていう」
「Twitter上じゃしょっちゅうやってるでしょ、あんた」
「いや、あれ、まぁ、その日の話じゃないから……」
「え」
「その日の話をその日のに話したらバレバレじゃないですか。少しは寝かせるだよ」
「あらひどい」
「こういう人がおった、こういう発言があったという意味では嘘ついてないけどな。誰も今日あったことだとは言ってないだけで」
「ひどーい」
「そのくらい普通にやるもんだ。やらないヤツが華麗に炎上する」
「あー……」




「とまぁ、そんな感じで、ホントにこの一ヶ月、土日はほとんど寝てただけなので、おしまい!」
「なんという開き直り」
「ゲームで、ガチャでなんか出たとか、そういうのはTwitterでさんざやってるからナシ!」
「ひどい」
「というわけで、また来月お会いしましょう!」
「皆様、こんな人にはならないようにしてくださいねー……」

2018/04/30(月) P-TALK No.381
P-TALK 2018 -トラックバック 0コ-コメント 1コ

「眠いです」
「世間ではゴールデンウィークなんですが」
「最初の連休がもう終わるな」
「ドコか行った?」
「近くの公園行ってきた」
「近く」
「んで、広場でメシ食って」
「広場」
「艦これやってた」
「艦これ」




「皆様こんばんわ、幻導機です」
「眞馨です、こんばんは」
「4月になっても停滞気味の中、お送りするP-TALKです」
「4月もニュースが多かったねー」
「とりあえず、TOKIOの山口メンバーか」
「『女子高生に無理やりキスをするなどしたとして、警視庁が強制わいせつ容疑で書類送検』だってね」
「ニュース見てると、アルコール依存なんだか記者会見後に入院させたらしいけどな」
「それは当分帰ってこれないってことかなぁ?」
「帰ってこれないだろうなぁ。確実に今年いっぱい芸能活動自粛は確定だろうなぁとは思ってたけど、それ以上になりそうだ」
「元々、そういう事件の時は2年くらい帰ってこれなかったみたいよ?」
「極楽とんぼの山本圭壱も10年くらい帰ってこれなかったんだっけか。じゃぁ、そのくらいは帰ってこれないんだろうな」
「DASH島の企画とかどうなっちゃうのかなぁ……」
「あぁ、そうそう」
「はい?」
「この事件に関する反応をTwitterでばーって見たんだがー」
「うん」
「大半がDASH関連の心配ばっかりしておった」
「……なんという」
「他の界隈は解らないけど、TOKIOに関してネット住民がどう捉えているか、というのが判ったというかなんというか」
「……『島流しにしろ』ってのもあったのね」
「それ、仕事だよね。っていう」




「その次はやっぱり韓国北朝鮮の南北首脳会談があったって事かなー?」
「まぁ、今までは、金大中と盧武鉉の韓国の大統領が北朝鮮の平壌まで行ってたのが、今回は金正恩が境界線スレスレとは言え、北朝鮮のトップが韓国に来たってのが一番注目点だな」
「ふむ」
「逆に言うと、それ以上は特に無いんだよな」
「えー」
「北朝鮮がこの会談前に『核能力が検証されたため、これ以上の実験は不要だ』みたいな理由で実験施設とか廃棄するって言っているのだがー」
「いい話じゃない」
「それも『後は実戦配備だけっす』って意味なら、なんのことはない発言になるのだよな」
「……あー……」
「その上で南北首脳会談して、なんとなーく平和そうになりそうね。ってなって制裁解除されたら北朝鮮的には勝ちだよな」
「だから、制裁解除はされないと?」
「アメリカ側は基本的には解除しないんじゃないかなぁ。中国側は知らね」
「その辺が分断出来たら全然良いのね」
「多分な。『朝鮮半島の非核化』だって、どうせ持ってるんだろ?って、『韓国側の米軍基地毎無くしてからだ』って主張する可能性だってあるし。これで平行線を行ったら、ダラダラと長引いて終わる」
「これで朝鮮半島が平和になるのかしらね?」
「さぁてな。この後で米朝首脳会議をやるんだろうし、そこで何が出来るかじゃないの?」




「他にも色々あった気がするけど、時間がないのでこのへんで」
「ゴールデンウィークボケするのが目に見えてますが、皆様はそのような事になりませんように」
「それでは、また来月お会いしましょう」
「それでゎでゎ」

2018/03/30(金) P-TALK No.380
P-TALK 2018 -トラックバック 0コ-コメント 0コ

「パラリンピックは、正直、気がついたら終わってた」
「ひどい」
「もう、なんか、年度末でわーってなって、わーってやってるウチに、パラリンピックが終わっていた」
「ゲームでしょ?」
「ゲーム……なのかなぁ?」
「違うの?」
「ゲームも……やってるんだけど、やってる気がしてない……」
「おーい」
「いや、確かに艦これはイベント一応終わったし、今も掘りで出ないー出ないーってなってるし」
「やってるんじゃん」
「いや、やってるんだけど。なんか、こう、終わった達成感が乏しくて。私は何をやっているのかなぁって」
「……あんた、疲れてんのよ」
「だよねー」




「皆様、こんばんは。眞馨です」
「幻導機です、こんばんわ」
「そんなローテンションでお送りする、P-TALKです」
「パラリンピック、だからよく知らないんだよ」
「ホッケーは、おじさん達が、なんか大変そうだったよ」
「……あの人達、他の国の代表より平均年齢20歳くらい上じゃなかったか?」
「アメリカが27歳で、日本は46歳だった気がする」
「そりゃ、勝てないわな。アメリカ戦だけは最後までじゃないんだけど、見たんだけど。まぁ、もう、若さが違いすぎて。動きとか」
「うん、ま、比較すると動きが悪かったよね」
「しかしなぁ、そもそもパラリンピックに限らないんだけど。日本ってスポーツとか趣味とかに関してはさ、仕事ちゃんとやってからやれよ感が凄いじゃないよ」
「そうねー」
「んで、仕事はどうよってミッチリ入れられるじゃないか」
「そういうブラックなトコもあるよねー」
「ミッチリ入れられた仕事で疲労困憊させといて、スポーツもひったくれも無いんじゃねぇ?……って、俺は思うんだがな」
「ま、ま、ま、ま、まぁ、結果出せば、ほら」
「それもあるんだよ。結果出さないんだったら、スポーツとかやめて働けよとか、もっと有意義な事でもしろよとかさ。そんなんなるじゃん。日本って」
「……それは、やってる人の人柄によるよーな気が」
「まぁ、それはそうかも知らんけど。なんかまぁ、そういう事にもうちょっと気楽に入れる社会の状況ってのが、必要なんじゃないかと思うんだよな。スポーツに限らないんだけど底辺が広ければ広いほど、テッペンが上に上に伸びていきやすいから」
「絵とか動画とか小説とかもねー」
「なんだよ。だからね。日本人はもっと、休みやすいように人雇うべきなんだよ」
「それ、あんたが寝てたいだけだよね」
「まぁ、そうともいう」




「パラリンピックもメダル多く取れたんだって」
「だって、って言っても1人が5枚くらい取ってなかったっけか?」
「うん。村岡桃佳さんが金・銀・銀・銅・銅」
「凄いんだけどさ。凄いだけどな」
「なんか文句つけちゃう?」
「いや、一人抜けたら一気に半減っていう人材不足の危機でもあるわけじゃん」
「あー」
「俺がそんなに詳しくなくて、日本に今、どれだけパラスポーツをやれそうな障碍者がいるのかってのが解らないから、そもそも簡単に増やせるのかどうかってわかんないんだけど。アイスホッケーにしても、スキーにしても、人が入ってこない事には、今回はメダルの数とか、良かったねーかも知れないけど、今後はどうなんだろな?ってやっぱなるよな」
「でも、そもそもウィンタースポーツって他のシーズンとのスポーツとの取り合いになるのよねー」
「まぁな」
「話戻すけど。メダルを取った事自体は素直に凄いなーってなればいいと思うの」
「それはそうなんだけどな」
「次は次。外野は今月くらいは浮かれてていいと思うんだよね。思わず始めちゃうくらいには」
「そこまで浮かれられるんだろうか」
「あんたは、色々枯れてるだけだっての」





「と、言ったところで今回はこのへんで」
「もうじき、4月で始まりの季節になりますけど、新しい環境に行く皆様は環境の変化に気をつけて過ごしてください」
「変わらない方は年度末・年度初めの作業に頭抱えましょう」
「待て」
「でゎ、また来月ー」
「このテンションで終わらせるなってばーぁ」

2018/02/28(水) P-TALK No.379
P-TALK 2018 -トラックバック 0コ-コメント 0コ

「2月ですよー」
「2月も終わっちゃうよー」
「……大丈夫?」
「大丈夫だと思いたい」
「ダメ感しかないんだけど」
「いやぁ、まぁ、華麗にインフルエンザにもかかって、一週間近く寝込んでたもんで」
「普通にダメじゃない?」
「お陰で未だにだるいんだけど」
「全くもってダメなんじゃない?」




「皆様こんばんわ、幻導機です」
「眞馨です、こんばんは」
「そんな病み上がりでお送りするP-TALKです」
「なんだかんだで、平昌オリンピックが無事に終わったね」
「始まった当初はえらい寒気が入ってるとか、風が強くてスキージャンプがやばいとか、すっかり転倒まみれのトリノの再来か?……と思ってたんだけど、松岡修造が平昌入りしたからだかなんなんだか、途中からは普通に競技出来てたもんな」
「修造関係あるの?」
「わかんないけど、行くと晴れるじゃん。あの晴れ男」
「まーね」
「結果として、日本がメダル何個だっけ?」
「金メダル4枚、銀メダル5枚、銅メダル4枚だったと思う」
「上出来すぎだよな」
「過去最高だって言ってたもんね」
「これで次の北京でもっとだもっとーとか盛り上がって、獲得数下がって『日本何やってんだー』までなるのがセット、みたいな」
「そーゆー悲観的なこと言わない」
「あぁいうさー、メダルの取った取らないだのって、その時の勝負の運とかアヤとかあるってーのに、やれ前回は取ったのに今回は取れなかったのかとかどーとか騒ぐのってどうかと思うんだけどな」
「メダルの数だけ考えてるとそうなっちゃうよねー」
「なんだかんだでメダル取ったら『やったー!』ってなるんだけどな」
「現金な話だよね」
「まぁな」
「フィギュアは男子と女子で結果に明暗があったみたいねー」
「明暗……かなぁ?」
「ケガから復帰して、金メダル取ったり取れなかったり」
「あー、羽生結弦は取ったもんなぁ」
「で、メドベーデワは銀メダル」
「疲労骨折で離脱してた宮原知子はショートもフリーも自己ベスト出したから、まぁ、順位は4位だったかもだけど、どっちかというと明な気がする」
「かもね。それにしても、金メダルのザギトワと銀メダルのメドベーデワがフリーの点数が全く同点ってのが凄いよね」
「結果的にショートの点差がそのまんま点差だものなぁ」
「あんなこともあるんだね」
「あるもんなんだな。しかし、ロシアの女子フィギュアは若いのに凄いのがゴロゴロゴロ出て来るもんだな。日本も結構なもんだと思うけど、それより数段上だから困る」
「ザギトワは、シニア1年目でグランプリファイナルとオリンピックで金メダル取っちゃったしね」
「……燃え尽き症候群にならなきゃいいんだがな」
『 五輪の金メダルを取った実感はありません。ただ、とても幸せなのと同時に、心に穴があいたような気分になりました。 』とか、大変不安そうなこと言ってるんですけどー」
「いや、ホントに燃え尽きないといいんだがな」




「来月はパラリンピックが始まるんだよね」
「あるなぁ。正直、パラスポーツはそんな見ないから、せいぜいスキーの回転とかくらいしか知らんのだけど、あとホッケー」
日本が派遣する選手団だと、スキーとスノボとホッケーがあるんだけど、車椅子カーリングもあるみたいよ」
「へー」
「バイアスロンってスキーでいいのかな?」
「まぁ、射撃もあるけど、スキーでいいんじゃないの?」
「それにしても、競技少ないんだか、10日間で終わっちゃうんだね」
「そのくらいで終わっちゃうのか。まぁ、元々冬季は競技少ないから、オリンピックも競技増やしてるくらいだしな」
「スノーボードのビッグエアとか、スピードスケートのマススタートとか面白かったけどね」
「まぁ、あれはあれで。でも、パラに持ち込むのは難しいんだろうしなぁ、競技人口的に、そんなにやれるのがいると思えんし」
「見てみたいけどね。1440°を飛ぶパラリンピアン」
「グルングルン回ってな。まぁ、いつかは出るかも知れないけど、当分先だろ」
「……話は変わるけど、今回、NHKとか民放とかネット配信したりして、かなり攻めてた気がする」
「その辺は東京のリハーサルみたいなトコもあったんじゃねぇの?マイナー競技も全部配信できれば、ひょっとしたら人気が出る競技とか出てくるかも知れないしな」
「地上デジタルで別チャンネルあるんだから、オリンピック選考会系の大会の中継とかしてみればいいのにね、馬術とかカヌーとか、あんまりテレビで見ないの」
「だなぁ。正直、どうやって代表決めてるかもよくわかんないくらいだもんなぁ」




「と、言ったところで今回はこのへんで」
「次はパラリンピックが終わって、すっかり忘れてる頃になるんじゃないかと」
「遅い遅い遅い」
「…まぁ、なんとか頑張ります」
「頑張ってください」
「あい」
「それでは、もうインフルエンザのシーズンは終わったと思いたいですが、皆様はかからないようにお気をつけて」
「また来月、お会いしましょう」
「それではっ」

2018/01/31(水) P-TALK No.378
P-TALK 2018 -トラックバック 0コ-コメント 0コ

「新年明けまして」
「おめでとうございます」
「おめでとうございます」
「今年もよろしくお願いいたします」
「お願いします」




「というわけで、2018年最初のP-TALKです」
「とは言っても特に話題もなく」
「無いのね」
「まぁ、なんとなくドラクエⅢを始めた、という事はあるのだけども」
「今になってⅢ」
「今になってⅢ。なんか新年で安売りしてて買ってもうた」
「このXIが出て、もうすっかり日が過ぎたというのに……」
「ドラクエはⅠとⅡしかやってないんだから、当然続きのⅢをやるという必然的な流れであるよ」
「ほっとんど予備知識なしに唐突にFate/Grand Order始めた、あんたに言われても説得力がない」
「まぁな。でもまぁ、ドラクエI~IIIはセットというか、IIIをやるためにIとIIがあるみたいなトコがあるのでな。せっかくだから、ちゃんとIIIもやろう。というワケであるよ」
「ま、どうせ途中で止まるんだろうけどね」
「まぁ、実際今現在止まってるんだがな」
「まだ一月経ってないのに?!」
「いやまぁ、経験値稼ぎというか金稼ぎに疲れてしまってな」
「あー」
「まぁ、そういうの込みのゲームだから、まったりやっていくほか無いんだろうということで」
「ちなみに勇者レベルはいくつ?」
「12か13」
「低っ!!」




「今年はどうです?」
「まぁ、いつものように、倒れないで頑張りたいですな」
「仕事も」
「あーあー聞こえない」
「聞こえなさいよ」
「まぁ、とりあえず、ゲームはある程度整理したいなーとは思ってる。ここまで行ったからいっかぁという所までやって終われればなぁって感じで」
「やり過ぎだものねぇ……」
「ホントにな」
「どれか一つに集中なさいよ」
「ホントにな」
「うわー、凄いやる気のない返答」
「いやまぁ、ホントに。なんでこんなに手を出してしまったのかなぁと思ったり思わなかったり」
「気が多いだけでしょ」
「はい」




「……と、行ったところで、今年一発目はこのへんで」
「短いね」
「話す事が無さ過ぎたな」
「2018年ももう1ヶ月が過ぎようっていうのに」
「ニュースでチラホラとあったりするみたいだけど、なんかこう頭に残ってなくてなぁ」
「それもどーなんだろーか」
「その辺を覚えていくことも、今年の目標かのぉ」
「脳をまともに動かすようにすると」
「はい」
「その前に休ませないとダメなんじゃないの?」
「そうかも知れない」
「皆様にはこんな感じになりませんよう、お気をつけて」
「ひでぇ話だなぁ」
「実際にヒドいんだもの」
「まぁな」
「それでは、皆様にとって、今年1年が良い年になりますように」
「でゎでゎ、また来月」

トラックバック
/

前に書いた記事
08/22のツイートまとめ(2019/08/23)/08/21のツイートまとめ(2019/08/22)/08/20のツイートまとめ(2019/08/21)/08/19のツイートまとめ(2019/08/20)/08/18のツイートまとめ(2019/08/19)/08/17のツイートまとめ(2019/08/18)/08/16のツイートまとめ(2019/08/17)/08/15のツイートまとめ(2019/08/16)/08/14のツイートまとめ(2019/08/15)/08/13のツイートまとめ(2019/08/14)/

もらったコメント
Download Anime,07/28,/ JanetHon,07/28,/ hipertrofia muscular pdf,07/26,/ DOMASa,07/24,/ RealtyApava,07/23,/ https://theeliquidboutique.co.uk/,07/20,/ Earleusali,07/20,/ درب ضد سرقت ارزان,07/16,/ Business Marketing Data,07/15,/ درب ضد سرقت ارزان,07/14,/

もらったトラックバック
げんさんち。:「オバマ大統領の広島訪問についての社説・韓国編」(05/31)

カテゴリ
Welcome to the Gloval Village! (20)  P-TALK 2012 (12)  P-TALK 2011 (12)  P-TALK 2010 (11)  P-TALK 2009 (12)  P-TALK 2008 (12)  P-TALK 2007 (20)  P-TALK 2006 (19)  P-TALK 2005 (24)  P-TALK 2004 (0)  P-TALK 2003 (0)  P-TALK 2002 (5)  P-TALK 2001 (21)  P-TALK 2000 (22)  P-TALK 1999 (18)  P-TALK 1998 (10)  日々でなくつらつら (3707)  日々でなくつらつら:ラクガキ (3)  日々でなくつらつら:笑ったもの (66)  日々でなくつらつら:ニュース (319)  日々でなくつらつら:記録しとくもの (57)  日々でなくつらつら:プロレス格闘技 (42)  日々でなくつらつら:スポーツ (69)  日々でなくつらつら:えっちぃの (6)  日々でなくつらつら:萌え! (23)  日々でなくつらつら:MoE (144)  日々でなくつらつら:トリックスター (68)  日々でなくつらつら:QMA (28)  日々でなくつらつら:ゲームの話 (29)  日々でなくつらつら:コンピューター関係 (11)  日々でなくつらつら:りなざうの (5)  日々でなくつらつら:だぶぜろさんの (24)  日々でなくつらつら:もばいる関係 (7)  日々でなくつらつら:本日のspam (17)  日々でなくつらつら:カラオケ (1)  日々でなくつらつら:なんか催し事 (3)  日々でなくつらつら:政治のまねごとのようなビラ (232)  日々でなくつらつら:各紙社説・コラム・記事並べ (224)  げんさんち。Off* (4)  お勉強 (4)  悪戦苦闘の歴史 (8)  ニコつべ (0)  ニコつべ:MoE自作 (4)  ニコつべ:MoE MAD (0)  ニコつべ:MoE プレイ (0)  ニコつべ:無双MAD (2)  ニコつべ:無双プレイ (0)  ニコつべ:BASARA MAD (0)  ニコつべ:歌ってみた (1)  ニコつべ:政治 (4)  ニコつべ:政治MAD (3)  ニコつべ:VOCALOID・UTAU (4)  ニコつべ:笑ったの (2)  ニコつべ:ゲーム (1)  ニコつべ:ゲームMAD (2)  ニコつべ:アニメMAD (1)  ニコつべ:MusicMAD (4)  P-TALK 2013 (12)  P-TALK 2014 (12)  P-TALK 2015 (12)  P-TALK 2016 (12)  P-TALK 2017 (12)  P-TALK 2018 (12)  P-TALK 2019 (7) 

月別一覧
2019/08(23),2019/07(32),2019/06(31),2019/05(32),2019/04(31),2019/03(32),2019/02(28),2019/01(32),2018/12(32),2018/11(31),2018/10(32),2018/09(31),2018/08(32),2018/07(32),2018/06(31),2018/05(32),2018/04(31),2018/03(32),2018/02(29),2018/01(32),2017/12(33),2017/11(31),2017/10(32),2017/09(31),2017/08(32),2017/07(31),2017/06(31),2017/05(32),2017/04(31),2017/03(32),2017/02(29),2017/01(32),2016/12(31),2016/11(31),2016/10(32),2016/09(31),2016/08(34),2016/07(33),2016/06(33),2016/05(35),2016/04(31),2016/03(31),2016/02(30),2016/01(32),2015/12(32),2015/11(31),2015/10(32),2015/09(32),2015/08(32),2015/07(32),2015/06(30),2015/05(33),2015/04(31),2015/03(32),2015/02(29),2015/01(32),2014/12(33),2014/11(33),2014/10(32),2014/09(22),2014/08(35),2014/07(32),2014/06(31),2014/05(33),2014/04(30),2014/03(32),2014/02(29),2014/01(31),2013/12(32),2013/11(31),2013/10(32),2013/09(31),2013/08(32),2013/07(33),2013/06(27),2013/05(1),2013/04(2),2013/03(26),2013/02(30),2013/01(32),2012/12(32),2012/11(32),2012/10(36),2012/09(33),2012/08(33),2012/07(32),2012/06(31),2012/05(31),2012/04(33),2012/03(39),2012/02(32),2012/01(33),2011/12(35),2011/11(31),2011/10(40),2011/09(36),2011/08(35),2011/07(32),2011/06(33),2011/05(34),2011/04(33),2011/03(47),2011/02(48),2011/01(40),2010/12(32),2010/11(32),2010/10(39),2010/09(49),2010/08(46),2010/07(46),2010/06(83),2010/05(78),2010/04(69),2010/03(50),2010/02(39),2010/01(15),2009/12(13),2009/11(21),2009/10(27),2009/09(15),2009/08(31),2009/07(38),2009/06(28),2009/05(28),2009/04(16),2009/03(44),2009/02(36),2009/01(16),2008/12(20),2008/11(13),2008/10(12),2008/09(17),2008/08(13),2008/07(9),2008/06(15),2008/05(11),2008/04(24),2008/03(15),2008/02(22),2008/01(12),2007/12(12),2007/11(11),2007/10(12),2007/09(20),2007/08(18),2007/07(15),2007/06(20),2007/05(16),2007/04(20),2007/03(19),2007/02(19),2007/01(18),2006/12(28),2006/11(29),2006/10(40),2006/09(34),2006/08(27),2006/07(29),2006/06(22),2006/05(19),2006/04(23),2006/03(24),2006/02(41),2006/01(43),2005/12(40),2005/11(52),2005/10(46),2005/09(36),2005/08(51),2005/07(30),2005/06(45),2005/05(25),2005/04(4),2005/03(1),2005/02(2),2005/01(1),2004/12(1),2004/11(1),2004/10(1),2004/09(1),2004/08(1),2004/07(1),2004/06(1),2004/05(1),2004/04(1),2004/03(1),2004/02(1),2004/01(1),2003/12(12),2003/11(1),2003/10(1),2003/09(1),2003/08(1),2003/07(1),2003/06(1),2003/05(1),2003/04(1),2003/03(1),2003/02(1),2003/01(1),2002/12(1),2002/11(1),2002/10(1),2002/09(1),2002/08(1),2002/07(1),2002/06(1),2002/05(1),2002/04(1),2002/03(2),2002/02(3),2002/01(3),2001/12(3),2001/11(3),2001/10(3),2001/09(2),2001/08(5),2001/07(3),2001/06(2),2001/05(4),2001/04(3),2001/03(3),2001/02(2),2001/01(3),2000/12(3),2000/11(3),2000/10(3),2000/09(3),2000/08(3),2000/07(3),2000/06(2),2000/05(4),2000/04(3),2000/03(2),2000/02(3),2000/01(4),1999/12(3),1999/11(3),1999/10(2),1999/09(2),1999/08(2),1999/07(2),1999/06(3),1999/05(2),1999/04(3),1999/03(3),1999/02(3),1999/01(3),1998/12(4),1998/11(3),1998/10(3),1998/09(5),1998/08(3),1975/03(2),1970/06(2),1970/01(1),

書いたバカ:幻導機

RSS
ADMIN


copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved